topimage

2017-03

和尚様の雛の茶事 - 2017.03.11 Sat

昨年の秋、みのり茶事にお呼びいただいた日は雨、仲間内で伝説となっている雨笠ならぬプラスチックタライを笠に使えた感激(^_^;はいまも忘れません。(なのでご亭主の和尚様は「タライ・ラマ」の二つ名をお持ちです(?))


このたびは雛の茶事にお招きいただきました。
待合に掛けられた短冊は山本由之の雪を歌ったもの。

ところで山本由之さんってだれ???と思うでしょ。私もしらなかった。
実はあの良寛さんの実弟なのです。まずはここで和尚様の心あたたまるお話を拝聴。

長男である良寛さんが実家をでて出家したものだから、山本家の商いを継ぐことになった弟由之さん。初めは順風満帆だったものの、そのうち家業は傾き一家離散、妻にもさきだたれ自暴自棄、酒に溺れる放蕩の荒れた日々をすごしていました。ある日弟を家によんだ良寛さん、ひとことも責めることなくもてなし、帰り際に兄のわらじの紐をむすんでいた由之さんはなにやら熱い物がしたたってくるのに気づきます。はっと上を見ると兄の目からはらはら涙が、、、。

はっと我に返った由之さん、それからというもの世を捨て庵をむすび、俳人として生きたそうです。兄の愛はかくも大きかった。(、、と、こんなものでしょうか?聞き間違えあるやもしれませんが、、、)

峰の庵の雪景色を歌ったこの歌は、俳人となってからのものでしょうか。
いきなりしんみり。さすが説法はお上手です。


中待合には半泥子の蕨春草萌える図が。

そして、、、、

本席にはその、、その,,良寛さんの消息が〜〜!!

なんて心憎い演出でありましょうか。しかも内容が朝から客がきてお酒をのんでおり云々。
和尚様曰わく、雪=白、春草=緑、お酒を飲んでほんのり赤くなった良寛さんの頬=赤
で、菱餅の色を現したのだそうです。

ヤラレタ〜〜!!


まずは炭手前。藪内独特の霰灰、角のハマグリ、炉中に撒く灰もやはり霰なので、灰匙にあたるとカラコロ音がするのが印象的でした。炭のつぎ方も裏千家と全然理屈が違うのが面白い。
たっぷりとした濡釜も浄林、炉縁が六角ナグリの漆か自然の煤の色、大きな節がとてもよい景色でこれには萌えました。
座掃きも小さい同じ羽根でこまめになんども掃く所作が自流とだいぶん違う。




IMG_5984.jpg



懐石の前に、、、お!鏡割り。小さな樽の蓋は実はマグネットで初めから三つに割れているもの(^∇^)
杵で割って(?)小さな柄杓で白酒をよばれました。お雛様にふさわしい御趣向です。




IMG_5982.jpg



こちらの懐石はいつも美味しいイタリアン、お料理もさることながら、なにせ器がもう次々と眼福物もの。
白酒の次は海上がりの古備前鶴首にはいった日本酒(ワインより日本酒が飲みたいと以前ワガママ言っていましたので。言ってみるもんやな〜)、また備前燗鍋でワインと三種のチャンポン、飲み助にはなんてうれしい!

そして石杯が、、、もう泣かせる泣かせる。
刷毛目の塩笥のぐい飲みサイズ、金繕いあり!ないよ〜、なかなか刷毛目で塩笥でこのサイズ。めちゃかわいくてかわいくて手放したくありませんでしたわ。



IMG_5988.jpg



例によって、みなさんが「油がしみこむのではないか?」とはらはら心配されている古唐津ブイヤベース、今宵もでましたでました。
使う前後に水通ししているから大丈夫、と得意げにピースサインのお茶目な和尚様はおっしゃるけれど、やっぱり太っ腹すぎます。

焦がしたご飯にあさりのスープが、湯斗と湯の子みたいで洋風に解釈するとこうなるのか、のナイスアイデア。

最後にでたシチリアオレンジシャーベットもこんなん使ってええの??の絵唐津でございました。




IMG_5996.jpg



神戸つるやさんの特注菓子をいただいて中立。
お菓子は桃襲とでもいいたい袿をまとったお雛様(o‘∀‘o)*:◦♪


後入りの合図の銅鑼がすごく佳い音色で、さすがお寺様だと余韻を楽しみました。


濃茶席は珍しく長板?と思いましたが、向こうに杓立て、右に水指(しかも懐石でおかわりのパンがはいっていた古伊万里のポット!!)左に茶入、手前に火舎蓋置。珍しい置き方。

実はこれは藪内独特の菱かざりという置き方なのだそうです。
自流なら菱形の水指を使う所ですが、こういうのもありなんですね、お茶って意外と融通無碍なのよ。

軸は森寛斎を初めとする江戸の絵師たち何人かの合作の、墨絵のお雛様、描き表装。


そして、、、、一年ぶりにまた手にすることができました、井戸茶碗・小貫入「八重桜」。(根津の井戸茶碗展に個人蔵ででていたもの)
一年前、和尚様が楽々荘で八重桜に寄せてと題する釜を掛けられたときにこれで濃茶をいただいた感激が蘇ります。

再び我が手の中に〜(ほんの一時にしろ)。
小貫入の名にしおう内側のびっしり細かい貫入、釉薬の小さな盛り上がり、外側の梅花皮は控えめ、どこをとってもええな〜、、、の言葉しかでてきません。
今回おつれした御連客は八重桜と初めてのご対面、皆様、感激の面持ちでありました。は〜、、、+゚。*(*´∀`*)*。゚+




IMG_5997.jpg



八重桜の感激もさめやらぬ薄茶席では楽しいお菓子が。
(あん、振り出しがまた安南v(o゚∀゚o)v)




IMG_5998.jpg



山形県鶴岡市のからからせんべい。振るとからから音がして、中から小さなおもちゃがでてきます。お煎餅も黒糖の味がしっかりしてとても美味しい。



IMG_5999.jpg



私のは瓢箪でしたが、他にも小さな鈴とかダルマとか。そうか、お雛様サイズね。

お菓子の台も薄器もこれぞThe 李朝!、茶碗も三島系、朝鮮陶器の流れをくむ絵唐津、「李朝オタクもしくは李朝ミーハー」にはうれしいセレクションでありました。


そして最後にやっぱり和尚様のあったかいお人柄(コレクションもね!)が心にしみて、感動しつつ、みな、家路につきました。
深く感謝いたします。
合掌



茶友の縁日ミニ茶事 - 2017.02.26 Sun

某お寺さんの近くで、縁日にあわせて毎月茶会をされているお茶友さんとこへ、やっとこさ行けました。
なにしろ超人気なのと曜日が不確定なので私にはハードルがかなり高く、キャンセルまちでなんとか。

会費が2000円とお安いので、点心とお薄くらいかな〜と思っていたら、びっくり!!これで足がでないのかしらん、と心配になるほど、これはもう「茶会」ではなくて「茶事」ですわ(◎-◎;)!

待合の立雛の掛け物を拝見しつつ席入り。ああ、もうお雛様ですねえ。



IMG_5820.jpg



毎月趣向をこらしておられるようですが、今月は四畳半を逆勝手台目使いにされて。
まずは後炭を拝見。

逆勝手で台目、しかも後炭、、、、って今までに一度も見たことありません。まず一般的に見る機会ないでしょう。チャレンジャーです。

そしてお手製の点心が、、、、はんぱなかった!
どれも美味しい中、一子相伝瓢亭卵に遜色のないゆで卵、これにはレシピをついついお聞きしましたわ。
お酒の進むカラスミまでつけていただいて、お酒も燗酒と冷やと二種を堪能。




IMG_5821.jpg




お櫃までだしていただいた銀杏ご飯には銀杏ごろごろ。

昨年の朝茶事で点心を作った経験から言うと、いろいろつめこむ点心の方が種類がいるので、かえって普通の懐石より手間がかかる。なのにすごいわ、と舌をまいたのでありました。




IMG_5822.jpg



中立の前の主菓子は、お善哉、それに糀がのっかっていて一手間かかっています。
器の菓子碗はお寺の市で入手されたものとか。朱塗りがお雛様っぽくて華やか。


中立の後は逆勝手台目で薄茶点前、御趣向のお茶碗で二服ずついただきました。



IMG_5825.jpg



お手製お干菓子がまた感動モノ、ラズベリー味の梅をうめこんだペパーミント味の干琥珀のできがプロ級なのでびっくり(◎-◎;) (私はなんど干琥珀作りに挑戦してどれだけたくさんの砂糖をドブに捨てたことやら)

柑橘のチョコかけに、干し柿の中に百合根餡を仕込んだもの。この日のためにどれだけお手間をかけてくださったのやら。


人気でなかなか予約がとれない理由がよくわかりましたわ。

それにしても、これを始めはってからもう2年、1ヶ月も休むことなく続けることは並大抵ではないと思います。体調管理もしなければならないだろうし、趣向も考えないといけないし、うかうかしていると1ヶ月なんてあっという間です。それはしんどい作業だと思うけれど、同時に楽しい作業でもあると確信します。

以前は奥伝の自主稽古をごいっしょしていました。その後、ご自分の茶をどのように発展させるか、いろいろ考えられて始められたのだなあ、となかなか行くチャンスもなくよそ目に見ていましたが、とてもすてきな居場所、道をご自分で作られたのだなあと感慨深いです。まだまだ現在進行形で形もさらに発展されることと思います。競争率高くて当分は行けそうもありませんが、また季節を変えて参席できたらなあと思います。

そして、まけずに自分の茶も実践していかねば、、と改めて思った次第です。



大火鉢と主客自在の茶事〜宵の紫野・陶々舎 - 2017.01.24 Tue

年末にお招きしたお茶人さんから初釜茶事のお招きがあった。出雲とのご縁の深い方で、ここ、紫野・陶々舎とのご縁も深い。



IMG_5400.jpg




陶々舎(巻末に参考文献?のせました)は大徳寺・孤篷庵に近い、国籍も性別も背景も違う三人のお茶を愛する若者のシェアハウス。昭和初期の建物に一階は電灯のスイッチをぶっちぎって(^◇^;)夜にもなればろうそくの灯りを楽しむ場所。

この3〜4年ほどの間、何回ここにかよわせてもらったやら。お茶だけでなく、能や狂言のパフォーマンスもあればギャラリーにもなり、日本酒の会とか、だれかの誕生日といっては宴会をし、、、今や、年令性別国籍関係なくいろんな人たちが出入りする、茶の湯を核とした梁山泊のようなものに。




IMG_5404.jpg



腰掛け待合いの後にある(実は雨戸の)影向の松は、やはりここにいりびたっている^_^;(Iやん、ゴメン)日本画の若いアーティストの作。能のパフォーマンスのときにはこれを座敷側に向けて鏡板として使うのだ。

露地の灯籠や蹲居、飛び石も軽トラで運んで彼らが自分でつくりあげたもの。
そういえば、ここの露地ができる前、あるじたちが留守なのに藁灰を焼かせてもらったこともあったな。付け焼き刃の煎茶の練習をさせてもらったり、近くにきたらふらりと寄ってお茶よばれたり。(多かったのが宴会で、よう飲んだわ^_^;)

これだけ若い人たちが集まってくるのは、こういう(いわゆる茶道のややこしいしがらみがない)場所がいままでなかったことと、いろんなイベントを試行錯誤でおこない情報発信の努力もおこたらなかったことと、、、なにより三人三様のお茶への深い情熱、自由で独創的なアイデアと実行力あればこそ。
うわさを聞きつけて海外からも旅行客がふらりと立ち寄ったり泊まったりするし、茶の湯関係のビッグネームも立ち寄られるというから、これはほんますごいよ。




IMG_5405.jpg



枝折戸を留める輪っかが手作りの稲藁注連縄。こんなところもニヤリとする。




IMG_5410.jpg



席入り。
この日は夕方になると部屋の中でも吐く息が白い寒さ。酷寒のときに、茶席に手あぶりを置くことはよくあるが、ここでは待合にあった大火鉢をど〜んと茶席に。あったかい!!思わずかかえて手放したくなくなる。

連客は陶々舎のみなさんだが、ご亭主はご挨拶のあとお点前を彼らに任せなさる。客が亭主になったり、亭主が客になったり、変幻自在の茶事のはじまり。ロウソクの幻想的な灯りのもとで、不思議な感覚を味わう。




IMG_5412.jpg



ご亭主(男性)手作りの心づくしの懐石をいただく。昆布の出汁をとるのに1〜2日かけてくださったという。なかでも煮物椀の治部煮が熱々で、具だくさん、なんて美味しい!ああ、こういう煮物椀もありなんだとひとつ学習。

お酒も新潟の雪中梅をご用意くださった。最初冷やでいただいて、あとで熱燗をいただくが、このお酒は冷やでも美味しいが、燗になると香りが立って軽やかになり、何杯でもいけるお酒に変身するのだ。なんて美味しい、、、(*≧∪≦)

主菓子は出雲の三英堂さん(不昧公命名の「山川」「菜種の里」で有名な老舗)の三分咲きの椿の練り切りであったが、これも不昧公による「四ヶ村」の銘がある。



IMG_5413.jpg



中立の時には大火鉢をまた移動。この家では火鉢は貴重な暖房器具。炭を追加すると炎まで上がって、かかえている手がやけどをしそうなくらい熱くなる。炭火は、暗い中で美しく、だれでも飽きず眺めたくなるものだね。

あ、外で屋根から溶け残った雪がおちる音がした。



IMG_5415.jpg



後座。
床の間に一升はいる酒瓶がどん、、、と。

ああ、これは以前ここでの茶事に招かれたとき、日本酒をいれ封をして、酒の口切りやったやつだ(^◇^)
しかも花所望ときたな。

花台にご用意いただいたのはすべて枝物。どれもその枝先に小さな芽吹きが見て取れる。春を感じて、この季節、花よりもうれしい。花をいれる才能はないので申しわけないのだが、大好きな緑の実をつけたアオモジと、あと2種投げいれさせていただいた。



IMG_5418.jpg



よくみると、酒瓶には私の名前の名札がぶらさがっていて、あ、これでボトルキープ(^_^)vだ。

濃茶は、陶々舎の、外つ国から来た美女・Kさんの手によって練られる。
ロウソクの灯りの中で、し〜んとした静寂の中、美しいお点前は粛々とすすむ。その姿は胸にしみて私は忘れないと思う。



IMG_5416.jpg




ここでいろんな人たちと出会い、縁をつなぎ、楽しい時をすごさせてもらった。ご亭主とのご縁もここからはじまった。陶々舎は今年中に発展的解消をする。これからの人生の方が長い人たちだから、どんな風に発展していくのだろうか。既に三人三様の発展の萌芽はある。ここで茶事に招かれるのは、おそらく最後だろうと思うといろんな思いがよみがえり胸に迫るものがある。


ご亭主の選ばれた軸は「白玉無瑕」。まったく傷のない、完全無欠の悟りに到った心のことをいうのであろうか。これを見て「白珪尚可磨」を思い出す。完全無欠な玉でもさらに磨くように努力すべし。もともと完全でも無欠でもないわれわれなら、さらに自分を磨く努力をせねばなるまいな。


吐く息も白い、雪もよいの夜空、なんだかんだで通い慣れた孤篷庵前の道を万感の思いをかみしめつつ帰路につく。さまざまなことに感謝もしながら。




<参考文献(?!)>


暮らす旅舎「京都はお茶でできている」

昨年末出版された京都の、いろんな形のお茶の本。茶目線の京都案内でもあり、実は陶々舎の本でもあるのです。拙ブログにおいで下さる方には絶対興味ある内容になっています。是非ご一読を。


kyoutotea.jpg



粉もん茶事〜楽々荘 - 2016.12.18 Sun

一昨年、ご亭主の55歳の賀の茶事、Go!Go!中途半白茶事では、あまりのお道具に圧倒され、昨年の56歳の賀、根來ごろごろ利休にたずねなくていい茶事でその数寄者ぶりに圧倒された、亀岡楽々荘ご主人の、57歳はそれにかけて粉もんやな、とごろごろの時から言っておられたのですが、とうとう今年、やっぱり粉もん茶事でした〜♪




IMG_4921.jpg



20日以上かけてお茶のご友人をお招きなさる、100人こえるんじゃなかろか。その末席に参席できたこの上ないうれしさ。しかしながらそれゆえここに内容をばらすわけにはいかないのです(^◇^;) ナイショ、ナイショ。

だいたい私より前に参席された方がいろいろアップされているので、これは見ちゃいかん、見ちゃいかんとなるたけスルーする努力を。




IMG_4922.jpg




当日はあいにくの雨、、、、と思いましたが、なんのなんの、雨の茶事ゆえの美しさと楽しさが待っておりました。




IMG_4926.jpg




そう、雨笠。急遽ご用意いただいたようです。
(あ、タライラマ氏のブルーのプラタライもすてきだったですよ^_^;)



IMG_4927.jpg



なにより散り紅葉のしっとり雨に濡れた美しさは、雨でよかった、、、と思わずにはいられません。



IMG_4932.jpg




ご準備いただいた露地下駄もよい景色。

待合の軸はこれはこれしかないと思われる、ご亭主を数寄の修羅道(?)に導いた益田鈍翁の「茶狂」。
(ご亭主は茶狂会という月釜もされている)いやまさに、茶の道にここまで鬼気迫って精進されている方を私は他にしらない。



IMG_4931.jpg



ご亭主の迎え付け。どんな粉もんになるのか期待がふくれあがります。



IMG_4952.jpg


笠で席入り。笠の使い方はほぼマスターしたぞ。


炭出前は小間の其中庵にて。またまた炭道具一式、なんと釜敷(最高〜♪)にいたるまで数寄の道具のオンパレードに最初から感涙を(心の中で)流すのでありました。その中には、海外のお土産物としてもとめられたものなどがあったりして、これがまたスパイスになって良い味出していました。

花の白玉椿に添えられた蝋梅の蕾がかわいらしく、梅に先駆けて咲くあの蝋梅の芳香が脳裡によみがえったよう。




IMG_4940.jpg



広間での懐石は、今年も富山の万惣さん。(今年懐石協会をたちあげはりました)この方の研究熱心さと茶を主ととらえた一歩控えた懐石がすばらしいのです。この懐石の中にいくつかの「粉もん」キーワードがかくれていました。(言えないけど、、、(^◇^;) )ああ、あの焼物の器の迫力!(言えないけど、、、)

石杯はまさんど窯こと、サラリーマン陶芸家、平金さんの井戸のミニチュア版のぐいのみをチョイス。お酒(大阪の秋鹿、めちゃうまし!)


八寸が、、、千鳥が、、、、どういう発端だったのかはさだかでないものの、なぜか懐かしの洋の東西ロック大会になったのは最高に楽しかった。千鳥の時にご亭主にもとめられると普通お謡を披露することが多いし、しかも能楽師のお家の方がいらしたのにも関わらず(!)
そりゃ、私はやっぱりQueen でしょ!でも酔っ払いすぎて「Killer Queen」の歌詞が最後まで歌えなかったのは悔しい。ジャズとか、ちょっと年代が違ってしらない歌も、あとご亭主のEXILEまでもとびだし、大笑いの千鳥とはなりました。(他日サザエさんの替え歌で終わった会もあったそうです)



IMG_4942.jpg




粉もんにちなむ主菓子をいただいて、中立、後座のころにはすっかり暗くなっていました。

再び小間に帰り、燈火のもと、静かに練られる濃茶。
外は夜の雨の音、小間には釜の煮える音、茶筅の音、、、お茶はほんとうに五感の楽しみ、短い時間ながらそれはとても幸福なひとときでした。

ああ、あの濃茶の茶碗ときたら!絶妙のサイズで床におさまるあの軸ときたら!


美術館、博物館級のお道具をもつことは普通の人にはできることではありません。しかし、いくら財産があっても、茶をやらない人にはただの土くれみたいなものにそこまでつぎ込む、というあたり並々ならぬご亭主の覚悟を感じます。(「命かけてる」というのが言葉のあやでなく)



かわって薄茶はなごやかに。
干菓子がまたクスッと笑える御趣向で、これもおおいに受けておりました。


ありがたいことに御連客はほとんど知り合い、という楽しい客組で(ご亭主に感謝)、千鳥も楽しかったし、待合での時間も楽しくおしゃべりがはずみました。ほんに心に残る一座建立、ご亭主のみならず皆様に感謝です。



一客一亭〜乙女の茶事 - 2016.12.13 Tue

乙女の茶事におまねきいただきました。場所も利休さんゆかりの堺にて。しかも一客一亭というぜいたくな。


前日は夜咄の茶事、今日はこの一会のあとダブルヘッダーで夜の一客一亭もこなすという、、、麗しくたおやかな乙女は実はタフな乙女でもあったのです。



IMG_4861.jpg



小学校の頃から通っていた、とおっしゃるお茶の先生のお家をお借りしての茶事、堺のこのあたりは戦災で焼けなかったそうで、このお屋敷も古くて重厚で萌えるツボが満載。

待合の茶室で前茶をいただき、何本も木がうわっている庭の露地をとおりぬけて四畳半の茶室へ。



IMG_4854.jpg



茶室の入り口ではこんなモノもお迎えくださりました。(萌えるわ)



IMG_4865.jpg



お屋敷の中にひっそり隠されている呈の茶室はよく見ると、材や建築技法にさりげなく凝っていて、できれば建築士の解説付きで席入りしたいような茶室でありました。躙り口はなく、貴人口ともいうべき障子戸から入る光はやわらかく変化し、室内は明るくなったり暗くなったり。


ここで子供の頃から自分のお稽古がおわっても居心地がよく、ず〜っと他の人のお稽古を日が暮れるまで見ていたのだそうです。つい頭の中で小学生の時の彼女を想像してしまいました(^_^; お菓子をだされてうきうきしている様子とかも。

そんな先生との出会いが彼女をお茶専門の勉強の道に導いたのでしょう。人生の長さは三倍近く私いってますけれど、茶の道の濃度の濃さでは彼女の方がはるかに先輩なのです。




IMG_4858.jpg



炭手前のあと、懐石の間に火はよく熾って、釜はごうごうと音を立て湯気が渦をまく。この火を見るのが炉の季節の一番の楽しみ。
お手製の懐石、一客一亭は膳をお持ちだしになりますが、水屋人員なしなので給仕もし、料理のアレンジもし、席でのお相伴もし、、、八面六臂とはこのことか(◎-◎;)

ななめ差し向かいでさしつさされつ、かなりのウワバミでいらっしゃるので、石杯と徳利が居酒屋の雰囲気、私も酔い気分でハイテンション、しゃべるわ食べるわまあ忙し楽し。ついに別杯として遊興盃*なるものまで出てきて、お互いに一番でかい盃が当たり、飲むわ飲むわ、さらに重ねる酒の盃 ♪飲めども尽きずくめどもつきせぬ〜〜宴は最高潮、これぞ一客一亭の醍醐味!

(*遊興杯:サイズの違う盃3〜5個がマトリョーシカみたいな入れ子になっていて、サイコロの出た目で決定したサイズの盃で酒を飲む。中には歌を歌う、という目もあるよ)




IMG_4859.jpg



お手製の懐石は煮物椀の蕎麦饅頭がおいしくて。そばがき大好きな私としてはうれしい献立、そうか煮物椀にもできるんだ、と学習。蛸の出汁がよくきいたおでんも冬ならではのごちそう、これも懐石になるし、むしろ一客一亭のときは鍋ごともちだしてとりわけるのがよい感じではないか。

懐石をおいしく頂戴した後はこれもお手製の百合根きんとんの雪餅!




IMG_4867.jpg



中立の後の後座は早くも傾き始めた冬の日でやや暗くなった茶室に燈火をともして。
乙女、かなりお点前豪快です。すがすがしいくらい。

お茶が好きで、お茶に関わる仕事もなさりながら、京都のお茶仲間とあちこちで釜をかけておられる(せんだっての新旧乙女茶会もいっしょにさせていただいた)。

その茶会がお金はかけないけれど手間をかけ、アイデアをもりこむ、かつ正統派の王道勝負の茶会。将来はこんなことをしたいという夢もお持ちなのです。まだ二十代前半の若さゆえ、これから先に無限に広がる時間と可能性がまぶしくってしょうがありません。(ゆく先々まで見とどけるほど長生きはできそうもないのが残念だわ)

まだお若い分数少ないご自分の道具と、先生の道具をバランスよく配置して、堺という町の雰囲気も楽しめる道具組でした。それにしてもいいお道具を、そして最大の茶道具の茶室をこうして使わせてもらえるなんて、どれだけの師弟愛なんだ、とうらやましくもある師弟関係が垣間見られて、これも印象深いご馳走でありました。




IMG_4866.jpg



茶室から出るときにかえり見た畳にできた光の模様の美しさに感動しつつ、乙女との一客一亭の茶事はおわりました。あ〜楽しかった!!

茶を通じてでなければ、娘より若い人とこんなに楽しい時は共有できないと、そう思います。茶の功徳に感謝、そして、これからどんどんいろんな方向に発展していくであろう乙女の未来を、こちらの寿命が続く限り楽しみにしております。








NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (193)
茶事(亭主) (21)
茶事(客) (54)
京のグルメ&カフェ (47)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (29)
京都めぐり2017 (9)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (43)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (16)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR