topimage

2017-10

島原角屋〜秋期鑑賞会 - 2017.10.17 Tue

ご存じ、唯一島原に残る揚屋(料亭のようなもの、ちなみに輪違屋は置屋)建築の雄、角屋である。



DSC01415.jpg




なんとど迫力な総二階総格子!
400年の伝統に圧倒されるわ。
しかし、こんな夜の時間にこのあたりに来たのは初めてである。



DSC01417.jpg



今宵は秋の鑑賞会、太夫の舞と呈茶、一般公開の時には見る事ができなかった二階(これがまたすごいのだ)のガイド付き観賞。

もちろん現在は揚屋としての営業はなく、重要文化財として「角屋もてなしの文化美術館」となっているが、夜、格子の向こうに灯りがはいるとなんだか艶めいてみえるではないか。



DSC01426.jpg




まずは一階の大広間・松の間にて太夫の舞を観賞。




DSC01430.jpg



この扇の形の屏風留め、ちょっと萌える。



DSC01436.jpg



髪は島田髷、総重量いくらになるか見当も付かない簪、笄、櫛。
帯は前に「心」の字結び。蝋燭ではないが、夜にみるとなまめかしさアップだ。

舞は「茶音頭」

舞の中でお茶を点てる所作をするのだが、ちゃんと帛紗もつけて帛紗さばきもする。これが裏千家なのだ。島原は藪内と聞いていたがな。




DSC01441.jpg




ちなみに舞は角屋では京舞・篠塚流が仕切っている。
ここで舞を披露する人は、江戸初期に島原で活躍した流派の八千代太夫にあやかってその名をなのるのだそうだ。(だからこの方はほんとうの太夫さんではないと思う)




DSC01443.jpg




しかしまあ、絢爛豪華な衣裳。
舞妓さんなどとはまた違う華やかさ。ちなみに島原の太夫は当時の客筋、公家や皇族のもてなしもできる正五位の位をもっていたという。




DSC01427.jpg



松の間の前の臥龍の松。三代目らしい。



DSC01428.jpg




その奥に茶室あり。(ここだけはなかなかのぞけないらしい)
手前の茶室が曲木亭、その裏に藪内の清隠斎があるはず。
かつての揚屋建築にはかならず茶室がついていたのだそうだ。ここに集ったのは与謝蕪村などの当時の文化人たち。




DSC01447.jpg




松の間の床の間には岸駒の寒山拾得図。




DSC01449.jpg




ここも意匠がこらされた部屋なのだが、初めて二階へいって、こんなもんどころではない!とビックリしたのだ。残念ながら撮影はできなかったが。




DSC01451.jpg
(松の間の脇床の意匠)



襖が緞子張り(蝋燭の煤で真っ黒だが)の緞子の間、だまし絵みたいに御簾の襖絵に囲まれ一箇所だけほんものの御簾のかかる御簾の間(落掛が紫檀の曲木という贅沢さ!床の間の天井がカーブをえがいているのも斬新)、天井に扇面をちらした扇の間、天井、障子が檜垣紋でしかも障子の桟が削りだした曲線になっているのが印象的な檜垣の間、、、などいずれも夜見るのでさらに当時の雰囲気をよく再現していると思う。




DSC01457.jpg
(引き手はどこも蔦紋。角屋の紋が蔓三蔦紋)



中でも一番すごいな、と思ったのが青貝の間。
黒い漆喰(もとは浅葱色だったそうだが)にはめ込まれた吉祥紋の螺鈿、黒い漆塗の建具にもはめこまれる螺鈿。部屋の向きは南からの陽光をうけてさらに螺鈿が輝く設計だが、むしろ燈下にきらめく様の方が、妖しくて美しいかも知れない。対して天井は煤けた筵状、このコントラストがまたすばらしい。


二階は予約で見ることができるそうなので、百聞は一見にしかず、是非見に行ってほしいわ。




DSC01460.jpg



さて、二十八畳の網代の間でお呈茶。
お運びしてくれるのは袖につけた鈴の音も清々しく麗しい禿さんたち。




DSC01462.jpg




お隣に司太夫さんがお客さんとして来てはったので(もちろん普通のお着物姿)、太夫さんたちのお茶の流儀についてちょっとお伺いする。




DSC01464.jpg




呈茶は表千家。茶音頭の裏千家と、流儀の藪内と、呈茶の表千家が仲良くミックス(^_^;




DSC01468.jpg



お運びの禿さん。



DSC01469.jpg




これがその袖につけて,歩くたびにしゃらしゃら鳴る鈴。
だれがこんなカワイイ仕掛けを考えたのだろうね。




DSC01474.jpg




終了後は一階の調理場、配膳場、帳場などを見てまわる。
なにしろ料亭という扱いなので、料理や配膳は大切な仕事だったのだ。

こちらは3年前に撮った一般公開の時の写真がたくさんあるので、かるく撮影。




DSC01475.jpg




家紋・蔓三蔦紋の透かしのはいった衝立。



DSC01476.jpg



ここがかつて使用人にあふれ活気に満ちていた時代を想像する。




DSC01478.jpg



この蔓三蔦の暖簾は使用人の入り口に置かれた物、なぜか向こうの壁の上に広隆寺の牛祭のお面が、、??



DSC01479.jpg



来客用玄関の景色を楽しみながら、これにて夜の角屋においとましよう。




京都迎賓館〜プレミアム企画「菊花彩る重陽のおもてなし」 - 2017.09.08 Fri

京都御苑の中で京都迎賓館ができてから12年になる。昨年から一般公開もされはじめ、1度は行きたいと思っていたが、今回公開+金剛流宗家による能の観賞と裏千家茶席付きのプレミアム企画ありとのことで応募。




DSC01027.jpg




国賓として迎賓館に招かれたらだいたいこんな感じですよ、、、というイメージの企画だそうだ。

抽選なのでだめかな、と思ったが意外とすんなり当選。会費が1万円と高いので、競争率低かったのかとおもいきや、はずれて二次募集で来た、という方も。




DSC01007.jpg




こちらは一般人ははいれない迎賓館南門。




DSC01013.jpg



こちらが正規の門になる。


地下でけっこうキビシイ本人確認と手荷物・身体検査あり。




DSC01016.jpg




玄関の扉はケヤキの一枚板(写真には写ってないけど)でなかなか見事な木であったのだろうと想像できる。




DSC01018.jpg




10人くらいのグループに分かれて、それぞれガイドさん付き、敷かれたマットからはみだし厳禁の厳しさ。なにせあちらにもこちらにもスタッフがたくさん立っていて、目を光らせている。それぞれとても丁寧な接客(うちら模擬国賓やし)なんだが、宮内庁、人員ちょっとかかえすぎじゃないの?





DSC01019.jpg




メインの晩餐室から眺める中央の池。向こうにみえる橋懸かりは廊橋といって、パブリックとややプライベートな空間とをつなぐ。

ここは佐野藤右衛門棟梁らによって作庭されたとか。左手の石柱は天正17年、秀吉の時代の五条橋(だったか)の橋桁なんだそうだ。簾の使い方が効果的。





DSC01035.jpg




メイン晩餐室「藤の間」

名前の由来は正面の川島織物の大作綴れ織りの紋様。



DSC01063.jpg




絨毯は、その藤の花びらが散った様子をあらわすとか。

とにかくここの迎賓館は日本の伝統的工芸をこれでもかとつぎ込んだ調度が見たくてきたようなもの、中でも一番見たかったのがこれ!





DSC01034.jpg




この左手の舞台の扉、先日お邪魔した截金の人間国宝、故・江里佐代子さんの截金の大作「響流光韻(こおるこういん)」





DSC01024.jpg




八枚の板にどれだけの時間と集中力を要したのだろう、、、と想像を絶する緻密な截金。




DSC01031.jpg




この前にすわって待っていると、この八枚扉が音もなく前後左右に開いて(敷居がない、上から吊っている)金剛流宗家の「枕慈童(観世では菊慈童)」の舞台が!

つい最近、観世流で多少節回しが違うが仕舞を習っていたところなので、最後のキリの軽快な部分、ついいっしょにくちずさんでしまった。この時期演じられることが多い枕慈童、こういう形でこういうところで拝見できるなんて贅沢!(抽選にあたってほんまヨカッタ)





DSC01028.jpg




見ていると目がちらちらしそうな幾何学的な天井の照明。




DSC01065.jpg




釘隠は金工で「絆」をあらわすとか。




DSC01067.jpg




几帳にも藤の花の京繍、これは江里佐代子さんのご実家のご家業、彼女のご実弟の作品であった。





DSC01060.jpg




晩餐会のイメージ。椅子の布も西陣?織。このような丸テーブルを使うと120人収容できるらしい。




DSC01061.jpg




食器、カトラリーもそこはやはり日本がほこるメーカーの製品ね。





DSC01045.jpg




中の池の景色。ぱっと見、どこかのお寺の庭園のようにも見え、正面の建物は茶室のようにも見える。錦鯉がたくさん。生まれたばかりの小さな錦鯉の稚魚もいたが、これを狙って鳥がくるらしいよ。





DSC01052.jpg




廊橋をわたる。
天井は船底。




DSC01049.jpg




船底天井の四隅にそれぞれトンボ、コオロギ、蝶、キリギリスの虫の透かし彫り。





DSC01050.jpg




虫の音を美しいと聞き、愛でるのは日本人だけらしいから、(他国では騒音なんだそうな)そこらへんをアピールか。




DSC01076.jpg 




ここは「桐の間」。和の晩餐室。

調度に桐の紋様がこれでもかと。
招かれるのは外国の賓客だから、さすがに足元は掘りごたつ形式。長さ12mの漆塗のテーブルはさすがに一枚板ではないようで。



DSC01079.jpg




それぞれの座椅子の背もたれの後は漆塗の中に五七の桐の紋様。金と銀で少しずつ変えて描かれ、どれ一つとして同じ物はないのだそうだ。脇息の桐の透かし彫りもチェック!




DSC01081.jpg



釘隠も桐なら、、、、




DSC01082.jpg




唐紙も当然桐よね。



DSC01098.jpg




こちらの欄間も江里さんの截金作品。表と裏で「日月」、これは月の面。




DSC01075.jpg 




ここは桐の間の裏にある和食の厨房。どんな料理がつくられるのかな。




DSC01088.jpg




ナグリの広縁。


奥にとっておきのセミプライベート空間、「瀧の間」があって、ここがもてなされるのに最高の舞台であると思ったが、さすがに撮影禁止であった。

22畳の座敷に目の前の葦戸をすかして見事な瀧が見えるのだ。障子のむこうのサッシをあけると瀧の音もすがすがしい。瀧を構成するのがまた見事な巨石、瀬戸内海の島で切り出されたものから、大阪城の残念石(大阪城の石垣に選ばれながら結局使われなかった石)まで。
扇透かしの欄間のある付書院も。

夏だから葦戸であって、冬には障子になるのだろうけれど、やはり瀧は夏の室礼が似合う。




DSC01101.jpg




さきほどの桐の間には芸舞妓が踊りを披露する舞台もあって、ここの畳は真ん中に筋がほのかにはいる中継ぎ畳、上等なイ草を真ん中で継ぐ高級品。




DSC01104.jpg




池のはしにもやってあるのは船大工が作った和舟。外国の賓客をこれに乗せて池を何周かするらしい。一番最初に乗らはったのがブータンの王様ご夫婦の新婚旅行だったのだそうだ。





DSC01105.jpg




作者名までチェックしきれないが、照明もあちこちこだわり。




DSC01110.jpg




ケヤキの床だが、外国の賓客はここを土足、ハイヒールでも歩くそうで、傷つきそうだが、特殊な樹脂でカバーしているのだとか。しかし、大丈夫か?




DSC01111.jpg




最後に茶席に案内されるまで、待っていたのが「聚楽の間」
お付きの人の待合にもなるという。ファブリックはもちろん西陣織り、椅子やテーブルにほどこされた繊細な竹の編み細工は竹工芸人間国宝の早川尚古斎の作品





DSC01114.jpg




こちら釘隠は千代結び。
国際外交の場であるからには友好は大切なんだが、どうも最近世界の動向がきな臭い。絆も結びもなかなかむつかしい世の中。



DSC01124.jpg




最後に立礼席となったのは「夕映えの間」

左手の綴れ織りは、東の比叡山で「比叡月映」



DSC01123.jpg



反対側が夕映えの間の由来となった西の愛宕山、「愛宕夕照」




DSC01128.jpg




お菓子はやはり着せ綿よね。



DSC01131.jpg




業躰のなかでも偉いさんの倉斗先生のご説明つき。これもまた贅沢。
たまたま次客になったので、お点前の方に点ててもらって得した気分。

これも外国の賓客相手だから、やはり立礼にするしかないのだろうが、和室の数寄屋の茶室もできたらデモンストレーションに作ってほしかったわ。




DSC01133.jpg




お手本のような鶴首竹花入のムクゲ、ワレモコウ、紫のは何だっけ??


かくの如く、プレミアム企画、やはりプレミアムだった。また季節を変えて開催されるのなら是非行きたい。抽選また当たればいいがな〜。







花山天文台〜京都大学大学院理学研究科附属天文台 - 2017.09.03 Sun


今年の夏の特別公開になんと!花山(かざん・もしくは・かさん)天文台が!!
学生の時、教養部の授業で行った時以来だから半世紀、、、とはいわないが(^_^; それに近い年月がたったのだなあ。




DSC00957.jpg




当時貸し切りバスで行ったから、以来なんとなくもっと遠い場所にあるような気がしていたが、実は家から車で10分ほどのお膝元にあったんだ、、、(◎-◎;)




DSC00960.jpg




場所は東山ドライブウェイの途中。(ドライブウェイというけどたいしたドライブウェイとちゃうよ、ただの山道、、、(^_^;)
入り口から歩くこと約5分。





DSC00962.jpg





とちゅう、眼下の町並みの眺めや東山の稜線を楽しみながら。





DSC00964.jpg 




着いた〜!!




DSC00966.jpg




入り口のプレート、でもこれは新しい物。
オリジナルは、、、、、




DSC00991.jpg




ぐっと渋いわね。これは歴史館に展示されている。

University of Kyoto が Kyoto University に変わっているところに時代を感じる。ちなみに創建は昭和4年(1929年)

京都帝国大学ができたころは大学内、北白川にあったそうだが、市電の開通など環境の変化で山科の、ここへ新しく建てられたのだそうだ。




DSC00969.jpg




山科だから、現在は星なんかそんなに見えまいと思うが、一応現役の天文台である。ちなみに1968年に最先端の観測施設は飛騨の天文台に移ったため、ここは主に教育活動や教育普及活動がおこなわれていて、定期的に学校実習などで使われているらしいが、一般への公開ははじめて。




DSC00971.jpg




おおお〜〜!!


天井見上げてちょっと感動。
口径45cm屈折式天体望遠鏡。
(ちなみに世界には1mを越える屈折望遠鏡もあるらしいし、ハッブル宇宙望遠鏡なんて宇宙に浮いている望遠鏡もあるけれど)




DSC00976.jpg




一般公開の間は閉じてる天井の窓。
ドーム天井の曲線が美しいわ。




DSC00981.jpg




この望遠鏡をのぞくにはこの階段を登る。ここに登った記憶だけがわずかに残ってるなあ、ウン十年前、、、、




DSC00978.jpg




3代目館長の宮本博士は、この望遠鏡を何時間も何時間も眺めて火星の表面の変化を描いたそうだ。気の遠くなるような作業。でも天文物理学をする人には苦じゃないのよね。相手が時間のスケールがまったくちがうものだけに。




DSC00982.jpg




これはガイドのおじさま。
手に持っているロープは手動で望遠鏡を動かすときのもの!レトロや!

自動で動くときは重力駆動型日周追尾装置、、、というか、滑車につるした重りで動くらしい。これもけっこうレトロ。




DSC00984.jpg




ドームを囲むバルコニーからはやはりいい景色。右手の山は最初天文台の移築先の候補でもあった吉田山。風がつよく、もう秋の気配。トンボがたくさん飛んでいる。






DSC00987.jpg




京大理学部の物理といえばノーベル賞受賞者を何人も出しているが最近はどうなのだろう。その京大学派が光り輝いた時代のよき香りがする花山天文台。秋空によく映える。





DSC00989.jpg




このちょっと西部劇にでてきそうな建物は旧子午線館、現在は歴史館として当時の観察機器を展示している。





DSC00990.jpg




売りは河島英五のアルバムのジャケットらしい(^_^;





DSC00995.jpg




ちなみにこれが子午線を正確に示す子午儀、天体観測をするのに正確な時間が必要だったために天文台開設時から作られた施設なのだ。この窓からまっすぐどこまでも行けば北極点にたどり着く、、はず。





DSC00963.jpg




帰り路、あちこちに咲く野生の山百合。楚々としていいなあ。昔住んでた宝塚の庭には、鳥の糞かなにかで自生した山百合がたくさん咲いてありがたかったなあ。




DSC01003.jpg 




最後に平日分だけだが地下鉄東山駅から天文台への無料シャトルバスの時刻表を載せときます。少ないから乗り遅れないようにね。東山ドライブウェイは歩いておりるのは非常に危険だし。

9月30日までの一般公開です。




大原晩夏〜グランピエ夏祭り2017 - 2017.08.31 Thu

大原にグランピエさんが持っている古民家、現在は倉庫としてお使いですが、夏にストック品の特売をこちらでしはります。



IMG_8600.jpg 




場所は大原、三千院よりもゴルフ場よりもさらに北、途中トンネルの手前、ちょっと不便な場所だし、トイレも仮設というところがかえって良い感じ。




IMG_8602.jpg





グランピエさんは鹿ヶ谷山荘といい、この大原の古民家といい、ほっておけば壊されるだけ、というようなよい建物を所有、維持しておられる。ありがたいことだ。





IMG_8605.jpg




今年も河原町のスペインバルsesamoさんが出張で。
掘り出し物をさがす前にまず腹ごしらえを。





IMG_8604.jpg




ちょっと出足がおそかったか、あまり残っていないけれど、、、、、




IMG_8609.jpg




かろうじてパエージャと鶏肉炭火焼き!
ビールが飲めぬのが残念。(車なんで、、、)
今年もジプシールンバのコモエスタヌキさんのギター弾き語りを聴きながら食す。
大原は北とはいえけっこう暑い日である。




IMG_8612.jpg




しかし、いったん古民家の中へ入ると涼しく、そして妖しいインドとかパキスタンあたりのワールドがひろがる。私は主にここではファブリックをあさる。インド更紗とか、パキスタン更紗とか値段もピンキリだが、値札の半分というのもありうれしい。




IMG_8614.jpg




なにに使うのか、よくわからないものも多く、どう使うか(特に茶会)想像力をフル稼働させてうろうろ。大きな家具系もあり、車に積み込んで帰ってはる人もいた。お店のディスプレーにはよいかな。インドのチャイを飲みたくなるようなカラフルな琺瑯ポットもかわいかったな。




IMG_8616.jpg





いや、おねえさん、こんにちわ(^_^;
さすがにこれは茶会ではむつかしかろう、、、、




IMG_8621.jpg




昨年はジュートのストールとガラスのランプシェードを買ったな、、、と思い出しつつ、今年はパキスタンの印判更紗、一部小さな破れがあるので破格のお値段、とトルコのランプ。電気系統は日本仕様、豆球で光るが、蝋燭カップにかえてもいけそう。屋外の夜咄に。





IMG_8617.jpg




そして今年もかえりに大原JAプロデュース、旬菜市場へ。




IMG_8618.jpg




ここではオクラの花とかけっこう珍しい物が手に入る。




IMG_8620.jpg





今回はそうめん南京をゲット。(右の瓜みたいなの)
これ「深夜食堂」でみて、いちど試したかったんだ。ゆでて指で実をほぐすと素麺みたいに繊維がぽろぽろほぐれる不思議な食べ物。
おつゆのタネと酢の物にして食べた。しゃきしゃきおもしろい食感。味はほとんどないのでいかようにも味付けできそう。





IMG_8619.jpg




ここのヒマワリもすっかり種ができて、いよいよ夏も暮れていくなあ。




旅に出ます、、、、の、その前に恒例の六道参り - 2017.08.08 Tue


IMG_8331.jpg




お盆になりました。

東山の六道参り。




P1120919.jpg




ここらへん六道の辻、あの世への道があるとかないとか。

町名ももともと髑髏町(どくろちょう)、縁起悪いので無理矢理なまって轆轤町(ろくろちょう)




P1120921.jpg




だから幽霊飴なんてのもお似合いの町なんです。




P1120922.jpg




まずめざすは西福寺


昨年こちらでいただいた祈願銭をお返しに。




P1120924.jpg




祈願が叶えばお返しするのだが、願いは限りなく、叶った願いもあれば叶わなかった願いも。

だから生きている限りエンドレスに祈願銭を毎年返しては新たにもらう。




IMG_8329.jpg



こちら壇林皇后九相図(死んでから腐敗し骨になり霧消してしまうまでの屍体の様子を描いた物、けっこうえぐい)を拝見できるのを楽しみに。

今年は冥土の十王図も。

夕方に絵解きがあったがいまでもやっておられるのかな。



P1120932.jpg




六道珍皇寺は大賑わい

うちはまだ最近お見送りした人は猫しかいないので、お参りするだけ。

先祖の墓は京都にはないしね。(水ほど薄い縁戚ならいるんだけど^_^;)


恒例の熊野観心十界図も拝む。


先日三井記念の「地獄絵ワンダーランド」展でそういえばたくさん出てたわ。

中世から近世、信仰の普及拡大に努めた「熊野比丘尼」と呼ばれる女性の宗教者が民衆に教えをひろめるために携帯したのがこの図だった、、、と初めて知った。




P1120931.jpg



それでも手をあわせる。


供養される側にまわるまで、生かされている、それだけですべてよし。




P1120933.jpg




無事持ち帰った祈願銭。


今年はどんな願いをかけようか。たくさんありすぎていかんわ。(欲張り)




P1120936.jpg




帰りに下鴨までとんで川口美術さんで開催中の韓国古陶磁探求陶人展へ。

いずれも高麗系テイストの若手作家さんのグループ展。


徳島の中西申幸さんの鳥の絵の器を。


この鳥のように飛んでしばらく旅にでます。


ちょっとしばらくアップお休みです。


皆様もよい夏休みを!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (212)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR