topimage

2017-04

銀月サロン・しだれ桜の茶会〜銀月アパートメント - 2017.04.18 Tue

P1110817.jpg



前の記事の駒井家住宅のすぐそば。
北白川疏水分線のほとりにたつ銀月アパートメントは築何年か不明の木造のアパート。ああ、見えてきた,しだれ桜咲いてる咲いてる。




P1110818.jpg




映画のロケにもよく使われるこの建物は、アート関係の若者が多く住んでいて、不便にもかかわらず人気なのもわかるような雰囲気。

昨年からここの一室の中国茶銀月サロンに通い出したのは、この季節のこの桜を室内から眺めたい、というのが大きな理由かも知れない。




P1110830.jpg




おお!やった!
すばらしい。ちょうど見頃であった。

ここでの前回の新年茶会のときに予約をすでにいれておいたのだが、都合がつかず10日過ぎてからの再度申し込み、もう遅いかな、とあきらめていたのだが、今年の桜はゆっくりゆっくりで、ラッキーであった。




P1110831.jpg




ここの室礼もいつも美しい。
なにか参考になるものは盗んでいこう、という下心。




P1110832.jpg




漆器のように見えるスガハラガラス(Sghr)の茶杯に、サロン主お手製のミルフィオーリガラスの桜の皿。お菓子は八重桜と山桜の二種類ある葛のお菓子+ペパーミントせんべい。
お菓子もここでいろいろおしえてもらっている。




P1110846.jpg




窓と反対側の壁には午前中のこの時間だけできる桜の影がゆれる。
影もうっすら薄桜色。




P1110842.jpg



ウエルカムティーはジャスミンスパークリング。
水出ししたジャスミンティーに炭酸水を。




P1110844.jpg




しゅわしゅわキラキラ、ほとんどシャンパンだね。
味はしっかりジャスミンティー。




IMG_6477.jpg




続いて香りも味もすばらしいとしか言いようのない鳳凰単叢・蜜桃香をいれていただく。
枝垂れ桜をバックになんて絵になるんだ。





P1110845.jpg



このお茶は乾燥状態でも蓮華の花のような蜜の香り、まさにその名に負う。
一煎目は華やかな花の香りがひろがり、二煎目はどっしりとした実力派のお茶の味、不思議なことに三煎目でふたたび香りが蘇り、味はまろやかになっている。
まるで女性の人生みたいだと思う。

だから今自分がいるところである最後の三煎目が一番美味しいと思った。




P1110848.jpg




次に安渓鉄観音の一番中国茶らしいお茶をお客さま同士で煎れあう。
5人で煎れても五煎目までしっかりしたお茶になるのは発酵茶ならでは。

そしてお楽しみの点心。
わあ、これはすてきな入れ物だ。




P1110849.jpg



ワカメと蛤のお椀。
新ワカメだけでこんな出汁がでるとは知らなかった。




P1110851.jpg




さきほどの簀巻きを開くと!
中華風ばら寿司!
上にのっている新牛蒡のいためたのや、ナンプラーと砂糖レモンで味付けした水菜、ほんまに美味しい。

銀月サロンは実は点心も楽しみ。いつも珍しいものが出て、作り方を聞いてちょっとだけまねしているのだ。




P1110854.jpg




この日はお花見気分で濁り酒も少々でた。

最後にいただいたのは白茶に薔薇茶(薔薇のつぼみを乾燥させたもの)をうかべて。
白茶は香りはうるさくなく、やさしい味わいなので、うかべた薔薇の香りがひきたつ。




P1110852.jpg



お菓子はこれもサロン主手作りのかのこ桜羊羹。




P1110834.jpg




ばたばた走り回る日常をしばし脇に置いておいて、このひとときだけは桜を愛でながらゆっくりと美しい時間を味わったのであった。



好日居・茶ノ教室夜会〜卯の花月2017 - 2017.04.13 Thu

疏水べりの桜ライトアップが美しい岡崎の好日居さんで恒例の茶ノ教室・夜会。



P1110689.jpg



夜桜を見つつ逍遙する人たちもここまでは来ない。




P1110692.jpg



今月は桜月、卯の花月(旧暦4月の古称)

まずは季節柄、お花の茶を。




P1110693.jpg



福建省・玉蘭花茶。

玉蘭とは白木蓮のこと、英語ではマグノリアティー。上品で華やかな香り、私は蓮華の花の香りを思い出したのだけれど。



P1110696.jpg



早くも点心をいただく。
これも春そのものの春餅(チュンピン)。
中国では立春の日の行事食だそうだ。




P1110698.jpg



小麦粉をといたもちもちしたクレープといった感じの皮に鶏そぼろや卵焼き、お野菜を盛って甜麺醤をかける。う〜ん、これは北京ダック的だ。なかなか日本では手に入りにくい春餅、この日は膳所漢(洛中の中華レストラン)さんに作ってもらったそう。




P1110699.jpg



さて、昨年も4月の教室は夜桜の下に茶道具一式もちだし野遊び風のお茶をいただくのだが、昨年も今年も雨でできなかった。残念。

せめて気分だけでもピクニック、、、ということで大谷石の床の部屋へ移動。
さすらいのギタリストならぬギ茶リスト(ギターを点茶盤に改造したり、、、)さんがソメイヨシノ、ヤマザクラ、枝垂れ桜の枝をもってきてくださった。これを大きな壺にいれると夜桜見物の気分に十分なれる。




IMG_6384.jpg




ここでいただくのは四川省・竹青茶。
これは以前に大山崎山荘の中国茶会でいただいて印象に残っているお茶だ。
ごらんのとおり、固い竹の葉っぱみたいな外見。でも茶葉なんだ。こういう風に茶碗で煎れる入れ方もある。




P1110693.jpg




この竹青茶は苦みが効いて青くさいまでのお茶。特にきょうのは社前茶といって立春よりも早い時期(だったか?)に摘まれた若い若い茶葉。
二日酔いの時に効きそうだ。何煎かのんでいるうちにまろやかになって、ああ、やっぱりお茶の葉なんだなあとわかるようになる。




IMG_6371.jpg




この茶則、実は桜の木でできているのです。桜の倒木かなにかから磨いて磨いてつるつるの手触り、これもさきほどのギ茶リストさんの作品。実際に使われたが、たくさんたくさん茶葉がはいる。




IMG_6379.jpg




最後のお茶のためのお菓子は、昨年もいただいて感激した嵐山・琴きき茶屋の桜餅。あんこがはいていません、道明寺だけで桜の香りとほんのり甘みと。
他にさらしよし飴(霜柱の大きいやつみたいな)など。




P1110710.jpg




最後にいただくのが高級茶、私の好きな大紅袍、なかでも中国茶師所持だった最高級品の「福建・武夷岩茶・帝皇袍」。
これぞ中国茶!という香りと味。杯に残った香りを聞くのが楽しみで。それはそれはうっとりするよき香りであった。かつては皇帝の飲み物であったとか。なるほど、とうなづける。


お互いにお茶を煎れあったり(煎茶道にとてもよく似ているのだ)、おしゃべりをしたり、中国茶は小さい杯で何回ものみながらおしゃべりできるのがいいな〜と思うのであった。

今宵も美しいお茶時間は終了です。









銀月サロン・(旧暦)新年茶会〜銀月アパートメント - 2017.02.04 Sat

北白川にたたずむ、戦前からあったということ以外建築年も設計者もすべて不明という不思議なアパート・銀月アパートメント。



P1110322.jpg



いろんな映画のロケ地にもなり、特にアーティストたちに人気でいつも部屋は埋まっているという。
レトロな昭和のTHE下宿、という感じの建物。




P1110323.jpg




ここの一室、特に玄関脇の枝垂れ桜が目の前にひろがるという一等地の部屋でときたまひらかれる中国茶教室・銀月サロン。
昨年秋に紅葉の茶会で初めて参加させていただいたが、今回は旧正月にあわせた新年茶会へ。




P1110324.jpg



中国や台湾では太陽暦の正月は地味で、旧暦の正月はかなり賑やかに盛大にお祝いするのだとか。




P1110328.jpg



最初のお茶は、武夷山・大紅袍。烏龍茶の最高峰。

この茶樹の母樹は6株しかなく、国賓クラスでないと採取してはいけないのだそうだ。で、今回の大紅袍はその母樹の孫にあたる茶樹の葉。(クローン技術で作られた)




P1110336.jpg



香り華やかで、やっぱり中国茶の中では一番好き。ザ・中国茶、という感じで。茶杯に残る香りを聞くのもまた楽しい。




P1110331.jpg



二番目のお茶は祁門(キーマン)紅茶。祁門は茶葉のとれる安徽省の地名から。

中国茶で作った紅茶はイギリスなどの紅茶と違って、何煎でもだせるのが特徴。茶葉をクラッシュしていないfull leaf なので、じっくり味が出せるのだそうだ。




P1110332.jpg



キーマンといえば水色(すいしょく)が美しいことで知られるが、ほんとうにルビー色で「紅」茶なんだと納得する。
味は紅茶であって紅茶でない、もっと奥深い豊かな飲み物になっている。




P1110337.jpg




三番目のお茶は台湾・阿里山紅茶。
この茶葉はころころと丸い(兎のフンのような、、、)形状になっている。
祁門紅茶と飲み比べ。どちらも劣らず美味しい。




<P1110340.jpg




ここでお楽しみの点心。銀月サロンは前回もそうだったが、手作り点心がまたおいしいのだ。
今月は、台湾のお雑煮みたいな、というかエビ麺に水餃子、高菜の若菜を添えた葱湯と又焼包。おいしかった!レシピを一応お聞きするが、なかなか自分ちでは作れないものね(^_^;



P1110343.jpg




最後のお茶は生姜の刻みをたっぷり入れた肉桂岩茶。
肉桂はシナモンではなくて、それほどスパイシーな香りがするお茶、と言う意味。それに波照間のきび糖を投入したもの。飲んでしばらくするとのどで生姜が炸裂、体がほかほかとあたたまる。




P1110345.jpg



このお茶の友がまた目からウロコの組み合わせ!
大阪空堀にあるエクチュアのチョコ、フロマージュ&ペッパー。

文字どおりチーズと胡椒のプラリネ入りのチョコ。これがまたお酒でもワインでも飲めそうなタイプの味なんで、近いうち買いに走ろうと思う。




P1110339.jpg




お互いにお茶を煎れあったり、談笑したり、心潤う楽しいひとときであった。




P1110338.jpg




最後に次回の茶会の予約を。
次はこの窓から、満開の枝垂れ桜が正面にみえるはずの桜茶会。大人気なんだそうで、あぶれないように、しっかり予約をとって帰った。春の楽しみがまた増えた。




好日居・茶ノ教室夜会〜クリスマス2016 - 2016.12.25 Sun

今年最後の好日居茶ノ教室夜会はクリスマスがテーマ。



P1110171.jpg



部屋の中になんたる存在感!の、、、やっぱりこれはクリスマスツリーの変形?といっていいのかな。インド・ネパールで使われるシンギングボウル(おりんの大きな物?)と、麻縄の編んだもののコラボ。



P1110132.jpg



すっかりクリスマスの室礼、クリスタルの下に敷いた赤いランナーは、、、なんと博多帯なんだそうで。真っ赤な博多帯はこの歳でしめられるわけないが、そうか、こういう使い方が。


最初のお茶は古樹紅茶、この丸い包み紙が茶葉。



P1110137.jpg



紅茶にしては珍しい緊圧茶みたいに硬くまるまってます。




P1110141.jpg



いれてもらうのは(私も同じ物をもっているところの)小谷真三さんの倉敷ガラスの杯。微妙なゆがみと大きさの違いが実に味がある。う〜ん、、ストロングな紅茶!
中国茶の紅茶は一煎だけでなく、何煎もいれられるのが西洋紅茶とちがうところ。




P1110129.jpg



二煎目をいただきながらつまむ本日の菓子は、、、




P1110144.jpg




季節柄、シュトーレンと抹茶プラリネ、ドライドラゴンフルーツ、そしてスプーンにのったこのすっと口で溶ける仄かな甘さのお菓子は、、、ソーンパプディ。インドのスイーツ。飴をギーといっしょになんども伸ばして糸状にして香料をいれたもので、韓国の街頭で製造販売している「龍の髭」と作り方はいっしょなんだが、おいしさではこちらに軍配があがる。



P1110145.jpg




三煎目からスパイスティーにする。
投入するのはシナモン、クローブ、リンゴ、オレンジ、生姜。




P1110147.jpg



最後に杯に氷砂糖を投入する。ピキーン、ピキーンとグラスの中で氷砂糖が割れるかすかな音がここちよい。

これなら自宅でもできそうだ。生姜も入っているので体がほかほかしてくる。




P1110149.jpg



あ、おもたせの干菓子がでてきた。亀屋良長とSOUSOUのコラボのクリスマス期間限定のかわいい干菓子。




P1110151.jpg



この小さな金平糖みたいなのが金平糖でなくて口でふわっとつぶれる粟みたいなものでおいしい。



P1110140.jpg



次のお茶は老年普洱茶。
プーアールは独特の黴臭がけっこうやみつきになる。赤と緑のクリスマスカラーの杯でいただく。



P1110158.jpg



三煎目でこれもチャイにする。投入するのは生姜にスパイス、ミルク、そしてゴールデンシロップ。サトウキビやテンサイから作られるシュガーシロップでイギリスではどこの家庭にもあるとか。美しい黄金色をしていた。プーアールでチャイ???と最初思ったけれど、全然臭みがなく、最後のあとくちでほのかにプーアールとわかる、、、という複雑なおいしさ。




P1110152.jpg




その間にまわってきた胡桃とくるみ割り。それぞれ1つずつ胡桃をパリンと割る(これがなかなか簡単そうでむつかしい)



P1110154.jpg



そして本日の点心は臘八接心にちなんだ臘八粥。
仏様がさとりをひらいた12月8日(臘月八日)の成道会に振る舞われるナッツたっぷり、栄養たっぷりのお粥です。

今回中にはいっているのは、餅米、紫米、大豆、小豆、栗、粟、蓮の実、生落花生、胡桃、棗、百合根。
これだけでもうお腹一杯の大満足。




P1110157.jpg



最後のお茶は香り高い広東省・鳳凰単叢茶。
香ってよし、飲んでよし、最後に杯の聞香、またよし。私は最後に杯の残香をきくのが一番好き。



さて、これでいったんおひらきになったのですが、、、、いつもご一緒している若い男性が自作の煎茶盤(?)をつくってきたと。で、初お披露目。



P1110160.jpg



きゃ〜!!これはなんだ(◎-◎;)!!

ギターを改造してつくった盤。胴体の穴の所には建水がセットされていて、ネックの上に杯が並ぶよう、フレットを削って作ったんだと!!すばらしい独創性!

自称「さすらいのギ茶リスト」!



P1110172.jpg



、、、、というような、楽しいひとときをみなさんで分け合い、夜もふけてゆく好日居を辞しました。
よいお年を。




好日居・茶ノ教室夜会〜温 2016 - 2016.11.14 Mon

岡崎好日居夜の茶ノ教室今月のテーマは「温」。



P1100975.jpg



おりしもこの日は木枯らしでも吹きそうな肌寒い夜でしたが、好日居の中はアラジンストーブと白熱灯のあたたかい光でぬくもっています。

これは中国茶の茶箱(茶葉をいれる)。中国にもあるんですね。



P1100978.jpg



中は中国茶葉がみっちりはいっています。




P1100980.jpg




チャフーも茶杯もお湯をじゃんじゃん使ってしっかり温めてお茶をいただくために、すのこ状(排水管付き)の点茶台を使って。
この上だと、お湯をこぼしても大丈夫、、、というかこぼすために使われる台。



P1100986.jpg



まずは中国紅茶。
お湯をたっぷり茶杯にかけるとすのこの下から湯気がもわもわ、、、見た目にも「温」です。




P1100987.jpg



普通の紅茶は一煎しかふつうだせませんが、さすがベースが中国茶葉、何煎もいけます。

一煎目はおなじみの紅茶ですが、その後に中国茶の芳香がかくれ、二煎目になるとそれが表に出てくる感じ、三煎目はもはやなじみの紅茶ではなく、上質の烏龍茶のような味と香りでした。



P1100990.jpg



これにあわせる菓子は沖縄の黒糖で作った冬瓜漬け。謝花きっぱん店(橘餅・きっぱん:沖縄の古くから伝承されたお菓子でもうここでしか作っていないとか)のもの。

口に含むと黒糖の豊かな味を甘みを水の中に閉じ込めた、、、といった感じでいっぺんにファンになりました。
(おとりよせ可)



P1100991.jpg



これを茶杯に入れて濃いめの紅茶を投入。混ぜないで飲むと底の方にいくほどほんのり甘みをまして最後にほとびた冬瓜漬けを食べる、、、贅沢なお茶になりました。




P1100983.jpg



次は湖南省黒茶(プーアル茶も黒茶の一つ)のうちの金花茶。緊圧茶なので崩して使います。

金花黒茶は「金花菌」で発酵させたお茶。ちなみにプーアル茶にはこれがありません。



P1100988.jpg



金花菌は調べると、「微生物発酵を促す工程において、自然成長する有益菌で、多種多様な酵素を分泌してお茶にコクと香りを与え、消化促進・整腸作用・ダイエット効果・メタボ予防と漢方薬みたいな効能がある」そうですよ。

味と香りはほとんどプーアル茶に近いです。



P1100993.jpg



本日の点心は蛸薬師のところの創業130年、丸寿の焼き芋!それをアラジンストーブの上で熱々に。



P1100994.jpg



そしてお粥に投入、芋がゆに!




P1100979.jpg



しかもお粥に好みでさらに黒糖、蜂蜜、シナモンなどを加える。



P1100996.jpg



カスタマイズされた美味しいお粥で体はぽかぽか。話もはずみます。




P1100997.jpg



そして時はまさにお火焚きさんの候。京都では毎日どこかでお火焚き祭をしています。新嘗祭が民間に伝わった物ともいわれ、日々使う火に感謝、奉納された火焚き串を一気に焚きあげるのです。

それにつきものの焼みかん(焚き上げの時の副産物)のかわりに焼金柑。ちなみにこの焼みかんを食べると冬に風邪をひかないんだそうです。



P1100998.jpg



そして宝珠の焼き印の熱々のお火焚き饅頭!




P1100999.jpg



新米で作った三角おこしとあわせて、お火焚き三点セット!
(お火焚きさんでおこしも食べるとは知らんかったなあ、、、)




P1110002.jpg



暖かい茶ノ教室、最後に武夷山の芳香がすがすがしい岩茶をいただいてお開きとなりました。

ちなみにこの茶葉は何煎か入れたあとのもの。くしゃくしゃだけれど広げると、やはりちゃんと茶の葉の形なんだなあ。




P1110003.jpg



あたりはとっぷりと暮れて冷えていましたが、暖かいお茶やお粥をたくさんいただいたので、自転車をとばして帰っても寒くなかったですよ。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR