topimage

2017-04

海北友松〜京都国立博物館 - 2017.04.24 Mon

そもそも数年前まで海北友松の名前、知らんかったよ。
茶道検定のテキストに載っていた茶摘みの図の作者が海北友泉で、海北と書いて「かいほう」と読むなんてかわってるな〜と思ったくらいで。
ちなみに友泉は友松から3代あとになる。



P4180002.jpg




友松はもともと信長に滅ぼされた浅井家家臣の武士だったが禅門にはいり、最初狩野派の教えを受けたという。時代的には安土桃山〜江戸初期、狩野永徳よりは後、長谷川等伯とほぼ同時代か。





P4180003.jpg




展示の第二章〜交流の軌跡のブースで、どれだけ芸術界の綺羅星たちと彼は交流があったのか、とそのすごさにビックリする。
たとえば、、、桂離宮の八条院智仁、その兄の後陽成帝、公家で歌人の中院通勝、古今伝授の細川幽斎、茶道界では利休の弟子(?)であった真如堂の東陽坊などなど。

特記すべきは明智光秀の家老であった斉藤利三との交遊。謀反人として磔にされていた遺体を奪って手厚く埋葬したという伝説もあるほど。その恩に報いて利三の娘である春日局が、後に息子の友雪をとりたてている。

展示では瀬戸肩衝茶入「真如堂」があったのがうれしい。
東陽坊伝来といわれ、友松はその真如堂に、斉藤利三の隣に埋葬されているのだ。



P4180007.jpg




しかしなんといっても友松の一番有名な仕事は建仁寺大方丈障壁画52面。
そのデビューは60才をこえてから、というから遅咲きのスターであったようだ。(うん、うちらもまだまだ行ける!、、、はず)

照明を落とした部屋に二体の雲龍図。
これがやっぱり今回の展示の目玉というか圧巻というか。不明にして正直、同時代の他の絵師との違いがあまりわからなかったのだが、この雲龍だけはすごい!と思う。


怖ろしいくらいの顔であるが、実は瞳があっさり点なのだ。なのにこのにらまれる迫力は何?
胴体は雲に途切れ途切れ、その全体像がみえないところがまた畏い。手足の爪がまたすざまじい。右双の雄龍の角が枝分かれして力強い迫力があるのに対して、左双の伏龍か雌龍、角があっさり、口も閉じているがこちらも迫力が負けないのはなぜだろう。

この暗い部屋で、龍の鳴き声さえ聞こえるような気がした。(ゴジラの声になるのはなぜ???)




P4180006.jpg




雲龍のように勢いのある筆でさっと描いた墨絵が多いと思っていたら、、、、突然華やかな牡丹の細密画、金碧屏風が目に飛び込んできた(花卉図屏風)。こんな緻密な色彩画も描けるんだ。友松、70才にして妙心寺の屏風に描いたもの。この人、年をとって衰えると言うことを知らない。




P4180008.jpg




晩年のやや小さめの北野天満宮の雲龍図は、迫力こそ建仁寺の比ではないが、あれを描いてから数十年、なぜかとぼけた味わいが加わり、更に言うなら龍を離れて異形のものになっている。照明を落とした暗い中で対峙すると、やはりここでも龍の鳴き声が聞こえたような気がした。もっとやわらかな、やさしい、、、




其一好みの「白椿に楽茶碗」に寄せて〜細見美術館鑑賞茶会 - 2017.02.14 Tue


P2110009.jpg




1月に細見美術館の「鈴木其一 江戸琳派の旗手」を堪能したが、この美術館には展示中のテーマに沿った鑑賞茶会が屋上の古香庵であるので、そちらも見逃すわけにはいかないのだ。



P2110010.jpg

古香庵前の「露地」。みやこめっせのすぐそば。



今回選ばれたのが「白椿に楽茶碗花鋏図」。

まずはこれを床に掛けて、愛でつつお点前で薄茶一服。




IMG_5748.jpg



お菓子は夏の錦玉・金魚鉢で有名な市役所近くの松彌さんの白侘助。

絵の中の白椿によく似た、お水取りの時の糊こぼしにもよく似たきれいなお菓子で芸が細かい。
ちなみに写真は食べたあとのもの〜(^_^; 想像で補ってね。




IMG_5750.jpg



これは最後にいただいた絵はがきから似た雰囲気で撮ってみたもの。
軸としてはこちらで感じがわかると思う。

茶会のために椿を一枝、今切ってきました、、という風情。茶人にはしびれるよね、この画題。



お釜が越前芦屋釜、前面に椿の紋様が鋳出されているのがこの会にふさわしい。

お正客の茶碗が長次郎並みにかせてかせて、、、の宗入黒楽、確かに絵の中の黒楽茶碗に面影がにていること!細見の所蔵の中で一番にているものを出してくださったとか。(おりしも近くの近代美術館で楽の展示!〜12日まで)
あの茶碗、よかったなあ、、内側の銀河みたいな釉薬の小さな欠損、高台近くのがすっと削った部分、釉薬をかけるときにあたった挟みの跡、、、ついついなでまわしてしまった。
ちなみに其一の活躍した江戸後期、同時代の楽家といえば了入(九代)あたりになるそうだ。


いつもなら展示物であるところの物を惜しげもなく使ってくれるのが、ここ、細見の太っ腹というかうれしいところなのだ。先々代か先代か、良い物を見て、見る目を肥やすことが大切、その道場として自分のお宝コレクションをどんどん使って欲しいというポリシーのもと、若い人たちと勉強会などしておられたという。なんというご見識!

さて、お茶の後は学芸員さんによる絵の解説を拝聴す。



IMG_5186.jpg



これは1月に行った折、展示されていた黒楽と白椿の別バージョンの絵はがき。


このように白椿と楽茶碗というのは師匠の酒井抱一も、他の絵師も、其一自身もたくさん描いている人気の画題だったらしい。
当時其一には江戸一番という富豪・蝋油問屋の松澤家のバックアップがあった。良質の群青や緑青(朝顔図!)をあれだけ大量に使えるのはその後ろ盾あってのこと。その松澤家がお得意様であったであろう茶人へのおつかいものとして、この画題をたくさん所望したのではないか、とのこと。


気になるのは其一自身はお茶を嗜んでいたのか?ということ。当時の知識人、教養人としては少々は嗜んでいたと思われるが、師匠の酒井抱一の兄ちゃん、姫路藩主の酒井宗雅は石州流のすごい茶人であったことなどを考えると、茶人好みの画題のツボをおさえていたと思われる。


この絵はがきのは鋏がないが、いままでの日本絵画では花と茶碗に鋏のような道具を添えることはほとんどなかったそうだ。中には道具を添える=西洋とくにオランダ絵画の影響、とする学者もいるそうで興味深い。江戸の後期ならそういう情報もたくさん日本に入ってきていただろうから。


最後に、とってもうれしい(個人的)気づきがあった。

同じ画題=黒楽に白椿の沖一峨(鳥取藩主池田家の御用絵師・狩野派から出発し酒井抱一に琳派の勉強もした幅広い作風の絵師)の絵もみせていただいたが、この賛に「碧雲引風吹不断」。
唐の詩人盧仝(ろどう)の「走筆謝孟諫議寄新茶」の一節、このあとに「白花光を浮かべて碗面を凝らす」と続く。
これはすなわち碗にいれたお茶の美しさを歌っているのだ。

盧仝、,盧仝、、、どこかで聞いたことが、、、そうだ!!
せんだって西翁院の庸軒の淀看席に行ったとき、「(庸軒は)幽閑淡泊 読書を好み 辞章を善くす 常に陸鴻漸(陸羽)玉川子(唐代の詩人・いずれも喫茶を愛した)の風を慕い 喫茶を嗜む」と聞いたではないか!陸羽は有名だとしてこの玉川子がイコール盧仝のことだったのだ!

しかも断片的に聞いたことのある、茶の功徳の詩(「七碗茶詩」部分下記)、これがまさにこの詩の一部分だったのだ。
知識を得ることはなんて楽しいことだろう(すぐ忘れるにせよ(^_^;)とひとりひそかに合点し、感動したのである。(そんなん常識!といわんといてね(^0^;) )



一碗 喉吻潤し (一碗目でのどをうるおし)
両碗 孤悶を破る (二碗目で孤独を忘れる)
三碗 枯腸を捜し 唯有り文字の五千巻 (三碗目で感動の言葉が腸まであふれ)
四碗 軽汗を発し 平生の不平の事、尽く毛孔に向かって散ず (四碗目で汗とともに日ごろの鬱憤がとんでいき)
五碗 肌骨清く (五碗目で体は清められ)
六碗 仙霊に通ず (六碗目で仙人のような境地)
七碗 吃するも得ざるなり
唯 両腋の習習として 清風の生ずるを覚ゆ
蓬萊山 何処にか在る   (七碗目で無我の境地、蓬萊山はまさにここにある)


(お茶を愛する詩人も七碗までが限界だったようで、、、、^_^;)









北宋汝窯青磁水仙盆ー台北国立故宮博物院〜東洋陶磁美術館 - 2017.01.31 Tue


   「雨過天青雲破処」


雨上がりの空、雲からのぞいた空の色、、、、青磁。

ずっと青磁の色について、雨過天青のイメージにあう青がないなあ、、、と思ってた。
国宝の砧青磁瓶ですら、どこかグリーンの色が混じっているので、雨上がりの空かなあ???と思ってた。

汝窯青磁を見た時、これだ!
これこそ「雨過天青雲破処」の色だ!と思った。青磁の青はすべてこの青に帰結する(私の中ではね)



33_detail21.jpg
(2010年 東洋陶磁美術館北宋汝窯のポスター)


思えば「汝窯」という言葉にであったのは7年間やはり東洋陶磁にたまたま行って見よう〜♪と通りすがりに見ただけなんだわ。当時は「じょよう」という読み方すらわからなくて。

東洋陶磁が所有する(元・安宅コレクション)水仙盆もでていて、なんてきれいなブルーなんだろう、、、と思ったけれど知らないっておそろしい、それっきり記憶の底にしずんだまま。それが後日心惹かれてやまない汝窯青磁との初めての出会いになろうとは。




IMG_5513.jpg



それまで窯の場所すら特定できなかった汝窯の窯跡が河南省の清涼寺村でついに見つかったのは2000年のこと、あの展示はその後すすめられた発掘研究の成果発表の展示であったのだ。しらんうちに実に貴重なものを見ていたのだ。

で、あれから7年、今は汝窯の名はあちこちで目にとまる。今回大阪中之島・東洋陶磁美術館で台北国立故宮博物院の伝世品5つ(うち東洋陶磁所蔵1つ)、そして清朝の倣品1つ、計6つの北宋汝窯青磁水仙盆が一堂に会してお目見え。




IMG_5519.jpg



№1は伝世品中の最高峰といわれる「無紋水仙盆」

無紋とは貫入がほぼない、全き釉薬。その色はまさに雨過天青ブルー。どう表現したらいいのか、水色が一番ちかいような。冬の雲一つない晴れた空とはまたちがう雨雲の切れ間からのぞくすこしあやふやな水色というか。


他の4つも貫入こそあれ、微妙な差違をみせる美しい雨過天青の青。
一番のみどころは内側のふちにたまった釉薬の色だと思う。釉薬の色が一番厚くたまっているので、その「青」の色を堪能できるのだ。




IMG_5517.jpg



「汝窯は(北宋・960〜1127年の)宮中専用の焼物であり、瑪瑙の粉末を釉薬に加えている」と書いてあるのは南宋の記録。実際窯跡から瑪瑙のかけらも発掘されたそうだが、それが発色にどう影響しているのかは不明なのだそうだ。

7年前の展示では、窯跡から釉薬の発色を研究試作したらしき破片がたくさん展示されていたように記憶する。当時の陶工たちの努力のあとだ。それが後世どの時代も真似できなかった天青釉を生んだ。
近代のテクノロジーの進歩はすざまじいが、結局1000年前のものにはかなわないではないか、と思える。

ちなみに後世、清朝につくられた汝窯水仙盆のオマージュは、ひとつだけあったら美しいと思うだろうが、他の伝世5つとならべられるとどうしても色を失う。





IMG_5516.jpg



こちらは撮影OKコーナーのレプリカ。

水仙盆の画像をアップしたら、「バスタブ?」と言ったヤツ(弟)がいたので、大きさの参考に。

しかしながら、名前こそ水仙盆ながら、ほんとうは何に使われたのかよく分かっていないらしい。水仙だって夏の間は咲かないし、球根を埋めておくだけの深さもないし、水仙の水栽培なんであるんだろうか。謎だ。




IMG_5520.jpg
(美術館から見た堂島川)


この水仙盆を美しい物、神々しい物、として愛した清朝の乾隆帝がこの青磁のいくつかに、御製の歌を刻んでいる。漢詩なので、、、、まあ、読めないが(^_^; 裏も鏡で見えるように展示しているのはうれしい。
ちなみに水仙盆には小さな点のような目跡が6つあるので、それもお見逃しなく。




IMG_5521.jpg



帰りに文献(?)を買って帰る。ちょっとだけ勉強した。



伊藤若冲展<後期>〜承天閣美術館 - 2017.01.09 Mon

御所は、地元の人にとっては四季それぞれに楽しめる散歩コースやピクニック気分でお弁当を食べたりベンチで読書したりできる憩いの場所なのだ。観光客も少なくおちついて楽しめる場所なのだが、御所の拝観が申し込み制でなくなったので、やや観光客(特に外国の)が増えた感がある。



P1060020.jpg



寒いけれど天気もよかったので御所の梅林に行って見ると、、、なんと!紅梅がもう咲いているではないか!早いのう。




P1060027_20170108234837ee2.jpg




御所の中へ入れる門の前には大きな栴檀の木が白い鈴のような実をつけていて、星空のようできれいだった。ただし栴檀の実は有毒なのでご注意を。




しょうこくじ





御所を南から通りぬけ、同志社の校舎の間をすり抜けると相国寺だ。




P1060035.jpg




去年は若冲イヤーで東京では動植綵絵一挙展示に沸いたようだが、すんごい混みようと聞いておじけついていけなかった。

そもそも動植綵絵はこの相国寺に寄進されたもの、相国寺は若冲のゆかりの寺であるから、ここ承天閣美術館で若冲展は当然と言えば当然なのだ。

ちなみに動植綵絵は明治天皇に献上され、その下賜金で相国寺は廃仏毀釈の嵐を逃れることができた。


今回の展示は(動植綵絵はないが、、、)若冲とその周辺人物にスポットが。
中でも澤田瞳子さんの著書「若冲」にもよく登場した若冲の支援者・大典顕常禅師をフューチャーしたところもあって、本の内容を思い出しながら見ているとなかなか面白かった。
本にも名前が出てきた池大雅、円山応挙などはわかるとして、売茶翁や仙厓(画賛を書いている)呉春などとも交流があったなんて。(あとで調べたら大典禅師は売茶翁との交流で知られる方だったのだ)蕪村とも同時代だし、あの時代は絵師が綺羅星のようだったのだなあ。



P1060032_201701082348422e1.jpg



迫力ある墨絵の群鶏蔬菜図 は12枚の鶏の絵が六双の屏風になっているのだが、これ並べてみるとほとんどみんな、尻尾の毛が一本だけ「?」マークの裏返しみたいになってとびでているのね。

さらに大迫力は鹿苑寺(金閣寺)大書院の旧壁画50面!(どれも重文)
特に書院の床の間や脇床などは、昔のままの再現展示になっていて、これはすごいわ。ほんとうに大書院の床の前にすわっているような錯覚をおぼえる。どれも墨絵なのだが極彩色より迫力ある。
月夜芭蕉図が一番好きかな。




IMG_5190.jpg



動植綵絵もきっとすばらしいのだろうけれど、私はこういう墨絵の小品に惹かれる。若冲さんの人柄がしのばれるようで。ちなみにこれは承天閣ではなくて細見美術館蔵の鼠の婚礼の一部(クリアファイル)。宴会に呼ばれる前にずいぶんきこしめして、盃をかかえてよっぱらっている鼠をもう1匹が尻尾をひっぱって宴会に参加させようとしている場面。これほんま好きやわ〜。



IMG_0001.jpg




で、承天閣で買ったのは(図録は重くて高いので、、、^_^;)こんな本。
相国寺ならびに金閣寺・銀閣寺の住職であらせられる有馬頼底猊下の茶の湯の本。(まだ読んでませんけど)



江戸琳派の旗手・鈴木其一〜細見美術館 - 2017.01.06 Fri

酉年なんで、鳥の写真を、、、(^_^;
(しかし、いねえなあ、酉年、親戚に、、、)



PC310028.jpg



岡崎の疏水の飛び立つ、(たぶん)川鵜。


さて、新年初の美術館めぐりはご近所細見美術館から。



P1060010.jpg



江戸後期、酒井抱一の一番弟子にして琳派の中の巨人、鈴木其一展(前期)。
琳派の嚆矢・宗達から光琳、抱一ときて其一。(その後は大好きな神坂雪佳、そして先日トークを拝聴したところのニッポン画・山本太郎画伯)

ただし其一の代表作「朝顔図屏風」は出展は中期後期もないらしい。(東京では出展)




P1060011.jpg




オマージュとしていろんな琳派の画家が手がけた宗達の風神雷神、其一はこれを襖絵としたそれから始まって、緻密に描き込まれた彩色画、いっきに一筆で描いたような墨絵、多彩な作品群が並ぶ。


琳派には時代を超えて愛用される図柄や技法があるので、どれが其一オリジナルなのか、素人にはわからないのよ。でも素直に見て美しくそして楽しい。
私は琳派の絵=着物の柄になる絵、と単純化して認識しているのだが、細密画より輪郭のほわんとした、彩色もシンプルなタイプの絵が好きだな。

それとなく各節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)をあらわす、季節のエッセンスが凝縮した軸がとてもよかった。かつては季節は生活に密接に結びついていたし、節句を祝う伝統行事も普通におこなわれていたので、節句絵は需要が多かったらしい。
でも、現代の多くの日本人はそれを忘れ、(とくに都会暮らしの人は)そもそも季節コンシャスじゃない。
でもお茶をしていると節句のモチーフはテッパンなので、こんな軸が待合掛けに使えたらなあ、、、などと妄想するのであった。




P1060012_20170106202428dbb.jpg




そして其一の「描表装」はすごい!!
描表装とは、本来絵の外周に裂地を用いて表具する掛幅装の部分を、絵で描いしまうもの。抱一もしたらしいが、一番よく使ったのが其一だったそうで。(ちなみに私は後世の雪佳さんの金魚玉図でこれを知った)

一番絢爛豪華なのが「業平東下り図」の周辺にほどこされた描表装。なにしろ中回し、上下に桜、紅葉、花菖蒲、萩、土筆、タンポポ、蕨、蓮華、水仙、薮柑子、茴香、、、チェックしただけでこれだけが描きこまれているのだから、本紙よりもそちらについつい目がいってしまうよね。

さらに「夏宵月に水鶏図」。本画は川辺で水鶏がひとりさびしそうにしている冷え枯れた絵にもかかわらず、一文字がくっきり濃紺地に金の立葵、中回しが鮮やか華やかな撫子の花の群、上下がこれまたゆかしいやや渋い色の雨に打たれる紫陽花の群(これ雪佳さんのに似たのあったわ)。色彩のコントラストが効いてすごくすてき!、、、でも中の絵は侘びさびなんだよね。これを合わせる其一のセンスってすごいかも。




IMG_5186.jpg



「白椿に楽茶碗図」。
すぐそばの国立近代美術館で楽茶碗展しているから、ナイスタイミング。(実はこの絵、もしくは似た其一の絵、最近某所でNさんの茶会で見たんだわ!感激!)
このてかり具合だとのんこう以後の代の茶碗だわね〜とか思いながら楽しんだ。2月にはこの軸を掛けてする茶会が美術館の茶室・古香庵でおこなわれるので、これも楽しみ。(事前予約要)




P1060013.jpg



見終わってそろそろお腹も空いたので恒例のランチ案内。
細見のある二条通りをそのまま寺町までまっすぐ西にいったところのフレンチビストロLe Bouchon




IMG_5185.jpg



お昼のコースはこんな感じで1240円(メインは選べる)。この値段でこのボリュームの煮込みビーフには感激しました!しかもやわらかくて美味しかった。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR