topimage

2017-08

やきもの勉強会ー食を彩った大皿と小皿ー〜根津美術館 - 2017.08.07 Mon

太田記念美術館から駅一つと近いので、根津美術館にも足を運んだ。



P8010017.jpg



東京の美術館の中で一番よく行っているかもしれない。ここお庭も広いし好きだわ。




P8010018.jpg




今期の展示は「やきもの勉強会」と称して、6世紀頃の中国の焼物から国焼にいたるまで、食文化とからめながらの展示。



IMG_8263.jpg



古代中国やイスラム文化圏では絵画などから食事は大きなお皿に盛り盛りだったようで、直径1mはあろうかとおもわれる大皿のオンパレード。こんなでかいお皿はどうもなじまない。

中国でも時代が下ってきたり、日本では特に絵画資料のある平安のころから小さなお皿をちまちまならべるのが主流で、古染系の小さなお皿がたくさんあって、これは見ていて楽しかった。
中には3〜4cm径の豆皿もあってこれはカワイイ。




P8010022.jpg
(展示の前に先に散策した、茶室がたくさん点在する根津のお庭)



国焼の時代になるとやはり織部、志野、黄瀬戸あたりから、磁器の伊万里系もたくさんでてくる。景徳鎮への注文品の古染付もすてきだ。




IMG_8327 (1)




一番興味津々なのがやはり二階の展示室の「盛夏の茶事」。
茶室の室礼をそのまま、また懐石道具の展示も。

法花蓮華文水指、、、、紫交趾、中国明代の水指、、、これどこかで最近見た、、、と思ったら!
そうだ、淡交の7月号にのってたやつや(たぶん)!




P8010025.jpg




高麗雨漏茶碗の雨漏り部分があまりに大きくて印象的な「優曇華」。卵手、端反り、好きな形やわ。ええな〜。




P8010021.jpg




焼物を堪能したあとは、庭園内の根津カフェへ。




IMG_8256.jpg




あいにく庭園が見渡せる窓際の席は空いていなかったが、苺のショートケーキ、んまかった。




P8010030.jpg




心とお腹を満たして根津をあとにする。
(実はこのあと時間に少し余裕があったので、三井記念美術館にもよったのだ。こちらでは水木しげる先生の地獄絵などが、、、>^_^<)




IMG_8267.jpg




おまけだが、最近「茶道四祖伝書」読んで、書いてる松屋(松屋会記の三人のうちだれぞ)が松屋三名物の一つ、松屋肩衝の龍三爪緞子(珠光緞子)がすごいすごい、利休も誉めたとさんざん自慢しているので、現在それを所有しているところのこちらのショップでつい買っちゃった珠光緞子の古帛紗。





妖怪百物語・月岡芳年〜太田記念美術館 - 2017.08.06 Sun



P8010014_20170804170001f8a.jpg




ううむ、、、、ここは原宿とかいうところかな???
某女性歌手の「原宿でいやほい♪」が頭を駆け巡ったりして。それにしても若い人ばかりで浮いとるなあ、自分。




P8010011_201708041700002bb.jpg




その原宿にある太田記念美術館。大田区にある区立美術館だとず〜っと誤解していたが、生命保険会社の社長・五代太田清蔵氏の厖大な浮世絵コレクションを所蔵する美術館だったのね。


今回上京するに当たり、ここに行こうと思ったのは、幕末から明治の最後にして最大の浮世絵師・月岡芳年の浮世絵を展示中と聞いたからだ。





京極堂 (1)




芳年の名前はぼんやりきいてはいたものの、あまり詳しくはなく、能の演目を調べるウィキペディアでは必ずと言ってよいほど芳年の浮世絵の挿絵がはいっているので漠然と興味があった。

京極夏彦の「書楼弔堂」で「太蘇芳年」の名前がでてきて、主人公になっている一話があることもぼんやり覚えていたのだ。ちなみにこの表紙の写真は芳年の姑獲鳥(うぶめ)。

やっと焦点があってこのたび真剣に見ようとやってきたのだ。




IMG_8251.jpg




前期は妖怪百物語、後期は月にまつわる月百姿。

今期の展示は妖怪の方だったが、この人、ほんとうに妖怪や幽霊を見たことがあるといううわさ。それらを見ることが悩みになっているというような話だったな、「弔堂」の話は。

しかし、、、、このポスター、、、土蜘蛛だろうとは思うが、この蜘蛛見て一瞬亀仙人かと思ったわ。

芳年は「血まみれ芳年」といわれるくらい無残絵が有名らしいのだが、今回の展示はあくまで「妖怪」。この土蜘蛛もそうだが、おどろおどろしい姿のわりにはどこかとぼけてユーモラスというより滑稽で、女性のお化けに到ってはここまでブサカワに描くか?というほどニヤリと笑えるのだ。

妖怪は、たいがいは英雄に押さえつけられてたり、鼻であしらわれたりしていて、かえって憐れさをさそうので、妖怪の方に同情しちゃうわ。





芳年




これなんか、絶対ウルトラQ(若い人はしらんやろうね〜)作った人は見てたやろうなo(≧ω≦)o

とはいえ画面のコマ割が斬新で、闇に潜むもののけが黒一色の中に目を凝らしてやっと見えたり、烏天狗の羽根を太刀で切りつけた場面はその切った軌道が描かれていたり、、、これはそうだ、漫画だ、劇画そのものだ。
「ザシュッ!!」とか「ズザザザ〜!」とか、擬音をつけたらまさにぴったり!!

能のウィキの挿絵が多いのも納得、能や歌舞伎、古典にかなり精通していたようで、その絵をたくさん描いている。

浮世絵は版画だから輪郭くっきりの絵になるが、絹布に描いた先ほどの姑獲鳥は、なんだか凄みを感じさせる美しい絵だなあ。別に浮世絵の姑獲鳥もあるのだが、こちらはなんかスミマセン、と言っているような姑獲鳥であんまり恐くない。


芳年の師匠の歌川国芳もジャンル的には似ているが、ここまで動画的な動きはない。江戸から明治に動いた時代が芳年の背中を押した。題材の似ている河鍋暁斎も、そういえば動的で、物の怪がかわいく見えるのは兄弟弟子だからかな。





IMG_8253_20170804165958a0d.jpg




UKIYOEはもう世界的な言葉なので、来ている人は外人さんが多かった。日本人よりよくご存じ。

次期「月百姿」、主に謡曲や歌舞伎の月にまつわる場面を描いた100枚、これも見たいがな〜、、、東京はちょっと遠いのだ。残念。



珠玉の香合・香炉展〜静嘉堂文庫美術館 - 2017.08.04 Fri

東京日帰り弾丸ツアー。

一番の目的はこの方に会うことだったのよね。




IMG_6899_20170803001224b45.jpg




、、、、と言ってもこれは飴缶なんですけど、、(^_^;

春にいった東博の茶の湯展で、展示時期がはずれて見逃した、国宝曜変天目(稲葉天目)を見に。

秋の国宝展で京都に来るといううわさも聞くが、まずは本家の静嘉堂で見たかった、というのもあるし、特別展の香合も見たいし。




P8010006.jpg




二子玉川駅からこれはどうやってもタクシーしかないだろう、というような細い複雑な道をたどるようなところにある静嘉堂文庫美術館、岩崎弥太郎の弟、弥之助、小弥太親子のすんばらしいコレクションを蔵する美術館である。なにせ国宝7件、、、ってすごい。




P8010002.jpg




ここは初めて来たのだが、展示の工夫やアイデアもよくて、曜変天目と同じサイズ、重量の天目茶碗をわざわざ特注してさわらせてくれるなんて、なんてすてきなんだ!(意外と重いのね、一生本物は触れないからね)

今回のテーマ・香にあわせて太っ腹な香木の塊も展示、さわってにおってみるのもOK\(^O^)/




IMG_8249.jpg




入館して、まずはなにをおいても曜変天目。
いや〜、、、これか〜、、、やっぱり美しい、、、としか。この宇宙的青のハレーションときたら!藤田の曜変天目も美しいが、青の美しさではやはりこちら。外側も一見黒く見えてよくみるとブルーのラスタ。
曜変は、いまだに製造法がわからないという所もミステリアスで、ガラス越しとは言え、至近距離で拝見できるシアワセ。




P8010004.jpg



心を落ち着けて、それからおもむろにいならぶ香合・香炉を拝見。

ここは「形物香合番付」に載っている香合を一体いくつ所有しているのか。茶の湯関係の本でどこかで見たことのあるようなものとか、有名なやつやろ、これ?のものとか、香合だけでこれだから、他の茶道具はどんなんだろう。
岩崎親子が茶の湯に興味があってほんとヨカッタ、と感涙(ジョーク)。




IMG_8266.jpg




香炉なのだが、やはり仁清はすごい!と思ったのが法螺貝香炉。猫がうずくまっているくらいの大きさはあって、遠くから見ると地味な法螺貝なのに、近寄ってみてびっくり!多色の鮮やかな色が(金彩も)これでもか、と表面を埋め尽くしている。遠景を計算して近寄ると鮮やか、これは印象派の絵画やな、と思った。




P8010005.jpg
(静嘉堂文庫・岩崎親子のコレクションを収納するために小弥太が建てた英国風建築。設計・桜井小弥太)




香合の種類は多彩をきわめ、焼物あり、蒔絵あり。
どれもすばらしいが印象に残った物をいくつか。


仕覆蒔絵重香合(江戸時代)、今にも仕覆を脱がせかかっている、というだまし絵的な蒔絵がすてき。

吉野山蒔絵十種香道具(江戸時代)、香道の皆具一式、ひとつひとつが見事な上、これだけフルにそろっていると壮観。

伝遠州所持・屈輪冠香合(明時代)、普通の丸い香合に屈輪が彫られているのはよくあるが、中国の官吏の帽子にこまかい屈輪があるのがめずらしくて面白い。




P8010008.jpg




呉須の赤玉香合のみかん大の大きいのと、きんかん大の小さいのが並べてあって、小さいのがかわいくていいな、と思ったら、やはり小さい方が価値が高いそうで。

大好きな古染付の香合もいくつか。


香合を炭斗にどう仕込むか、炉と風炉の違いをしめすデモ展示があって、これはよかった。
炉の炭斗の羽根の下にちょろっと顔をだしている、のんこうの雀香合のかわいさときたら、萌えるわ。




FullSizeRender (1)




至れり尽くせりの展示アイデアに、さらにA6サイズの図録なんて、もう、泣かせる。





IMG_8250.jpg




館内にタクシー呼び出し専用の電話まであるという交通立地の不利なところを補ってあまりある静嘉堂美術館。
やっぱり、ここで稲葉天目みることができてヨカッタ。

(しかもかえり道、タクシーの中から横浜の茶友A庵さんをみつける!というサプライズもあったし)










東京茶の湯美術館めぐり〜その3・茶の湯のうつわ 和漢の世界〜出光美術館 - 2017.05.16 Tue

東博でお腹一杯、、、といいながら、ちっとも懲りないで、畠山にも行って最後に東京駅の近く出光へ。
ここもうわあああ〜〜の名品、好きなモノ、の洪水であった。できたらこれだけ、単独で見た方がよかったかも。




P5090038.jpg




第一章が一楽二萩三唐津

長次郎からずら〜っと楽家歴代。楽美術館所蔵ののんこうの「青山」によく似た意匠の「此花」、上のポスターにのっている茶碗よ。
古萩、古唐津の名品がならぶ。貫入だらけの古萩もええが、奥高麗(古唐津)がまたええな〜〜。
絵唐津の塩笥は重文の水指、先日西行庵の茶会でもこの手の水指でてた。(決してブイヤベース入れではアリマセン^_^; )

そういえば出光は古唐津のコレクションで有名であったわ。初代館長・出光佐三が最初に手に入れたのが絵唐津丸十文茶碗、これから彼の古唐津コレクションがはじまったのだそうだ。この茶碗も展示されていた。これに彼を古唐津の世界にひきずりこんだ力があったのだな。

美術館の残欠室には絵唐津の大皿の残欠もあって、せんだって西行庵でタライラマ師がつかわれた菓子器もよく似たものであったことを思い出した。






P5090039.jpg

(美術館はビルの上階なので皇居の森がよく見える)



第二章は京焼

ほとんど仁清とちょこっと乾山。
仁清は色絵のデザインがモダンで完成されていてすごいと思うが、絵のない信楽っぽいのやシンプルな釉薬だけのものも意外と多いのだ。釉薬はわりとよくある感じだが、そこはどっこい仁清、形がユニークでモダン、現代の作品といわれても納得しそう。




P5090042.jpg

(皇居の森にみえるはかの有名な桜田門〜!)



第三章 唐物・高麗・安南

これはもう食い入るように見ましたよ。さきほど東博でも食い入っていたけどね。

珠光青磁(南宋)のひっかききずみたいな紋様を確認。とても人形にはみえない紋様の人形手(中国明代)絵高麗梅文茶碗、これも有名なヤツ、高麗といいながら実は中国の磁州窯。
井戸、呉器、伊羅保、熊川、、、と大好きな高麗系がならぶ。熊川は端反り。本だけでなく実物をみるといろいろ勉強できる。(すぐ忘れるが)
古染もいっぱいあるじゃあないですか〜〜!



第四章 懐石、宴の器
第五章 煎茶の世界

出光佐三は煎茶もたしなんだのだな。ただこちらのコレクションはやや派手目か。





P5090044.jpg

(リュックにいれて持って帰った今回の図録二冊。、、、、、重かった、、、、)



特集展示として雲州蔵帳とその美

松平不昧公の雲州蔵帳そのものは初めて見た。
「秋夜」の銘の奥高麗、渋い!
呉須でくるくるとシンプルに描いたものが銘の如く「橘」にみえる呉須染付(明代漳州窯)、ゆるくてすてき。
遠州に憧れた不昧公、遠州茶箱は小さくてカワイイ。箱には金蒔絵で桜の花と「花こそやどのあるじなりけれ」(春きてぞ 人もとひける山里は 花こそ宿のあるじなりけれ(拾遺和歌集)
中は小さい高麗青磁写しの茶碗に染付茶入、唐物茶入、いずれも仕覆付き。豪華な茶箱や。



要所要所に仙厓さんの軸がたくさん掛かっていたが、出光佐三は仙厓さんも好きでコレクションしたらしい。

で、、、あとになってやっと気づいた!
出光佐三って「海賊とよばれた男」のモデルやんねえ!




東京茶の湯美術館めぐり〜その2・畠山即翁の茶の湯の名品〜畠山記念館 - 2017.05.15 Mon

東博をあとにして、以前から行きたかった畠山記念館へ初めて行く。



IMG_6894.jpg




地下鉄白金台駅を降りて歩くこと約10分。シロガネーゼとかで有名な高級住宅地なんだ。




P5090018.jpg




さっすが白金台!!と思った白亜の巨大建物。
最初億ションかなにか?と思ったが、警備員も常駐の某IT社長の別邸とかなんとか。

しかし、ここはかつて薩摩島津藩の隠居所であり、のちに畠山即翁のお屋敷の一部となり、奈良の般若寺の一部を移築したり加賀藩ゆかりの能舞台を移築したすばらしい場所だったらしい。なんとも残念なはなし。




P5090019.jpg




さて、畠山記念館。
畠山即翁はご存じのように荏原製作所創立者であり、鈍翁などとも交流のあった、茶の湯とお能を愛した近代数寄者のおひとり。(お茶とお能は野村得庵も入れ込んでたし、当時のはやりやったんかな。かくいう私もレベルこそ違えお茶とちょっぴりだけどお能を愛してる)




P5090027.jpg




なによりも美術館までのアプローチの庭園がすばらしい!
広い庭園に散在する茶室もいくつか。貸し出しもされているようなのだが、どちらかというと使われなくなって荒れてる印象が残念。





P5090020.jpg




美術館は広い二階部分が展示室。
人も少なく落ち着いてゆっくり見ることができる。展示室の一部に、四畳半の茶室「省庵」と小さな茶庭ももうけられている。

今回の展示の目玉は重文の志野水指「古岸」。卯花墻を水指にしたらこんな感じか。

それから有名な伊賀の耳付花入「からたち」。カラタチの木のようにとげとげ、さわると痛いだろうなと思うくらいはぜて、破袋にも通じる印象。即翁が、これを加賀から入手したときに駅まで羽織袴姿で迎えにいったというエピソードつき。



P5090032.jpg




長次郎赤楽「早船」は、ここの所蔵であったか。利休が待ちわびて早船にて届けさせたという。

与次郎の東陽坊釜。筒型で小ぶり。もともと本歌は天命釜で、利休が真如堂の東陽坊のところに持ち込んだことが銘の由来らしい。

それから先ほどの東博で見た粉引「三好」と同じ意匠の「松平」。コチラの方が無釉の部分がシャープ。




P5090023.jpg



実際、茶事をたくさんした即翁らしく、懐石道具もたくさん出ていたのが興味深い。
ペアの備前火襷徳利を「松風」「村雨」と命名しているのもお能好きだった即翁らしい。(謡曲「松風」の姉妹の名前)
あ!この小ぶりの刷毛目の盃は!
以前にタライラマ師の茶事にでてきていたやつといっしょや〜!これ好きやわ〜。


大きな竹林七賢図屏風は、現在東京芸大ミュージアム開催中で人気の雪村のものであった。この中のお酒をついで回っている一人とおなじポーズの人形(脇山さとみ・作)最近ゲットしたばかりだなあ、、、と思いながらついにやにやしてしまった。



P5090035.jpg



即翁は所蔵茶道具に「與衆愛玩」の蔵印をもちいていた。

「即翁衆と愛玩す」

名品を自分だけで愛玩するのではなく、みなに使ってこそ、という心意気。さすがです。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
古筆 (1)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (22)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR