topimage

2017-08

ポルトガル中部〜北部紀行2017〜その4・コインブラ大学 - 2017.08.17 Thu

ポルトガル中部、古都コインブラ。
大学を中心に栄えて、学生の街であるところも京都に似ている。



P8110317.jpg



川の対岸から見たコインブラの町、こんもりと緩やかな丘になっているのがわかる。そして一等目立つのがコインブラ大学の時計塔。


コインブラ大学はポルトガル最古の国立大学で、欧州屈指の学問の府なのだ。





P8100200.jpg




10近くの学部があってこの丘に集まっている。
ちなみにこれは化学部?





P8100198.jpg




これは医学部だな。

学部にはそれぞれシンボルカラーがあって、その色のリボンを在学中身につけ、卒業の時にこれを焼き捨てる祭があるのだそうだ。



P8100203.jpg




ちなみに学生たちはこの黒マントを身につけ、町を闊歩するのだとか。




P8100196.jpg




でも今は夏休みだから鉛筆売りのアルバイト中(^_^;
マントはその小道具ね、こんな暑い時期にこのマントはちょっとね。


大学巡りプログラムもあって、時間指定のジョアニア図書館(ホグワーツのモデルとも)以外をぐるっとまわって最後に図書館、というコースがよいかな。




P8100204.jpg




なので図書館ツアーが始まるまで、大学の中(主に旧大学で現在は使われていない)をぐるぐる。
ここはサイエンス博物館になっている。





P8100217.jpg




歴史の重さを感じられる重厚な作り。
京都の某K大学も昔のいい教室がいくつもあったのに、すっかり新しい建物に刷新してしまって残念なことだ。博物館として残す手もあっただろうに。




P8100219.jpg




なんだか懐かしい階段教室。

シンクのついた化学実験室もあった。




P8100227.jpg




特筆すべきは世界中の動物の剥製。
絶滅危惧種、あるいはすでに絶滅した種のもあって、これは今なら動物愛護協会から訴えられそうなコレクションで、動物たちの姿をみていると、ちょっと胸が痛む。




P8100242.jpg




いよいよ旧大学の門をくぐる。
これは「鉄の門」といわれ、ひとたびこの中へ入るとキビシイ授業が待っていたのだそうだ。たとえばラテン語以外しゃべってはいけない場所とか。





P8100246.jpg



広い校庭は陽射しが容赦ない。
ここがラテン回廊。そのラテン語以外NGの場所。




IMG_8402.jpg




正面が先ほどの時計塔、18世紀の建築。




P8100202.jpg



この大学を創設したポルトガル王ディニス1世の像。なんと1290年の設立と言うから、日本の大学なんか目じゃないわね。



P8100249.jpg




このホールは「帽子の間」。
学位の授与や教授の就任式などに使われたという。




P8100253.jpg




これが大学のマークらしい。かっこいい。




P8100261.jpg




さて、一番人気のジョアニア図書館、20分おきに20人くらいのグループで見学。
あいにくと外構も補修中。




P8100296.jpg



(写真はNGでした。ネットで是非写真を調べてみて下さい。すごくすてきだよ)


高い天井までとどく書架にならぶのは金で装飾された革表紙の本、ぎっしり!18世紀の建築。二層(二階)の本棚にはハシゴがかかりホグワーツ感たっぷり。しかし、このハシゴって高所恐怖症にはちょっと、、、
柱にはシノワズリの金泥装飾が時代を思わせる。

かつては最先端の知識の宝庫であったこの図書館、おびただしい本は今は歴史的価値はあっても学問的価値はもう失われているだろうが、輝かしい学問の時代の記録としてこれからもずっと大切に保存されていくのだろうな。



P8100264.jpg




時計台は200段弱をのぼって見晴らしがよいらしいが、順番待ちが長かったのであきらめる(それに高いところ恐いし)





P8100268.jpg




ついでに学生食堂で軽食を。夏休み期間でお客さんはほぼ観光客でしたけどね。




P8100269.jpg




記念に鉛筆を買って写真を撮らせてもらった。何が専攻か聞けばヨカッタ、とあとで。




P8100280.jpg




大学から丘をおりて町中を歩く。
サンタクルス修道院。教会や修道院の中はどこもあまりかわりがなくて、、、(^◇^;)




P8100283.jpg




そのお隣のクラシックなカフェで休憩。




P8100297.jpg




ここも元修道院だったらしい。




P8100298.jpg




1日に二回ファド(フランスでいえばシャンソンのようなもの)のステージがあるらしく、その時間にまたもどってくることにしよう。




P8110321.jpg




ステージは、、、、おそらく修道院時代にはキリスト像などが飾られていただろう場所。









リスボンでもファドを聴いたが、コインブラファドはほとんどが男性歌手で、コインブラの卒業生が多いのだそうだ。
哀切というよりはどこまでも明るい感じだね。



IMG_8395.jpg





で、ここで食べたのがパステル・ド・ナタ!(エッグタルトのようなもの)
これはポルトガルスイーツの最高峰だと思う。リスボンで奥様が日本人の、パウロさんのカステラの店があって、そこへも5年前いったのだが、、、、なんとパウロさん、奥様の実家の京都に1〜2年前、北野天満宮のすぐ隣にひっこしてきはってビックリしたのだが、ここのナタが日本人向けなのかどうか一番美味しいと思う。
ポルトガルのはどの店のもちょっと甘過ぎ。



P8100287.jpg



ぶらぶらそれからも町歩き。




P8100293.jpg




コインブラの窯で焼いているコニンブラガ焼。
5年前、花入を買って帰ったの、今でも愛用していますよ。



ポルトガル中部〜北部紀行2017〜その3・アゲダ・アンブレラスカイプロジェクト - 2017.08.17 Thu

ここ最近ポルトガルで急に有名になった小さな地方都市がある。

コインブラのやや北、アゲダ。



P8110349.jpg




おお!
すでに傘の気配!




P8110355_201708161352011e1.jpg




商店街の空を埋め尽くすカラフルな傘、傘、傘、、、、




P8110352.jpg




夏の間中、この傘は町のメイン商店街をうめつくす。
7月には3週間、各地からアーティストたちがおしよせ、町中にインスタレーションがみられたそうだ。

なんでも2006年に町おこしのために始めたそうだが、いまやグローバルな名所になってしまった。
大成功例だろう。




P8110357.jpg



空だけでなく、通りに面した建物やお店もそれぞれ傘のディスプレーを。




P8110361.jpg



みているとなんだか歌を口ずさみたくなるような軽快さ。
真っ青な空によく映える。




P8110363.jpg




こちらはシースルーの傘の通り。




P8110364.jpg




お店の中にだって傘がある。

町中の人が楽しんでやっているって感じ。

おそらく始めるに当たってはいろいろ反対や,苦労もあっただろうが、みんな受け入れたんだね、これを。
どなたの発想やらしらないが、日本の地方にこんな町おこしの発想があればなあ、、




P8110366.jpg




この地方は乾燥して陽射しが強いので、この傘は雨傘ではなく、日傘なんだね。





P8110370_20170816135210e82.jpg




折れた傘や、こわれた物、しぼんでる物はこうして毎日?とりかえるというメンテナンスもしっかり。





P8110379.jpg





確かにここは観光客としては外せない場所だと思うわ。
(傘は7月〜9月、芸術祭は7月の3週間)



アゲダ市役所のHPはこちら
(ポルトガル語が読めたらね(^_^; )



ポルトガル中部〜北部紀行2017〜その2・ブサコのポウサーダ - 2017.08.16 Wed

イベリア半島を旅するならスペインのパラドール、ポルトガルのポウサーダに是非とまりたいもの。
古城や修道院などの歴史的価値のある建物を改修した国営ホテル、ゆえに辺鄙なところにあるので、レンタカーかツアーでないと苦しい。





P8100121_20170816130049a3e.jpg




今回コインブラ観光の拠点として、ちょっと距離はあるがブサコ国立公園内のポウサーダ、パレスホテル・ブサコに宿泊。ポルトガル最後の王様が離宮として建てた城だが完成直後の1907年、王政廃止になったため、使われることはなかったという。

一見中世の修道院風だが、けっこう新しい。




P8100122_20170816130050dd3.jpg




回廊は美しいアズレージョで飾られる。




P8100125_20170816130053e75.jpg




歴史的なテーマがあるようだが、外国人にはよくわからない。




P8100124_20170816130052606.jpg




重厚な内部もまるで修道院。(ちがうけれど)




P8100146.jpg




これこれ!
階段のアズレージョ!

ポルトガルやスペインのパラドール、ポウサーダの案内、ガイドブックに必ずこの写真でてる。(スペインへ旅行した40年以上前から)ここだったのか!





P8100160.jpg




庭園も広く、早朝の散策などしゃれこむのも。




P8100158.jpg




ここは標高が高いので、朝夕はもうすっかり秋の気配。




P8100161.jpg




これはたぶん、百日紅。
気候が日本とかなり違うので紫陽花もまださいていた。




P8100177.jpg



大きなドングリはこれも稔りの季節が近いことをしらせる。




P8100178.jpg




日だまりのコーナー。
ここで1日ひがな本でも読みたいが、旅人はそうもいかず、、、




P8100132.jpg





夜はテラス席でご飯食べた。外から中の食堂が美しく見える。ほんまにここは宮殿や、二夜の夢やけど。





P8100131_20170816130055fed.jpg




しかしとっても寒くて、、、最後は中へ入らせてもらった(^◇^;)

欧米人はほんま寒さに強いのう。






P8110332_2017081613010737c.jpg




翌朝は車でクルスアルタ(高い十字架)の展望台まで。
だれもいない。



P8110335.jpg




ここで恒例の茶籠を開いて、、、




P8110338_201708161301115f6.jpg




茶を点てた。




IMG_8418.jpg




ほんまに地平線丸い。山がないのう。
天地人に一服献上。




ポルトガル中部〜北部紀行2017〜その1・谷間の真珠オビドス - 2017.08.16 Wed

前にポルトガル、主にリスボン中心の旅をしたのは5年前だった。

あのゆったりのんびりした雰囲気が好きで今年は再びポルトガル、主に中部から北部をレンタカーで回ることにした。



P8090039.jpg



リスボン空港でレンタカーを借りたのだが、,,空前の観光シーズンで世界からおしよせる観光客であふれ、予約していたにもかかわらず1時間半待たされた。(レンタカー借りるなら田舎の都市で借りた方がよさそう)




P8100047.jpg




とにもかくにもスタートは遅れたがまずはリスボンから北へ、谷間の真珠といわれる小さな美しい町・オビドスへ。
まわりをぐるっと城壁にかこまれた町で、ご覧のようにローマ時代の水道橋も残る歴史の古い町。




P8100051.jpg




ポルタ・ダ・ヴィラ 美しい町の門。
建築はイスラム時代、確かにアラブ風。アズレージョの装飾は18世紀なんだそうだ。
イベリア半島はイスラムとキリスト教文化圏がごっちゃになってしかも残っているところがすごい。




P8100058.jpg




上からの俯瞰。
なんてまあきれいな町並みだ。




P8100059.jpg




町は12世紀、イスラム支配からとりもどされ、13世紀の王様が王妃イザベル(イベリア地方の王族のイザベルさんはあまたいらっしゃる)にプレゼントしたそうだ。だから19世紀まで代々王妃の直轄地であった。確かに王妃様が好みそうなかわいい「真珠」。




P8100056.jpg




町を取り囲む城壁は登って一周することができる。40分ほどだが、、、、




P8100066.jpg




私は高所恐怖症なのでさわりだけ。




P8100068.jpg




だって10m以上あるのに手すりないのだもの。



P8100069.jpg



おまけに下の石は長年の使用でつるつるだし、上は風がキツイし、、、




P8100070.jpg



確かに眺望はすばらしいけれどね。




P8100101.jpg



さて、地に足をつけて、、、
ここの名物ジンジャはためさなければなるまい。




P8100088.jpg




チョコのカップへいれてくれる。
サクランボのリキュールなんだがこれがけっこう強い。




P8100089.jpg




チョコといっしょに食べるとまさにチェリーボンボンですわ、これ。




P8100087.jpg




あとはぐるっとまわってもたかが知れている小さな城壁内の町の景色ハンティング。
ポルトガルはコニンブラガ焼とか焼物もけっこうさかん。




P8100108.jpg




アラブ風の窓や、、、




P8100091.jpg




南欧独特の日なたと日陰のきっぱりとした陰翳とか楽しむ。




P8100090.jpg




朝晩は寒い位なのに日中は30°越え、ただし湿度ほとんどないので日陰の涼しさときたら!

ただ乾燥に鼻粘膜がカピカピになって旅行中往生したが。




IMG_8372.jpg




ちなみにポルトガルはコルクの産地として有名。
このペンダントは紐の部分がコルクなのだが、5年前にリスボンのギャラリーで買った物。今回再びポルトガルに行くにあたって里帰りさせた。




旅に出ます、、、、の、その前に恒例の六道参り - 2017.08.08 Tue


IMG_8331.jpg




お盆になりました。

東山の六道参り。




P1120919.jpg




ここらへん六道の辻、あの世への道があるとかないとか。

町名ももともと髑髏町(どくろちょう)、縁起悪いので無理矢理なまって轆轤町(ろくろちょう)




P1120921.jpg




だから幽霊飴なんてのもお似合いの町なんです。




P1120922.jpg




まずめざすは西福寺


昨年こちらでいただいた祈願銭をお返しに。




P1120924.jpg




祈願が叶えばお返しするのだが、願いは限りなく、叶った願いもあれば叶わなかった願いも。

だから生きている限りエンドレスに祈願銭を毎年返しては新たにもらう。




IMG_8329.jpg



こちら壇林皇后九相図(死んでから腐敗し骨になり霧消してしまうまでの屍体の様子を描いた物、けっこうえぐい)を拝見できるのを楽しみに。

今年は冥土の十王図も。

夕方に絵解きがあったがいまでもやっておられるのかな。



P1120932.jpg




六道珍皇寺は大賑わい

うちはまだ最近お見送りした人は猫しかいないので、お参りするだけ。

先祖の墓は京都にはないしね。(水ほど薄い縁戚ならいるんだけど^_^;)


恒例の熊野観心十界図も拝む。


先日三井記念の「地獄絵ワンダーランド」展でそういえばたくさん出てたわ。

中世から近世、信仰の普及拡大に努めた「熊野比丘尼」と呼ばれる女性の宗教者が民衆に教えをひろめるために携帯したのがこの図だった、、、と初めて知った。




P1120931.jpg



それでも手をあわせる。


供養される側にまわるまで、生かされている、それだけですべてよし。




P1120933.jpg




無事持ち帰った祈願銭。


今年はどんな願いをかけようか。たくさんありすぎていかんわ。(欲張り)




P1120936.jpg




帰りに下鴨までとんで川口美術さんで開催中の韓国古陶磁探求陶人展へ。

いずれも高麗系テイストの若手作家さんのグループ展。


徳島の中西申幸さんの鳥の絵の器を。


この鳥のように飛んでしばらく旅にでます。


ちょっとしばらくアップお休みです。


皆様もよい夏休みを!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (4)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR