topimage

2017-03

修二会2016・その3〜修二会の頃の奈良〜入江泰吉旧居 - 2016.03.14 Mon

P3110207.jpg



二月堂を辞し裏参道から戒壇院のあたりへぬける。




P3110208.jpg



戒壇院の庫裏は練行衆たちの別火坊(法会に入る前の精進潔斎)にもなる。ここの四天王像は四天王の中でも最高に美しいと思う。でも、今日はここはスルーして、このちかくのこちらへ。



P3110209.jpg



ちょうど1年前公開されるようになった入江泰吉旧居

奈良の写真を見た人はかならず入江先生の写真を一度は見ているはずである。


かつて郷里で受験生をしていたころ、図書館で勉強しつつ息抜きは図書館蔵書の奈良の写真集をみることだった。そのなかで二月堂への裏参道の写真は深く印象にのこり、首尾良く京都の大学へいけたらここへも足をのばすんだ、と誓った(?)のである。




P3110210.jpg

(東大寺別当206世上司雲海師による表札。師は入江先生と同級生で、多くの人脈を入江につないだ方でもあった。)



その写真をはじめ、多くの奈良の写真が入江泰吉(1905〜1992)先生の写真であったと知ったのはずっとあとのこと。

高畑の入江泰吉記念奈良市写真美術館にはなんどか行ったことがあるが、戦後入江先生が亡くなるまですごされた東大寺畔のこの旧宅が奈良市に寄贈され、公開されていると知ったのは今年になってから。



P3110211.jpg



玄関をはいったところ。万葉の植物が多く育てられていたらしい。

入江先生は大阪大空襲で焼けだされ、戦後くしくも幼い頃をすごしたこの東大寺旧境内の町へ帰ってきて、写真家としてスタートされたそうだ。



P3110212.jpg



こちらの家は平屋で大正年間の建築か、といわれているがさだかなことはわからないそうだ。


P3110240.jpg

廊下の化粧裏天井。


現在は痛んだところの改修がなされて住んでおられたころそのままとはいかないが、残された本や調度、日常遺愛のものはそのまま残され展示されている。




P3110218.jpg



広間。

入江先生の軸がかかる。奥様が能書家であったので、習っておられたらしい。この朱色のテーブルも当時のものだそうだ。




P3110219.jpg



ここには写真のお弟子さんをはじめたくさんの方が訪れたそうだが、中には高畑に一時住んでいた志賀直哉、「大和古寺風物誌(高校生の頃の愛読書!!)」の亀井勝一郎、歌集「自註鹿鳴集(これも!!)」の会津八一、小林秀雄、須田剋太、白州正子など綺羅星のごとき人々も集まり、文化サロンを形成していたのだとか。



P3110220.jpg



その人々をつないだのが表札を揮毫した幼なじみの上司和尚なのだ。

廊下には気持ちの良い春の陽射しが入り、正面には、、、、



P3110223.jpg



吉城川(依水園を流れる川)が流れる。そのほとりに咲く椿がみごとな借景。こんな美しい景色を眺めながら写真の構想を練っておられたのか。



P3110224.jpg



広間続きの応接間。ここにもたくさんの蔵書があふれんばかり。



P3110228.jpg



入江先生は風景だけでなく、万葉の植物の写真もたくさん撮っておられた。



P3110233.jpg



アトリエにされていた、というサンルームは吉城川に乗りだすような場所でまことに気持ちがよい。



P3110232.jpg



写真だけでなく余技はいろいろお持ちだったようだが、ここには削り掛けの仏像が残されていた。



P3110231.jpg



サンルームに隣接する座敷は書斎でもあったようだ。部屋一杯に床から天井まで蔵書が残されている。




P3110242.jpg



庭の片隅にはモノクロフィルム時代の暗室。現在みたいにデジカメで簡単に、、、という時代ではなかったからね。



P3110243.jpg


暗室の中。



P3110236.jpg



ここを運営しているのは市民をまじえたワーキンググループ。そのうち茶会やいろんなイベントもおこなわれるようになるのだろう。

このあたりは観光客も少なくひっそりと奈良の昔のたたずまいをよく残しているので、奈良へお出かけの節は足を伸ばしてみられてはいかがでしょう?



P3110247.jpg



さて、今年のお松明の燃えさしの収穫。



P3110248.jpg



小さい束を人に差し上げるのに、こんなものを作ってみたりして余韻にひたっている。



修二会2016・その2〜朝の二月堂 - 2016.03.13 Sun

P3110147.jpg



翌朝の奈良公園である。



P3110152.jpg



昨深夜に通った暗かった二月堂参道も朝はこんなに明るい。



P3110159.jpg



二月堂周辺の塔頭や、練行衆をだしている坊には、修二会に先立って境内を清浄な結界内とするために、丸い輪注連がかかる。



P3110164.jpg



さて、一夜明けた朝の二月堂。
12時からの食堂作法、13時からの日中の法会までまだだいぶん間がある。練行衆たちはまだ参籠所でひとときのくつろぎタイムであろう。



P3110165.jpg



12日深夜、香水をくみあげる若狭井もいまは榊で清められ静かに時をまっているようだ。



P3110172.jpg



若狭井の前では使われなかったあまった松明用の奉納された竹を運び出していた。あまっているなら一つくらいほしいものだが、持って帰るすべもないし。



P3110168.jpg



松明の根っこの方は花入れに加工されるのだそうな。たぶん東大寺のえらいお坊さんの花押かなんかがはいるのだろうな。これもひとつほしいなあ、、、(後日ほんまにこの花入れ、あるお茶席で拝見しました。二重切で二月堂の焼き印と館長さんの朱書が入ってましたわ)



P3110173.jpg



松明は近畿周辺のいくつかの調進講の人たちが毎年奉納している。松明をしばる藤蔓など一年かけて集められる物もある。東大寺だけでなく、たくさんの人たちの裏仕事によって修二会はなりたっているのだ。



P3110176.jpg



食堂にはこの日の夜につかわれる松明が、それを担ぐ堂童子みずからの手によって作られている。ここは食堂作法のあと、生飯投げがおこなわれるところ。今年は予定がつまってそこまで見られなかったが。



P3110177.jpg



松明はこんな鉄の釘のような楔で固定されているんだな。12日の籠松明は70kg、それ以外は40kg、この根っこで重さのバランスをとるのだそうだ。



P3110179.jpg



境内のあちこちで見る注連縄の結界。



P3110182.jpg



左手が食堂の入り口。向かいが食事調達の湯屋。練行衆の食事は一日1回だが、数年前から江戸懐石の近茶流の若が料理指導しだして、栄養も味もすごくよくなったという話だ。出入りする童子さんも毎年見ているうちになんとなく顔を覚えた方もいる。



P3110181.jpg


参籠所のなかをちらっとのぞいてみる。



P3110184.jpg



東の参籠所入り口からは練行衆のお姿が。法会も半ばをすぎ、激しい修法を物語る紙子の破れ。



P3110187.jpg



これが松明が登ってくる階段。



P3110188.jpg



二月堂脇にある茶所。いつもはお茶をよばれるだけだが、大松明・お水取りの12日にはここが簡易食堂に早変わりするのは昨年初めて知った!!(何年も行っているのにね)



P3110189.jpg



その上に若狭の遠敷神社の二月堂支所(?)。勧請したのに遅参した神様ですよ。おかげで香水を若狭から送る約束をしたのですがね。




P3110197.jpg



二月堂きざはしのぐりぐり。ここにあのお松明をのせるのでこんな具合に。



P3110191.jpg



今日は奈良市街の見晴らしがよい。(杉花粉もさぞや飛んでいることだろう、、、、)



P3110194.jpg



法会はまだ始まらないが、お堂の中をのぞいてみると内陣は戸で閉ざされ、外陣に差懸がきちんと並べられていたのが印象的。



P3110198.jpg



お堂からおりて、ふたたび湯屋の横、仏餉屋(調理所:重文)の横には籠松明がスタンバイ。



P3110202.jpg



北の参道から道をくだれば、松明調進講の人たちの姿も。



P3110199.jpg




早春の大和、この季節は最高だ。(花粉さえなければ、、、、、)




修二会2016・その1〜お松明と半夜・後夜・晨朝、下堂 - 2016.03.12 Sat

東大寺修二会(3月1日〜14日)いわゆるお水取りがおわらなければ関西では春は来ないといわれるが、私は例年鼻がむずむずしだすと、ああお水取りの季節やな、と思う。



P3100014.jpg
(もちいどの商店街の萬々堂さん)


お水取りにはここ20数年、一年もかかさずに毎年行っているが、行ける曜日が限られているので、その年によって法会の内容がかわる。だから香水授与や達陀(だったん)、走りの行など数年掛けて見てきたが、昨年ついにそのクライマックスである深夜の若狭井でのお水取りをみることができた。(苦節20数年、、、、くくく、、、)



P3100018.jpg
(萬々堂さんの名物は「糊こぼし」。修二会の間お堂を荘厳する椿の造花で、開山堂に咲く糊こぼしの銘の椿の名を冠することができるのは唯一ここ、萬々堂さんだけなのだ。後にうずたかくつまれているのは糊こぼし用の椿の箱。全国への発送に忙しい年に一度の時節)



ここでひとつクライマックスを過ぎたわけだが、実は修二会という法会は謎がまだまだ多く、毎年行くたびに新しいことを学習するので、飽きると言うことがない。



IMG_1920.jpg



まずはお水取りの時の奈良公園内の常宿に荷ほどきして、早速糊こぼしをよばれて防寒準備ととのえ、夕刻いざ!




P3100026.jpg



毎年公園内の梅林がきれいなころである。



P3100030.jpg



すでにねぐらを決めている鹿たちにもあいさつをして、浮き雲遊園をつっきって二月堂へ。



P3100033.jpg



日中法会を終え、入浴仮眠をすませた練行衆たちの初夜(19時からの法会)上堂を待つ二月堂。



P3100045.jpg



日もおちてくると松明を一目見ようと大勢の参拝客が増えてくる。真ん中に立つのは良弁杉。東大寺開山の良弁和尚は鷲にさらわれてこの杉のてっぺんにおきざりにされた、という伝説があるがこの杉は実は二代目。(これを見るとますます鼻がかゆくなる、、)

このころぽつぽつと雨がふってきた。




P3100046.jpg



いよいよ初夜上堂がちかづくとチョロ松明をもった童司(練行衆の身の回りの世話をする)が三度の案内(あない)で北側の階段を三回往復する。

そしていよいよ練行衆10人の上堂。(処世界という役付き練行衆のみ先に上堂して準備している)童司の持つ松明に足元を照らされながら。ゆっくりと参籠所から階段をのぼってこられる。おごそかな鐘の音とともに。








P3100075.jpg


今年もこうして火の粉を浴びることができた。ありがたいことだ。あと何年来ることができるのか、そんなことを計算してしまう歳になってしまった。



P3100094.jpg



P3100098.jpg



すべての練行衆が上堂され、初夜の法会、この日はこのあと独特の節回しで神明帳が読み上げられ、552柱の神々をここに勧請するのだ。
129番目によばれた若狭の遠敷明神(おにゅうみょうじん)はこれに遅れ(釣りに興じていたらしい)おわびとして若狭から香水を送る約束をし、それが「お水取り」の起源となった。

この間われわれはちょっとブレイク、いったん宿にひきかえす。



P3100109.jpg



お松明からこぼれおちた燃えさし、今年はこれだけゲット。部屋中杉の焦げた匂いが充満する。春やな。私は好きだ、この香り。



P3100105.jpg



ここの宿は練行衆の食作法で使われる丸い練行衆盆と同じ盆をつかって精進をだしてくれる。腹ごしらえして、風呂にもはいって後は寝るばかりに準備して、いざ後半、後夜引き続き晨朝の法会、午前1時頃の練行衆下堂をみるのに出発。



P3100110.jpg



行ってくるわね、と鹿にあいさつ。(よ〜やるわ、、、と鹿が言ったとか言わなかったとか)



P3100119.jpg



二月堂の参道はお松明の時にあれだけの人が居たのがうそのように静まりかえる。



P3100120.jpg



法会中の二月堂のまわりは明るい。



P3100122.jpg



二月堂のシンボル瓜灯籠。

この夜はあまり特別の法会がないので、正面の西の局の一番前にすわることができた。

毎年聞いていると、あ、このお経は知っている、聞いたことある、というのもでてくる。

音楽的でうっとりする。天台声明みたいに西洋の聖歌風のところもあり、歌うような般若心経もあり、問いかけ答えるという問答のようなところも。鐘の音、鈴の音、芥子をばらまく音、差懸(さしかけ:練行衆の木の靴)のタ〜ンタ〜ンという音、、、、
中でも有名な「南無観 南無観 南無観、、、、」が聞こえて来るとうれしくなる。


西の局は正面なので戸帳といううすい白い布が内陣の前にたらされて、これを透かして灯明や、壇供の餅(計2000個作られる)、糊こぼしや南天の荘厳、実物より大きくうつる練行衆のうごめく影など、目でも楽しめる。




P3100123.jpg
(奈良市内の夜景)


初夜のあと半夜に入る前、内手水といって練行衆たちがいちど全員外陣にでてこられる。このとき童司がきりきりっと戸帳を巻き上げるのだが、これも見所。このとき戸帳越しでなくダイレクトに内陣の様子をちらっと見ることができる。
局の格子のすぐ前、手の届くくらい近いところに大柄な練行衆がお座りになられた。



P3100124.jpg



引き続き半夜、後夜、晨朝の法会。練行衆が一人外陣にでてきて五体投地を。何度も何度も、膝が内出血するのではと心配するくらい。これで法衣の下に着た紙子(和紙でできた衣)が破れるという。



P3110127.jpg



途中でふっと意識を失って寝てたときもあったが3時間くらいこもっていただろうか。いよいよこの日の法会も終わり、ここで局から出て、階段前へ移動。

練行衆が参籠所へ走って帰る下堂をみまもる。

お堂が空になるとカラス天狗が悪さをするといわれ、「今から下堂するが手水(トイレ)にいってくるだけだ、すぐ帰ってくるぞ。だから悪さはするな。」という意味で、練行衆は松明をもった童司に導かれ全速力で階段を駆け下りる。「手水手水!」とよばわりながら。






しかし、この階段けっこう急であぶないのだよね。しかもこの暗さの中、足をふみはずしたりすることはないのだろうか。



P3110134.jpg



参籠所へお帰りになられたあとはまた静けさが。参籠所の前の湯屋。(風呂と台所)




P3110143.jpg



風情ある北の参道。こちらを帰る人の姿もこの時間でもまだちらほらと。




P3110145.jpg



宿に帰る道すがら、牝鹿に「おやすみ」




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (193)
茶事(亭主) (21)
茶事(客) (54)
京のグルメ&カフェ (47)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (29)
京都めぐり2017 (9)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (43)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (16)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR