FC2ブログ
topimage

2020-04

生活圏内での花見にはことかかないのよ - 2020.04.04 Sat

毎年身近の桜を楽しむ。
紅葉とちがって、早い遅いはあっても桜には出来不出来の年の差はないようだ。

こんなご時世だから、ことさらに人ごみの多い名所へわざわざ出かけることもあるまい。私はありがたいことに生活圏内で十分美しい桜が楽しめる。愛でるのも地元の人だけというひっそり咲く桜もある。

   年々歳々花相似 歳々年々人不同 

私もまた一つ歳を重ねた。とりまく環境も年々かわって「歳々年々人同じからず」だ。



DSC00691.jpeg



さて、今年の身近の桜はどうだろう。

これは夕刻の賀茂川べり、加茂街道沿いの御霊通りあたり
向こうに大文字もみえる。昨年の夏はこのあたりで送り火を見た。



DSC00696.jpeg



まだ桜の日の浅い頃、蕾も多い。


DSC00760.jpeg



長いこと改修工事で立ち入れなかった京セラ美術館(旧市立美術館)の疏水べりの桜も、今年は久々に楽しめる。



DSC00762.jpeg



観光客は少ないながら桜十石舟は疏水を走る。
毎年夜桜の頃には予約しないと乗れなかったが、空席が目立つ。



DSC00768.jpeg



ある日の鴨川べり
桜はシルエット、三日月と木星?が背景
この景色がチャリ圏内で手に入る幸せを思おう。



IMG_8992.jpeg



(桜・休憩)

書き落としの振り出しに裏庭のリュウキンカ



P1020110.jpeg



徒歩圏内の桜とくれば、東山
山のあちこちに桜が見える。



P1020113.jpeg



その麓の哲学の道である。
学生時代はこの畔に住んでいた。南端の若王子神社は桜花祭りの幟は立つも、祭は中止。それでも桜はコロナなんてどこ吹く風、で咲く。



P1020115.jpeg



疏水に沿って北上、今年はほんとうに人が少なくてゆっくり花をめでる。



P1020120.jpeg



レンギョウ、ミツマタ、ハナニラ、スミレ、早くもシャクナゲまで咲いていた。



P1020123.jpeg



ああ、ここは本当に美しいなあ。
近年観光客多すぎて近づきがたかったのだが、いいのかわるいのか、これも桜はしらんふり。



P1020157.jpeg



疏水縁のねこ
お外で毛繕い中 あったかくなったもんね。



IMG_9040.jpeg



若王子から北上するとき西に見えるこの光雲寺の桜(ソメイヨシノではない)は、哲学の道の景観ナンバー1をあらそうね。



IMG_9039.jpeg



疏水からはずれて木の下まで眺めに行く。
東山を背負ってなんと圧倒される花の渦!



IMG_8994.jpeg



(桜・休憩)

裏庭に年々繁茂し続ける白雪芥子
伊賀の花入



P1020033.jpeg



桜の季節、鴨川があればよそへいかなくてもいいや、と毎年思う。
今年は高野川(鴨川の上流は出町で分岐して東が高野川、西が賀茂川となる)に沿って歩く。



P1020066_202004012304269f2.jpeg



高野川にはいつも利用する川端通りが沿って走る。ここの桜並木は昔から有名だけれど、川端を車で通り過ぎながら見るだけであった。今年は川の方から見てみよう。



P1020053.jpeg



こちら側から見る景色は新鮮。
例年ならもっと花見の人が多いのだろうか。



P1020071.jpeg



左岸(東)を出町から北大路まで行って、今度は右岸から下る。こちらからみる左岸の眺めもまたよし。右岸は下鴨の高級住宅街が広がるので、高野川に面した大きなお庭をお持ちの家も多い。このお庭の花を楽しむもまたよし。



P1020074.jpeg



桜の下に自転車を停めて語らうもまたよし。こういう景色もまた好きだ。


P1020084.jpeg


(桜・休憩)

有名な枝垂れのある本満寺の駐車場のねこ



P1020094.jpeg



寺町の名前にふさわしいお寺さんがならぶ寺町今出川上ルの本満寺
普段はしずか〜な小さな日蓮宗のお寺
桜の季節だけ、カメラをかかえた人が集まる、、といっても京都の人がほとんどではないだろうか。



P1020097.jpeg


なかなか見事な枝垂れ桜

この桜が有名なのは、かの円山公園の枝垂れの姉妹桜だからなんだそうだ。(樹齢90年)
このちかくに、すてきな茶会をときどき開いてくださるNN居さまのお茶室があるので、このあたりちょこちょこうろつくようになったのは昨年あたりから。だからこの桜ははじめまして、だ。



P1020106.jpeg



岡崎の満願寺
ここも日蓮宗の寺だが、観光客はまず来ない。(地元の人もあまり来ない)ここにも見事な枝垂れがあるのだが、私はこの山門のソメイヨシノが大変好きである。(時々猫にも会える)



P1020166.jpeg



毎年今年は枯れてやしないか、切り倒されてやしないか、ドキドキしているロームシアター東側(細見美術館の北)の枝垂れ、今年もなんとか美しい姿が拝めた。ここは長らく空き地になっている。マンションやホテルになったら、この桜ピンチやな、、、



P1020169.jpeg



これもロームシアター東側〜冷泉通りへ
岡崎疏水が直角にまがる部分で、ここの水流はみていると面白い紋様を描くので、花筏のころもう一度こよう。



P1020176.jpeg



知る人ぞ知る、おそらく地元民でもあまり知られていないとおもわれる東山二条の妙伝寺の紅枝垂れ!(妙伝寺は南座顔見世のまねきが書かれるお寺だよ)
これはお寺の表からはほとんど見えない。裏の駐車場から見るのであるが、、、



P1020177.jpeg



知ってる人の少ないまま咲いているのがもったいないくらいお見事!



P1020174.jpeg



ロームシアターの東を流れる疏水べりの桜も有名
仕事帰りにバス停1,2ずらしてここの夜桜を見て帰るのも、この季節の楽しみ。



P1020175.jpeg



(桜・休憩)

、、、、の前の疏水の魚をねらうアオサギと白サギ



DSC00777.jpeg



最後に、これが仕事帰り楽しみにしているその夜桜である。
ああ、もうよそいかんでもええわ。




木津の流れ橋(上津屋橋) - 2020.03.28 Sat

浄安寺の近くに時代劇のロケでも有名な「流れ橋」があるので足を伸ばした。
全長356m、てすりのない木製の長い橋で、木津川をまたいで久御山と八幡市を結ぶという。


DSC00616.jpeg



木津川べりに近づいてみると、、、おや〜茶畑が!
そして遙か向こうにみえてくる流れ橋(正式名称は上津屋・こうづや・橋)



DSC00627.jpeg



茶畑は本格的で、川の土手にあるなんてかなり意外だが、水辺の砂地で作られるお茶を「浜茶」(対して山間部のは山茶)といって、割とあるそうなのだ。さすがお茶の城陽市が近いだけある。


さて、その流れ橋だが、、、、


DSC00618.jpeg


あれ〜〜?!
通行止め!

昨年の秋の台風で文字通り「流れて」しまって、現在復旧作業中なのだ。渡れないのは残念!
この橋、昭和28年の竣工以来なんと23回も流出しているという。


DSC00620.jpeg


横から眺める流れ橋。バイクのおじさんがいるのでその大きさがわかるかな。
しかもあたりに電柱1本、高い建物ほぼゼロ、この景色、時代劇を見るときに絶対一度は見てるよね。
あ〜わたってみたかった!


DSC00625.jpeg


流れ橋のメカニズムは、橋脚のみ固定、固定されていない橋桁が増水によって浮き上がり流れる(ワイヤーで固定されているのでどっか行ってしまわない)ことによって、水の抵抗を抑えるというもの。あとで橋桁はワイヤーをたぐってまた載せる、、、というものらしい。



DSC00629.jpeg
(木津川べりの散歩道)


近年ゲリラ豪雨とか、流される頻度が激しくなって、そのためにたくさんの費用がかかるため、固定橋にしようという話がもちあがったらしい。しかし、流れ橋という現代に珍しい橋でもあり、その景観を流されても見に来る人があとをたたないので、存続を願う声が多く、残すことになったそうだ。これはめでたい。(橋としての機能は近くに第二京阪道の橋があるのでノープロブレム)こんな景色が今の日本にあること自体が財産だと思うね。







久御山の椿寺〜浄安寺 - 2020.03.26 Thu

久世郡久御山は京都では数少ない市でなく郡である。宇治の南、かつて王城の南の守りであった、朱雀をあらわす巨椋池も近かったという。



DSC00554.jpeg


久御山にある浄土宗知恩院派・浄安寺
知人にここは椿寺とよばれるほど椿がすばらしいと聞いて、はるばるやってきた。建立は平安後期、ご本尊は伝快慶の阿弥陀如来という。


DSC00612.jpeg



入り口にはささやかな張り紙、これがないと入ってよいのかどうかためらうところ。



DSC00558.jpeg



境内にはすでにあちこちに多種多様の椿が、、、


DSC00593.jpeg


椿が、、、、
これは日光(じっこう)かな。


DSC00604.jpeg



なんと清楚で美しい


DSC00590.jpeg



赤子の頭くらいありそうな大きな椿もあれば、


DSC00599.jpeg


親指くらいのかわいらしい椿も


DSC00586.jpeg


ところが境内の椿だけじゃないのである。


DSC00582.jpeg



本堂の扉の「入り口」に勇気をもらってそ〜っと入ってみると、、、


DSC00581.jpeg



おおお〜っ!


DSC00578.jpeg


おおお〜っ!


DSC00577.jpeg


毎年椿展の間、境内に咲く椿が同じく境内の枝モノと、それぞれちがう花器に生けられている。


DSC00690.jpeg



なにせ240種!(どんどん増えているらしい、、)を超える椿が境内にあるのだ。
椿ほど名前と種類が多い花は他にはないのではないかしら。茶花としてよく使われるが、いつもその名前を聞いて覚えられんな〜と思っている。


DSC00568.jpeg



さらにご住職の、御年80を越えられたお母様がそれぞれの花の名前、添えた枝の名前、花器の窯元をご説明してくださる。実はこの方こそ、浄安寺が椿寺とよばれる元となった椿を育てお世話されている方。


DSC00573.jpeg



使い終わった椿の枝をもらいうけては挿し木で増やし、花器もかしこく集められたり、お参りの方が寄進されたり、、で、先代の御主人であるご住職に「もういい加減にしておけ」とたしなめられたこともあるとか。

ちなみにこの花器は、赤膚焼の窯元の入り口に山積みになっていたもので、1000円で賢く入手されたそうだ。



DSC00566.jpeg


これは「王冠」という名前のゴージャスかつ珍しい椿。添えられた雪柳?の入れ方がただものではない、と思ったらやはりお母様、お茶の先生をされておられるのだ。


DSC00570.jpeg



椿だけでなく、枝物もどれ一つとして同じ物はなく、すべて境内にあるとは、茶花に苦労している茶人たちがどれほどうらやましく思うことか!

花が落ちればまたちがう椿を、、と生けていくので日替わりで珍しい椿を拝めるのだが、その作業は大変だと思うが、でもきっと楽しい作業なのだろうなあ。


DSC00574.jpeg



それにしても、お母様、椿、枝もの、の名前も花器の窯元もすべてそらんじておられるのが素晴らしい。80才越えてかくありたいものだなあ、と思う。


DSC00576.jpeg



さて、これが浄安寺が椿寺となった出発点と言っていいかも。江戸時代からここでしか見られない固有種・浄安寺という名前の椿である。これは秘して花一輪葉っぱ一枚持ち出してはならぬ、という寺訓があるそうで、八重でこんなかわいらしい小さな椿は見たことがない。

浄土宗知恩院派のお寺なので、知恩院の近くから来た、と言ったら懐かしいとおっしゃって、知恩院周辺、祗園あたりは昔自分の庭のようだったとおっしゃるお母さまに御礼を言ってお別れした後もしばし庭の椿探訪。



DSC00591.jpeg



盛りの花もあれば落ちて朽ちてゆく花もある。人生かくの如し。
境内で椿をたずねてしばし探検。



DSC00613.jpeg


そして駐車場にも椿が浸食しているのも発見!
お母様、すごい!



大聖寺特別公開〜俵屋吉富・京菓子資料館 - 2020.03.13 Fri


DSC00435.jpeg


烏丸今出川以北は同志社村とでも言おうか。赤煉瓦の大きな学舎がたくさん建ち並ぶ。(ここ数年でさらに増殖したようだ)


DSC00436.jpeg



そんな同志社学舎の林の中にひっそりとある尼門跡・大聖寺、普段は非公開だが18日まで特別公開中。


DSC00441.jpeg



なんといってもここは室町幕府・花の御所の遺構の一部なのである。
北朝初代・光厳天皇妃にして、足利将軍義満の御台所・日野業子の伯母である日野宣子を室町御所内、岡松殿に迎えたことから始まる尼門跡寺院。
その後焼失などもあって場所を転々としたが、江戸中期にこのゆかりの場所にもどってきたという。



DSC00439.jpeg



山号岳松山は岡松殿に由来する。
桃山時代、正親町天皇のご息女入寺に際し、尼門跡第一位の綸旨を受け、また幕末の光格天皇のご息女入寺に際し、現在の書院を賜ったとか。このように皇室とゆかりの深い寺で、昭和の時代になってから青山御所から移築されたのが本堂、というのもあって、展示物は明治天皇・昭憲皇太后に纏わるものが多かった。


DSC00440.jpeg
(背景が同志社でなんともシュール)


奥の書院で西洋人形の赤ちゃんの洋服を着た京人形が明治天皇愛用にお椅子にすわっているのも(ポスターになっている)シュールだ。昭憲皇太后ご遺愛の人形だそうだ。

印象に残るのが明治天皇が描かれたという八甲田山雪中行軍の図。(それを布に写した物)
明治35年陸軍第8師団歩兵隊の雪中行軍で、210名中199人が遭難死したという、映画にもなった最悪の山岳遭難事件であった。(「八甲田山」)
雪の林の向こうに兵士達が進軍する様子を描いた絵で、意外といったら失礼だが構図も絵もお上手だ。この絵を布に写して掛け布団とし、生涯これを使われたという。多くの皇軍兵士を失った痛みを生涯背負って行かれたのだな、とそのお人柄が垣間見えるような気がした。



DSC00444.jpeg


あとは庭園の美しさ。京都市指定名勝となっている。

花の御所ゆえ、四季の花が美しいという。小川をおびただしい丸石で表した枯山水の庭園は、雨ゆえよけいに苔の緑が美しく、芽吹く直前の木々の梢のやわらかさ。多種におよぶ椿がいまは盛りで、ちらっとではあったが、真っ白な八重咲き「玉兎」椿も見ることができた。(玉兎は光格天皇皇后様命名)



DSC00447.jpeg



書院の前に入寺した皇女たちの丈にあわせた背の低い藤棚、そして菊の御紋の入った信楽の壺がずらっと並ぶ。季節になれば「雲居の鶴」という杜若が咲くそうだ。その頃また公開されるといいのにね。ちなみに雲居の鶴は鶴の紋様がお好きだった光格天皇からの拝領なのだそうだ。



IMG_8844.jpeg



絵葉書をもとめる。この白いのが玉兎
きれいだ。


DSC00449.jpeg



その後は近くの俵屋吉富さんの京菓子資料館へ。
10年ぶりくらいかしら。


DSC00450.jpeg


お庭もきれいにされている。
展示は工芸菓子や、季節の菓子の元になる昔の図案帳など。
興味深かったのが唐菓子。これ本では名前だけ見る「梅枝、餢飳(ぶと)、索餅、歓喜団、、」などの実物模型があって、ああ、梅枝ってこんなんか〜と初めて納得した。



DSC00451.jpeg


こちらの茶室でお茶を一服


DSC00452.jpeg



お菓子はもちろん俵屋さんの「弥生花(桃)」


DSC00454.jpeg



ここには腰掛け待合いもある小間の茶席もあって、使われているなならいいな、と思った。



DSC00456.jpeg



ランチは俵屋さん近くのnatural riddimへ。なんかかわいいお店。


DSC00455.jpeg



もともとハーブティーのお店らしいが、チキンカレーを注文。サフランライスも美味しゅうございました。


伏見・酒蔵を歩く - 2020.02.28 Fri


P1010501.jpeg



伏見は酒所、そしてまだまだこんな町並みが残っている町だ。



P1010507.jpeg



洛中より遙かに風情がある。そう思って酒蔵が続く町並みを想像してしまうのだが、、、



P1010505.jpeg



現在の酒造りは樽の代わりにタンクがならぶ近代的な造酒所になっているので、これも時代のせいかとアレレと思う。

伏見の酒について、その歴史と現存する酒蔵(というか醸造所)探訪、という企画をMSさんとアマチュア民俗学者Nさんがつくってくれたので、それに参加。総勢5名の伏見酒蔵町歩き、まず最初の酒蔵は金鵄正宗。キンシ正宗といったほうが通りが良い。洛中に堀野記念館として屋敷跡をみることができる。



P1010509.jpeg



これは以前蔵の中を拝見させてもらった()ことのある、女性杜氏でも有名な招徳酒造だ。ほんのり甘い麹を味見させてもらったのはうれしかったなあ。



P1010515.jpeg


そこから伏見にあるMSさんのお宅で、おやつを頂きながら、まずは伏見の酒の歴史についてNさんの講義を聴く。

江戸初期、江戸での酒の需要が爆発的に増え、それまで消費されてきた灘の酒だけではまかなえなくなったため、伏見の酒が江戸に市場を得たそうだ。さらに参勤交代で大名の伏見屋敷が設けられたことでさらに需要はたかまり、伏見は一大酒造地となった。
いくつもの蔵が出来、他所からの流入もあったが、戦後しばらく日本酒にとって冬の時代が続き、たくさんの蔵元が廃業するにいたった。しかし近年日本酒の見直しとともに、生き残った蔵元は息をふきかえす。



P1010517.jpeg



お話しの後、再び町歩き
雰囲気のある玉乃光酒造さん。


P1010518.jpeg



その風情のある建物の横に近代的タンクがあるのがこの時代(^_^;



P1010520.jpeg



けれど麹を包む布が洗って干されてる風景にはなごむ。ちゃんと「麹」と書いてあるし。



P1010522.jpeg



これは蔵をシェアされているのだろうか、共同酒造さん(代表銘柄・美山)と松山酒造さん(明君)
いずれも月桂冠グループ。



P1010524.jpeg



奥の方をのぞくと、ああ、蔵が見えた。



P1010525.jpeg



伏見は細い道が縦横無尽に走っている感じで交通量も少なく、のんびり歩くのにちょうどよい。町家もたくさん残っているしこれを見て歩くのも楽しみ。



P1010527.jpeg



この近未来感のあるタンク群は宝酒造さん。代表銘柄は松竹梅は甘口のお酒、もともと灘の銘柄だという。こちらの”ももやま白酒”は大好きであったが、残念ながら最近はほとんど手に入らない。



P1010535.jpeg



ぼちぼちお昼時となったので、MSさんおすすめ、伏水酒蔵小路へ。


IMG_8759.jpeg



ここにはたくさんの店がはいっていて、フードコート形式だがとにかく広大でウナギの寝床、奥が深い。



IMG_8756.jpeg



なぜか諫山画伯の絵をここで発見!
(ライブペインティングのイベントがあったらしい)


P1010544.jpeg



ここで18種の伏見のお酒テイスティングセットという夢のような(^_^;セットがあって、みんなで手分けして?いただく。このあたりからそろそろ本来の目的を忘れて酒飲みに走ったような、、、、(^_^;



P1010555.jpeg



こちらは一度来たことのある黄桜酒造のキザクラカッパカントリー



P1010547.jpeg



中ではお酒とアテのイベント開催中。(コロナ騒ぎで縮小らしいが)


P1010551.jpeg



ここにはかつての酒作りの道具が展示されて、かつての技術や歴史が学べる。
昔は農閑期の杜氏さんが越後や丹波、但馬からきて、冬の間に酒を造る寒造りだったが、今は温度管理も機械がするし、四季醸造(一年中酒造りができる)だし、杜氏も酒造会社の社員なのである。



P1010556.jpeg



カッパカントリーの向かいにまたこれは立派な建物が、、、と思ったら、


P1010557.jpeg


東山酒造(代表銘柄・坤滴)さんだった。ここは黄桜グループになるらしい。


P1010558.jpeg



蔵元らしい建物で、中をのぞいてみるとすっかり機械化されて稼働中であった。


P1010559.jpeg



突き当たりが伏見のご飯処としては鉄板の鳥せいである。もともと山本本家(代表銘柄・神聖)の蔵だった建物を改修したもの。右手にあるのが、、、


P1010570.jpeg



その山本本家さんの蔵である。



P1010561.jpeg



実はこの日に決めてくれたのは、伏見銘酒協同組合の蔵開きがあったからなのだが、このように残念ながら中止。


P1010564.jpeg



鳥せいさんのお向かいの甘味処・寺嘉さんで休憩。
フルーツサンドや出汁巻きサンドが名物らしいが軒並み売り切れ、みんなでアイスを食べる。
お向かいの左手、鳥せいさんでは白菊水といって伏水をわけてくださるのでみんなタンクを持って並んでいる。



P1010563.jpeg



店内は古い町家だったらしく、室礼が良い感じであった。
私は焼き芋アイスで、焼き芋味のアイスかと思ったら、熱々の焼き芋にバニラアイス、溶かして食べると美味。



P1010572.jpeg



さて、伏見に来たら観光客がまず行くと思われる月桂冠大倉記念館
言わずとしれた月桂冠は創業賀寛永14年(1637)と間違いなく伏見最古の蔵元である。しかも日本で初めて日本酒の瓶詰めを開発したり、四季醸造を初めてはじめたのもここなのだ。



P1010573.jpeg



入場料が必要なのと、みんな一度は来たことがあるので、お土産(酒粕飴、好きなのこれ)だけを買って出てくる。



P1010575.jpeg



堀の向かいからみた月桂冠の蔵の景色。



P1010577.jpeg



ここは島の弁天さんで有名な建長寺もある。
遊郭のあった中書島の一画にあり、壁も中国風山門も朱塗りでどこかなまめかしい雰囲気。この周辺には元遊郭だったとおぼしき雰囲気の建物もいくつか残っており、時がとまったような気さえする。



P1010584.jpeg



勝手知ったるMSさんにこんな迷路のような近道をおしえてもらう。いや、深いわ、伏見。



P1010589.jpeg



本日の講義のおやつをMSさんが用意してくれたところの羊羹は、こちらの伏見駿河屋さんの。なかなかいい雰囲気の古い建物。そしてここの社長が酒まんじゅうを作るときに買い出しに行くのが、、、



P1010595.jpeg



近くの北川本家のお酒、富翁である。


P1010596.jpeg



ここでは量り売りもされていて、さながら徳利を抱えて酒を買いに来た昔を彷彿とさせる。



P1010597.jpeg


さて、そろそろ陽も傾いてきた。三十石舟や十石舟が走る堀をわたって、、、


P1010601.jpeg



これぞ the 伏見!
ツアーカタログにもかならず載っているという風景、松本酒造(日出盛・桃の滴)さんである。わ〜、いいなあ、このフォトジェニックな建物!この日は空の色もよかった。



P1010600.jpeg



よくカタログなどに載っている写真は菜の花が前景にあるのだが、河原にはまだちょぼちょぼなんで、、、、


P1010604.jpeg



苦労して撮った一枚がこれ(^_^;


P1010529.jpeg



最後に向かったのが藤岡酒造さん。
いまでこそ蒼空が有名であるが、かつては万長というお酒で、これは学生の時にお世話になった万長酒場を思い出させるのだが、他の人は誰も知らなかった。ジェネレーションギャップか。



P1010533.jpeg



蒼空にもいろんな銘柄が。ボトルもおしゃれである。



P1010612.jpeg


最後にみんなでここで一杯飲んで締める。私は純米美山錦の蒼空。
ここはアテが美味しくて、(酒盗かけクリームチーズ、山ウニ豆腐など)すっかり腰を落ち着けてしまって、最後にしてよかったね〜と合意したのであった。

帰って今日歩いた歩数を見たら16000歩で9.5km!とあってビックリした。どうりで足がいたいはずだわ。MSさん、Nさん、ありがとうございました!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (279)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (99)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (70)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (12)
美術館・博物館 (89)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (35)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (7)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)
ニュージーランド紀行2019 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR