topimage

2016-08

三条白川沿い〜和久傳・丹tan - 2016.08.28 Sun

徒歩圏内のご近所に和久傳さんの新しいお店ができました。


P8260123.jpg



柳の葉が水面をなでるくらいにたれ下がった景色が涼しげな白川沿い、三条南です。

丹 tan

は、和久傳発祥の地である丹後、それから丹後直産野菜の意味もこめられているのでしょうか。お野菜をがっつり食する店みたいです。



P8260111.jpg



なんと入り口に扉がないのにはびっくり。
半オープンエアーな作りでテーブルからこの白川の清々しい眺めが楽しめるのです。


ずっとずっと以前、和久傳がまだ丹後・峰山の料理旅館だった頃2〜3回行ったことがあるのです。高いところにある風呂場に続く長い長い階段がとても良い雰囲気で、登り切るまでさんざん途中休憩して風情を楽しみました。

だから京都に和久傳ができたとき、え?と思ったのです。今ではすっかり和久傳はずっと昔から京都にあるような印象になりました。



P8260113.jpg



ランチのコースをいただきます。
ここは朝8時から朝食コースもあるとのこと、早起きできた休みの日に試してみたい。

最初に鰹出汁+小梅。

この三島みたいな猪口、どこかでみたことあるんだけれどな、思い出せない。とてもすてき。



P8260114.jpg



お料理はテーブルの上にドンと並べてあるので、好き好きで取っていただく。
これは生野菜の盛り合わせ。
もろみとか塩とかお好みで味付けて。新鮮だと茄子も生で食べられるんですね。びっくり。


むこうに見えるのがキッチン。なんと食事のテーブルとの境目なしが斬新。



P8260115.jpg



あと数品、鉢にもった野菜料理を好きなだけとっていただく。
茄子の揚げ煮、蓮根と緑の野菜(おくらだったかな〜???)の白味噌ごまあえ、どれも素敵な焼物の鉢にはいっているので、懐石の強肴の器として参考になりそう。

お隣さん(知らない人)と鉢を手渡しでまわしあいっこするのが懐石みたいで楽しい。
向こうはあぶった鱧。



P8260117.jpg



ご飯になにか(^_^;葉っぱのはいった赤出汁。

そしてこれがとってもとってもおいしかった岩牡蠣のフライ。

基本牡蠣はきらいなんです。でも、最初何か知らずに口に入れた時、なんだろこれ、生麩みたいなふわふわの食感、生臭さは全然なく、おいし〜♪と思ったのです。あとで牡蠣と聞いてええええ〜〜っ?!

山椒醤油のタレも最高。タレはうちで作れそう。


きゅうりの朝漬けがまたおいしくて、ご飯をこそっとおかわり。あとおじゃこもありましたね。



P8260118.jpg



食後のカフェタイムは二階で。

また、この白川に面するカウンター席の眺めが抜群で!



P8260119.jpg




白川の柳はほんと美しい。
決して気軽にはいれるお値段ではないけれど、この景色も込みの料金と思えば納得。もちろん新鮮なお野菜がこれでもか!と食べられるのはうれしい。




P8260120.jpg



うちの裏庭で隣から侵入して困っているヨウシュヤマゴボウさえ、こんなふうに渋い花入れにいれると景色になります。

次回は朝食か、がっつり和久傳オリジナルの日本酒もいただきながら夕食か?楽しみです(^◇^)




西陣・藤田家住宅 - 2016.08.26 Fri

西陣は、応仁の乱西軍・山名宗全が陣をかまえたところから西陣とよばれるようになったのは周知のことと思います。



P8230122.jpg



今出川堀川の少し北、山名宗全邸宅跡の碑がたってます。町名も山名町。



P8230123.jpg



この碑のところから数歩西へ、国の登録有形文化財・藤田家住宅があります。文化財登録をうけると年に何回かは一般公開の義務が生じるのですが、今回「京の夏の旅」の一環として公開、行ってまいりました。
虫籠窓が重厚でいい感じ。

ちなみにここのほぼすぐ隣にかつて干菓子のUCHUさんがあったのよ。(現在は御所東)いまでもあります(^_^;




P8230124.jpg



もとは帯製造の機(はた)業を代々いとなんでこられたお家だそうですが、現在機業はもうされていないそうです。より歴史のある東棟に現在もお住まいです。今回の公開は新しい(昭和10年)西棟のみの公開です。



P8230142.jpg



おお〜!見事な夏座敷!

建具も長押の上の障子まですべて葦戸で、年代を経て飴色になった網代。

大きな町屋へ行くといつも思うのですが、年二回の建具の入れ替え、、いろんなサイズ、いろんな意匠の建具がこんなにたくさんあるとたいへんだろうなあ、、と。
これくらいの大店になると男衆、女衆と、使用人はたくさんかかえたはったと思われるので人海戦術でいけたのでしょうけど。それにしても季節外れの建具を収納する場所も潤沢にある、というのはさすが西陣、と思わせるのでありました。



P8230129.jpg



庭の正面に見えるのは茶室・養心亭。四畳半+水屋で又隠に似ているとか。命名は表千家の堀内宗完だそうです。中が拝見できないのがとても残念。
西陣の旦那衆にとってお茶も嗜みのひとつだったのだなあ。よい時代だったと推察いたします。




P8230128.jpg




茶室にならんでりっぱな蔵もありました。



P8230131.jpg



蹲居になりそうな庭の石に丸太の縁側。



P8230132.jpg



手前の六畳は網代は敷いていなかったので、飴色の畳を見ることができるのですが、これがまた上等な「中継ぎ畳」。

写真が暗くてわかりにくくてスミマセン。でもなんとなく畳の真ん中に色が違う筋のようなものが見えませんか?より繊細で細い若いイグサを使う為、長さが足りない分、一幅分を二本のイグサで編んであるのだそうです。その交差する部分が色が違うわけです。

手間のかかる畳で現在では廃れてしまっているのですが、京都迎賓館に新しく作られた中継ぎ畳があるそうですよ。



P8230134.jpg




六畳のさらに手前にはこんな三階までの吹き抜け空間が!
しかもここの窓にもしっかり葦戸がはまってる!

横にわたした板は流木だそうで、当時のご当主のこだわりがすごい、というかかなりの数寄人だったんですね。
西陣の町家は、織目がよくみえるようにと織屋建てという天井が高く採光がよい家が多いのですが、ここも仕事をする部屋ではないにもかかわらず、その意匠をとりいれている感じです。

この吹き抜けがあるだけで真ん中の六畳が明るいし。




P8230133.jpg



吹き抜けの下には水屋設備があって、六畳を茶室として使うときの水屋になったとか。よほどお茶好きだったんですねえ。糸偏産業盛んなりし頃の旦那衆の教養嗜みってすごいものがあったと思います。現在の社長さん方は、、???(´・_・`)

接近してみることはできませんでしたが、流しの前のタイルもいい感じでした。



P8230137.jpg



吹き抜けのさらに手前には洋室。
昭和初期の町家建築にたいがいありますね。この部屋の向こうが表通りになります。



P8230152.jpg



急な階段を上って、、、



P8230154.jpg



二階には広い座敷が南北にあり、一階にくらべて開放的で明るい部屋です。
こちらには当時使われていた道具などをディスプレーしてます。
古い扇風機やミシンなど。扇風機は思わず懐かし〜と言いそうになりましたが、歳がばれそうなので言いませんでした。(。-_-。)



P8230155.jpg



こちらの座敷は珍しい板壁。
これも当時のご当主の趣味だったとか。ちょっと落ち着かない感じだけれど。



P8230157.jpg



かつては西陣の甍の波が続いたであろう景色も、時代です。マンションやビルが目立ちます。景観条例も残念なことになってますね。



P8230162.jpg



二階から先ほどの吹き抜けを見下ろしたところ。この景色を毎日見ながら暮らすのもいいですね。



P8230163.jpg



もう一つの座敷は書斎みたいになっていて本の全集ものがぎっしり。



P8230166.jpg



「山名町藤田機業店」

かつて商品などをいれたであろう箱。
そういえば、あちこちに飾られている掛け軸や屏風に名物裂や帯地などを使っておられました。そのころの名残でしょう。




P8230169.jpg



私が学生だったころまでは、西陣ではあちこちで織機の音がガシャンガシャン聞こえていたと思うのですが、今はもうめったに機会がなくなりました。着物離れとか、糸偏業界いろいろたいへんな昨今ですが縮小してもせめてとだえることがないように祈るばかりです。着物文化も同じく。



IMG_3363.jpg



帰りに藤田家ご近所、いつも茶事のお菓子でお世話になっているところの愛信堂さんで黒蜜ミルクのかき氷を(o‘∀‘o)*:◦♪

やっぱり和菓子屋さんのかき氷は一味違う。和三盆の黒蜜!!汗がすっかり引きました。




処暑の朝茶事 - 2016.08.24 Wed

処暑〜暑さおさまるころ、、、

、、、なあんてことは全然ないきびしい暑さが続く京都であるが、まだ朝のしのぎやすい時間の朝茶事にお招きいただいた。



P8230121.jpg



5時起き、7時席入り。さすがに9月が近いと日の出が少し遅くなった実感。このあたりは中央卸売市場近くなので、市場でのりまわす動力付きの台車がたくさん、公道をどうどうと走っている姿に目が覚める。
こういう景色が見られるのもこの時間帯だからだな。

朝にしか見られない風景、光、影の長さ、その移ろい、それが朝茶の醍醐味だろうか。

茶事の進行はこれも流儀によりかなりちがう。裏千家では正午や朝茶事は初座は掛け物、後座で花になるが、こちらの流儀では朝茶事の初座が花になる。流儀それぞれ理屈はどれも納得なのだが、どうしてこんなに表現系形が違うのかしら。

魚籠にいれられた花は薄紫の底紅ムクゲ。時間の経過とともにしぼんでいく朝の花なので、朝の早いうちに、ということか。

灰型も、こちらの流儀ではすべて白い藤灰。一見豆腐にみえてしかたない直方体の藤灰を固めたようなのを前方すみに置く(奥の方にも豆腐はあるらしい。)。
ちなみに裏千家では普通の乾いた灰を灰匙で型作り、初炭で月形を切り(この灰型はこの一会の為だけのものという意味らしい)後炭で月形を藤灰で埋める。遠州流では湿し灰を使う、、、ほんまに多様で他流の炭出前を拝見するのはとても興味深く、貴重な体験だ。


炭の後は手作り懐石。
ご亭主は若い男子なのだが、これだけできたらもうなんでもできるよね、のおいしい懐石を作らはる。アボカドの実入り赤出汁はとってもおいしかった。裏千家の小吸物はほとんど白湯にちかいのだが、こちらではしっかり出汁と塩味がついて、さすが武家流という感じ。実のトマトが意外性あってよかったわ。

朝っぱらながら、おささもいただいて良い気分♪

主菓子は、カットグラス金縁の蓋物にはいった黒蜜かけトコロテン。涼しげ。
うちの実家あたりではトコロテンといえば二杯酢だったので、最初関西で甘いトコロテンを口にしたときには衝撃だった。今はもうすっかしなじんだけれどね。



P7280044.jpg



後座。

軸は「壺中日月長」。

高麗井戸脇で濃茶をいただく。たっぷりとよき練り具合で美味しく頂戴した。
この飲み方にも流儀があって、こちらではそれぞれ茶碗の違う場所から飲まれるとか。ちなみに裏千家では茶碗の同じ所から飲み回すのだが、小茶巾という流儀独特の秘密兵器(?)があって、これで自分の飲み口を清めるのだ。(茶碗をいためず、ある意味衛生的)

茶碗はつくろいがたくさんあって、その銘も「瀧川」。(瀬を早み、、、)割れてもすゑに、、、なのね(百人一首・崇徳院)。


続き薄も流儀があるようだが、ここではご亭主がたくさんのよい茶碗をご披露かたがた使ってくださって、いろいろ目の保養ができた。出てきたときから、あ、あれいいな、と思う妙全さんの茶碗もあって、これでいただいたのだが、すでに嫁入り先が決まった茶碗であったのが残念。堅手のも渋渋でよかったなあ。

最後に香合の箱をみせていただく。これが本桑の木地で今時の女桑と違って手に重い。金漆の文字も重厚感あって、香合そのものは塗の漆が特殊、かつ江戸初期のさる有名茶人の花押つきであった!

茶事が果てても時間はまだ朝の10時台、まだまだ一日は長い。早起きは三文の得というけれど、一日時間を得した気もするが若干眠いのがなあ、、、、(^◇^;)

それにしてもこうしていろんな茶事にお招きいただけるとは、なんと幸せなことであろう。お茶をやっていてほんとうによかった、としみじみ思ったのである(^-^)





真夏の大原〜グランピエ夏祭り〜リバーサイドカフェ来麟 - 2016.08.22 Mon

お盆過ぎたとは思えない暑さが続いている。うちらの近所はあちこちで地蔵盆(うちの町内は子供がいないのでお経をあげてもらっただけ。)だし、もう夏も終わりのはずなんだけれどなあ。



P8190113.jpg



ご愛用の寺町グランピエさんの、大原倉庫の夏祭り。

三千院あたりをさらに北、途中峠手前のところにあるのよ。



P8190114.jpg



ふだんは閉まっている古民家を改造した倉庫。



P8190116.jpg



大型家具やら雑貨やらぎっしりつまった宝箱をまえに、まずは腹ごしらえだ。

河原町三条のとこのスペインバルsesamoさんの出張屋台。



P8190124.jpg



パエージャやら炭火焼きのイベリコ豚やら、食欲をそそってやまない匂いが!

隣ではコモエスタヌキさんというギタリストがスペイン語の歌を投げ銭で歌ってはって、気分はもうスペインのバルだ。歌詞のスペイン語がところどころわかるのがうれしい。



P8190126.jpg



倉庫前の屋外テントは暑かったけれど、ここでパエージャとトルティーじゃをいただく。車でなければここでビール!といいたいところだが、、、



P8190121.jpg



古民家は二階まであって、どちらかというとメイドインインディアのものがほとんどだったな。寺町店には二階に李朝雑貨屋家具があるのだが、ここにはないようだ。ちょっぴり残念。



P8190123.jpg



ブリキ系の日用雑貨の山の中から、掘り出すといろいろ楽しいものがありそう。



P8190128.jpg



チープなガラスコップもなぜか昭和の匂いがしてなんだかおしゃれだ。しかもめちゃくちゃ安い!



P8190130.jpg



二階の屋根裏にもガラス系やインド更紗のファブリック系などぎっちり。




P8190131.jpg



まわりはこんな大原の山の中。



P8190132.jpg



こんなお客さんもきていた。



P8190133.jpg



買い付けに行って送ったコンテナごと放りだしている、、って感じがまたいいね。古民家の向かいの文字通り倉庫では買い付けたむこうの家具をきれいにしたり修理したりしてはった。



P8190135.jpg



この古民家も良い感じだなあ。住むにはちょっとまわりが山の中過ぎるけど。



P8190151.jpg



大物家具や建具はインド製なのでちょっとテイストがあわず。結局手に入れた物はこれ。

インド綿をざっくり手織りしたストールと、多分もとは電灯の一部であったと思われるガラスドーム。これは下の部分で、本来ひっくりかえして上から電灯をいれて吊す物。好日居さんでミニケーキのカバーにしているのをみたことがあるので、真似してみようと、、(^_^;



P8190146.jpg



せっかく大原に来たので、前から行ってみたいと思っていた野菜ソムリエさんのカフェへ。



P8190143.jpg



寂光院へ行く道の手前にあるリバーサイドカフェ来麟
もとはお土産物屋さんであった建物と見た。



P8190142.jpg



木屋町の野菜ソムリエがいる居酒屋・来恩(ライオン)の二号店?しかしライオンとか来麟(キリン)とかって、、、(^_^;

大原は野菜農家の本拠地だから、ここで現地の野菜を使っての料理はさぞや新鮮でおいしいのだろう。



P8190141.jpg



何種類から選べるおにぎりに野菜料理バイキング、どれも見た目も美しくおいしそうであったのだが、、、さっきsesamoさんのスペイン料理をたらふく食べた後、味見はまた後日。

というわけで、野菜ソムリエの店でケーキを食べるというへんな客になってしまった。



P8190145.jpg



しかし、大原といえど、あっついなあ、、、、



P8190147.jpg



かえり道はかならず寄る大原里の駅、旬菜市場へ。




P8190149.jpg



大原アグリビジネスの旗艦ショップ。とれたてのお野菜、新鮮でおいしいのよ〜。晩飯のネタを買って帰ったのでありました。



ノルウェー紀行2016〜その4・ガイランゲル〜オーレスン - 2016.08.19 Fri

フロムからさらに北のガイランゲルまでは約270km、この道がかなりフィヨルド地方を満喫できる。



IMG_3307_20160819165950028.jpg



山脈をつらぬくため、トンネルが、、しかもメチャクチャ長いトンネルが多い。そうでなくても左ハンドル、トンネル内は運転コワイのに、全長25km!!なんてトンネルがざらにあるんだよ〜。゚(゚´Д`゚)゚。

あまり長いトンネルにはドライバーの眠気さましの為に、こんな風に急に青いライトになったりする。たしかに、はっとするわ。



IMG_3339_20160819165953a50.jpg



国道がとちゅうでいきなりフェリーになったりするのもさすがフィヨルド地方ならでは。




P8120468_201608191659540ea.jpg



あいにくの大雨でもややら、霧やら。天空をドライブする気分か。



P8120502.jpg



それでも景色がとてもきれいなので、あちこち停めながら、雨に濡れながら写真を撮るブロガー魂!(^_^;)



P8120504.jpg



トンネルに不具合があって30分待たされた場所では羊にけげんな顔をされつつ。




P8130509.jpg



車が山間部に入ると、、、、

おお!!!
これは氷河ではないか!!




P8130515.jpg



そびえる岩が切り立ち、石がごろごろ、寒さで植生のない場所も。この荒涼感がいい。



P8130518.jpg



家のすぐ近くまでに万年雪が。




P8130521.jpg



白い筋のような物はすべて水の流れ。




P8130531.jpg



車さえ停められれば手を触れることができる万年雪もあるよ。(みんなびゅんびゅん飛ばすので恐くて停められん、、、)




P8130534.jpg



道がやや下り坂になり、ようやくガイランゲルのホテルに到着したのは6〜7時間後であった。しんどかったが(運転する相方が、、、)フィヨルドクルーズよりはるかに景観が印象的であった!

薄明かりでもすでに21時ごろだったので、ホテルの窓からは霧しか見えなかったが、翌朝起きてみると、、、




P8130538.jpg



わお〜!

フィヨルドの湾の絶景かな!



P8130540.jpg



早朝だが、大きな客船も入ってきた。



P8130558.jpg



しかし見晴らしはそう長くは続かず、また雨。雨の中をガイランゲルの町までおりてみる。なんとここは人口200人の村なんだそうな。そのうち半分以上が観光業にたずさわっているのだろうな。



P8130560.jpg



観光地らしく、おしゃれなカフェやレストランなども。



P8130589.jpg



集合した郵便物入れ。かわいい。




P8130561.jpg



こちらはカフェ併設のパン屋さん。



P8130566.jpg



ここでコーヒーブレイク。

ノルウェー、というか北欧ではシナモンロールがおやつの定番なんだそうで、あちこちで見かけた。(なんでも日本では「かもめ食堂」で有名になったらしいが。あれはフィンランドだけれどね)

ノルウェー語ではカネルボッレ。後日空港でシナモンロール!!と叫んだがなかなか通じなかった、、、、(´・_・`)どうりで。




P8130565.jpg



ハンドメイドのチョコレート工房は併設のカフェもカントリーな感じで居心地がよさそう。あま〜いチョコの香りについつい大きなの、買ってしまった。これ日本に持って帰ったら溶けるよね、きっと。




P8130575.jpg



見所をまわる、という二階建てのパノラマバスに乗ってみるが、われわれを含めお客さんは10人以下。貸し切り状態で楽しめたわ。

いままでもあちこちで見かけた山から吹き出す水。
下水溝もなく、ただ地面に流れ落ちているだけなのだが、いったいこの水はどうなってどこへ行くのか???




P8130577.jpg



いまだにこれがずっと謎で、舗装道路の下がゴロタ石になっていてそこを濾過されてフィヨルドにそそぐのか?と推測してみたのだが、答はわからない。日本なら道路にこんなに水が噴き出していたらすぐ道冠水、もしくは山なだれ頻発だよ。



P8130582.jpg



もう少し晴天の日があったらなあ〜〜、、、




P8140591.jpg



ふたたびホテルの窓辺で。お茶を点てるが湾はもやで覆われて見えなくなった。




P8140596.jpg



たま〜にもやが晴れるとよい眺めなんだが。


次の朝、ふたたび車で海沿いの町、オーレスンへ。




P8140626.jpg



久々に町中へ帰ってきた〜。

それにしてもどこを取っても絵になる市街地。きけば1904年の大火で大きな被害をうけたあと、当時の建築家が流行のアールヌーボー様式の建物を次々と建て、現在のこの町並みに生まれ変わったのだそうだ。



P8140628.jpg



ほんとうはもっと町歩きをしたかったのだが、鬼の霍乱、1年のうちお腹が痛くなるなんて1回あるかないかの私が急性胃腸炎症状で倒れてまして、、、ホテル周辺しかあるけなかったのだ。


フィヨルドに真珠繋ぎのようにつらなる島ぎりぎりに立ち並ぶアールヌーボーの家家を俯瞰できるアクスラ山展望台にも行けず、、、、(;д;)

でも、ヨーロッパ一人旅中のFB友さんが、ご自分の写真を送ってくれたのがうれしかった、、、と同時に悔しかった〜(*´~`*)

(参考画像はコチラ




P8150633.jpg



それでも美しい町歩きは楽しい。
ここも人口4万人の町なので人口密度きわめて低い。だから普通の道路の信号が、、、、あるにはあるが消灯してたのよ。びっくり。




P8150637.jpg



これね、アールヌーボー様式の家家。



P8150639.jpg



王冠をいただく海洋国家の紋章。




P8150641.jpg



港にはヨットもたくさん停泊中だが、タラの漁獲量では世界有数の港なのだそうだ。




P8150642.jpg



モーターボートも市民の足なのかしらね。



P8150646.jpg



カヌーを楽しむ地元の人もいる。




P8150649.jpg



あ、こんなところにもトロールがたたずむ。




P8150654.jpg



その後、胃腸炎はかなり改善した。

翌早朝、オーレスンを発つ。
雨に濡れた石畳がきれいだ。




P8150655.jpg



明けやらぬ夜の町もまた美しい。



P8150657.jpg



空港に到着。
約500kmを踏破したレンタカーにここでお別れ。ご苦労様、ありがとう。




P8150661.jpg



1時間弱でオスロ空港に到着。空港の待ち時間に最後のシナモンロール、、いや、カネルボッレを食す。甘〜!みんな同じ事を考えるのか、ロビー中にシナモンの香りがただよっていた。




P8150663.jpg



空港は人口が少ないせいか機械化がすごく進んでて、チェックインも機械ならスーツケースにシール貼ってバゲッジドロップに送り出すのもセルフなんよ。ちなみにこれはそのシールを発行するもの。



P8150658.jpg



飛行機から見下ろしたフィヨルド。



P8160668.jpg



自分へのお土産は、ろうそくに火をつけると空気対流でくるくる回るシルバーのオーナメント。



それにしても、ノルウェー、北欧に対してあまり知識のないまま行ってしまった旅だった。いままで北欧はあまり興味がなかったのも事実。歴史や、文化、美術品など、どうしても中央〜南ヨーロッパに負けるから。
もし再びおとずれる機会があったなら、もう少し勉強してから行かねばならぬ、、、とこっそり反省するのであった。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (231)
京のグルメ&カフェ (44)
町家ウォッチング (5)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (44)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (26)
京都めぐり2016 (23)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (6)
美術館・博物館 (35)
奈良散歩 (13)
大阪散歩 (1)
着物 (5)
京の祭礼・伝統行事 (29)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (1)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (3)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
中国茶 (12)
ギャラリー (1)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR