topimage

2018-07

神幸祭2018〜久世駒形稚児さんのご休憩 - 2018.07.18 Wed

この暑さと寄る年波にまけて今年の山鉾巡行はパスしてしまった。夕刻、少しはましかと神幸祭にでかけたが、暑さはかわらぬ、湿度も高い。これはなにかの罰ゲーム???





DSC00709.jpg




さすがに八坂さんの石段下で三神輿と2000人近い輿丁さんのそろい踏み、見る元気はなくて今年は花見小路の四条上がる、白川橋あたりで行列と中御座をお迎え。
清々講社(祗園祭を経済的に支える町衆組織)筆頭・宮本組、鍵善さんが現在の組長さんかな?先頭をあるいてはる。





DSC00717.jpg



おお〜!
来た来た!
今年粽をゲットしたところの豊園泉正寺榊、中御座を先導する。




DSC00729.jpg




そして延々と社宝(剣、琴、盾、矛などなど)の行列が続くのだが、この赤い綾傘の行列が美しいといつも思う。




DSC00734.jpg




そして中御座を先導する久世の駒形稚児さん

「神幸の七月十七日に訓世(久世)の駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から一歩も動かすことならぬ」 




DSC00736.jpg




胸にご神体の駒形(ちょっと見えない写真だが,,,(^_^;)を懸け、神の依り代となる。

この子は13日の駒形稚児社参の時に見た年少児の方かな。(↓)


P1140899.jpg





DSC00778.jpg 




それからやってきた中御座をしばらく追っかけて(これは三条大橋)、むんむんの熱気を発散する大群の輿丁さんにもまれて、、、




DSC00744.jpg
いなせ(?)な輿丁さん
鉢巻きに榊

最後に寺町通りでお迎えして帰ろうと19時半くらいに三条寺町三嶋亭の前を通りかかると、、、




DSC00809.jpg



あれ?
國中神社の方々が三嶋亭前でご休憩中。




DSC00814.jpg




しかも、この白い神馬は!!
そうか〜、駒形稚児さん、三嶋亭でご休憩中なんだ!




DSC00816.jpg




と、いうのでこれは出待ちをせねば!
馬はちょっと退屈したのか、はやく歩きたいとでもいうようにブルブル言って、馬丁さんになだめられている。(馬ってほんとかわいいのな)




DSC00821.jpg



20時頃、三嶋亭の入り口から強力さんに抱えられて(神の依り代は地面に足をつけない)駒形稚児さんでてきはった。

馬に「遅かったや〜ん、ボク退屈やってんで〜」といわれているようで、「だって三嶋亭のお肉おいしかったんだも〜ん」と答えているようで(ウソです(^_^;)




DSC00823.jpg



よっこらしょっと



DSC00828.jpg



騎乗されました。




IMG_2174.jpg




この写真では駒形がはっきり見えるね。

社参の時はちょっと疲れた風をみせていたのに、ほんと、毎年思うけれど、当日になるとまさに神の子になる。馬が少しあばれても、この暑いのにもかかわらず、きりっと動じない。









稚児さんが三条通りの河原町の方向へいかれるのを見送って、寺町では中御座を見送って(カメラ係の知人に声かけて)今年の神幸祭はここまででございます。
明日からまた後祭、がんばろ〜!




前祭宵山宵々山点描2018〜簾屋さんの茶席など - 2018.07.17 Tue

今年の祗園さんは京都に長年住んではるひとでも、経験がない、、というほどの極暑の中、16日などは瞬間41℃になったと聞いた。どうりで人出が例年より少なく、かつみんな覇気のない顔をしてるわ〜。
私もちょっと死ぬかと思った、、、、、




DSC00657.jpg 




こちらは東洞院仏光寺あたり、鉾町ではないのだが、豊園泉正寺榊の町内でもあり、山鉾巡行の折、長刀の稚児が切る結界の斎竹綱を奉納されるご町内なのだ。人混みも少なく夜は風情がまだ感じられる。




DSC00643.jpg 




この町内のここの簾屋さん、お若い兄妹さんが宵山あたりにご自宅で釜をかけられる。




DSC00645.jpg



需要が少なくなった簾であるからこそ、残った数少ないこういうお店は貴重で、地方からも注文が殺到するときく。材料の葦簀が入手できる冬から仕事開始、自然のサイクルとともにお仕事されている。



DSC00647.jpg




席待ちの間、おささも出て(カラスミ美味しい〜♪)おとうさんから簾の話や、昔の祗園さんのころの話をたくさん聞けてとてもうれしかった。(おとうさん、、、といっても多分同世代、お話し好きの方でよかった)

現在珍しい蒲の葉の簾を手編みで織ってはって、それもみせてもらった。実はカナダからこの蒲を盛ってきて、こちらの簾屋さんで織り方をならって自作している、、、というすごいカナダ人の若者(茶人さんです)に最近出会ったところだったので、そんなところにもつながりが!と驚いた。




DSC00649.jpg




お店の奥の一角にある小座敷は網代が敷かれて涼しげ。
今回のお手伝いしているのが、先日為さんと龍の茶界で送別会をしたところのアメリカへ帰るNちゃん。




DSC00654.jpg




この色紙掛けの簾が彼女がここで学んで作ったものなのだ。

こちらの席ではいつも山壱番のくじをひいた山鉾をテーマにされているので、今年は蟷螂山。




DSC00652.jpg 



お菓子の粟羊羹をいただき、、、



DSC00656.jpg



おにいちゃんのお点前、蟷螂のカマキリにまつわるお話しをたくさん聞きながら、Nちゃんも西欧でのカマキリ(praying mantis)とは、、、という話も聞きながらたのしいひととき。

最後に笑ったツボは、、、茶器にしたショットグラスに掛けていた烏帽子のような白い袋、これにお尻を削ったNちゃん作の茶杓を差し込むと、、、、なんとカマキリをつかまえる虫取り網に!
そしてその銘がくじとらず(長刀鉾など順番が決まっている山鉾)ならぬ「虫とらず」

。゚(゚^∀^゚)σ。゚
一堂大笑い
もしかしたら今年の祗園さんの一番印象にのこる思い出になるかも。





DSC00658.jpg




ここをでると一番東のはしにある保昌山
昔はここでも茶席をされていたと、先刻おとうさんから聞いた。




DSC00637.jpg 



さてさて、去年からの宿題
豊園泉正寺榊の粽をいただきに



DSC00641.jpg



中御座を先導する榊をだすご町内、宵山に参加して粽をだすことにしたのはごく最近のこと



DSC00638.jpg




子どもたちの「ちまきどうどすか〜」
がかわいい。



DSC00642.jpg




榊の御幣は珍しい折り方になっている。



DSC00660.jpg




そして粽ゲット、今年のミッションひとつ完了



DSC00704.jpg 




駒形提灯も暑さでゆれる。



DSC00617.jpg




こちらは朝の鉾町
観光客も少なく、この時間帯ののんびりした感じも好き。




DSC00672.jpg




ニッコープリンセスホテルでは、、、、
あら、ここが控室だったのね。




DSC00667.jpg



長刀の稚児が切る注連縄の昨年のぶん。ここはその注連縄、斎竹をご奉仕される高橋町のお飾り所。
16日の宵山の日だけ。(10時〜)

簾屋さんのおとうさんのお話しでは、斎竹を出すご町内は昔自分とこでもちまわりでお飾りしていたが、高齢化と過疎化でできなくなったので、利害が一致してこちらのホテルでされるようになったとか。




takahashityou.jpg 



こちらが斎竹のお飾りの部分


これ↓
DSC00670.jpg 





IMG_2161.jpg



そしてお目当てはおささをいれてくれるかわらけの拝領
去年の分とあわせて2個になった!
茶事に使うにはあと一個あつめなくてはヽ(´∀`)ノ



DSC00627.jpg




西南の端、太子山、会所は秦さんのところ。




DSC00625.jpg 




ここに荷内茶屋の巡行のご縁で友人が関係する宇治田原の冷茶ふるまいがある。
残念ながら友人には会えなかったが、美味しい宇治茶でのどを潤す。




DSC00629.jpg




こちらが新聞でも話題となった新調された胴懸、ベトナムで作られたという総刺繍の見事なものであった。



前祭・13日の鉾町点描〜船鉾曳き初め 2018 - 2018.07.14 Sat

四条河原町、いつもはお土産物売り場のOTABIも、、、、、




P1140841.jpg 




17日の神幸祭で神輿にのられた神様を迎える準備で御旅所に変身中。
あれだけのお土産物がどこへ消えるのか、毎年ふっしぎ〜、、、に思う。




P1140844.jpg




13日にはもう長刀鉾の粽も販売される。ここの粽はやはり人気なので、売り切れ御免ゆえ、朝9時から1時間ならぶ、という人もいるらしい。でもお昼頃はほとんど待たずにたどりつけた。行列は西側の方がすいているよ。




P1140886.jpg 




長刀鉾グッズ(てぬぐい)をもとめて、久々に長刀鉾会所へあがってみる。会所へは上がれても、鉾に女人はのれないのよね〜。会所内を傍若無人に走り回る外国人の子供でものれるのにねっ!!不条理!



P1140889.jpg 




歴代のお稚児さんの写真、みんな京都のええし(良い衆)の息子はんばかり。ああ、あそこの店のぼんかいな〜という感じで。
そしてお稚児さんの装束



P1140890.jpg 




今日は朝からお稚児さんの社参の日、お位もらいの日なので、役員さんはみんな八坂神社へおでかけ。いただくお位は十石大名、五位の少将、鉾の上から身分の高い人をみおろしても許される位を山鉾巡行の日までいただくのだ。




P1140849.jpg 




鉾町歩きのお昼に便利な、四条室町の昭和な食堂、萬福さん、ビルの谷間にがんばってのこっている町家がいじらしい。




P1140850 (1)




月鉾の駒形提灯もさげられた。



P1140852.jpg




午後からの曳き初めを待つ船鉾も完成した。




P1140862.jpg 




赤と緑の幕はいっそう華やか




P1140856.jpg 




後は船鉾会所
私は船鉾が巡行の時に狭い新町通りから四条通りに姿をあらわす瞬間がとても好きだ。
会所に帰還する姿をお迎えするのも好き。




P1140870.jpg




昼休みで休憩に入る船鉾の大工方




P1140869.jpg 




こちらは船鉾のスタッフTシャツのお兄さん方、昼飯をぶらさげて




P1140858.jpg 




船鉾の南側にたつ岩戸山
昨日の地面にならべられていた装飾品も無事装備されたようだ。
見守るご町内の人たちののんびり休憩中の姿もいい。




P1140866.jpg 




綾傘鉾は山立て真っ最中




P1140864.jpg 




杉本家が会所の伯牙山も山立て中



P1140865.jpg 




宵山では屏風祭で中へはいることもできる杉本家、雰囲気よいよ。特に暗くなってから。




P1140874.jpg 




さて、こちらはまだ装飾品がつけられる前の状態の放下鉾
縄がらみが美しいが、昼からの曳き初めにまにあうのか???




P1140872.jpg 




引き綱もスタンバイ




P1140876.jpg




真木の下で抱き合っているわけではありません(^_^;
天王人形(放下鉾は放下僧)をとりつける大工方を、おっこちないようにもう一人が支えている図
ここの榊は扇形で独特、遠くから見てもわかる。




P1140878.jpg 




ここのTシャツはなかなか鯔背というか、ガテン系




P1140948.jpg 




お、そろそろ船鉾の曳き初めの時間だ、、、なのになかなか綱がでないと思ったら、南から岩戸山が迫ってきているのね。




P1140951.jpg 




岩戸山がふたたび南下するのを見送って、いよいよ船鉾初出航!




IMG_2130.jpg




もちろん曳く!




IMG_2133.jpg



車によりそう車方
船はおごそかに出航、お囃子のリズムに心が躍る。








IMG_2138.jpg 



作者の下間(しもつま)先生(外科系のドクター)は面識があり、吉田塾(山鉾連合会元会長吉田先生監修)では有名な本だが、今年遅まきながらこれを購入。この本、ほんまに良くできている。あれだけ通っている祗園祭なのに、まだまだ知らないこと一杯あることに気づかされる。通にも、いや通の人にこそ、おすすめよ!!





久世駒形稚児社参2018 - 2018.07.13 Fri

13日は気温37度、体温越えの熱中症日和
にもかかわらず、綾戸國中神社・久世駒形稚児の八坂神社社参の儀




P1140892.jpg




中御座、東御座、西御座の三基の神輿が境内にそろいぶみ、前に飾られるのは祗園祭の花、ヒオウギ。



P1140895.jpg




南楼門の前、午前中すでに社参をすませた長刀鉾のお稚児さんが直会中の中村楼。




P1140897.jpg



常盤殿から、駒形稚児の行列がやってきた。

駒形稚児は國中神社の氏子から選ばれる二人の少年で、それぞれ神幸祭、還幸祭で神輿を先導する。

「神幸の七月十七日に訓世(久世)の駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から一歩も動かすことならぬ」 



 P7170130.jpg



これは2年前の神幸祭の駒形稚児さん。
八坂さん境内でも唯一下馬しない。(長刀鉾のお稚児さんでも皇族でも下馬する)ご神体の駒形(馬頭)を模した物を胸に掛け、神の依り代となるので。


ちなみに綾戸國中神社(あやとくなかじんじゃ)は南区のニュータウンにある、あまりなにもない神社だった、、、、(^_^;

↓ 3年前の写真

P70300333.jpg





P1140899.jpg 




今年のおふたりのお稚児さん。騎乗で颯爽と参内されるのかとおもったけれど、徒歩なのね。




P1140898.jpg 




祗園祭と綾戸國中神社のつながりは、御祭神のスサノオノミコトの和魂(にぎみたま)が八坂神社、荒魂(あらみたま)が綾戸國中神社に祭られている、ということから。
神様に二つの魂があることを知ったのは今年出雲大社へ行ってからだが、あそこではそれプラス奇魂(くしみたま)幸魂(さきみたま)の4つの魂があるということだったな〜。





P1140903.jpg




南楼門へ



P1140908.jpg 




ご一行は境内へ




P1140910.jpg 




ご一同、巫女さんに御神水を手にかけてもらってお清めをすませ、、、




P1140906.jpg



本殿へ

ここから中の様子は気配でうかがうのみだが、雅楽が流れ、祝詞が流れ、、、
(約20分くらい)

これを炎天下で待つのもなかなか祗園祭らしくてよいわ。(熱中症に注意)




P1140922.jpg




あ、でてきはった。
お世話係の人が装束のお直しを。




P1140925.jpg




そして記念撮影



P1140928.jpg




この暑いなか、さぞ暑いとおもわれる装束を着て、お化粧もして、よくがんばったね。
社参の時はまだちょっと子供らしいところもみられるのだが、神幸祭、還幸祭で馬上にあるとき、どんな少年もきりっと不動で、さすがだなあ、、、と毎年思う。この数日で少年たちは心も神の使いになるのだな。




P1140935.jpg




これは年長の方のお稚児さん。
年少のお稚児さんが神幸祭、年長のお稚児さんが還幸祭を先導するという。




P1140939.jpg 



社参の儀、無事終了しご一行、南楼門から帰っていかれました。

私も熱中症寸前、、、、ってことはなく、その足で船鉾町へ一直線、今年も無事船鉾の曳き初めをしたのであります。





前祭・鉾曳き初め2018 - 2018.07.13 Fri

今年も曳き初め、綱曳けるかな〜と仕事が終わって駆けつけると、、、、




DSC00563.jpg




おお!すでに鶏鉾のお囃子が聞こえているではないか。
(室町四条)




DSC00561.jpg




というので、あわててすきまをみつけて綱のスペース確保。




DSC00566.jpg




本番の巡行では男性しか曳けない鉾ではあるが、曳き初めの時は老若男女、どなたでも。




DSC00555.jpg




特に鶏さんは池坊学園のご町内なので、学園の華やかな若い浴衣女子とか、幼稚園児とか、なかなかにぎやかなのだ。




DSC00565.jpg




四条通りへ北上、それから方向転換し(曳き綱の向きをかえるだけ)、また会所へ向けて南下する。
この曳き初めのスピードは結構早いのだよ。前の人や後の人の足をふんずけたり(^_^; でもだれも文句はいわない。





DSC00573.jpg




蝶のように華麗に(???)Uターンして次は四条通りの月鉾だっ!




DSC00571.jpg



囃子方がのりこみ、祗園囃子がはじまると、
「よ〜いよ〜い、えんやらや〜」の音頭取りのかけ声で本番さながら曳く!
今年は鉾立て、見られなかったのが残念やったな。




DSC00574.jpg





巡行の花(と、私が思っている)屋根方さん。
向きを調整し、障害物から鉾を守る。曳き初めの時はまだ信号が倒されていないので、少々あぶない。




DSC00577.jpg




もちろん、月鉾も曳かせてもらう。(っ^ω^)っ




DSC00581.jpg




月鉾さんが会所へ帰る頃、、、




DSC00567.jpg 




室町通りの北側に姿をあらわしたのが菊水鉾。




DSC00589.jpg




もちろん、これも曳く!
今年も3鉾、いけたなあ、、と満足。(翌日の船鉾と岩戸山は曳けそうにないので)




DSC00584.jpg




菊水のそろいの浴衣にそろいのスタッフTシャツ。
この日は36℃越え、体感では絶対体温越え、しかも湿度もかなり高く、みんな真っ赤な顔であったが、鉾を曳くアドレナリンが分泌されると苦じゃないのよね。





DSC00587.jpg




南下した後は向きをかえ、北上、これもまた曳く。
この綱、またいじゃだめなのよ。




DSC00591.jpg




さて、今年のお勤め(?)を粛々と果たした後は他の山鉾町もめぐる。山はまだほとんど建っていない。今年傘1番の綾傘鉾も準備まだまだ。





DSC00594.jpg




新町どおりの船鉾さんは鉾立の真っ最中。





DSC00595.jpg




この特異な姿の鉾はやっぱり好きだな,と思う。やっと心が祗園祭に追いついた。




DSC00599.jpg




その南の岩戸山。
山とは言え、りっぱな曳き鉾なのだ。14日夕方に、また恒例の能楽師・林宗一郎さんによる天岩戸のカミあそびがあるよ。(私は今年は行けないけど)



昨年の写真 ↓


P1120446.jpg





DSC00600.jpg




ここでは天井を飾る飾りなどが並べられ、装着準備中。ご町内の方がのんびり交代で見張り番してはった。




DSC00601.jpg




岩戸山の機材はお向かいのターミナル京都さんへあずけて。
私もここまで来たらつい寄ってしまうカフェへ。




DSC00604.jpg




で、かき氷を食す。
1年に1回、この季節に立ち寄っているのをお店の方が覚えていてくれて、「今年は何日ご滞在ですか?」と聞かれた。祗園祭好きの観光客と思われているのね(^_^; まあ、似たようなもんだけど。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (237)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (70)
茶会(亭主) (5)
京のグルメ&カフェ (56)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (58)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (37)
京都めぐり2018 (14)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (62)
奈良散歩 (23)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (40)
祗園祭2018 (7)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (4)
暮らし (4)
中国茶 (26)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR