fc2ブログ
topimage

2024-04

淡路島にて遠征?茶会 - 2023.10.28 Sat



IMG_0020_202310222157457e5.jpeg


海を越えて(国内だけど(^_^;)遠征茶会、クーペ型の車にこれ全部のるんやろか、、、と心配するもなんとか積み込んで、お菓子を受け取って青竹もつみこんで出発!


IMG_0033_20231022215748333.jpeg


海を渡ったところでランチ休憩。よき眺めを見ながら、お茶って楽しいの?苦行なの?って考える。(楽しいだけじゃ続かないとは思うよ)


IMG_0042_20231022215750f13.jpeg


京都から2時間ちょっとドライブしてようやくたどりつく師匠のお寺。毎年されている開山忌茶会の亭主なのである。

朝早いから前泊するけど用意だけはしておかねば。
道具を広げた後は一番の難問の灰型。、、、まあこのくらいにしといたるわ(^_^;


IMG_0036_202310222157488f1.jpeg


干菓子の箱をあけて思わずゲッ!と行ってしまった。有平糖のスズメも大群だとなんか変なものに見える(^_^;

はるばる京都からバスでかけつけてくれた水屋さんと合流、打ち合わせ、準備、特に濃茶薄茶を漉しておく。前日の夜はちょっと離れたホテルに一泊、晩ご飯は師匠おすすめの海の幸いっぱいの飯屋さんで。


IMG_0064_202310222157553ae.jpeg


翌朝、いよいよお客様を迎える。濃茶+続き薄で5席!がんばろう。
月にまつわるご宸翰、その女院の名物裂(写し)、竹取物語で翁が見つけた光る竹、、、のイメージで竹材店に誂えてもらった竹の花入れ。(これもってくるのが一番大変だった)



IMG_0085_20231022215804bd9.jpeg



10月に青々とした竹もないけれど、枯れた竹だとかぐや姫も老けちゃいそうなので、やっぱりこれくらい青くないと。花は半分が我が家の庭から。白い秋海棠は師匠のお母上からいただいて、京都で繁殖させた花、里帰りである。もう11月からは椿がメインになるから今のうちに残花を盛り盛り。
落としはいれずそのまま竹の節に水をいれたが、この竹は太くてりっぱなのでかなりの水が必要だった。


IMG_0071_20231022215755581.jpeg


かぐや姫の、あるいは院と女院の乗り物であっただろう御所車の香合。


IMG_0084_202310222158015ea.jpeg


主菓子は青洋さんに「蓬莱の珠、もしくは満月のイメージで」とお願いしたもの。
蓬莱の珠はかぐや姫が車持皇子に出した難題の一つ、ニセモノを持っていって見事ふられてしまうかわいそうな皇子。


IMG_0075_20231022215757e69.jpeg


濃茶は高麗茶碗でそろえたので、うちにあるほぼ全部の古帛紗持ち出し。
水屋の点てだしも頑張って練ってもらってタイミング良く。
藤村庸軒、その娘婿の久須美疎安(最近庸軒がマイブーム)がらみのお道具をだしたが、知っている人は宗旦四天王としてご存じだし、そうでない方には???なラインナップ(^_^;
とりあえず茶杓の銘が「おきな」、竹取の翁にかけて。それから疎安は「茶話指集」の著者で、、、と、ここまでくるとオタクの世界。


IMG_0078_20231022215758b62.jpeg


尊敬する兵庫の先生にご宸翰の拝見の作法を逆におそわる。知らなかったわ。(懐紙で口をかくして下がって拝見する)玄関に奉書紙を敷いてあるだけでそこまでとっさにおできになるとは!さすが。
打てば響く会話ができるお正客さまはほんまありがたい。いつまでもしゃべってしまいそうになるが、、、(^_^;


IMG_0083.jpeg


続き薄のお干菓子はさきほどのスズメと落雁の稲穂+鳴子。もう稲刈りはほぼ終わっていて少し遅かりしだったが。


IMG_0087.jpeg


女院によせて、それにまつわる宗旦好みの紅茶巾を薄茶で使う。(三五夜さんから拝領)
口紅がついても目立たないように宗旦が考案したとか。
薄茶の茶碗はほぼ和物でそろえる。どうしてもテイストが地味なんばっかりだけど。


IMG_0076_20231022215757390.jpeg


二人の水屋さん八面六臂の活躍、紙コップに濃茶を計量して入れておく。これも各服点て時代ならではの苦労。途中であまりの慌ただしさに師匠ご夫妻までお手伝いくださった。なんという手際のよさ!

5席目の途中から同時に片付けにもはいる。息つく間もないが、楽しかったと言っていただけるのが励みでなんとかお開きまでこぎ着ける。荷物を翌朝ピックアップすればよいだけにして(これも大変な作業、、、)もう一泊、宿へ帰る。



IMG_0058_20231022215752166.jpeg


空には三日月を少し越えた月、このあたりは町の灯りもなく、空も美しかった。
疲れた、、、まあ、苦行やね、これは。でもその苦労こそが後に記憶に残るよい思い出になるのを知っている。

良い時間をシェアしてくださったお客様、がんばった水屋さん、師匠ご夫妻、いろいろ差し入れをくださったお母上、皆様に感謝申し上げる。





高麗・李朝偏愛茶席〜上京区・妙覚寺〜なごみ青嵐茶会 - 2023.06.02 Fri



IMG_5113_202305302211340ec.jpeg


不審菴、今日庵にもほど近い場所にある日蓮宗古刹妙覚寺、信長の京都の定宿でもあったお寺さんでこのたび御縁あって茶会を。


IMG_5120_20230530221141fd6.jpeg


方丈の前のこのしたたる緑、苔もなんと美しい!ほとんど水やりをしてないとご住職はおっしゃっていたが、それでこんなに苔が美しいのか!とわが庭の苔のメンテに苦労している私は思うのであった、、、


IMG_4212.jpeg


お世話になっているY様(一年に1回のなごみ茶会主催〜いつもは東京、今年だけ京都)がここで茶会を開くにあたって、二席中一席はどうか?とお声がけいただき、下見に来たのであるが、お寺のどの部屋を使ってもらってもOKというお寺さんの太っ腹。
私はこの風の吹き抜ける玄関の座敷が一目で気に入った。



IMG_5139_2023053022121726a.jpeg


しかも円相窓があって、ここにも美しい苔とお寺の庭から発掘?されたという大黒さん、これを背景にお茶を点てたい!と思ったのであった。


IMG_5051_20230530221133ed0.jpeg


準備として前日にもうお手の物となった(釜を釣る)竹の三脚を作る。青竹はいつもの植木屋さんにお世話になる。


IMG_5126_202305302212099e0.jpeg


かくして点前座完成。
軸は白隠の遠羅天釜の釣り釜の画讃なので、その釣り釜を借りてきました、、、という妄想的室礼にて。
舟板にのせたのは李朝鉄火鉢、井戸水指、、高麗・李朝偏愛茶席の始まり。


IMG_5115.jpeg


開け放った玄関にはアンティークチョガッポ(朝鮮のパッチワークの風呂敷 裏にも表にも縫い目が出ない手間のかかった手芸)を。これは4月にうかがった唐津旧大島邸茶会のM師の室礼にアイデアをいただき。(M師は李朝愛にあふれているこの道?のご先達)


IMG_5119_20230530221139547.jpeg


Y様の席はこの縁側、庭園の緑を掛け軸に、というご趣向、ここに座ってお茶をのんだらさぞ美味しいだろうなあ、、、と思いつつも、10席約140名のお客様に自席のことでせいいっぱい、のぞくこともかなわなかったのが悔やまれる。


IMG_5118_2023053022113702a.jpeg


さて、自席
李朝と高麗ものを限りなく愛する故に暴走する私をだれも止められない(^_^; 中には興味のないお客様もおられたと思うが強引に押しつけてゴメンね。



IMG_5124_20230530221206832.jpeg


花入は高麗青磁〜三島過渡期の徳利、ちょっとかしいでいるところがむちゃ好み。朝鮮の卓であるソバン(小盤)にのせて。


IMG_5125_20230530221209cef.jpeg


花はこのお寺の近くの花・谷中さんで前日もとめた、釣り鐘鉄線と木イチゴの葉。


IMG_5130_20230530221211693.jpeg


煙草盆は李朝の硯箱の懸けごを利用、なにげに紛らした伊藤明美さんのくみ出しを火入れにしたが、みなさんホンモノの狂言袴と思ってくれたみたい(*^_^*)灰吹きは李朝の煙管やすめ。
(火入れの灰型は、本当はお客さんできてくれた茶友さんがお手伝いしてくれて作ってくれた。ありがと〜)


IMG_5024_20230530221131984.jpeg


これが今回の秀逸、お菓子である。
今回初めてやなぎのにわ京菓子店さんにお願いした。意匠を考えるときに「トクサル(韓国の餅型)の文様をうつすのも面白いですね。」のご提案をいただき、ちょうどトクサルを蓋置に使う予定だったので食いつく。右上がそのトクサル。これは試作品をいただいた時の物。

(*ちなみにやなぎのにわさんは店舗はありません。毎月25日天神市の日に上七軒でサロン開催中)



IMG_5135_202305302212140a0.jpeg


李朝白磁の祭器に盛ったところ。餡を漉し餡から白あんに変えてもらって、スダチを練り込んでもらった。爽やかで美味しい〜♪

最初にお菓子をだして、この模様がなにか当ててくださいと出題、最後に答えあわせ。蓋置はかくれているから正解者はゼロ。まあ、ちょっと難しいよね。


IMG_5144_20230530221218f54.jpeg


李朝の四角足付き盆にのせたのは近左の独楽香合。
なぜ独楽香合を使ったでしょう?これも出題。

高麗は昔<こまの国>と呼ばれていたから。これは正解者1名!さすがの才女、M女史でありました。

(雅楽で右方になる朝鮮系の楽舞は高麗楽=こま楽とよばれている)



IMG_5133.jpeg


茶碗は7碗、高麗茶碗をそろえた。(あとは数茶碗でごめんね)
一番の目玉はほとんどお皿!の来賓三島、あと高麗青磁〜粉青沙器〜李朝白磁への歴史を熱く語ってしまった。ご迷惑だったかも、、、(^_^;

今回Y様チームの横浜のお茶人さんとそのお弟子さん、チームの方々に水屋をまわしてもらった。初めてのチームなのに意思疎通がスムーズ、おかげでお茶点てとしゃべりに集中でき、バックをまかせられるってほんとうにありがたいとしみじみ。(手が足りず大変だったことと、、、)


IMG_5142_2023053022260267f.jpeg


10席終えて、ほっと庭の緑に癒やされる、、、(そのあとに地獄の撤収作業、、)

こんな機会をあたえてくださり感謝、そしてお客様、水屋の方々、ありがとうございました。
楽しゅうございました。(翌日仕事で半分死んでました、、、(^_^;)




大覚寺舟遊び茶会again〜5年ぶり - 2023.04.12 Wed

大覚寺望雲亭にて舟遊び茶会をしたのはなんと5年も前!だった。あれは秋だったので、大沢池畔の桜がきれいと聞いて、今度は春にしよう、と計画してお客さん募集までしたのが3年前、あえなくコロナで中止に追い込まれた。


IMG_3438.jpeg


そう、あれから3年、満を持して?ようやく開催の運びとなった。


IMG_3430.jpeg


望雲亭は小間、広間いくつか、八畳のお稽古用茶席3席(多分)を擁する眺望抜群のお茶の施設で、月釜も隔月ひらかれているのだが、せっかく整備した小間を使う人がいなくて、5年前、光栄にも私にお声がけいただき初使いさせていただいた。


IMG_3484_20230410231317d70.jpeg


今回は前と少し趣向を変えて

小間→濃茶
舟上→薄茶
大広間→煎茶   +持ち帰り点心


IMG_3486_2023041023122204b.jpeg


待合の広間はこの大沢池を見るベストポジション(宝塔が池越しに見える)、ここを待合に。
諫山宝樹画伯(売り出し中の日本画家お友達♪)に描いてもらった謡曲「桜川」の名場面を掛け物に。(桜川でシテが網で桜の花びらをすくっているところ)


IMG_3379.jpeg


<謡曲桜川>
日向国の貧しい母子、母を楽させようと子供の桜子は人買いに自分の身を売る。それを知った母は貧しくとも我が子なしで、どうしてしあわせになれようか、と半狂乱で子供を探してたずね歩く。遙か故郷遠く、常陸の国の桜川のほとり、おりしも桜の花びらが川にうかぶ。それを母は網ですくうが、「この桜は木の花、わがさがす桜子ではない 恋しい」と狂ってみせる。その噂を聞いてやってきた僧侶とその稚児(実は桜子)、そこで母子と気づいた僧侶により親子は再会をはたし、ふたりして日向国へ帰っていく。



IMG_3403.jpeg


またその下に華籠、5年前も使った藤原公任の百人一首の札
「瀧の音は絶えて久しくなりぬれど なこそ流れてなほ聞こえけれ」

名古曽の瀧はこの大沢池の畔にあった嵯峨院の遺構、今は跡しかないが、公任の頃はすでに枯れていたのでこの歌が。(ちなみに大沢池も瀧も嵯峨院が作った人工のものであります)


IMG_3414_202304102314113af.jpeg


待合から小間の濃茶席へ。


IMG_3451.jpeg


この望雲亭を整備し、大覚寺との御縁をむすんでくれて、この日は舟の船頭もしてくれた植木屋さんが、蹲居に一輪の椿を投げ込んでくれた。これだけではっとする景色になる不思議。


IMG_3407.jpeg


船底天井の小間(二畳台目向切+相伴席二畳)は障子を開け放つと目の前に大沢池と薄茶席の舟が見える。茶室自体が池にこぎ出す舟のよう。障子を閉め切った濃茶席のあと、障子を開放するとぱあ〜っと広がるこの景色にみなさん歓声をあげてくださった。(私の手柄ではないが(^_^;)

しかし、この小間、前回私が使って以来ほぼ使われていないとかで、炉壇の灰が石みたいにカチカチになっていて(゚Д゚)。皆さん、使って茶会されませんか?(^_^;


IMG_3422.jpeg


軸は江月の「虗(虚の異体字)」に松花堂の舟の絵で「虗舟=空の舟のように、とらわれることのない心」
下に桜川の桜を模した水盤。ほんとうは大沢池の桜を花に見立てたかったのだが、残念ながら桜〜〜葉っぱになってもうありません、、、(^_^;


IMG_3409.jpeg


これも5年前に使った櫂の香合(岩渕祐二作)、練香には使えないが、ここで使わねばいつ使う?とひっぱりだす。下の古帛紗は有栖川文様、大覚寺を流れる川が有栖川で、煎茶席の大広間にある椅子とテーブルセットは有栖川宮下賜のものゆえ。


IMG_3418_20230410231408213.jpeg


脇床の柄香炉にいれたもう一枚の百人一首は陽成院
「つくばねのみねよりおつるみなのがわ 恋ぞつもりてふちとなりぬる」

みなのがわ(男女ノ川)は筑波の国の桜川の支流、まさに謡曲の舞台なので。

茶杓が名古曽の瀧にちなんで銘を「瀧の音」。瀧の音は絶えてひさしくなりぬれど、、、


IMG_3469_20230410231320cf5.jpeg


向切点前は普段しないので、前夜付け焼き刃で練習したが、一席目はボロボロであった(T-T)
しゃべりも安定せず、ごめんなさい〜〜。
ここの小間は洞庫(水屋に通じる)があって、ほんとうに洞庫って便利!と実感した次第。


IMG_3467_20230410231323a04.jpeg


お菓子は和菓子店青洋さんと相談して流れる水のイメージで作ってもらった、ういろうと桜餡のお菓子。「桜川」という銘にした。菓子器は李朝白磁。


IMG_3490.jpeg


小間から舟へ。
お見送りの水屋。


IMG_3450_2023041023133221e.jpeg


これは朝の試運転の時の写真
桜がちらほらかすかに残る景色、この日が雨にならぬことをどれだけ前から祈っていたことか!
前日の荷物搬入は土砂降りだったし、、、


IMG_3452.jpeg



朝方曇ってはいたが、なんとか雨にはならず。しかし、全部で五席であったが、そのうち一席は濃茶の最中に大ぶりの驟雨、どないなるか舟はあきらめか、と点前しながら心で葛藤、舟にのりにお客さん来てるし、、、



IMG_3456_20230410231327e3a.jpeg


そこは水屋の連係プレーで先に煎茶席にはいってもらい、雨が通り過ぎた後、なんとか乗舟してもらうことができた。信頼できるバックがいるってほんとうに心強いものだなあと感謝。


IMG_3535_2023041023120593a.jpeg


その後も小雨がふったり晴れたり落ち着かない天気だったが、後半強風が雨雲をふきとばしてくれて青空が見える。やはり水面の景色は晴れの時に美しい。


IMG_3459.jpeg


ただし、突風が吹いて小間の障子を数回ぶっ飛ばしてくれたのには参った参った。
舟上の薄茶席亭主は師匠とその茶友さんにお願いした。つーかーのチームワークである。薄茶席については、最終席で乗船させてもらったので後ほど。


IMG_3462_202304102313238a6.jpeg


しかし絵になる大沢池の舟遊び、お寺の本堂から観光客がさかんに写真を撮っていた。


IMG_3491.jpeg


最後の煎茶席は大広間にて。
こちらが有栖川宮下賜のテーブルセットである。さすが重厚。今回このテーブルが伸縮可動式ということを初めて知った!昔の家具職人すごい。


IMG_3402.jpeg


煎茶は、よく下鴨・K美術で煎茶席をもたれる小川流のOさんにお願いした。小川流のお茶は滴々、ほんの1,2滴のお茶で、初めての人はびっくりしはる。煎茶席自体が初めての方もおられて、楽しまれていたようだ。(のぞくひまがなくてごめん)
こちらの席のお菓子は上七軒本店でしか買えない老松の大和橘、砂糖漬け橘の実の中に餅が入るほろ苦菓子、あとを引く。



IMG_3528.jpeg


さて、最後の席、舟の薄茶席にお相伴させていただいた。
(その間必死に後片付けしてくれてた水屋さん、ありがとう〜〜)


IMG_3521_20230410231211afe.jpeg


師匠の席のテーマは、松平不昧公と姫路藩主・酒井宗雅の茶の交流の逸話。
互いの参勤交代の途中、東海道見附宿で二人は邂逅する。不昧を尊敬する年若い宗雅をもてなすのに不昧は茶箱で茶を点て、お菓子に振り出しにいれた金平糖をだした、、、ということから舟上茶箱点前、そして振り出しにはいった金平糖。


IMG_3512_2023041023121406e.jpeg


もう一つのお菓子は宗雅の姫路の銘菓「玉椿」
お点前は前日海外在住で臨時帰国したばかりの師匠の茶友さん、学園卒でさすがにとてもきれいなお点前。


IMG_3514_202304102312149d3.jpeg


師匠の語り口は談志を尊敬するだけあって落語家並みに軽快。
そして晴れた空にこぎ出す舟の上は少し寒いくらいであったがなんと爽快!とりあえずお客さん全員、舟に無事乗られてよかった。


IMG_3496.jpeg


舟上は火気厳禁なのでお湯はポットで。


IMG_3519.jpeg


茶碗はこの日の為に(ほんとうは3年前の日のために)水屋もてつだってくれた若手陶芸家の生華窯・浅井慶一郎さんに頼んで焼いてもらった、お茶を飲んだら底に桜川の網がでてくる数茶碗(ちなみに絵付けは待合掛けと同じ諫山画伯)


IMG_3509_20230410231216088.jpeg


最終席のお客様だったイギリス人のS先生(遠州流)に桜川のクセの部分(”桜川の波かけて、、”)をおしえてもらうなど(私はキリの部分しかしらない、、(^_^;)まだまだ勉強不足ですわ。


IMG_0609_202304102314173c3.jpeg


最後の舟も帰り、とうとう舟遊び茶会お開き。

水屋総勢16人、抜群のチームワークであった。
濃茶席の水屋は日頃お世話になっている若い方ばかり、ほんとうによくおつきあいくださりよく気働きしてキビキビうごいてくれて感謝しかない。
一つの目標に向かってみんなで力を合わせてなにかを成し遂げる時間のなんと貴重で幸せなことか。それは子供の頃からよく知っている。終わるのがもったいなくて寂しくなるくらい楽しかった。準備大変なことも多かったがすべてぶっとぶくらいに楽しかった。名残惜しい。

そしてなにより舟遊びにおつきあいくださった51名のお客様に深く感謝いたします。
3回目あるかどうかわからんが、またおつきあいください(^_^;



IMG_3532.jpeg


最後に水をイメージした着物に舟の帯を締めたが、気づいてくださった、お客様、ありがと!




東山山麓某所の月釜で七夕茶会掛釜 - 2022.07.12 Tue



DSC05044.jpeg


雨上がりで蒸し暑いながら緑がきわだつ某お寺さんでの月釜、七夕の釜、掛けさせていただいた。


IMG_2710_20220711234111fc0.jpeg


寄付で笹に短冊(花入れは某氏よりお手作りを拝領)五色
その2枚に
   「飛流直下三千尺」
   「疑是銀河落九天」
 
李白の七言絶句「望廬山瀑布」の後半、この謎解きは席の最後までお預け。


IMG_2726_20220711234530db9.jpeg


待合に耳盥にいれた梶の葉(うちの庭にわさわさ)
ほんとうは角盥(水をいれる)にしたかったのだけれど、なかなか見つからないのだ。ちなみに耳盥はお湯をいれる。


DSC05033.jpeg


その盥の上には竹の三脚をたて、自在の釘をつるす。けれど釣る釜がない、、、、??と思っていただいたら大成功である。答えは本席で。


DSC05049.jpeg


待合で食べていただくのは、索餅を模した形の求肥に爽やかな夏みかんジャムを使った和菓子。和菓子店・青洋さんにお願いして、試作を作ってもらい決定した誂え菓子である。(露打ち、水屋さんがきっちりしてくれた)

ちなみに索餅は中国から伝わった唐菓子で素麺の原型といわれ、起源となる神話があって云々、、、と席中で講釈をたれてみる(*^_^*)



IMG_2714.jpeg


さて、本席、数寄者の達人さんは「おお!こういうことか!」と席入りの時、水屋に聞こえるようにおっしゃる。これが数寄者の心得の見本(*^_^*)
待合の自在の先にあるはずの釜はこちらの軸に。白隠の遠羅天釜(おらでがま)画賛。
「おらで釜自在天までつり上げて雲の上にも茶をや煮るらむ」
雲の上で織り姫彦星もお茶してるかしらね〜の意味もこめて。



IMG_2719_20220711234106364.jpeg


当代の諏訪蘇山さん、宗哲さんの姉妹コラボの瓜青磁水指は、、七夕にしか使えないけどお気に入りである。ちなみに瓜を縦割りしたために一年に一度しか天女に会えなくなった男の中国の神話もある。これは縦割りの瓜の形。


IMG_2681_2022071123410380e.jpeg


お点前はすべて自分でさせてもらった。(さすがに終わりかけには膝が、、、膝が、、、)
夏は暑くてあまりお茶をしないので、高麗茶碗の平茶碗が少なく、お皿みたいなのもひっかき集めて高麗ブラザーズでそろえたが、主茶碗は点てるのに超絶技巧を要する(ほんとはそれほどむつかしくない)ほぼ皿!の茶碗。むしろお客様の方が飲むのに超絶技巧を要するかも(^_^;

茶器は九州の南画家・田近竹邨遺愛の雲堂手であったが、ほとんどの方が知らないこの名前をご存じ方がおられてびっくりした。


IMG_2679_20220711234105313.jpeg


最後に寄付の答え合わせは茶杓の銘が「瀧の音」(千家のややビッグネームの方のです)
「瀧」と「銀河」を言いたかっただけなんですが(^_^; ただこの李白の七言絶句、若い頃から大好きだったのでちょっと言ってみたかった。

暑い中にもお越しくださった月釜会員さん、招待状をお出ししたら喜んでおいでくださった茶友さん、一座建立ありがとうございました。
そしてなにより、バックをまかせて投球に専念できるピッチャーよろしく、全幅の信頼で任せて点前に集中させてもらえた、若き茶友の方々でもある秀逸水屋チームにも深く深く感謝です。






伊勢物語にまつわる茶事 - 2021.05.14 Fri



IMG_8842.jpeg


今年は(去年も)梅の実がふくらんでくるのが一月早い。
炉仕舞いもそこそこに初風炉の茶事を。きりかえが忙しい、、、


IMG_8833.jpeg


紆余曲折したが、杜若の季節でもあるし、「伊勢物語」のテーマで行こうと決めた。
寄付に富士山の扇と烏帽子香合を飾る。これを見ただけで「東下りに初冠(ういこうぶり)」とわかってくださった本日のお正客さま。ありがたし。これでポカンとした顔をされるとテンションさがるし。



DSC04313.jpeg


あいにくの雨模様で、席入りは軒下つたいに。雨の日の緑は美しい。


IMG_8812.jpeg


本日のこの人達は「ちはやぶる かみよもきかず 竜田川、、、」
季節はちょっと違うがなんてったって在原業平だし。


IMG_8835.jpeg


実は「筒井筒」の日本画の軸を手に入れたのも、伊勢物語にしようと思ったきっかけ。
 
  筒井筒 井筒にかけしまろが丈 すぎにけらしな いもみざるまに

(この歌が本席ですっとでてこなかったのが痛恨の極み。かわりに五つに欠けし井戸茶碗、、の方がでてきたりして(^_^;←細川三斎と秀吉の逸話)


IMG_8843.jpeg


初座は雨で蹲居が使えなかったのが残念。


IMG_8849.jpeg


初座の花の代わりに菖蒲と蓬の厄除けを。
菖蒲はなんとデパ地下の野菜売り場で発見、蓬はもうそこらに生えてる。これをたくさん作って端午の節句の時に軒に飾るのがならわしだが、昨今は軒のない家が多くて(^_^;


IMG_8837.jpeg



さあ、半年ぶりの風炉、李朝鉄火鉢の小さい方を。



IMG_8819.jpeg



端午の節句は若干過ぎていたが、菖蒲の葉を巻いた酒器で一献。


IMG_8852.jpeg


今回の懐石はみなさん大酒飲み?で、五合瓶が1本半あきました。気持ちよい。
祗園大茶会でいつもご一緒させていただいている御面々、2年続けて中止になったが、復活したときにはまたがんばりたいね、と。


IMG_8840_2021050823463623f.jpeg


今回もお菓子はみのり菓子さんの「杜若」
レモングラスの羊羹に錦玉という手の込んだとても美味しく美しいお菓子である。
(速水流の帛紗に似ているというご指摘もあり)


IMG_8851.jpeg


炭点前は今年初の大失敗。風炉が小さすぎて種火がうまく作動せず、中立の時に熾しなおすはめに。しかも胴炭が入らない、、、(大汗)次回から鉄火鉢大の方を使わねば。


IMG_8845.jpeg


後座の席入りでは、雨も上がり、蹲居をつかってもらえたので、迎え付けも。
お若い方もいらっしゃったから、お正客さまによる席入りの作法のご教授などもあり。


IMG_8836.jpeg


薄器はやっぱり杜若

  らころも つつなれにし ましあらば るばるきぬる びをしぞおもふ

東下りで「からころも」を句の頭に織り込んで歌を読むという有名なお話し。


IMG_8859.jpeg


この歌を歌ったのが三河の国の八つ橋という場所。

  水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ 八つ橋とはいひける

で、八つ橋(固い方、しかも筒井筒ならぬ井筒屋さん(^_^;)も並べてみたが、これは琴とする説と、橋とする説あって、ややこしい。

最後の趣向として茶杓が「須磨琴」
須磨の一弦琴は現在も須磨寺に伝えられているが、考案したのが在原行平、つまり業平のお兄ちゃんってことで。(伊勢物語にも登場します)



IMG_8822.jpeg


風炉点前、ぼろぼろでやっぱり何年やってても、しばらくおやすみするとあかんなあ。お稽古はやっぱりちゃんとしないと〜と思ったのである。
(写真は後座で熾しなおしてやっと煮えがついたところ)

茶事を考えるにあたり今回「伊勢物語」を久々に原文で通して読んだ。
伊勢物語はネタには事欠かない内容満載である。すごい数寄者さんが百一段の「あやしき藤の花」をテーマに茶会をされたが、古典に精通していない限り、まあ筒井筒、東下り、唐衣、、、あたりが限界かなあ。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR