FC2ブログ
topimage

2020-04

夜の京セラ美術館(旧京都市立美術館)〜オープン前 - 2020.03.10 Tue

*オープンは3月21日から4月4日に延期されました。


今月21日、長い修復期間を終えてグランドオープンする市美、、、いやそろそろ京都市京セラ美術館の名前に慣れなければ。



DSC00405.jpeg



夜このあたりを徘徊するのが好きなのだ。オープン前の美術館を撮っておくのもよかろうと、カメラを持って散歩がてらでかける。



DSC00406.jpeg



ファサードの下の白いところはカーテンが引いてあるが素通しの強化ガラスかなんか。ほぼ毎日ライトアップされている。ちょうど玄関が宙に浮いた形に見える。ここがなあ〜、学生時代から親しんだどっしりした石の階段があったのに撤去されたのがいまだにくやしい。



DSC00409.jpeg



このガラスのところは光りのリボンというらしい。夜、きれいなのは確か。


DSC00411.jpeg



南側へゆるやかな曲線を描いてtapering


DSC00413.jpeg



北側へも
このあたりで中をのぞくとミュージアムショップとおぼしき部分になっている。


DSC00412.jpeg



ここから西を向くと平安神宮の大鳥居が見えて、美術館前の広場は、すり鉢状になっている。
お向かいは府立図書館、国立近代美術館。
仲良く市立、府立、国立が並んで、今更ながらこのあたり一帯ほんま良い文化ゾーンだなあ。



DSC00414.jpeg



この色とりどりのガラス片の構造物は、ルーブルのピラミッドをまねて?地下のエントランスに通じる道。本館は鏡に映っている映像なので、実際はこの背後にある。



DSC00416.jpeg



北西の端から見た図



DSC00417.jpeg



重厚な昔の内装(昭和8年開館)がどこまで残っているのだろうか。いきなり近代的!はいやだわ。



DSC00419.jpeg



別のエントランスが開かれたため、開かずの扉となった慣れ親しんだかつての正門



DSC00421.jpeg



西側の広場には透明強化プラスチックのフェンスがランダムに設けられていて、直線コースが歩けないようになっている。夜はよく見えなくて激突者(=私)がでることも想定して端に点滅する赤いライトバー設置。



DSC00425.jpeg



反対にいままで閉じられていた東側の扉がガラスでカバーされ、ここが新たな中央入口になるもよう。


DSC00423.jpeg



この背後の池にガラスの水上茶室「聞鳥庵(もんどりあん)」
杉本博司さんの作らしい。オープン時に茶室披きもされるそうだが、どんな感じになるのかな。

ちなみに別の日の昼間にとった写真がこちら


IMG_8839.jpeg

IMG_8840.jpeg


DSC00426.jpeg



今まで空き地っぽい感じだったところ(よく孫を遊ばせてた)に新館・東山キューブができたが、それとの連結部分がこちら。ここがレセプションになるようだ。



DSC00430.jpeg



このレセプションを引いてみるとこんな感じ。


DSC00432.jpeg



新館の外観
工事の幕がとれたときには「ベニヤ板か?!」と口をあんぐりしたものだが、慣れてきたわ。



DSC00433.jpeg



21日のオープン以降、本館では「最初の一歩:コレクションの原点」はじめいくつかの展示が、新館では杉本博司さんの「瑠璃の浄土」展が開催される。これは楽しみだ。



DSC00431.jpeg



かつて「第三の男道」(わかる人にはわかる)とよんでいた東側の小径も久々に歩く。左手の景色は一変したが、モミジバフウの並木は健在である。



茶の湯〜禅と数寄〜相国寺承天閣美術館 - 2020.03.06 Fri



IMG_8734.jpeg


同志社に隣接する足利義満が創建した臨済宗・相国寺の境内である。
観光客はあまりこないので、いつも静か。


IMG_8738.jpeg


この一画にある相国寺・金閣寺・銀閣寺その他の所蔵の美術品コレクションを見せてくれるのが承天閣美術館


IMG_8740.jpeg



禅宗の寺として、中国をはじめ日本の禅僧の墨蹟・絵画は当然のことながら、茶の湯の道具が多いことでも有名なので、茶の湯クラスタには看過できない展示が多い。
というわけで、今季は「茶の湯〜禅と数寄」。


IMG_8743.jpeg



こちらは土足を脱いで靴下のまま中へ入るスタイル、いつも比較的すいている。今回ちょっとうれしいような悲しいような出来事、、、ここはシルバー料金があるのですぅ〜(^_^;

展示は、墨蹟はスルーしてしまって茶道具にばかり目が行ってしまう。(墨蹟も掛け物として茶の湯の道具ではあるのだが)



IMG_8744.jpeg



展示は後期にはいっていて、禾目天目は見られなかったが、黄瀬戸珠光天目+尼崎台あり。
一番食らいついたのは加賀光悦(重文)やな。これ一つでお客さん呼べると思うのだが、おしげもなくなにげに置いてあるところが憎いわ。このどしっとした迫力。写真で思うよりはるかに大きい。これも有名な長次郎の「喝色」もあったのだけれど、ちょっと光悦にはまけるかも〜(個人的感想です)

東山御物であった唐物茶入(古瀬戸鶴首)もなにげに置かれていて興奮する。まあ、お茶をしない人にはあんまり地味すぎて興味ないかもやけど。


IMG_8746.jpeg



場所が相国寺(金閣寺・銀閣寺も管轄)だから「隔蓂記」の茶に、一章さいている。
金閣寺・相国寺の住持であった鳳林承章の日記(1635〜1668)で、江戸初期の上流文化の研究に欠かせない文献でもあるのだが、後水尾天皇、金森宗和、千宗旦、野々村仁清、狩野探幽その他の茶の湯、美術関係ビッグネームがごろごろでてくるらしい。
展示は主に鳳林承章の書画、交流のあった仁清の茶碗、宗和の竹花入れなどであるが、金閣寺所蔵の「隔蓂記」そのものも展示されていて、感動。まだ読んだことがないので読みたいと思いつつもあまりに厖大なので二の足を踏むわ。



IMG_8747.jpeg



最後にやっぱり足利家ゆかりの寺であるから、かの「君台観左右帳記」(伝相阿弥)がでていて、「座敷飾花の子細伝書」の絵画のところにお馴染みの中国絵画の画家の名前(牧谿、王澗、顧愷之、徽宗皇帝、徐熙などなど、、、)がずらっと載っていて、思わず復習したのであった。(しらないのはやっぱり目がスルーしておぼえられない、、)




嵯峨嵐山・福田美術館 - 2019.12.23 Mon




P1000800.jpg



12月にはいって嵐山の狂乱の混雑は解消されたようだ。




P1000804.jpg



紅葉も終わって落葉した嵐山はそれなりに美しい。
さて、この観光混み混みシーズンが終わるのを待って、満を持して(?)やってきたのはコチラ。



P1000805.jpg



10月オープンしたばかりの大堰川沿い、福田美術館



P1000811.jpg



大手金融会社アイフル創業者の福田吉孝が「100年続く美術館」をコンセプトに創ったプライベート美術館である。



DSC09578.jpg



なにしろ抜群のロケーション、スタイリッシュで場所になじむ建築(東京工業大学教授・安田幸一設計)、コレクションの素晴らしさは言うに及ばず、なんと言ってもヨーロッパ並みに撮影OK!という太っ腹、というわけですでに美術館クラスタの間では話題がもりあがっている。



IMG_8191_20191221002810032.jpg



近未来的な、ギャラリーまでのルート



DSC09587.jpg



しかも左手には渡月橋も含む大堰川の絶景が望める。
(しかこのガラスの模様は写真撮るのにうっとうしいな、と思っていたら景観条例にのっとるとこうなるのだそうだ。)



DSC09580.jpg



ギャラリー1
細見美術館を思い出す。あれもスタイリッシュな美術館の構造だし。



DSC09584.jpg
(「龍田姫」木村武山・・・龍田姫が楓を赤い絵の具で彩っているところ)


コレクションは応挙、蕪村、北斎、池大雅、若冲、その他江戸の絵画から始まって、近代の上村松園、竹内栖鳳、関雪、木島櫻谷などなど。いずれも名品佳品だと思う。



DSC09604.jpg



中でも、やっぱり若冲の墨絵「群鶏図押し絵貼屏風」はええなあ〜。
きりっと大見得を切る細密に描かれた雄鶏の横で、手を抜いたみたいに丸だけで表現された雌鶏のとぼけ具合が好きで、やっぱり若冲ええ人やったに違いない。

ポスターにもなっている木島櫻谷の大きな二双の「駅路之春」も春爛漫の旅する人や馬の長閑なひとときを描いていて、一瞬自分もその景色の中にいるような気がしたよ。



DSC09583.jpg



あと、もふもふのこの子も好き♡
速水御舟「春眠」



IMG_8193_2019122100280090f.jpg



ギャラリー2

ここの音声ガイドはQRコード読み込みで自分のスマホで聞けるという、ようするに無料!
ここも太っ腹!

あとパノラマギャラリーにローランサンとかマチスの西洋絵画が数点。



DSC09596.jpg



ショップの一画は坪庭になっているところも良い感じだ。



DSC09599.jpg



見終わって、ミュージアムカフェパンとエスプレッソへ。(ここ、表参道が本店のパンと珈琲のお店なんだってね。)まあ、ここからの眺めが一番いいかもしれない。渡月橋もばっちし。



DSC09605.jpg



ここでランチしておいとまする。



DSC09607.jpg



嵐山を訪れる外国人観光客は多いけれど、押し合いへし合いしながら食べ歩き、、、よりこういう所にこそ行ってみてほしい、日本文化をもっと知りたければ。
また行きたい美術館がまた一つ増えた。(あとはちょっと遠いのがね〜)



P1000814.jpg



ちなみにさきほどのもふもふ猫の全景はこれです。
早春、芽吹いたばかりの木の下、というのがまだ寒さを思わせて、まどろむ猫が寒くないかなと心配になるのである。



仏像 中国・日本〜大阪市立美術館 - 2019.12.08 Sun



DSC09387.jpg



久しぶりの大阪天王寺、通天閣も見えるディープ大阪にある大阪市立美術館へ。



DSC09389.jpg



「仏像 中国・日本」展と銘打ってあるが主に中国二千年(戦国・春秋時代〜)の中国の仏像彫刻の歴史を時代をくだって見ていくという展示。地味に仏像ばかりならんでいるんだろうな〜と思っていたが、なかなかどうして、中国の仏像って個性的なんだな。



DSC09390.jpg



展示は紀元前の仏像製作時代以前からはじまる。
銀製男子立像(仏像以前)は永青文庫所蔵、5cmくらいの小さな、兵士のややデフォルメされた像で、ぴかぴか。どうしてこれが紀元前4〜3世紀のものとわかったのだろう?というくらいきれい。根付けにしたいくらい。

6世紀南北朝時代・西魏の如来三尊像には7世紀の法隆寺釈迦三尊像の面影があるし、ちょっと首をかしげた如来石像はかわいいおじさんみたいな感じだし、しなやかな座位ポーズをとっているもの、木喰仏に似たようなものも。総じてこの時代の仏像はどこか人間くさく、私のあまり好きではない平安時代ののぺっとした仏像とは全然違う。

仏像の周辺に漢字の碑文が彫られているものも多く、読めないながら漢字がわかるので、なんとなく意味がわかってありがたい。(この漢字文化は捨ててはいけないと思う。本家中国や韓国では半ば捨ててしまってるけど)



DSC09392.jpg
(昭和11年竣工の文化財でもある美術館 京都市立はなあ〜、、変に手をいれちゃって、、、(´・_・`)


遣隋使、遣唐使が大陸から日本へ持ち帰った仏像は日本各地のお寺や美術館におさまっているが、唐代のはどこか西欧人を思わせる顔立ちが多く、国際大都市であった長安には胡人もいただろうし、とひとり納得。

個人的には南宋時代の仏像が好き。
神奈川の清雲寺にある木造の観音菩薩座像は、片手を後ろにつき、片手は膝におき片膝立ててリラックスしている酔っ払い、みたいなポーズで艶めかしい。
京都泉涌寺の韋駄天立像は剣を横に持ち合掌した姿がりりしい。

元〜明時代に若狭の国に漂着した迦楼羅立像は前腕を両方失っているが、漂着したときにこれを包んでいたという大きな赤い布(ところどころぼろぼろ)も一緒に展示され興味深い。彩色された鳥の顔の迦楼羅、どんな運命のもとに日本にたどりついたのか知りたい。



DSC09395.jpg




今回一番のお気に入りは京都・萬福寺(黄檗宗・なにごとも中国風)所蔵の清時代の韋駄天立像。
ほぼ等身大の韋駄天は歌舞伎の見得を切るような躍動的な姿でかっこよく、見上げる高さでみるとほれぼれしちゃう。これ、萬福寺で見ているはずなのに記憶にないのはどうしてだろう???

ちなみに萬福寺開山の中国から来られた隠元禅師は日本の仏像は、これちがうで、と言ったかどうか(^_^;わざわざ大陸から仏像を将来したのだ。

韋駄天さんの絵はがきがほしいと思ったが、全身像がなくて残念。


IMG_8025.jpg



まあ、きりっとしたお顔だけ絵はがきで。
全身像はコチラのブログで見られます。なんと萬福寺と言えばこれ、というあの有名な布袋さんの後ろ側におられたのですね。今度行った時にはしっかり拝んでこよう。






高麗茶碗〜三井記念美術館 - 2019.11.21 Thu

根津美術館を出て、表参道の駅地下にけっこうな規模のフードコートがあることをM姉様に教えていただき、二人でなかよくランチした後は三井記念美術館へ。途中武者小路千家の若がなにげに歩いておられるところに遭遇したり、、、、



IMG_7712.jpg



途中紅茶ではなく日本茶のフレーバーティー50種!というのお店に驚きながらたどり着く。
(スイカとかチョコミントとかバナナミルクとか、ちょっと想像できないというかしたくないような、、、オーナーはフランス人だと。納得)



DSC09252.jpg



不白展をオープンそこそこに出かけることにしたのは、これの会期に間に合わせんがため。
大好きな高麗茶碗シリーズ!
高麗の分類とか歴史とか、かなり勉強した方だと思うが、繰り返し刺激を与えてないと消えていく情報が多いお年頃(^_^;、それに高麗茶碗図鑑がわりに図録がほしかったのだ。

高麗茶碗の分類は、特に後期の日本からの注文のものが混乱しているというか、わかりにくく、研究者によっても分類が異なるので、私たちがまちがえても全然セーフ!だと思っている。
今回の展示は
1)朝鮮半島の日常の器を茶道具に見立てたもの〜井戸、粉青など
2)日本向けに注文に応じて焼かれたもの
  ①釜山の借用窯で焼かれたもの〜斗々屋、伊羅保、御所丸、蕎麦など
  ②釜山の倭館窯で対馬藩が運営にたずさわったもの〜金海、半使、御本、呉器、玄悦・茂三・弥平太などなど(これが一番ワカラン)

と分け、各種類の代表となるような茶碗を展示してあるので、生きた図鑑でもありわかりやすく(言うてもワカランが)勉強できるようになっている。



DSC09254.jpg



私が好きなのはやはり見立ての時代の物で、井戸はそりゃ好きだがなかなか手を触れる機会がなく、比較的入手しやすい粉青シリーズ(三島・粉引・刷毛目)。
ここでおさらい 
  <粉=白い化粧土 青=透明釉の色>  で粉青
刷毛目や三島のうすいブルーの地は釉薬の色なんである。はっきり言って倭館窯以降の物には全く興味がない。借用窯のものも伊羅保までかな。あまりに日本人っぽくってなんかのびやかさがないというか、作意がすぎるような気がするのだよ。(あ、でも彫三島は好き)



IMG_0047.jpg
(重い図録二冊をリュックにかついで持ち帰った)


気になった物をいくつか

刷毛目「合甫」、全部刷毛目なのだが、粉引とどうちがうのか?

真熊川と鬼熊川では、印象と裏腹に鬼の方が小ぶり

大好きな粉引ではあるが伝世品は極めて少ないのにそのうちの4つまで出ていた!しかもその景色が4つとも全然違うのにおどろく。三井がもっている「三好」が一番好きかな。

三島はなんと3つしかでてない。それも二得三島とか。普通の三島は数が多すぎて価値がいまいちなんかな。よだれのとまらん三作三島もあった。

井戸茶碗がこれでもか!とでていたのは圧巻である。大井戸、青井戸、小井戸。根津で見たタライラマ師の「八重桜」に匹敵する小貫入「雄蔵山」は藤田所蔵、雰囲気がよく似ている。

日本からの注文品の時代になると斗々屋と蕎麦の区別がつかなかったり、呉器や御所丸はあまり好きではないし、、、と思っていたが、なかなかどうして、名品となるとやはり格が違う。
斗々屋の極渋しかし多彩な味わいの「奈良」を見ていたとき、これを現在の所蔵主に取り次いだという某道具屋さんがいらして、来歴を説明してくれたのがうれしかった。(M姉様のおかげです)

黄伊羅保は3つのみ、しかし全部伊羅保か?と思うくらい趣がちがう。

東博の彫三島「木村」がでていた(。>ω<。)ノ私が見たことのある唯一の外花!(茶碗の外側にも印花がある貴重なもの)これ好き♪



DSC09255.jpg
(夜の三井タワー)


最後に興味深かったのがパネル展示になっていた「御誂物控〜(元禄14年から宝永2年まで)」である。これは昭和55年に発表された釜山の倭館窯、特に当時そこを仕切っていた弥平太への注文書で、これによって倭館窯の歴史研究が飛躍的に進んだと言われる資料である。(対馬歴史民俗資料館蔵)
そこには注文する器のことこまかな寸法入りの切り型とか紋様とかが描かれ、展示にはその図からおこしたと思われる器の現物があり(御本編笠・弥平太)おお!と感動した。
さらにずっと高麗青磁と思われていた雲鶴青磁が御誂物控に載っており、初めて注文されて作られた御本とわかった、というあたりはもう鳥肌ものである。


この展示をM姉様とずっとおしゃべりしながら(スミマセン、はた迷惑でした)一緒に見た。ここに個人蔵の展示品をいくつも出している数寄者さんとお友達でもあるお姉様はさすがにすごい。
今自分で作った言葉だが「茶の湯インテリジェンス」の高い人と展示を見るのはなんと楽しく勉強になることであろうか。
東京駅でお別れしたが、この日一日ずっとおつきあいくださりありがとうございました、の気持ちをこめて最敬礼。



DSC09259.jpg



新幹線に乗る前に、最近東京駅地下にできたカンノーリバーのお店へ。(カンノーリを模したシチリアというお菓子に最近はまっているの)私がこんなしゃれた店を知っているわけないので、ここはブロ友のMariko様に教えていただいたのだ。




IMG_7721.jpg



その場で好きなクリーム、トッピングを組み合わせて作ってくれるので5種5本をオーダー。新幹線の中で食す。美味しいからって言っても、やはり2本が限度でありました(^_^; (のこりは家人へお土産)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (279)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (99)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (70)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (12)
美術館・博物館 (89)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (35)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (7)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)
ニュージーランド紀行2019 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR