FC2ブログ
topimage

2020-07

台風禍後の高山寺 - 2020.07.07 Tue

学生時代に、心茶会の合宿で毎年お世話になった栂尾・高山寺は、自分にとって京都の中では特別なお寺である。





P1020420.jpeg

(高山寺の駐車場から周山街道〜由良川方面を見る)


京都に移住してからもなんどか足をはこんだ。最後に来たのが4年前。そして2年前関西を襲った台風は高山寺にも壊滅的な打撃を与えた。



P1020479.jpeg

(由良川〜学生時代は車もなかったので、バスを待つ間この川の流れをぼ〜っと見ていたっけ)

樹齢何年もの大木が次々と倒れ、堂宇の屋根もおしつぶされている報道写真には心が傷んだ。


P1020421.jpeg

(いつも慣れたる裏参道を利用)


私も及ばずながら、修復プロジェクトのクラウドファウンディングに参加した。多くの人の寄進、力ぞえでなんとかこの3月、修復工事の一応の完成をみたがそのとたんのコロナ禍である。



P1020423.jpeg


5月の自粛期間中に、中へは入れないだろうなと思いつつもこの参道の前まで来たものだ。(当然駐車場も閉鎖)


P1020427.jpeg



このたび、やっと、修復後の高山寺に来ることができた。
鎌倉時代の建築、国宝・石水院である。後鳥羽上皇から明恵上人が賜った建物で唯一の遺構である。



P1020466.jpg



そのクラウドファウンディングの返礼として永久(といっても寿命のある間(^_^;)拝観無料札を頂戴した。


P1020428.jpeg



早速これを使って石水院へ久しぶりに。



P1020429.jpeg


動き回るのでぶれぶれの写真しか撮れないが、受付で待っているときにすりすりなでなでを要求するココちゃん。
そういえば学生時代合宿している時にも「桃太郎」というよく吠える犬がいたな、、と思い出し、高山寺は昔っから犬が好きなのね、と思う。


P1020431.jpeg



永代拝観札をお見せすると、まずは茶室でお薄を一服ふるまっていただいた。


P1020432.jpeg


しっとり雨である。茶室から見る緑が美しく他にどなたもおられない。

和尚様と心茶会の話をしみじみ。
犬の桃太郎の話もすると、ああ、あのよう噛む犬!と。懐かしい先輩後輩の名前も出てきて、高山寺と心茶会のなれそめのお話しが聞けたのがうれしい。当時ご住職だった小川義章師の出身校が旧制六校(現在の県立岡山朝日校)だときいてさらに驚く。うちの高校の遙か先輩やったんや。



P1020433.jpeg



石水院のあるじ?善財童子はこのアングルから見るのが一番いいね。昔からかわらぬかわいい姿。ただし当時は善財童子ってだれ〜?だったけれど(^_^;



P1020434.jpeg


<日出でてまず高山を照らすの寺>

後鳥羽上皇の御宸翰扁額である。


P1020436.jpeg


縁側に端座し、しばし迷走いや瞑想。雑念ばかり浮かぶが。


P1020439.jpeg


端座する目前に、雨に濡れた山の姿がまたしっとりと美しい。


P1020441.jpeg


本茶非茶の本茶である最古の茶園の茶の木も眺めて、、、


P1020443.jpeg



いよいよ台風被害の激しかった奥の金堂へ。



P1020444.jpeg



途中、合宿場所であった法鼓台の入り口の脇の、、、ああ、あの大木も無残な切り株に、、、



P1020445.jpeg


そ、、そして、、、なんなん?この明るさは?
ここは昼でも薄暗いうっそうとした森であったのに、ほとんど更地みたいになっている!ああ、これが台風の爪痕なんやな、と思う。あの森に復活するにはあと何十年もかかるだろう。もう生きている間はむりやな。


P1020447.jpeg



朝、昼、夜の金堂での坐禅に、上った道。特に夜座は懐中電灯のあかりだけをたよりにおぼつかない道をたどったことを、ここに来るたびに思い出す。なにやらあやしい生き物の鳴き声も聞こえてそれはそれは、、、


P1020449.jpeg



明恵上人御廟
ここに上人の遺訓である「阿留辺幾夜宇和(あるべきようわ)」を刻んだ石碑の字は小川義章師だと今回初めて知った。



P1020450.jpeg



御廟の地面にだれが手向けたか、ナツツバキの花



P1020451.jpeg



さらに絶句!
仏足石のあったのも森の中だったのに、なんとこんな空き地になってしまって、、、
な〜んにもナイ!



P1020454.jpeg



懐かしの金堂前の木々も多くは倒れてしまったようだ。それでもなんとか上がれるようにまでなったのはありがたい。



P1020460.jpeg



ここに来ると必ずこの床の写真を撮る。
その昔、20代であった若き日の自分の足跡が残っているような気がするのだ。

坐禅の途中で、足の運動のため、お堂の周りをぐるぐる無言で回る経行(きんひん)をおこなった床。



P1020462.jpeg



最後はすごいスピードで走るように回るので、この閼伽井に何度ぶつかりそうになったことか。夜は特にすざまじかった。周りが闇なので。



P1020464.jpeg



歌の文句ではないが、あの頃の未来にいまたっているのだ、、、よ。まだ何ものでもなかった若き日の己に出会う。



P1020471.jpeg



帰りは表参道から帰る。ここにも爪痕は残る。


P1020472.jpeg



とりあえずの完成はみたが、まだまだ修復は続けられると聞く。場合によっては杉の植林もあるかも、と思いつつ、また来ようと思う帰り道である。




夷川通り英国Antiqueのお店 - 2020.06.14 Sun

夷川通りを歩いていて、古美術の万市さんの堂々たる表家造りの前を通るのが好きだったのだが、このところいつも気づかないうちに通り過ぎていたのかしら、、、、と思っていたのに!



7E163523-AC3F-4D20-8D88-050C713DB2D1.jpeg



改めて行こうと思うとなんと!!
ち、、、駐車場になってる!!
ショック!

なんでも2018年には更地になっていたそうで、なぜ気づかなかったのか残念すぎる。亡くなられた御主人には京都移住前から知己であったし、赤穂緞通もここで買ったし、あの大きな町家も好きであったのに、、、すごい喪失感。

それを少し埋めてくれたのが、通りがかって素通りできなかったのがこのお店。


IMG_0267.jpeg



なんかかわいらしいアンティークのお店。でもここ前何があったっけ?



57D4BA49-0371-412E-903F-CDFF4BD86975.jpeg



家具の芳英さん、名前は純和風だがアンティークの英国家具や雑貨、ファブリックなどを扱っているお店だ。昨年秋にできたばかりで以前はアパレル系のお店だったという(全然記憶にない)



1D409E66-9240-44BC-95D2-C894FD0C7112.jpeg



感激したのは商品もさることながらこの町家の作り。畳を板張りに改修しているとはいえ、走り庭も火袋も坪庭もそのまま残しているところ!
いや〜この走り庭の三和土には感激、ディスプレーもすてき。



E114A4E9-7BD7-4529-B0ED-8731D10CF4B8.jpeg



主にイギリスで買い付け修復した家具を扱っているお店で、以前住んでいた宝塚の家だったら絶対ほしい!と思うような垂涎の家具がたくさんあるのだけれど、幸か不幸か(^0^;)今住んでいるのは純和風めざせ数寄屋の家だもんなあ、、、。



61005528-9CB2-4D5E-BC9D-6F6B27501C97.jpeg



坪庭も保全されていてうれしい。あ、ステンドグラスの窓ガラスもええなあ〜。


482DE159-4563-49EB-B4BB-AD600848F1FB.jpeg



家具の他にウイリアムモリスのファブリックも扱ってはって、サンプルだけでもため息がでるのだが、うちの家、今はカーテン一つない(障子ばかり)家だしなあ。もう一件家があったら絶対ブリティッシュクラシカルな家にするのに、、などと見果てぬ夢をみたり。



IMG_0259.jpeg



二階は厨子二階になっていて、舞良戸などもそのままでお家自体も見所。

小物やテーブルセットなどもアンティークで、お値段もお手頃なのでシルバーとガラスのコンポートを買ってかえる。今度の懐石に使おうと思うのでまだナイショ。
シルバー部分を綺麗にみがいてくださって、これまたうれしいのであった。また通りすがったらみにこなくちゃ。


B2FA48E3-BF85-4436-A960-D424C0F34D83.jpeg



表もかわいいお店なのであった。



「疫病(えやみ)と仏教」〜袋中上人〜だんのう法林寺 - 2020.06.04 Thu



IMG_9448.jpeg



コロナでお籠もり中はいろんなオンライン講座が楽しめたようだが、私も奈良ほどく舎主催、薬師寺・高次喜勝師の講座「疫病(えやみ)と仏教」という講座で勉強した。



IMG_9457.jpeg



オンラインのいいところは、どんな自堕落な格好をしててもいいのと、好きなように飲み食いしながらできることである。で、奈良のお酒「春鹿」のアマビエ様バージョンを入手し、これをちびちびやりながら(^.^) (ちなみにこのお酒の収益の一部は国立国際医療研究センターへ寄付される)



IMG_9454.jpeg



疫病は、歴史的にもくりかえし長く人々を苦しめてきたのだが、今われわれが苦しめられている新型コロナもその一つ。違うのはかつて鬼などになぞらえられてきた疫病の正体写真(電顕写真)を手にいれられていること。正体がわからずただ恐ろしい物としてこわがるより、鬼の形をもたせて恐れる方が耐えやすいのは確か。ましてや現代はあの丸くてトゲトゲの写真をみて、「コノヤロ〜!」と怒ってガス抜きができる。



IMG_9453.jpeg



高次師(月刊「ならら」にコラムも書いておられるよ)が現在一番興味をもっておられるのが袋中上人ということで、彼が京都に開いたお寺が壇王法林寺、と聞いてがぜん私も興味をもった。だんのうさん、と言われて京都の人がまず思うのは「ああ、だんのう保育園」かもしれない。
京阪利用者なら三条京阪駅の出口の前(高山彦九郎像のお向かい)にあるあのお寺、と思い出すだろう。

ちなみにこの絵は「袋中上人絵詞伝」のうち「疫鬼影現」、疫病の鬼が袋中に疫病に効く薬を渡している場面である。



DSC01956.jpeg
(西門 コロナ閉門中)


袋中上人(1522〜1639)は現在のいわき市生まれ、浄土宗を修め、関ヶ原の戦いを機に仏法をさらに学ぼうと明へ渡ろうとされた。時に52歳という。ところが琉球までいったところで渡明できず、琉球で浄土宗の教えを広め、時の琉球王・尚寧王の深い帰依をうけた。

かの有名な沖縄エイサーは袋中上人がひろめた念仏踊りが起源という。これは知らなかった。いつもだんのうさんの前のバス停を利用しているのにそんなこともしらなかったなんて、、、




DSC01958.jpeg
(お寺は閉門中だが保育園の子どもたちがいっぱい)


のちに日本に拉致された尚寧王が京都で袋中に再開した時、その肖像画を描いたものがこのお寺に残っている。



DSC01960.jpeg


袋中上人は3年間を琉球ですごした後、慶長年間いわきに帰らず京都で壇王法林寺を開山する。
のちにここを弟子にまかせて東山五条にあった袋中庵を創建し、最後は京田辺の西方寺で88歳で入寂された。(袋中庵は現在右京区花園にあり山階御流の生け花の家元でもある)



DSC01962.jpeg



その絵詞伝によると慶長年間、疫病がはやって多くの人が命を落とした。そんな中、当時いわきにおられた袋中上人のところに疫神があらわれた。
「どうしてお前は疫病で人を苦しめるのだ?」と上人が聞くと鬼は「我のせいにはあらず。人が悩むぞ。」と答えたという。



DSC01965.jpeg
(修復中の本堂)

これはなかなか哲学的な答だ。
現在にたとえれば、ウイルスはべつに人を苦しめようと思っているわけではない。creatureとして生き残るための営みにすぎぬ。そこに人がいるからそれが疫病として発現してしまう。人が居るから伝染するというのは、このお籠もり生活で身にしみて理解した。
究極を言うと人がいなければ疫病は存在しないわけだ。鶏と卵みたいでどっちが先なんだろうというまさしく禅問答みたい。

答がみつけられぬままであるが、今回の講座では、そこが一番印象に残った。



DSC01971.jpeg


南門
よくこの前でバスを待っております。
こんな見慣れた場所に袋中上人という方がおられて、どんな活動をされたのか、はじめて知ってやっぱり京都は深い、、の思いを強くしたのであった。(あ、奈良も深すぎるわよ)



DSC01973.jpeg


(おまけ)

だんのうさんへ行かれるときは東隣の篠田屋さんへも是非。ここの皿盛はすごいボリュームで、庶民の味と昭和レトロな店内は感動します。





生活圏内での花見にはことかかないのよ - 2020.04.04 Sat

毎年身近の桜を楽しむ。
紅葉とちがって、早い遅いはあっても桜には出来不出来の年の差はないようだ。

こんなご時世だから、ことさらに人ごみの多い名所へわざわざ出かけることもあるまい。私はありがたいことに生活圏内で十分美しい桜が楽しめる。愛でるのも地元の人だけというひっそり咲く桜もある。

   年々歳々花相似 歳々年々人不同 

私もまた一つ歳を重ねた。とりまく環境も年々かわって「歳々年々人同じからず」だ。



DSC00691.jpeg



さて、今年の身近の桜はどうだろう。

これは夕刻の賀茂川べり、加茂街道沿いの御霊通りあたり
向こうに大文字もみえる。昨年の夏はこのあたりで送り火を見た。



DSC00696.jpeg



まだ桜の日の浅い頃、蕾も多い。


DSC00760.jpeg



長いこと改修工事で立ち入れなかった京セラ美術館(旧市立美術館)の疏水べりの桜も、今年は久々に楽しめる。



DSC00762.jpeg



観光客は少ないながら桜十石舟は疏水を走る。
毎年夜桜の頃には予約しないと乗れなかったが、空席が目立つ。



DSC00768.jpeg



ある日の鴨川べり
桜はシルエット、三日月と木星?が背景
この景色がチャリ圏内で手に入る幸せを思おう。



IMG_8992.jpeg



(桜・休憩)

書き落としの振り出しに裏庭のリュウキンカ



P1020110.jpeg



徒歩圏内の桜とくれば、東山
山のあちこちに桜が見える。



P1020113.jpeg



その麓の哲学の道である。
学生時代はこの畔に住んでいた。南端の若王子神社は桜花祭りの幟は立つも、祭は中止。それでも桜はコロナなんてどこ吹く風、で咲く。



P1020115.jpeg



疏水に沿って北上、今年はほんとうに人が少なくてゆっくり花をめでる。



P1020120.jpeg



レンギョウ、ミツマタ、ハナニラ、スミレ、早くもシャクナゲまで咲いていた。



P1020123.jpeg



ああ、ここは本当に美しいなあ。
近年観光客多すぎて近づきがたかったのだが、いいのかわるいのか、これも桜はしらんふり。



P1020157.jpeg



疏水縁のねこ
お外で毛繕い中 あったかくなったもんね。



IMG_9040.jpeg



若王子から北上するとき西に見えるこの光雲寺の桜(ソメイヨシノではない)は、哲学の道の景観ナンバー1をあらそうね。



IMG_9039.jpeg



疏水からはずれて木の下まで眺めに行く。
東山を背負ってなんと圧倒される花の渦!



IMG_8994.jpeg



(桜・休憩)

裏庭に年々繁茂し続ける白雪芥子
伊賀の花入



P1020033.jpeg



桜の季節、鴨川があればよそへいかなくてもいいや、と毎年思う。
今年は高野川(鴨川の上流は出町で分岐して東が高野川、西が賀茂川となる)に沿って歩く。



P1020066_202004012304269f2.jpeg



高野川にはいつも利用する川端通りが沿って走る。ここの桜並木は昔から有名だけれど、川端を車で通り過ぎながら見るだけであった。今年は川の方から見てみよう。



P1020053.jpeg



こちら側から見る景色は新鮮。
例年ならもっと花見の人が多いのだろうか。



P1020071.jpeg



左岸(東)を出町から北大路まで行って、今度は右岸から下る。こちらからみる左岸の眺めもまたよし。右岸は下鴨の高級住宅街が広がるので、高野川に面した大きなお庭をお持ちの家も多い。このお庭の花を楽しむもまたよし。



P1020074.jpeg



桜の下に自転車を停めて語らうもまたよし。こういう景色もまた好きだ。


P1020084.jpeg


(桜・休憩)

有名な枝垂れのある本満寺の駐車場のねこ



P1020094.jpeg



寺町の名前にふさわしいお寺さんがならぶ寺町今出川上ルの本満寺
普段はしずか〜な小さな日蓮宗のお寺
桜の季節だけ、カメラをかかえた人が集まる、、といっても京都の人がほとんどではないだろうか。



P1020097.jpeg


なかなか見事な枝垂れ桜

この桜が有名なのは、かの円山公園の枝垂れの姉妹桜だからなんだそうだ。(樹齢90年)
このちかくに、すてきな茶会をときどき開いてくださるNN居さまのお茶室があるので、このあたりちょこちょこうろつくようになったのは昨年あたりから。だからこの桜ははじめまして、だ。



P1020106.jpeg



岡崎の満願寺
ここも日蓮宗の寺だが、観光客はまず来ない。(地元の人もあまり来ない)ここにも見事な枝垂れがあるのだが、私はこの山門のソメイヨシノが大変好きである。(時々猫にも会える)



P1020166.jpeg



毎年今年は枯れてやしないか、切り倒されてやしないか、ドキドキしているロームシアター東側(細見美術館の北)の枝垂れ、今年もなんとか美しい姿が拝めた。ここは長らく空き地になっている。マンションやホテルになったら、この桜ピンチやな、、、



P1020169.jpeg



これもロームシアター東側〜冷泉通りへ
岡崎疏水が直角にまがる部分で、ここの水流はみていると面白い紋様を描くので、花筏のころもう一度こよう。



P1020176.jpeg



知る人ぞ知る、おそらく地元民でもあまり知られていないとおもわれる東山二条の妙伝寺の紅枝垂れ!(妙伝寺は南座顔見世のまねきが書かれるお寺だよ)
これはお寺の表からはほとんど見えない。裏の駐車場から見るのであるが、、、



P1020177.jpeg



知ってる人の少ないまま咲いているのがもったいないくらいお見事!



P1020174.jpeg



ロームシアターの東を流れる疏水べりの桜も有名
仕事帰りにバス停1,2ずらしてここの夜桜を見て帰るのも、この季節の楽しみ。



P1020175.jpeg



(桜・休憩)

、、、、の前の疏水の魚をねらうアオサギと白サギ



DSC00777.jpeg



最後に、これが仕事帰り楽しみにしているその夜桜である。
ああ、もうよそいかんでもええわ。




木津の流れ橋(上津屋橋) - 2020.03.28 Sat

浄安寺の近くに時代劇のロケでも有名な「流れ橋」があるので足を伸ばした。
全長356m、てすりのない木製の長い橋で、木津川をまたいで久御山と八幡市を結ぶという。


DSC00616.jpeg



木津川べりに近づいてみると、、、おや〜茶畑が!
そして遙か向こうにみえてくる流れ橋(正式名称は上津屋・こうづや・橋)



DSC00627.jpeg



茶畑は本格的で、川の土手にあるなんてかなり意外だが、水辺の砂地で作られるお茶を「浜茶」(対して山間部のは山茶)といって、割とあるそうなのだ。さすがお茶の城陽市が近いだけある。


さて、その流れ橋だが、、、、


DSC00618.jpeg


あれ〜〜?!
通行止め!

昨年の秋の台風で文字通り「流れて」しまって、現在復旧作業中なのだ。渡れないのは残念!
この橋、昭和28年の竣工以来なんと23回も流出しているという。


DSC00620.jpeg


横から眺める流れ橋。バイクのおじさんがいるのでその大きさがわかるかな。
しかもあたりに電柱1本、高い建物ほぼゼロ、この景色、時代劇を見るときに絶対一度は見てるよね。
あ〜わたってみたかった!


DSC00625.jpeg


流れ橋のメカニズムは、橋脚のみ固定、固定されていない橋桁が増水によって浮き上がり流れる(ワイヤーで固定されているのでどっか行ってしまわない)ことによって、水の抵抗を抑えるというもの。あとで橋桁はワイヤーをたぐってまた載せる、、、というものらしい。



DSC00629.jpeg
(木津川べりの散歩道)


近年ゲリラ豪雨とか、流される頻度が激しくなって、そのためにたくさんの費用がかかるため、固定橋にしようという話がもちあがったらしい。しかし、流れ橋という現代に珍しい橋でもあり、その景観を流されても見に来る人があとをたたないので、存続を願う声が多く、残すことになったそうだ。これはめでたい。(橋としての機能は近くに第二京阪道の橋があるのでノープロブレム)こんな景色が今の日本にあること自体が財産だと思うね。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (286)
茶事(亭主) (43)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (71)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (75)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (10)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (92)
奈良散歩 (48)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
コロナ下の祇園会2020 (0)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR