FC2ブログ
topimage

2019-12

秀吉の夢の跡〜肥前名護屋城跡 - 2019.05.08 Wed

唐津から1〜2時間に1本しかない、途中バス停でないところでも停まってくれるローカル色豊かなバスにゆられて約40分、ようやく到着。



DSC05459.jpg



昨年行きそびれた名護屋城跡である。
ご覧の通り大雨で、、、というより嵐のような風雨でビニールのレインコートが非常に役に立ったが、足元はレインブーツなのにびちょびちょ。



DSC05465.jpg



利休賜死の1591年から、大陸をもわがものにせんと出兵を決意した秀吉が、その拠点として僅か数ヶ月で築城させたという城である。もちろん、城は完全に破却され、石垣がそれとなく残っているだけ(後に発掘された石垣も多い)であるが。



DSC05467.jpg



仮の城だし、もっと簡単な構造の城かと想像していたが、城趾のお向かいにある佐賀県立名護屋城博物館にあるバーチャル名護屋城のCG画像を見ると、大阪城と規模でも遜色のないりっぱなお城だったのに驚いた。とても仮ごしらえとは思えない。



DSC05473.jpg

(三の丸の井戸の跡)

秀吉は翌1592年、ここに入城し、臣下を過酷な戦に出兵させる一方で、城に茶室や能舞台まで作って楽しんでいたという。



DSC05474.jpg



また、出兵の拠点は名護屋城だけかと思っていたら、この周辺、玄界灘の浜辺まで各大名の陣屋を作らせ、最盛期には20万人が駐留したと言うから、私の想像をはるかにこえる規模の出兵だったんだな〜、文禄慶長の役って。(当時の朝鮮半島の人にはえらい迷惑だっただろうな)



DSC05479.jpg



本丸御殿跡、かつてこのあたりに五層七階の天守閣があったそうだ。
しかし、、、傘がぶっ飛ばされそうな風と雨で少々くじけそうになる。



DSC05482.jpg



ここから玄界灘を望む。
晴れた日には対馬も(朝鮮半島も?)みえるらしいが、いかんせん、近くの島もかすむ。秀吉にはここから朝鮮に手が届きそうに見えたのだろうか。実際ここに滞在したのは約1年だけだったようだが。




DSC05487.jpg



同じくここから各大名の陣跡が望め、それぞれを訪ねて歩くこともできるのだが、この風雨で断念。
彼らは秀吉が帰ってしまった後もあしかけ7年間、ここで苦労したのだ。歴史の授業ではさらっと終わる感じだが、全国の有力者がここに結集し四苦八苦したのは歴史的にも大きな出来事であったに違いない。



DSC05484.jpg



1593年、講和使節として来日した明の沈維敬(遊撃将軍の使者)の宿舎があったので遊撃丸と名付けられた一画。
同年一旦は休戦したが、1597年和平交渉決裂で再開、1598年の秀吉の死とともに長い戦は終結したのだった。



DSC05495.jpg



思えばなぜ秀吉は天下統一にあきたらず大陸まで手に入ると思ったのかな。老いがみせた幻影だったのか、本気でとれると思っていたのか。

名護屋城はその後島原の乱などを経て、反幕府軍などがたてこもるのをおそれ、人為的に破却された唯一の城だそうだ。今目に見える部分は土の中に埋まっていたものも多数あるらしい。
秀吉の大陸への夢の跡、今はむなしく石垣をさらすのみ。

DSC05498.jpg



もう一つ忘れてならないのが、大阪城の山里丸ににせて作らせた名護屋城の山里丸。方向的にはこのあたりなのだが、なんにも見えない。茶室の跡、井戸の跡などもあるらしいのだが。

大阪城の山里丸には利休がこしらえた草庵の茶室があった。こちらは利休亡きあとなのだが、ここにひとつ謎がある。秀吉が名護屋滞在の時に母親の侍女に宛てた手紙に「きのふりきうの茶にて御せんもあかり、おもしろくめてたく候まま、、、(昨日、利休の茶にて御膳もあがりおもしろくめでたく)」の一文があること。この「りきうの茶」をどう解釈するか、歴史学者の間でも諸説あり、実は利休は切腹せずに生きて九州に流され(細川氏あたりに)庇護されていた、だから名護屋で、利休ゆかりの山里丸で茶会をした、という解釈がとても興味深い。




DSC05503.jpg



お向かいの名護屋城博物館、H5年設立。
名護屋城跡及び陣跡の保存整備事業、調査研究の展示、特別展として朝鮮通信使の展示もあり楽しめた。
ここではバーチャル名護屋城ツアーと称して、タブレットを貸し出し、現地で当時の様子をCGで見られるという企画もあるのだが、この雨風ではちょっと無理であったのが残念。







唐津やきもん祭の町を歩く2019 - 2019.05.07 Tue

昨年のやきもん祭であちこち唐津の町を歩き回ったので、一年ぶりとは思えない、とてもなじみのある町になってしまった。



DSC05514.jpg



やきもん祭の中心的通り、五福の縁結び通り



DSC05513.jpg



道の両脇に唐津陶芸家によるまちなか展示販売所が連なる。



DSC05512.jpg



ここをぶらぶらしながら器を物色するもまた楽し。


DSC05559.jpg



お目当ての作家さんのは、超人気でほとんど残っていなかった(^_^;



IMG_5050_20190502233339d34.jpg



少し離れた場所にあるギャラリーで、(ここは昨年も良い雰囲気の建物で気に入っていたのだ)花入をひとつもとめた。大きいので送ってもらおう。



DSC05508.jpg



今年も陶芸家が亭主をつとめる角打ちちょこバルも健在。昨年は飲みっぷりの良い九州女子と隣同士でおおいに飲んだっけ。



DSC05516.jpg



唐津くんちで曳山が集う唐津神社や



DSC05517.jpg 



江戸時代の武家屋敷を取り囲んでいた石垣にその時代に思いを馳せたり、



DSC05525.jpg



玄界灘の松林を愛でる。



DSC05528.jpg



あいにくの雨模様だが、かなたに唐津城も見える。



DSC05532.jpg



昨年も訪れて、屋敷内に茶室はおろか能舞台まであって感激した旧高取邸にも再訪。数寄の粋をつくしたディテールも堪能。



DSC05540.jpg



庭園には藤の花

さて、お腹もすいたし腹ごしらえを。



DSC05509.jpg



やきもん祭メインストリートの一つ、中町のhanaはな家さん。昨年もお世話になった。



DSC05549.jpg



ここは元歯科医院だったという有形文化財の建物なのだ。



DSC05558.jpg



やきもん祭の期間中、町中のあちらこちらで「食と器の縁結び」という催しがおこなわれているのだが、hanaはな家さんではこの日、唐津焼の窯元の作品をたくさん並べて、好きなのを好きなだけ選んでおばんざいを盛る、という楽しい趣向。



DSC05557.jpg



大きさも形もさまざま、目移りしてしまう。



DSC05553.jpg



主に野菜を中心としたおばんざいを盛る器も唐津焼。これに肉か魚のメインディッシュがつくの。



DSC05555.jpg



どれも美味しかった。お豆腐もおいしかったよ〜。(ザル豆腐発祥のお店が近くにある)ごちそうさま!





出雲紀行2〜古代出雲歴史博物館〜雲州平田・木綿街道 - 2018.06.02 Sat



P5250087.jpg




出雲大社に隣接する島根県立古代出雲歴史博物館へ。




P5250089.jpg




床にも八雲立つ、、、




P5250090.jpg




出雲神話が書かれた三書(古事記・日本書紀・出雲風土記)そろい踏み

古来、出雲大社は巨大で中古には高さ16丈(48m)、その前の上古には32丈(96m)もあったと伝えられていたがあくまで伝説と思われてきた。

しかし、平成20年、出雲大社本殿の発掘調査中地中から発見された直径1m以上の3本の柱の根本が、歴史を塗り替えた。これらの古書によるあくまで伝説と考えられてきた巨大説がにわかに真実味を帯びてきたのだ。



P5250091.jpg




まだまだ検証すべきことは残っているのだろうが、多くの歴史学者、建築家が興味をもって復元模型を作っている。ここに展示されているこれもその一つ。階段の上の方に白く見えるのが人なので、もしこれが本当であればすごく巨大な高い建物であったのだ。これも古代史のロマンの一つだなあ。




IMG_1559_20180529234037ba6.jpg 




他にも神在月の神儀式の様子の歴史的資料やVTRもあって、少し勉強した。

ちなみにこれは荒神谷遺跡から発掘されたおびただしい銅剣、弥生時代のモノで国宝なんよ。実に壮観!



P52501021.jpg




さて、出雲大社をあとにして、一畑電車にゆられて雲州平田・木綿街道へ。
電車はこんな景色を楽しめる車両もあって楽しい♪




P5250103.jpg




雲州平田は江戸時代から明治に書けて雲州木綿の集散地、川港の町として栄えた。


 

P5250104.jpg




もともとこのあたりは汽水湖であったのを埋め立て、稲作ができるようにしようと、塩抜きのため綿花を栽培した土地。ところがのちに、稲よりも綿花の方に商品としての価値がでてきたため、そのまま綿花が栽培されつづけたのだそうだ。




P5250106.jpg




駅から歩くこと約10分ほど、昔ながらの町並みは残ってはいるがかなり限定されたエリアだけのよう。



P5250107.jpg




それでもナマコ壁とか格子とか、往時の雰囲気を残す。




P5250110.jpg




こちらは加藤醤油屋さん。
醤油ソフトクリームを売っているもう一件の有名なお醤油屋さんは道に迷って結局行くことができなかった。(有名な生姜糖屋さんも)残念。




P5250114.jpg




今も昔もろうじを自在に歩き回る猫
通行人に会うこともない静かなたたずまいの町だ。




P5250116.jpg




木綿街道のシンボルともいうべき本石橋邸、国の登録有形文化財である。
ここへはお隣の旧長崎家、200年前の医家を復元した建物の木綿街道交流館に声をかけてあけてもらう。スタッフの方の解説付きで中へ入ることができる。(200円)





P5250158.jpg




広い玄関の間
この建物は江戸中期1750年頃に建てられたという。本石橋家は木綿の集散を一手に取り仕切っていた地主さんだったそうだ。40年前までは実際ここで本石橋家の方が暮らしておられたという。

現在庭は出雲市が管理しているが、建物は本石橋家の子孫の所有で、所有者は東京にいらっしゃるとか。




P5250131.jpg




地主さんの家なので、松江藩主が出雲大社御参拝の時には御成の場所となった。ここはその御成の間。




P5250134.jpg




こちらの大きな庭は明治以降に作庭されたモノ。なぜなら江戸時代、武家でなければ庭はつくってはいけなかったから。しかし、この家は大地主であったため、坪庭を作ることは許されていて、江戸時代の庭が残っている。(ただしまだ復元まではいっていない)




P5250141.jpg




露地には蹲居もあって、茶室は三畳中板、でも茶室にしては、、、ちょっと雰囲気が???と思っていたら、時代柄、そもそも煎茶のための茶室として作られたという。確かに円相の前の棚なんか、なんとなく文房四宝を飾るのによい感じだものね。




P5250149.jpg




しかし、よく壊さんと残りましたね、と言うとガイドさんは、京都なんかと違ってここらの土地は安いからね、壊して売っても二束三文だからね、と苦笑い(^_^;




P5250155.jpg




出雲も出雲大社だけではなかった。
時間があれば神様がやってくるという稲佐の浜にも行きたかったが、ふたたび出雲に来る機会はあるか、ないのか、こればかりはご縁のものなのでわからない(^_^;







大国主をたずねて〜出雲紀行・出雲大社 - 2018.06.01 Fri

3月の松江行きは松江市内を楽しんだので、今度はおとなりの出雲にいってみよう!




IMG_1542.jpg




岡山から出雲行きの特急「やくも」


  八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 
        八重垣作る その八重垣を  (スサノオノミコト)




P5250002.jpg 




JR出雲市から一畑電鉄にのって(1時間に1本か2本、、、(^_^;)30分弱




P5250007.jpg




「出雲大社前駅」
実はこの建物、国の登録文化財なのだ。(昭和5年建造、コンクリート製)




P5250009.jpg





駅から見える出雲大社二の鳥居、ここへの道は神門通りとよばれる。

え?じゃ、一の鳥居は?、、、実は駅の反対側にあるのだ。




P5250099.jpg 




わかるかな。正面の遙か先にあるコンクリート製の鳥居が一の鳥居





P5250013.jpg




二の鳥居は木製
この前の広場は勢溜(せいだまり)といってかつて見世物小屋などがひしめいていたらしい。




P5250017.jpg




松の参道
かつて、この道は神様の通り道であるので、神職か貴人しか通れなかったという。今でもここは通れず参拝者は松並木の外側の道を行く。「松保護のため」と今では書かれているけれどね。




P5250022.jpg



そして因幡の白ウサギと大国主命

子供の頃読んだ神話物語の段階で私の知識はとまっているのだが、天孫族(アマテラスの子孫)に出雲族(スサノオの子孫であるオオクニヌシ)が国を譲って出雲大社へ鎮座した、という歴史的に何か事件があったとおぼしき記述(記紀や出雲風土記)にちょっとロマンを感じているのだ。





IMG_1574.jpg 




というわけで、県立古代出雲歴史博物館でこの面白そうな本を買った。

オオクニヌシ、当時はオオナムチ、は若い頃は兄神たち(八十神)にいじめられて(因幡の白ウサギの話もそのうちの一つ)、死んだり生き返ったり、いろいろ忙しく成長させられ、その間スセリヒメという妻をちゃっかりもらって、後にオオクニヌシ=大国主命となり、国造りに励み、葦原中国(あしはらのなかつくに)を完成させたことになっている。




P5250023.jpg



三の鳥居 銅製 毛利綱広公が寄進(コンクリート〜木〜銅といろいろな素材の鳥居だこと!)


その完成した国をあっさり天孫ニニギノミコトに譲った、という神話は出雲族が大和族に征服されたことの暗示ではないかという節もある。しかし、話はそう単純ではないことが本を読んでわかった。残念ながらその道の専門的知識はないので、解説するほどの才能はないが、要は天孫系と出雲系の神々ははっきり別れているわけではないらしい。




P5250026.jpg



拝殿

3歳児のみぎり、この前で母親と撮った写真があるので、一度来たことがあるのは確かだが、全然、さっぱり記憶にございません。(世の若い親御さんたち、あちこちつれて歩いて後に感謝されるのはせめて4歳児以上だぞ)




P5250029.jpg




出雲神社のアイコン、大注連縄 8m 1.5トン
この拝殿のモノも十分大きいが、神楽殿のはもっと大きい。




P5250037.jpg




ご神体が祀られる御本殿の八足門(正月三が日だけ開放される)
杮葺の美しい屋根は五年前に完成して平成の大遷宮がおこなわれた。




P5250038.jpg
(大社の神紋・二重亀甲剣花角)



神殿は玉垣、瑞垣、荒垣の三十の垣根に囲まれ守られているが、祀られているのは実はオオクニヌシだけではない。他にも五神ましますが、この方たちは南を向いているのに対し(本殿も南向き)オオクニヌシだけ西を向いているという。西の方、黄泉の国があったとされる方角であり、また神々が神在月にやってくるという稲佐の浜の方向であり、オオクニヌシも海からやって来た水神としての性格があるからかも、とも言われているあたりも謎めいてロマンチック。





P5250047.jpg




このクラシックな建物は明治に創建された、いわば宝物館
中をのぞいたらオオクニヌシ?とおぼしき人形(小学校の工作レベル?←ゴメン)と目があってぎょっとした(^_^;




P5250050.jpg




本殿の北側にあるのがスサノオを祀った素鵞社

スサノオはオオクニヌシの祖先であるだけでなく、妻のスセリヒメの父でもあり、当時根の国(黄泉の国と同じ性格をもつ?)に君臨し、オオクニヌシをあれこれ殺そうとたくらむのである。しかしヒメの助力もあって、無事彼女をさらって脱出、その際にスサノオはオオナムチに「大国主になれ!」と言ったのであり、その後のオオクニヌシとなったオオナムチは国造りにめざましい活躍をするのはご承知のとおり。

ゆえにこの社は本殿のオオクニヌシを監視しているという意味もあるという。




P5250061.jpg




御本殿の千木(ちぎ・ぶっちがいになっているヤツ)は切り方が縦切りだと男神、水平切りだと女神と、若狭のお水送りの時におしえてもらった。だからこれは当然ながら男神。
そして屋根の上に横に並んでいる鰹木の数が奇数が男神、偶数が女神だとも。(これを知って神社の屋根を見るとけっこうおもしろいかもよ)





P5250067.jpg




さて、出雲大社は毎年神無月に全国の神様がここに集結するので有名である。なので10月は出雲だけ神在月になる。
これは境内の左右にならぶ十九社とよばれる10月限定の神様ホテル。
神在月に稲佐の浜で神々をお迎えし、ここにとどまっていただく祭儀があり、そのVTRを博物館で見た。

神様はあれこれ一年分の縁結びの相談をされるので、その間はうるさくしないよう、地域の人たちは音曲をひかえるのだと言う。




P5250070.jpg



さあ!
これが最大にして最重量の神楽殿の大注連縄!!
長さ13.5m 重さ4.4トン それを支えているのだから建物の強度もかなりのものだと思う。




P5250082.jpg




松の参道近くに帰り際、変な?像とオブジェを見た。この写真には写っていないが、この向いに両手を広げて、海からやってきたこの玉(幸魂奇魂・さきみたまくしみたま)をオオクニヌシが迎えようとしている場面らしい。

古来神霊には四つの相があって、荒魂(あらみたま)、和魂(にぎみたま)、それにこの幸魂、奇魂なのだそうだ。(後者二つは大きくは和魂に含まれる)





P5250084.jpg



一緒に国を作り上げたスクナヒコナが海に帰っていって途方に暮れたオオクニヌシが、海からやってきたこの幸魂奇魂を迎え入れることによって国造りを完成させたという。そしてこの二魂は大和の三輪山に祀られたという。三輪の神様はなんと出雲につながっていたのか!という驚愕の?事実!




P5250096.jpg 





古代神話ってややこしいけれど(特に神様の名前がむつかしすぎ)なんて面白いのだろう。神話ではあるが、きっと当時の史実をシンボライズしているに違いないと思える。それがなんだったのか想像するのもまた楽しい。
ちょっとだけ「よい子の神話」を卒業できた気がする。




P5250101.jpg




(慣れぬ)勉強をして疲れた頭と体に、出雲名物割子蕎麦!!







唐津やきもん祭前編〜焼物の町を駆け足で - 2018.05.03 Thu

ウン十年ぶりの九州上陸



P4290033.jpg 




博多から玄界灘を見ながらゴトゴト電車に乗って約1時間ちょっと、唐津に到着




P4290038.jpg





唐津の駅はドアの取手も絵唐津なのである。

今回はるばる唐津まで初めて来たのはこれ!


image00000035.jpg 




今年で7回目という唐津やきもん祭、町を挙げての唐津の器を中心に繰り広げられるGWのイベント。
具体的に言うと、毎年テーマは異なるらしいが、唐津陶芸家さんの町中展示即売やら、唐津の作家さんの器を使った期間限定のレストランや食堂メニューとか、(一番心惹かれた)唐津焼の角打ち!とか。町全体が唐津焼のテーマパーク状態といったらいいかな。

ここで3年前からわが敬愛するタライ・ラマ師(ダライ・ラマじゃないよ、くれぐれも(^_^;)、唐津焼きにちなむ茶会をされている。それに惹かれていたものの、唐津はあまりに遠い、、、でも唐津焼で角打ち、、、ああ、魅力的、、、というわけではるばるやってきたのである。

茶会の前泊で、この日は一日唐津の町を歩き回った。
(茶会の話はまた明日!)




P4290041.jpg



まずは駅裏の近代図書館にて「古唐津〜もうひとつの桃山」展を。
古唐津のコレクションで有名な田中丸コレクションと中里太郎右衛門コレクションといういきなりの名品展。




P4290043.jpg
(絵唐津の向付 これのみ撮影可)


ご存じのように唐津は種類があまりにも多く、絵唐津、朝鮮唐津、瀬戸唐津、三島唐津、斑唐津、奥高麗、、、、と多彩で、これが唐津?と思うようなものまであるが、この展示はほんますばらしくて、これだけでもここまで来た甲斐があった、と思うくらい。

なんと言っても奥高麗3碗そろい踏みは壮観で、それに田中丸コレクション嚆矢の有名な木賊紋茶碗(ポスターの写真の上の方)がいっしょに並んでいる様はもう、、、ヨダレが、、、




P4290046.jpg




と、正気にもどって、図書館近くの中里太郎右衛門陶房へ。
ここは古民家風のギャラリーもあって、当代、先代、人間国宝であった先々代の作品も観ることができる。




P4290047.jpg




唐津の町はコンパクトで、歩いて回るのにちょうどよいサイズ。しかも古い町並みが残っているので無目的に散策するだけでも楽しい。でも、人が少ない、、、それがよいような、問題のような、、、




P4290050.jpg




中里さんとこより少し南に行って、民家の間の細い通りをぬけると、登り窯跡がある。
御茶碗窯跡である。




P4290055.jpg 




江戸初期に藩命をうけて中里家が献上茶碗を焼いていたが窯跡だが、ここは江戸中期から、大正にいたるまで使われていたそうだ。




P4290053.jpg




となりに現役?の登り窯もあった。




P4290060.jpg




少し南のあや窯ギャラリー
女性陶芸家の中里文子さんの陶房であるが、こちらのお庭がまた素晴らしく、しばしみとれてしまう。奥に茶室・淡如庵があって、裏千家のお稽古場にもなっているそうだ。こんなところでお茶会したいなあ。




P4290063.jpg




このあたりは御茶碗窯通りとよばれ、こんなタイルの道が続くが、ここにも絵唐津




 P4290066.jpg




駅の表、京町とよばれる当たりは陶芸の販売店やギャラリーがひしめく。
やきもん祭の総合案内所もここにある。




P4290068.jpg




どこを歩いても、このあたりでは唐津の作家さんたちの展示があって、あっちへふらふらこっちへふらふら、ひきよせられては器を手にとり三昧。




P4290071.jpg




見るだけじゃなくて、祭の期間限定の唐津焼きx食のコラボもあちこちで開催中。
題して「食と器の縁結び」
器は、とくに唐津は向付に使いたいモノも多いので、食べ物が乗った状態で鑑賞するのがベストかも。

入ったのはhanaはな家さん。昔の校舎のようなレトロな建物がおしゃれ。




P4290070.jpg




作家物の器でおいなりさんセット、いただきました〜!
(お汁の味が甘めで九州的?)




P4290073.jpg




こちら祭の総合案内所のところにある唐津ちょこバル。
ここの角打ちは立ち飲みじゃなくて、椅子があって親切。




IMG_1242.jpg




夜は毎日日替わりで陶芸家さんが亭主をつとめるという。お昼はそのお弟子さんたちが忙しくはたらいていた。




P4290075.jpg 




昼間っから、、、だけど、唐津の地酒を絵唐津の湯飲みで一杯、アテはここの名物らしいザル豆腐。かなり濃厚で美味い。

しかし、九州の人は男も女もよう飲むね。昼間っから出来上がった人ばかりでまあ、賑やかなこと。(好きだけど)





P4290078.jpg




唐津は戦災にあわなかったのか、こんな明治からの建物があちこちに残っている。これは竹屋さんといってうなぎ屋さん、建物は国の重要文化財。




P4290082.jpg




こちらも明治時代の建築、旧唐津銀行



P4290084.jpg




中へ入って、、、、ん?デジャヴ?
京都三条の旧日銀京都支店にそっくりじゃないか!と思ったら、それを設計した辰野金吾(東京駅もこの方)のお弟子さん、田中実設計なんだって。

でも一番驚いたのが、あの辰野金吾が唐津出身だった!!ということ。しらなかったわ。ここにあった唐津藩英学塾・耐恒寮で学んだのだが、その時の教師が高橋是清だったとは。




P4290088.jpg




ちなみに中では「花と器の縁結び展」
花器としての唐津の展示。う〜ん、あまり花器としてはとらえてなかったな。




P4290108.jpg




海の近くまでくるとここにあるのが重要文化財旧高取邸
このお屋敷はほんっと素晴らしかった!




P4290110.jpg




広い上に、茶室のみならず能舞台まであるんだよ〜。台所が20畳くらいあるんだよ〜。
広すぎて迷子になりそうであった。
大炭鉱主であった高取伊好の邸宅で、2300坪というから、そりゃ迷子にもなるわ。
座敷に暖炉があったり、当時はやったであろうマヨルカタイルのトイレや浴室など調度も当時のままで見応えがある。




P4290112.jpg




二階からははるか玄界灘も見え眺めの良さも格別。




P4290117.jpg




観光客向けの呈茶席が奥の座敷にあり、ここで一服しながら海風を感じ、庭園を眺めるひとときはなかなか良い時間であった。ちなみに高取氏は宗偏流を習っていたとか。山田宗偏が直接指導に唐津にきたこともあって、唐津は宗偏流がけっこう多いのだそうだ。




P4290121.jpg




高取邸からすぐ近く、唐津神社はなんと春季大祭の真っ最中。そういえば、どんちゃかどんちゃか、お囃子の音が賑やかに高取邸までひびいていたっけ。




P4290122.jpg




11月に曳き山巡行がおこなわれる唐津くんちであるが、普段曳き山は曳き山展示場におさめられているものの、この日は外にひきだされて各山がお囃子を披露するらしい。




P4290126.jpg





こちらは鯱



P4290131.jpg




獅子頭や義経の兜といった、ちょっとかわったのが多いなあ。やっぱり大陸に近い九州的な雰囲気。




P4290137.jpg




鶏の曳き山が展示場に戻るところを見ることができた。
なんて見所たくさんの唐津!




P4290142.jpg




ついで、歩いて歩いて舞鶴橋を渡り、、、(なにせバスは1時間に1本しかない、、、)




P4290144.jpg




振り返って唐津城を見て、、、、




P4290146.jpg




老舗旅館・洋々閣のギャラリーに中里太亀さんの個展を見に。太亀(たき)さんは人間国宝12代目の息子である隆さんの息子さん。その息子さんもまた陶芸家で、唐津は中里姓の陶芸作家さんがほんまにたくさんおられる。向付によさそうな絵唐津の器がよかった。





P4290148.jpg




舞鶴橋のたもとのカフェ・基幸庵さんで休憩、ここは主に民藝をおいてあって、唐津にしては珍しいかも。




P4290149.jpg




湯飲みの小鹿田焼は大分だものね。
冷たい善哉とこちらの和菓子をいただく。




P4290151.jpg




昼過ぎに唐津について、夕刻まで、今日一日ほんまによく歩いた。スマホのアプリを見ると約13km、二万歩以上歩いたことになっていた。さすがに足が疲れたな。




P4290156.jpg




夜の部〜(^_^;
昼間行ったhanaはな屋さんは夜ともなれば雰囲気も違う。あちこちの飲み屋さんで賑やかな大声は聞こえるが、通りにあまり人はいない。




P4290160.jpg




昼間の唐津ちょこバルへふたたびいって角打ち、地酒2杯。
すでに6杯目という隣にすわったお姉さんに「おいしいよ」と勧められてイカの塩辛を分けてもらう。これはイカン、酒飲みに火をつける、というやつや。お姉さんも陶芸を昔ちょっとやってはったみたい。この町は何らかの形で陶芸に携わっている人が多い、そして酒飲みが多い(^_^;
男も女も「〜〜しとると!」というなんだかうれしい賑やかな佐賀弁(博多弁との区別は私にはつかない)にかこまれて、ちょっとシアワセ。




P4290162.jpg




イカの塩辛で火が付いたので二軒目で焼カレーを夕食に食べつつ、ジンフィズなんか飲んでみる。カクテル飲むの何年ぶりやろ。ここんとこ日本酒ばかりだから。
で、ここにも中里姓の方の個展のおしらせカードがおいてあるあたり、唐津だ。



P4290164.jpg



かくして歩き回った唐津の夜は更けてゆく。
明日は和尚様の茶会だ。楽しみ楽しみ。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (270)
茶事(亭主) (40)
茶事(客) (95)
茶会(亭主) (9)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (66)
町家ウォッチング (8)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (67)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (46)
京都めぐり2019 (22)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (12)
美術館・博物館 (85)
奈良散歩 (37)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (48)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (7)
中国茶 (33)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (7)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)
ニュージーランド紀行2019 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR