FC2ブログ
topimage

2020-06

坪庭のチャで白茶をつくり飲んでみる - 2020.04.26 Sun

恒例のうちの坪庭のチャの木から白茶を作る。



DSC00975.jpeg



今年は4月初めからもう新芽がでて、えらい早い茶摘みになってしまった。
柔らかい新芽、一芯二葉を摘む。



DSC00992.jpeg



煎茶は殺青する(蒸して発酵を止める)が、中国茶の白茶は日光に当てて微発酵させる。それ以上の複雑な製茶は手に余るからできない。



DSC00995.jpeg



ひからびてパリパリになった茶葉はこんな感じ。



DSC01101.jpeg



では早速飲んでみましょう♡
その坪庭の縁側に中国茶的茶席を即席で作る。


DSC01108.jpeg



熱源は市川孝さんのアルコール涼炉


DSC01102.jpeg



茶葉はまだ半分青い(^_^;ので、煎れてみるとちょっと青臭かったが、ほんものの白茶と煎茶の間くらいの感じ。


DSC01103.jpeg



チャフーはチェコのマルティン・ハヌシュさんの
ガラスの受け皿は、、、、忘れた、、、ゴメン
盆は水野祐二さん



DSC01109.jpeg



杯は大好きな脇山さとみさん



DSC01112.jpeg



味と香りはまあまあだったが、杯に残る香りは大好きな烏龍茶の残香と同じで、なかなかよろしい。
(自画自賛)

この縁側はこの季節が一番ここちよい。
もう少ししたら蚊がでてくるし、暑くなるからね。小一時間ほど、ここで一人お茶を煎れては飲んで、タブレットいじって、、、ですごしてしまった。コロナのことさえ考えなければ極楽であるが、それがなければ、こんな時間は作れていないだろうな、という自己撞着。


DSC01113.jpeg



チャフーの中で茶葉はゆっくりもとの形にもどっていった。


IMG_9206.jpeg



お菓子:博多通りもん
皿:矢島操さん
葉っぱは坪庭のフタバアオイ

今年は葵祭のみならず祗園祭までも、人が集まる行事は中止となった。
別の意味でふりかえって心に残る1年になる。
ああ、これ阪神淡路大震災でマイナーながら被災したあの震災後の異次元空間に紛れ込んだような気持ちに似ている、、、。ただ淡々と己がすべきことを黙々こなして時間がたって、、、そんな感じだった。今回は、ライフラインは途切れず、宅配便は届き、買い物もできる(リスクも顧みず携わってくださる方々に深く深く感謝)、どちらがマシなのかわからない。そんなことを考えつつ日々を過ごす。



ゆる〜い中国茶茶会 in TH社 - 2020.03.24 Tue



IMG_8913.jpeg


鷹ヶ峰ふもとのTH社、かわいい豆雛人形が遊んでいた。


IMG_8910.jpeg



ちょっと大きめの籠というか箱というか、、、に中国茶の道具と茶葉を詰め込んで持ち込む。
とある休日、TH社で中国茶を嗜む女子がそれぞれの茶葉をもちよって、ゆる〜い茶会を。



IMG_8914.jpeg


お菓子は、先日の茶事の残り、、、というか残りの方が圧倒的に多い鍵善さんの雛祭り限定干菓子セット。


IMG_8916.jpeg



こんな室礼でまずは私の単叢鳳凰蜜桃香を。


IMG_8919.jpeg



チャフーはチェコのマルチン・ハヌシュさん作
蜜桃香はとっても香り高いお茶なのだ。私が持っている中で一番ええやつ。



IMG_8927.jpeg



ついでTH社庵主の台湾紅茶を蓋碗で。
英国式紅茶は高温でいれて、しかも一煎しか飲めないが、台湾の紅茶はやや低温のお湯でゆっくり入れて、しかも二煎、三煎いけるのだ。台湾の人たちの普段のお茶、というレベルだそうだが、これでそのレベルなら、高いレベルのお茶ってどんなに美味しいのだろう。


IMG_8931.jpeg


本格的に台湾茶を学んでいるYさんには、ほんとたくさんのお茶を煎れていただいた。


IMG_8929.jpeg



彼女の台湾土産のイチジクフリーズドライとか、あの美味しい椎茸の揚げたやつとか。
これらのお菓子をだらだらつまんで、だらだらとりとめもなくおしゃべりをして、だらだらと茶を飲んで時を過ごす、、、このゆるさが中国茶の真骨頂よね。



IMG_8942.jpeg



その中にも美しさがあり、茶の香りや美味しさがある。


IMG_8937.jpeg



そんな時間のかたわらに、庵主のいけた珍しい白蘇芳の花



銀月サロン・冬茶会2020〜銀月アパートメント - 2020.02.14 Fri

銀月サロン、冬の茶会



P1010260.jpeg



北白川、格別に趣のある築年数不明の銀月アパートメント
木造階段がけっこうこわいよ(^_^;)



P1010262.jpeg



こちらの二階で本日のお茶会
窓の外には春になると薄紅の影をくれる枝垂桜もまだ固い蕾



P1010263.jpeg



銀月さんも、中国の友人から例のウイルスのおかげで「来ないように」と言われ、この冬はお茶の買い付けにいけないそうだ。京都もいつもは人で溢れかえる祇園が閑散として、昔の京都に戻ったような感じ。早く終息してくれればいいが



P1010265.jpeg



暖冬のおかげではやくも河津桜が咲いている



P1010268.jpeg



最初のお茶は岩茶 雀舌
福建省武夷山でとれる岩茶
雀舌は雀の舌のように小さい、という意味らしいが、茶葉はそんなに小さくない感じ



P1010270.jpeg



一煎目


P1010271.jpeg



若い葉からつくるからか、香りは繊細な感じがする。
二煎目、三煎目と味も香りも変化していく

左にちらっと見えている菓子は神泉苑の裏の知る人ぞ知る駄菓子の格子屋さんの「どろぼう」というお菓子。かりんとうをもっと軽くした感じでこれはヤバイ、とまらない、、、



P1010273.jpeg



二つ目のお茶
紅心歪尾桃鉄観音
こちらは福建省の南、安渓県のお茶  北部の武夷山にお茶の製法をまなんだといわれるもの

これはどっしりとした香り、一番好きなお茶
飲んだ後の杯の香りを聞いていつもうっとりしてしまう
私にとって中国茶といえば、やっぱり鉄観音だわ




P1010277.jpeg



三つ目のお茶
台湾の大禹嶺高山茶 
無焙煎なので緑の香りがたなびく
香りは最も華やかで甘い


P1010281.jpeg



お楽しみの点心は、、、ああ、料理の名前ききそびれた
銀月さんは「魔女のスープ」とおっしゃった(^_^;)
たしかに骨つき肉に黒いスープ 中には肉桂や漢方薬にも使われる当帰もはいる
ぽかぽかあったまって シュウマイは特製ラー油かけ
今回もおいしゅうございました



P1010282.jpeg



デザートは北白川のグランディールさんのカヌレ
外がかりっかりで固いくらいで中がしっとり



P1010286.jpeg



丸まった茶葉は飲んだ後、ひらくとほとんど元の茶葉にある


デザートとともにいただくのは正山小種

実はこれ、紅茶のラプサンスーチョンのこと こんな漢字だなんて初めて知った!
松焙煎したため正露丸臭があるので有名だが、甘いお菓子にとてもよく合う
武夷山付近の星村でつくられるお茶 
星村っていい名前だなあ  このあたりは世界遺産に登録されているから、いつか行ってみたいなあ、、

まずこのコロナウイルス騒ぎがおさまってくれないとね




銀月サロン・秋茶会2019〜銀月アパートメント - 2019.11.17 Sun



P1000296.jpg



秋の銀月アパートメント
入り口は変わりませんが、枝垂れ桜の落葉、道にわだかまる落ち葉で季節を感じてくださいね。



P1000298.jpg



今月の銀月サロンは、、、朝夕寒くなってきたので体が温まるプーアル茶のお話しをききながら三種のお茶の飲み比べ。


P1000309.jpg



今日もすてきな室礼、秋ですね。



P1000300.jpg



プーアル茶、プーアル茶といっているけれど、実はプーアル茶を名乗れるのは雲南省でとれた茶葉だけに名乗れるお茶だったんですね。(宇治茶みたいに何%以上京都産でないといけないみたいな、、、)ところがプーアル茶の99%が雲南省産なので、結果としてすべてプーアル茶と言っても過言ではないわけで。



P1000302.jpg



稀に他の省、これは湖南省のものですが、普洱(プーアル)でなく「安化黒茶」ということになります。茶葉の分類でプーアルは黒茶(後発酵)になりますから。



P1000305.jpg



日本茶は無発酵茶ですが、プーアルは自然発酵(生茶)させるため最低3年間はおいておくという発酵の極地までいったやつです。



P1000311.jpg



さてプーアルの講義?はちょっとおいて、ウェルカムティーの茉莉花茶を。



P1000312.jpg



お菓子はナッツをキャラメルでコーティングしたもの。時間がたつと柔らかくなりますが、出来たてはサクサクなのね。



P1000313.jpg



茉莉花茶
いわゆるジャスミンティーですが、上等な物は香りが全然ちがう。



P1000319.jpg



さて、プーアル茶の講義の続き
先ほどの自然発酵させた黒茶は<生茶>とよばれ中国ではこちらの方が多いとか。しかし日本でプーアルと言えば主に<熟茶>、麹カビ菌とかその家に元から浮遊する菌をつけて人工的に発酵をうながしたもの。独特の香りがしますよね。最初飲んだときは、あまり質の良くない物だったのかもですが、なんじゃこりゃ!カビくさ〜!と思ったものです。



P1000320.jpg



まずは生茶の発酵5年物
まだ色が浅くて香りは麦わらのよう。味も若い感じだがこれはこれで充分おいしい。(ボージョレーヌーボーみたいなもん?)

ちなみにプーアルはこの団茶(餅茶とも 緊圧茶)の形で売られていることが多いです。



P1000322.jpg




こちらが10年物、色もぐっと深く、茶葉も縮れてきていて、匂いがスパイシーに芳香へとかわっています。お茶でのんでも深い。



P1000326.jpg



さて、お楽しみの点心タイム
先日銀月さんの中国茶レストラン閑是でいただいた鳥手羽のほろほろ煮込み?、再びこちらでいただけて感激〜!それからシンプルなのに美味しい生姜麺。今度ラーメン食べるときは生姜をすり入れてみよう、しかもたっぷり。



P1000327.jpg



デザートはこれもシンプルに炊いただけなのに柔らかくほんのり甘い栗の渋皮煮。シロップがまたあっさり美味しくて全部飲む。



P1000332.jpg



そしてこの栗にプーアル茶があうのだなあ。(芋栗系に合う)
上等なプーアル茶は黒くなくて赤い、、のです。というのでなんとか赤い茶の色を撮ろうとしてがんばったのがこれ。、、、微妙だな(^_^;



空櫁にて白秋茶会〜奈良高畑 - 2019.09.29 Sun

東大寺や春日大社あたりの喧噪を見ながら、ここ高畑当たりに来ると、、、



IMG_6934.jpg



あまりに人がいないので心配になる。



DSC08665.jpg




ここらには春日大社の宮司さんの職舎があったり、、、



DSC08666.jpg



こんな良い感じの土壁があったり、とても奈良らしいいいところなのに。
新薬師寺が心配になるよ。かといって、ここらまで観光客が大挙されるのもいやだけれど。



DSC08668.jpg



新薬師寺からすこしそれて、奥まったところにひっそりとある空櫁(そらみつ)さん。
奈良のお気に入りスポットの一つである。



DSC08670.jpg



古民家を改修したギャラリーはとても居心地が良く静かで落ち着く。しかも扱ってはるのが職人が作る暮らしの道具や民藝系のもので、ツボなのだ。



DSC08669.jpg



庭の柿の木には柿の実がなっていて、いたずらものの烏がつついたあとも、なんかよい景色だ。



IMG_6912_20190924162606206.jpg



この日は益子の若い陶芸家・生形由香さんの展示、テーマは「花と動物」
それにあわせて、生形さんの器を使った中国茶会「白秋茶会」が空櫁さんの座敷でひらかれた。
お茶担当は、吉田山大茶会でお目にかかったことのある、奈良の出張中国茶・囍茶さん。



IMG_6887.jpg



テーマは同じく「花と動物」

一席目〜花の席〜

白をイメージした茶席に奈良特産の白い蚊帳生地は、おりからの台風の接近で風にあおられあおられ、むしろ心地良い風を座敷に送る。



IMG_6885.jpg



生形さんの器は、底に美しい紋様がかくれている。更紗みたいな、アラビアの紋様のような。液体をいれるとさらにくっきり浮かび上がる。



IMG_6895.jpg



最初のお茶は貢菊(菊花茶)
お湯を注ぐとゆっくりと花びらが潤っていき、菊花の香り高いお茶になる。



IMG_6898.jpg



二つ目のお茶は圓圓茶
白茶を硬い丸いボールのようにしてあるのにお湯を注ぐ。花のようなお皿の中でゆっくりじっくりボールはほどけていく。何煎もいれることによってボールはだんだん茶葉にもどっていく。




IMG_6899_201909241625542f0.jpg



瓢杓ですくって杯にいれるのも楽しい。
杯の中で菊花茶と圓圓茶をブレンドしていただくもまた一興。



IMG_6894_20190924162609fa8.jpg



点心は菊花鍋



IMG_6905.jpg



魚と豆腐のやさしいスープで、胡麻油と塩のはいった皿(生形さんの)の調味料を入れてまぜるとさらに美味。



IMG_6910.jpg



中立ではギャラリーでゆっくり生形さんの作品を見る。



IMG_6911.jpg



底の紋様が美しい。


2席目〜動物の席〜


IMG_6914_201909241626102f3.jpg



ここでは動物は兎であった。名月の季節であるから。
床に満月を思わせる漉き模様の入った和紙の前にかわいらしい兎のお人形。



IMG_6915.jpg



入れるお茶は東方美人茶である。
ウンカが作り出すこのお茶ははやくから西洋人をとりこにした芳香をもつ。
ああ〜、この香り、さらに杯に残った香りを聞くのも忘れずに。




IMG_6921.jpg



お菓子は囍茶さんお手製の月餅
もちろんこれは中国文化圏では中秋節に食べられるお菓子だ。周りの皮がこうばしくて美味しかった。



IMG_6929_20190924162600ca7.jpg



何煎目かの東方美人茶に、桂花(金木犀の花)ジャムを入れて飲むとまた香りがたつ。
今年キンモクセイの花びらをあつめたら、自分でジャムを作ってみようかな。




IMG_6941_20190924162558ca5.jpg


美しい茶会が終わって、空櫁さんから連れて帰ったのは森口信一さんの我谷盆の小さいサイズのと、あたらしい日常料理・ふじわらさんの瓶詰め<パクチーレモン>(パクチー嫌いのみなさん、ごめんなさい(^_^;)であった。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (283)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (74)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (90)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR