fc2ブログ
topimage

2024-05

この春は見る人もなき里桜〜西陣で春を見送る〜雨宝院 - 2020.04.20 Mon

こんな状況下だけれど、桜の最後はやはり雨宝院の御衣黄で締めたいと、西陣へ。
往き帰りは車で、人と話すこともなく(もともと西陣あたりはそんなに人出ないけど)、すれ違うだけで帰ったので責めんといてね(^_^;



P1020180.jpeg



雨宝院に向う智恵光院通り今出川上ルの公園にも八重の里桜が満開である。



P1020183.jpeg



ここにある首途八幡宮(かどではちまんぐう)
京都移住前からこのあたり、よくうろついていたので、前は通っていた。最初「首途」が読めなくて、だれかの首塚?とか思っていた(^_^;。


P1020188.jpeg



しかしお参りしたことはなかったので、この機会に行ってみることに。
背景がマンション、、、というあたりが今の洛中の現実だ。



P1020184.jpeg



この場所にはかつて奥州の砂金を商っていた金売吉次の屋敷があったとかで、源義経はその縁によってここから奥州に出発(おちのびた)したため、門出の無事を祈願したことから首途八幡宮とよばれるようになったとか。

御祭神は応神天皇・神功皇后の母息子と比売大神
宇佐八幡宮から勧請されたというから、そのまま同じやな。


P1020189.jpeg



で、八幡様のお使いの鳩が、、、、
げろげろ、、、ではなくて手水舎に。



P1020190.jpeg



西陣は、かつての洛中の暮らしがまだ色濃く残っている気がする。
お地蔵様もたくさんのよだれかけを奉納されてはる。このあたり大好きで、ほんとによくうろついたが、最近はとんとご無沙汰、このコロナ禍が収束したらまたゆっくり歩いてみたい。



P1020192.jpeg



ランドマークである本隆寺の土壁の門を曲がって、、、、


P1020195.jpeg



ああ、今年も巡り会えた御衣黄(ぎょいこう)



P1020193.jpeg



西陣聖天・雨宝院
ここにはほとんど毎年来ている。例年ならこの里桜を見にちらほら人の姿があるのだが、この日は独り占めであった。



P1020194_20200417194236487.jpeg



御衣黄は芯に紅を宿すちょうど見頃をむかえていた。
派手さはないのに、その桜ともおもえぬ独特の色になぜかくも惹かれるのか。
名前が御衣黄とは、誰がつけたかあまりにできすぎ、その名前にもひかれるのだなあ。



P1020198.jpeg



御衣黄だけでなく、八重桜の歓喜桜、観音桜、松月桜もほぼ満開


P1020209.jpeg



  この春は 見る人もなき里桜 都の春を見送りけるかな



P1020200.jpeg



この山門から見る提灯と本隆寺の土壁がベストアングルなのよね。


P1020205.jpeg



桜の下にたたずんでいるともうハラハラと桜吹雪がすごくて、髪にも肩にも手にもふりそそぐ。こんなご時世をひととき忘れて、とてもしあわせな気持ちになれたよ。



P1020211.jpeg



お堂の前にも花吹雪


P1020213.jpeg



地面の上にも花絨毯


P1020208.jpeg



境内にはところ狭しと四季の花が咲くが、シャクナゲが桜の木陰で咲いていた。
季節はもう夏へ向かおうとしている。



P1020221.jpeg



西陣の風情はかつての京都らしい面影をまだ残している。
またゆっくり遊びにくるわね。その日が遠くないことを祈るわ。



関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは。

もう夏の気配、、ですか?
北海道は春、まだですよ~"~

美しい桜の景色の数々、堪能させていただきました。
先の記事の京セラ美術館付近の夜桜といい岡崎疏水の桜吹雪といい
そして八重桜に御衣黄、、
西陣にそんな名所があるとは知りませんでした。
ほんとに知らない場所、事、ばかりでいつもお勉強させていただいています<-->
桜が咲くとふらふらと、、いいのです。。三密避けて十二分に注意をはらっているのですから。。
私も桜が咲いたら早朝とかに行っちゃうかもしれません^^;

前の記事で茶道具をおっぴろげているところで思わず声出し笑いしてしまいました。
^0^ 整理しようとして収集つかなくなった事、私もよくあります。
でもなんとなく見ているうちに思い出にふけったり、愛でたりして、、それもいい時間の流れと思います。
家でなんとなくすることが増えているようでするべきことができていない自分ですがしぇるさんは本当に毎日を無駄に過ごしていないのですごいなと思いました。
引き続きコロナにめげず、楽しい日々にしていきましょうね~

のりーな様

昔GW頃に札幌へ行って、北海道はこのころ桜が咲くのだなあ〜と、頭ではわかっていたけれどその時はじめて体感として理解しました。北海道はまだ寒いのでしょう。これから桜の楽しみがありますね。
西陣はこれといって大きな観光地があるわけではないのですが、当てもなく歩くといろんな発見があったり、かつての洛中の暮らしを思い出させる場所がたくさん残っていたり、退屈しません。今は休業中で残念ですが、おもしろいカフェやお店もあったりするので、ガイドブックを捨ててぶらぶら歩き(迷子にならない程度に)、おすすめです。とりあえずはまずこのコロナ禍がおさまることが先決ですね。

しぇるさん、こんにちは

こちら、雨宝院

小さな境内の中に、ぎゅっと詰まった

桜の花びら♪

密度の濃い春を味わえます

私も、春にこちらに赴く時は

午前中に、こちらを撮影で訪れて

その後、中立売りを歩いて「キッチンゴン」でピネ・ライス

これが定番、花より団子でございました^^

高兄様

京都Walker、京都カメラマンには外せない春の雨宝院、西陣ですね。
キッチンゴンにも行きたいと思いつつ、いまはこんな状況で、、、
私は野ばら珈琲さんが好きなんだけれど、長い間行っていない。まだお元気でお店されてるかな?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1375-394f4b6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大文字山の眺望を茶室に一服 «  | BLOG TOP |  » 小人閑居して、、、為不善?〜卯月雑記〜

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (418)
茶事(亭主) (88)
茶事(客) (185)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (114)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (5)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (151)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2024 (1)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (14)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)
台湾2024 (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR