topimage

2017-03

桐蔭席〜中村宗哲・諏訪蘇山姉妹席 - 2017.03.23 Thu

東山七条、豊国廟へ向かう緩やかな坂は女坂とよばれ、PRINCESS LINEと銘打った赤いバスが頻繁に走る。



P3210004.jpg




なぜならこのあたり一帯、京都女子大(京女)が占めていて、女子大生がいっぱい通るからなのだよ。先ほどの赤いバスも京女の学生の通学用。(一般人も乗れます)
若い女子ばかりで華やかなイメージだが、私見では京女は質実剛健でしっかりした賢い女子、というイメージ。

ちなみに左手にみえるのは先日オープンしたばかりのリッチなホテル、フォーシーズンズだよ。




P3210001.jpg




女坂を登り切ったところ、豊国廟の片隅に茶室がある。淡々斎指導の下、昭和4年建てられたという桐蔭席。設計は裏千家?棟梁は三代目木村清兵衛。

裏千家では、ここで釜を掛けるということは一生に一度の名誉なこと、とまで言われるくらい格式が高い茶席なのだ。だから席主は家元に近い偉い先生とか、一流の美術商とかそんなこんなで、一生ご縁がないと思っていたが、なんとこの春桐蔭席を2回も経験することになろうとは!(あと一回はまだ4月だけれど^_^;)人生なにがおこるかわからんものだ。




P3210003.jpg



ちなみに今回の席主は千家十職の塗師・中村宗哲さんと青磁の諏訪蘇山さんご姉妹。
姉妹合作の水指を4〜5年待ちで作っていただいたご縁にてのご招待。ありがたいことだ。

しかし宗哲さんは表千家、蘇山さんは武者小路を習われているので、裏千家の桐蔭席で釜をかけるに当たって裏千家の重鎮の先生がお点前をされるという裏千家リスペクト。濃茶席のお軸も玄々斎であったし。

寄付は茶席にもなる七畳の間で、待合掛けは藤村庸軒が初代宗哲にあてた消息。ふたりは仲がよかったそうで、なんども消息のやりとりがあったとか。初代宗哲は塗師ではあるが茶杓もよく削った、ということで「このまえあんたが削った茶杓はよかったで。」みたいな内容。こういう消息が家に代々伝わっているというのがすごいな。(千家十職が現代まで続いている、ということも奇跡だが)


濃茶席の席主は宗哲さん。
茶席はよく雑誌「淡交」で写真だけ見たことのある四畳半台目中柱の小間で、ここに座れる日がこようとは、、、と感動。

床の玄々斎は「子能継父業(子よく父の業を継ぐ)」。千家十職に与えられるにまさしくふさわしい一行。これは子供の頃から玄々斎に可愛がってもらっていたという8代宗哲に与えられた物。

与次郎の阿弥陀堂や宗入のかせた黒楽とかもすごいが、○代宗哲、△代宗哲、、、が次々でてくるのには圧倒される。ほとんどが注文に応じてつくられた作品なので、家にはあまり残っていないとおっしゃりながら、これである。
茶杓はさきほどの待合掛ではないが、茶杓をよく削った初代の七六歳の時の作であった。

なにより素晴らしかったのは300年の時を経てさらに深い艶を放つ初代宗哲の利休型真塗手桶水指!漆は経年でさらに透明度が上がっていると思われる。こんなん見ちゃうとね〜、、、、

仕付け棚にのっているのはご姉妹の母上、12代宗哲さんの棗。父が漆関係で交流があった方であったが惜しいことに急逝された。「ここで母が見守ってくれています。」とおっしゃった宗哲さんの言葉が印象的。



かわって明るく開放的な広間の薄茶席は蘇山さんの席。
蘇山さんは水指をお願いするにあたりいろいろお話しもさせていただいたので、なんとなく親しみがある。それでなくても明るく楽しい方だ。

こちらも母方の歴代宗哲、父方の歴代蘇山の作品がずらっと並ぶ様は圧巻。他席ではまず見ることができないであろう。それにしてもお茶道具、こんなのがほしいな、と思えば姉上の漆器、ご本人の磁器、一番上の姉上の金工となんでも姉妹でそろってしまう、というのがうらやましい話である。

こちらにもお母上の青海波蒔絵の大棗、姉上の爪紅四方盆、ご本人の栄螺青磁蓋置がそろい踏み。初代蘇山の絵高麗水指もよかった。
さすがに名人と言われた11代元斎宗哲の平等院古材の炉縁はよかったなあ。側面は古材の肌をそのまま活かし、上面のみ宇治橋蒔絵が上品。

茶杓が玄々斎、おそらく中村家におくられたものであろう、銘が「宇るし筆(漆筆)」
歌銘になっていて「茶の手前 やはらかなれや 宇るし筆 かたくなりては 人もこのまず」
漆をなりわいとするお家に贈るに励ましともいましめともとれる言葉、茶家との交流がなんともすばらしく思えた。


点心は茶道資料館担当でたん熊北店、お酒のお酌を伊住家のご次男さんにしていただきこれも恐悦至極。
かくの如く桐蔭席でびゅ〜をおえたのである。








大覚寺・望雲亭 - 2017.03.21 Tue

P3200001.jpg



奥嵯峨にある、嵯峨天皇の離宮であった嵯峨御所・大覚寺。
1200年もの歴史を持つ格式高い門跡寺院であり、華道・嵯峨御流本山であり、、、時代劇ファンにはたまらないロケ地でもある。
(*ちなみに4月7日~9日に嵯峨御流流は最大の祭典・華道祭があるよ)





P3200009.jpg




境内を出てぐるっとまわって大沢池南畔に、、、




P3200011.jpg




望雲亭がある。

かつてここに、少なくとも江戸末期には、庭湖館という建物があったが、のちに明治年間、裏千家の肝いりで広間小間水屋を備えた望雲亭が建てられた。

命名の由来は、嵯峨天皇が高野山に帰山する弘法大師に贈った詩による。
(道俗相分かれ数年を経たり、今秋晤語するも亦良縁なり、香茶酌みやみて日ここに暮れる、 稽首して離れを傷み雲煙を望む)←嵯峨天皇は空海ととても仲がよく、ここでいっしょに茶を喫したり、中国留学時代の話を聞いたりされたそうな。


ところが昭和40年代に焼失、昭和50年に再建されたものの、あまり茶会などに使われず、露地がひどく荒れていた。それではあまりにもったいない、ということで露地をきれいに整備したのがうちにもゆかりのある造園屋さん。
そのご縁で、(もったいなくも)お寺さんにこちらを案内していただいた。




P3200012.jpg




荒れている時を知らないのだが、とても美しく整えられているので、そんな時があったのがなおさら信じられない。




P3200017.jpg




網代の腰板や天井で囲まれた玄関をはいってまず案内されたのが、この大広間。
船底天井で照明は新しくしたものの、それ以外は当時のままの和風モダン。

特筆すべきはこのテーブルと椅子。
お寺の応接間(?)にも同じ物があったが、有栖川宮家よりの下賜の品なのだそう。現在名宝館で開催中の慈性入道親王展、門跡としては最後の方だが有栖川宮家ご出身なんのだとか。




P3200021.jpg



八畳の広間。

障子を開け放つと目の前に広がる大沢池のパノラマ!
これは気持ちのよい眺めだが、楽しめるのはむしろ亭主の方かも。




P3200023.jpg



小間の外観。
この沓脱石などもすべて新しく設置したのだそうだ。



P3200036.jpg



小間へ続く露地。




P3200028.jpg



小間は二畳台目向切+堂庫らしきもの+二畳の相伴席。
たてていた雨戸をあけてもらうと、、、、まあ!とおもわずため息のでる切り取られた大沢池、その向こうに二重塔の心経宝塔。




IMG_6151.jpg



室内を明るくすると船底天井がよく見える。茶室自体が、まさに池へこぎ出そうとする舟のようだ。




P3200034.jpg




塵穴もおもしろい。




P3200033.jpg



これも新たに据えられた四方仏の蹲居。




IMG_6145.jpg



水屋も広くて使い勝手がよさそう。
さらに広い広いキッチンもついて、トイレもきれいで複数あって、設備的には申し分ない。これで使われないのはあまりにもったいない!



P3200025.jpg



腰掛け待合いも修復したそうだが、これも露地を歩く景色になっている。



P3200078.jpg




しかもここへすわると松越しに大沢池がよく見える。





P3200024.jpg




さて、なんといってもお楽しみは、、、露地からそのままいける船着き場、そこから池へくりだす舟!




P3200041.jpg




さあ、舟にのりこもう。
結構広い。




P3200046.jpg




舟に乗ってふりかえる望雲亭。




P3200053.jpg



いつもは向こうに見える舞台から見ている大沢池を池から見るこの楽しさ。




P3200052.jpg



大沢池は水深が浅いので、漕ぐというより竹の棹で地面を押している、という感じ。

ここで池を巡りながら点心をいただくもよし、薄茶席にするもよし。
いろいろ妄想がふくらむ。




P3200051.jpg



ここには野生の水鳥も多い。
水中にもぐってエサをとっているのはオオバンという鳥だそうだ。




P3200062.jpg



今は枯れ蓮だが、花の盛りはいかばかりか。
ちなみに池をぐるっとまわっているのは桜なんだそうだ。これも見たいなあ。

嵯峨天皇が中国の洞庭湖を模してつくらせたという大沢池、1200年の昔からほぼ形をかえていないのだとか。平安初期の雰囲気を少し味わえるかも。




P3200068.jpg



枯れ蓮の景色は若冲も描いていたと思うが、結構好き。




P3200054.jpg




と、ゆるやかな船遊びをしているうちにふたたび望雲亭が見えてきた。終点だ。




P3200080.jpg



たっぷりいいものをたくさんみせてもらったあげく鉄鉢料理もご馳走になった。ここで茶会をするときにこういうのを取ることができる。




P3200083.jpg




しかし、、、、この広い広間に宮家の調度でふたりっきりでご飯を食べるというのもなあ、、、なんだか一時だけ高貴な人になった気分だ。



この望雲亭、お稽古とかイベントとかで使用されることはあっても茶事茶会に使われることがめったにない、というもったいない施設。お寺の方も茶会使用への使い方を模索中とか。船もいろんな使い方があって楽しめることうけあい。
手始めに秋に一回茶会をやってみようかと、思っている。





祗園・山玄茶 - 2017.03.19 Sun

ここのところ忙しくて、月イチグルメ倶楽部(?)の活動ができていなかったが、ようやく久々にがっつり外食。



P3170001.jpg



場所は祗園花見小路をちょいと東に入ったちょっとややこしい道沿いにある山玄茶さん。

実はここ、私が愛用しているマッサージ日吉堂のほん近く。いつもマッサージに通いつつ、前を通って一度いってみたいなあ、、と思っていましたが、やっと中へ入れました。



IMG_6113.jpg



桜の汲み出しをいただいたあと、まず先付の雲丹豆腐+白魚、わらび。

外はまだまだ寒いですが、ここで春を先取り。




IMG_6115.jpg



このお造りを粒マスタードドレッシングでいただくのがとっても美味しかった。
特に鯛のお造りを春キャベツで巻いたのが、ドレッシングにとてもよくマッチしてまさにお造りサラダ。




P3170004.jpg




煮物椀はお雛様の季節らしく蛤しんじょう。花うどや人参のせ、で華やか。




P3170008.jpg




これは萌える器だ!

特注の小さい菱形お重、中に入っているのがまたまたかわいいサイズのミニ寿司で豆皿にのっているのがツボ。
女性にはうれしい、おいしいものを少しだけ多種類で。




IMG_6116.jpg




縁高の中の八寸。

蛸の柔らか煮がほんとうに柔らかくて美味しかった。お雛様の季節のミニミニ器もかわいくて、雪洞、蛤、栄螺。お隣の方には栄螺のかわりにひちぎり風の器、今日の器のテーマは「かわいい」だわね。




P3170014.jpg




近江牛の唐揚げ、中はミディアムですのよ。

こちらの大将は近江の八日市の名店・招福楼で修行されたとか。招福楼には行ったことはありませんが、茶味あふれる懐石料理の店で、店内には宗和好み・真珠庵庭玉軒写しの茶室もあるそうな。




P3170015.jpg



こちらもミニサイズの鉢もの。
季節の若竹煮+厚揚げとろみ生姜出汁。ここでも春をたっぷりいただく。




P3170018.jpg



ご飯は筍ご飯でこれも美味しかったのですが、、、



P3170023.jpg




ここの売りは土釜で炊いた江州米。
大将も食べてほしいらしく、ほぼ強制的に(^_^;お茶碗についでくださる。確かにコチラの方がより美味しい。炊き方も大切なんだろうと思う。(懐石でご飯炊きに苦労して、電気釜におまかせしてしまっている自分、、、、)
白米のおいしさは、日本人でよかったといつも思わせてくれる。




P3170019.jpg




そしてこれも逸品、八丁味噌の汁の上澄みだけのお汁。これがまた思いの外上品。手間はかかるが、是非懐石に取り入れたいもの。




P3170025.jpg




デザートのグレープフルーツのワインゼリー掛けは、食べやすく切れ目が一房ごと入っていて、仕事やなあ、と感心。

さらに和菓子がでると聞いて、もうお腹にさすがにはいらんやろう、、、と思っていましたが、、




IMG_6119.jpg




なんとかわいいミニミニ関東風(薄焼きで餡をくるむ)桜餅で、ぺろっと食べてしまったのはいうまでもありません。




P3170028.jpg




これからも日吉堂のマッサージの時はいつも前を通ると思います。入ったことあるもんね〜と自分に自慢してしまいそうです。ごちそうさまでした。>^_^<



朝鮮毛綴・山鉾風流〜吉田塾 - 2017.03.17 Fri

洛中の吉田家住宅、ついこの前まで山鉾連合会の会長をつとめておられた吉田孝次郎さんが生まれ育った家であり、歴史的意匠建造物でもある大きな表家造りの町家(祗園祭のとき北観音山の屏風飾をするところといったらわかるかな)。

ここで年に数回吉田塾と銘打って京都の歴史や文化、暮らしについてさまざまな講義というかもっと気楽な勉強会がある。昨年からちょこちょこよせていただいている。
今回は吉田さんのライフワークでもある朝鮮毛綴のお話しだ。



IMG_6055.jpg



奥の座敷にはお雛様。
京都では旧暦に祝うのが一般的。(うちの郷里もそうだった。3月にまだ桃も咲かないのにやっちゃうのは東京流か)
これは吉田家のお雛様で江戸末期の古今雛といわれるもの。





IMG_6051.jpg




さて、まず座敷に広げられたり掛けられたりした朝鮮毛綴の実物を見たりさわったり。
実はこれらはつい先日ソウルのギャラリーで里帰り展示を終えて帰ってきたばかりの物。吉田さんのコレクションは72点に及ぶという。

朝鮮毛綴は15世紀末から19世紀初頭まで、朝鮮で織られた毛織物で縦糸が木綿、横糸に山羊などの硬い毛を使ってみっちり硬く織られた織物(硬すぎて虫もくわないので残ったとか)。
これも不思議なもので、本国の朝鮮には伝世品は2点しか残っていないのに、山鉾町周辺に特異的に数多く残っているのだ。ほとんどが江戸時代の山鉾風流(装飾)に使われてきたもの。

こういう敷物は両班などが屋敷で使っていそうだが、15世紀の朝鮮王・世宗(セジョン)(ハングルを発明した王様)の時代、海外贈答以外に使ってはいけないという禁令がでて、朝鮮半島では流通せず、日本にだけ多く残ったそうだ。





IMG_6064.jpg




障子を通した光がそそぐいにしえの毛氈。
現在は退色して茶色っぽい色になっている部分は、かつては猩々緋くらい鮮やかであっただろうと推測されるとか。

紋様は織りで色を分け、その上に筆で絵を描くという二重構造。模様のテーマはずばり吉祥。




IMG_6063.jpg



山鉾町に伝わる朝鮮毛綴をスライドでみせてもらう。

これは特に有名な放下鉾所蔵、江戸時代に「ばけもの氈」とよばれ親しまれたものらしい。鮮やか!
なぜばけもの、、と呼ばれるのかは紋様がよく見なければなにを描いたかわかりづらいところかららしい。しかし分析してみると朝鮮王朝の吉祥紋がすべからく描かれている。
五羽鶴・鳳凰・玉取獅子(ギョロ目の獅子がじゃれ合ううちに毛玉ができ、中から子獅子が生まれるといった奇妙な紋様)・虎・牡丹・蓮・鵲(かささぎ)、、、などなど。

これらの紋様は多くの毛氈にみられるパターンらしい。他には霊芝とかうずまきの瑞象とか、よくわからないものまで(^_^;




IMG_6061.jpg



これらの毛綴がどういう道をたどって山鉾町にたどりついたのか?
まだそれは解明されていないらしいが、吉田さんの研究では、おそらく朝鮮通信使が将軍に献上して渡来したのだろうと。江戸時代の江戸図屏風に通信使の絵が描かれており、その中の献上物のなかに赤い織物のようなものがあるのが、おそらくそれが朝鮮毛綴ではないかとのこと。また、さきぼどのばけもの氈の裏に「拝対馬」の墨書があり、対馬藩も交易にからんでいたらしい。

そしてその華やかさ、美しさ、丈夫さ、に目をつけた京の町衆が祇園祭の山鉾風流にぴったり!と思ったのだろうな。





IMG_6067.jpg



端の方は毛がすり切れて,縦糸の木綿だけが残っている部分もある。




IMG_6069.jpg




これは緋色の上に緋色の絵の具で紋様を描いた部分。同じ色とはとてもおしゃれではないか。




IMG_6072.jpg



おしげもなく座敷に広げられた朝鮮毛綴。そういえば、飲み会の時にも惜しげもなく鍋の下になんか敷いてたよね(^◇^;)それだけ時代を経て尚、丈夫な綴れということだろう。
なにより渋い美しさである。今年の祇園祭の山鉾を見る楽しみがまた増えた。




<おまけ>

吉田塾。朝鮮毛綴だけでなく、京都の町衆は跡取りの長男だけ篤く教育を施して、他家に出る予定の次男以下には教育投資をしない、という徹底した合理的(?)習慣があったとか、そんなお話しもきけます。
ちなみに孝次郎さんは次男なので、極楽のような?少年時代を送ったそうですが、長男の兄上の早世で跡をつぐことになってからは厳しく勉強させられたのだそうです。





修二会2017・その4〜尻つけ松明 - 2017.03.14 Tue

P3140004.jpg



奈良公園。




P3140007.jpg




えへへ、、また来てしまった。





P3140008.jpg



本日満行の日、この日だけの尻つけ松明を見に。




P3140009.jpg




12日深更、ここで若狭井のお香水がくみあげられたはず。今年はこれなかったが。




P3140010.jpg




閼伽井屋付近で残った生飯をあさりにきた鹿さん。




P3140011.jpg



今日は全体像が見たいので、このあたりに布陣いたすとしよう。2時間前。

この日だけはいつもより30分はやく練行衆は上堂される。今年最後の上堂だ。

満行のこの日は練行衆はそろって上堂し、そのあとを10本の松明がどんどん追いかける。追い立てられてお尻に火がつきそうなので、尻つけ松明とか、尻焦がしとかいわれるのだ。




P3140027.jpg



さあ、あがってきた。
これまではそれぞれがお堂の角に一本ずつ、、、なので、こんなふうにならぶことはない。




P3140032.jpg



早い早い、あっというまに10本そろいました!




P3140031.jpg



圧巻!!これは初めての景色だ!












ちょっと興奮したが、時間はほぼ10分くらいだっただろうか。あっというま。




P3140041.jpg



帰りの道で奈良の市街地の上に金星を見る。



IMG_6095.jpg




童子さん達がさっそく境内のあちこちに張り巡らされた結界を撤収してはった。



IMG_6101.jpg




なので、湯屋の前で一部を切ってもらって拝領した。
しばしお下がりの結界を玄関に張っておこう。(うちの玄関、祗園祭と修二会がけんか?しているの)



P3140045.jpg




本日深更、いよいよ満行を迎える。
無事に終わることを祈りつつ、また来年もくることができますように、と祈る。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (193)
茶事(亭主) (21)
茶事(客) (54)
京のグルメ&カフェ (47)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (29)
京都めぐり2017 (9)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (43)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (16)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR