fc2ブログ
topimage

2024-02

修二会2023〜2月28日<参籠所入り〜湯屋〜大中臣の祓> - 2023.03.03 Fri

28日、翌日からいよいよ修二会本行が始まる前日、練行衆の方々は戒壇堂の別火坊をでて参籠宿所入りされる。以後満行まで結界の外にでることはない。


IMG_1697.jpeg


練行衆が到着するまでに荷物を宿所に運び込み、空の箱を仏餉屋に運び入れる童子さん仲間さんたち。


IMG_1695.jpeg


15時別火坊をでられたとおぼしき時間の少し前、今回参籠されないお坊さん、長老の方々が参籠宿所前に三々五々おいでになる。かれらを娑婆古練という。


IMG_1702.jpeg


15時過ぎ、意外と早く参籠所にご到着


IMG_1700.jpeg


練行衆は娑婆古練に黙礼して宿所入りをされる。


IMG_1710.jpeg


無事入所を見届けて自坊にお帰りになられる方々、これだけの長老さんに一度にお目にかかれる機会はめったにない。長老さん方はかつて練行衆をつとめられた強者ばかりである。良い天気につい頬も緩む。


IMG_1715.jpeg


16時過ぎからの湯屋での入浴のための準備が湯屋でおこなわれる。この井戸が使われるのは修二会の周辺の期間中だけである。


IMG_1714.jpeg


湯屋の中


IMG_1719_20230301230225450.jpeg


童子さんが練行衆の食堂作法につかわれる飯盛の器を運んでおられる。


IMG_1720.jpeg


この童子さんは中灯(ちゅうどう・練行衆の役職で主に書記)の童子さん、書記だから常に灯りを手元に、、という意味で灯明の紋がおしゃれ。


IMG_1718.jpeg


この前注連縄撒きをされてた堂童子さんも正装の白い衣。これが満行近くなると煤で真っ黒になるのだ。


IMG_1724.jpeg


湯屋の前に仲間(ちゅうげん)さんたちが湯帷子や手ぬぐいを持って待ち構える中、宿所の「お湯屋へござろう〜お湯屋へござろう〜!」の駆士の声が聞こえる。


IMG_1726_20230301230231e92.jpeg


一斉に湯屋へ入浴に向かわれる練行衆たち。


IMG_1735_20230301231046ed0.jpeg


仲間から湯帷子など受け取って、四職は右の障子から、平衆は左の障子からはいるのだそうだ。(ここのところ10歳からお水取りにはまっているという方に教えていただいた)


IMG_1732.jpeg


一人ぽつんと取り残される処世界さん。
これが今年のハイライト!
これは新入さんが居るときだけの作法で、「湯屋の場所がワカリマセン」で途方に暮れているというシーン(もちろんマネ)。前回の望月師の処世界入り以降だから3〜4年ぶりかな。(望月大仙さんは今年権処世界に昇進)


IMG_1734_202303012310432b5.jpeg


今年の和上上司師のご長男、初の練行衆入りである。


IMG_1742.jpeg


そこへ駈士が迎えに来て、、、

IMG_1746_20230301231050d04.jpeg


無事湯屋へ先導されました、、、という小芝居(^_^;


IMG_1753.jpeg


15分ほどの入浴終了し、手ぬぐいなどを仲間にわたして参籠所へお帰りになる。

IMG_1755.jpeg


18時からの大中臣の祓に向けて待っていると湯屋の煙だしの窓から、夕日が差し込んできて美しかった。


IMG_1754_20230301231053ec3.jpeg


大中臣の祓松明到着


IMG_1684_20230301230211444.jpeg


待っている間に細殿の庇に松明の火除けのカバーを発見。こんなんこの時期しか見られないよ。


IMG_1762.jpeg


松の木片に火をつけて、


IMG_1763_20230301231059e0f.jpeg


小綱が持ち、松明に火をつける。祓の間小綱さんはずっとこれを捧げ持つのである。


IMG_1765_20230301231059095.jpeg


「お祓いにござろう〜お祓いにござろう〜」の合図で和布袈裟(めげさ)をつけた練行衆が細殿の北側の壁に一列に蹲踞する。(この角度からは和上しか見えないが)


IMG_1772_2023030123111779d.jpeg


祓えは咒師が行う。その間他の練行衆はずっと数珠をすり続ける。


IMG_1773_20230301231120033.jpeg


ここで大中臣祓詞を黙誦するがその前に和布袈裟を肩からはずす。これは大中臣祓詞が神道のものにより、ここで僧侶ながら神官の役目を担うからと言われる。


IMG_1775_20230301231121002.jpeg


黙誦なので声は聞こえない。
これにより翌日深夜より上堂する練行衆と、この場を修祓する。


IMG_1779_20230301231123e29.jpeg


今年の咒師は上野師(娑婆古練に杖をついて出てこられた道善師の息子さんかな)





動画も是非。


IMG_1786_20230301231126a74.jpeg


祓が終わると気づかないうちに日が少し暮れていた。ここで最後の結界が参籠所前に張られた。


IMG_1787_202303012311265fa.jpeg


中天に半月。


IMG_1781_20230301231123a96.jpeg


帰り道の裏参道からの夕焼けが息をのむほど美しい。
明日からの本行、無事満行されますように。


(そして深夜開白上堂にでかけるわたし、、、続く)


修二会2023〜注連撒き - 2023.02.26 Sun



IMG_1491.jpeg


注連縄撒きは14時からと聞いていたが今年は14時半くらいに登廊からようやく注連縄を持った湯屋童子と堂童子が姿を見せた。


IMG_1498.jpeg


一昨年はコロナバージョンで輪注連は撒かず、長い注連縄だけを形だけ撒かれたので、今年のフルバージョンは初めてだ。これが輪注連かあ。


IMG_1513.jpeg


まずは二月堂北にある遠敷社にお参りされたあと、堂童子が輪注連を放り投げる。下で湯屋童子が受け止めるが受け止めきれず下におちたものは「塵」といって、結界に使ってはならないので、参拝客にわけてもらえるのだが、今年はえらいたくさん、気前よく落として、、、配ってくださった。





動画も上げておく。「塵が出た!」と言っておりますね(*^_^*)


IMG_1516.jpeg


輪注連は練行衆を今年出す塔頭の玄関や、石灯籠の頭などにおかれるのだ。


IMG_1519_20230221235919c7f.jpeg


続いて南の飯道社へお参り。般若心経を唱えておられるらしい。


IMG_1525.jpeg


こちらでも注連縄撒き!

IMG_1527.jpeg


私も塵、ゲット!
独特の紙幣と榊の小枝付きである。


IMG_1529.jpeg


それから湯屋童子さんたちはせっせと結界張り。


IMG_1539.jpeg


二月堂南西の角から張られた結界


IMG_1549_20230221235930da3.jpeg


裏参道の中性院前に張られる結界


IMG_1551.jpeg


これで二月堂周辺は清浄な聖域となって、本行の日を待つのであります。

(今回たくさんの修二会オタクさんに出会えてうれしゅうございました!)




修二会2023〜社参〜試みの湯 - 2023.02.25 Sat

今日はお坊さんの行列の写真だけです。(^_^;
オタクにおつきあいください。


IMG_1432_20230221235333290.jpeg


21日
東大寺戒壇堂、修二会に参籠される練行衆の別火坊(行にはいるまえの潔斎期間)、ここから13時、練行衆の方々が駈供・仲間(いずれも練行衆に仕える役)を伴って社参にでかけられる。初めてのそろい踏み(新入だけは未だ)なので、NHK他報道機関も待ち構えるが、一般人は、、、来てるのはよほどのオタクよね〜。


IMG_1433_20230221235335a15.jpeg


焼けなかった若草山(今年は追い焼もしないらしい)と大仏殿、陽光は春であるが、この日は小雪すらちらつく寒い寒い日で、修二会の前行スタートに似つかわしい気がした。


IMG_1437_20230221235337d19.jpeg


来られました、今年の行列。
和上は上司永照師、大導師の森本公穣師が続く。


IMG_1439_20230221235339ebf.jpeg


いや〜いよいよ始まりましたねえ。



IMG_1443_2023022123534080b.jpeg


八幡殿参拝
行の無事完遂を祈る。修二会は完全な神仏混交なので、柏手を打つ。ここの奥には僧形八幡神像(国宝)が祀られている。


IMG_1445_20230221235341129.jpeg


八幡殿を後にして大仏殿へ向かう。


IMG_1450.jpeg


大仏殿の回廊の背景が絵になる。


IMG_1449_20230221235343a01.jpeg


平衆(四職以外)は法螺貝を持って、要所要所で吹き鳴らす。


IMG_1453_202302212353450f0.jpeg


大仏殿から先回りして、二月堂への階段で待ち構える。


IMG_1454.jpeg



IMG_1459.jpeg


ついて行く方も結構たいへん、皆様とても足がお早いのだ。


IMG_1460.jpeg


奈良太郎(国宝の梵鐘)の横を通って、いよいよ二月堂の前へ。


IMG_1467_202302212353524d7.jpeg


二月堂前の開山堂へ参拝


IMG_1468_20230221235353524.jpeg


その後湯屋(風呂 写真見たら意外と近代的風呂だった)に入り<試みの湯>という入浴。

これは練行衆一人一人に最終的に参籠の意志を確認する儀式なのだそうだ。もちろん中はのぞけないが、耳をそばだてて中でよまれているであろう「祝儀の詞」を聞き取ろうとするオタッキーな方も(^_^;おられた。



IMG_1474.jpeg


ここで20〜30分、それから二月堂へ上られるが堂内には入らない。


IMG_1479.jpeg


二月堂北西の角で聖武天皇陵遙拝、これは今年初めて見た。


IMG_1483_2023022123535741f.jpeg


二月堂からおりて、、


IMG_1485_20230221235359fa4.jpeg


興成社へ参拝、それから別火坊に帰られ今年の新入(処世界・上司永観師 和上のご子息)が重衣を初めて身につける祝儀があるのだそうだ。

そののちに二月堂周辺に結界が張られる。その注連縄を撒く儀式に続く、、、




二月堂修二会2023〜油はかり - 2023.02.22 Wed

2月18日観音様の御縁日に油はかりがおこなわれる二月堂。


IMG_1305_2023021922302035d.jpeg


すっかり竹矢来もできている。(われらがニコ動小屋も完成していた)

東大寺修二会に、色々な方面でご奉仕する講の一つが百人講、修二会の行法の間、観音様に捧げるお灯明の油を献じるお役目を代々(少なくとも200年以上)になっておられる。その行法中に使われる油を量るのが油はかりである。

これに通い出してもう4年になる。2021年にはコロナで、講の方は手が出せず見守る中を堂童子や練行衆の堂司さんが油はかりをするというレアな場面も拝見した。今年は例年通りである。


IMG_1338.jpeg


朝10時、二月堂の石段を登ってくる百人講の方たち。今年は若い方も初めてご参加だ。


IMG_1379_20230219223025bb0.jpeg


堂内の18日法要が終了すると二月堂南出仕口の扉を堂童子がひらき、油量りが始まる。


IMG_1373_20230219223025883.jpeg


使われる灯油は、現在は愛知の岡崎のここだけが作っていて、東大寺、伊勢神宮、宮中祭祀にしかつかわれないという製法は企業秘密の油である。


IMG_1382_202302192230286aa.jpeg


この棒で量を量る。
新人さん、Sさん(百人講のお世話役)のご指導の下がんばってはる。



IMG_1392_20230219223031e9e.jpeg


これを二月堂常什の油壺に移していくのだが、壺は全部で3つ、それぞれ一斗(18L)、一斗二升、一斗三升と3回。


IMG_1381_20230219223029117.jpeg


今年の見所はもう一つあって、かの声明の声が素晴らしくすてきな上司永照師が練行衆のトップの和上をされるのだが、その息子さんの永観師が処世界(一番下っ端(^_^;?)として新入されるのだ!
その処世界さんが立っている白い法衣の方。前に座っておられるのが堂司(四職のひとり、偉い人)の池田師。絵になる構図。


IMG_1389_20230219223032222.jpeg


量った棒はていねいに拭き取る。


IMG_1364.jpeg


油壺は童子さんの手で運ばれて修二会まで堂内に安置される。


IMG_1396.jpeg


油はかり終了、二月堂の扉は、、、


IMG_1399_20230219223035189.jpeg


また静かに閉じるのであった。


IMG_1403.jpeg


一年に一度しか開けられない箱の中を拝見、また来年。
ちなみに百人講の文字は長老の狭川普文師。


IMG_1402.jpeg


箱は二月堂の石段をまた降りていく。



IMG_1406.jpeg


修二会の支度がだんだんと完成する。
いよいよ。



修二会2023〜山城松明講竹送り - 2023.02.16 Thu

2月11日には修二会に使われるお松明用の竹が京田辺から送られる竹送りの日である。



IMG_0907.jpeg


昨年はコロナで関係者のみの竹送りになったが、今年は例年通りと聞いて10:00AMに転害門までいったのだが、、、あれ?なんか今年もここスルー?


IMG_0890.jpeg


どうしよ、と思っていたら転害門の隣の転害門観光案内所の方が親切に本日の竹送りの日程表をくださった。で、あわてて東大寺南大門まで走る(結構距離ある)


IMG_0908_20230211220418e01.jpeg


南大門で待つことしばし、予定よりかなり遅れて駐車場に竹送りの山城松明講の軽トラが到着。(10:30過ぎ)


IMG_0913.jpg


今年の例年通り、というのは京田辺の普賢寺周辺から早朝に竹を掘り出して奈良阪を越え、二月堂に送る、までが例年通りだった模様。(恒例では転害門でセレモニーがあるらしいのだが、まだ見たことがない)


IMG_0928.jpg


竹は南大門をくぐる。


IMG_0951.jpeg


大仏殿前で10分休憩


IMG_0947_20230211214734d58.jpeg


この竹送り、かつては信者や村人がてんでばらばらに順番に運び込んでいたそうだ。


IMG_0952.jpeg


120年ぶりに竹の花が咲いて全国的に竹が枯死した後とだえていたが、山城(正確には京田辺市)が声をあげ、45年前に復活したという。


IMG_0568_202302112147213a2.jpeg


さあ、最終ルート出発。


IMG_0961_20230211215028931.jpeg


大仏殿の脇に回って二月堂をめざす。
階段もあってしんどいよ。


IMG_0967.jpeg


奈良太郎(東大寺梵鐘・国宝)も過ぎる。


IMG_0570_202302112147227c1.jpeg


実はこの竹かつぎ、観光客もいっしょに担げるのだ。というので、すかさず担ぐ。まあ、ほんのちょっとの距離だけれど(^_^;


IMG_0978.jpeg


最後の階段


IMG_0981.jpeg


二月堂に到着!


IMG_0989_20230211215038cbc.jpeg


先に車で搬入されていた竹と南大門から運んだ寄進竹3本、、、


IMG_0985.jpeg


と、思ったらもう一本、京田辺の小学生達が運んできた。みんながんばった〜!


IMG_0573_20230211214725350.jpeg


一応そこで解散になるが実は最後のお仕事があって、参籠所前の竹置き場まで運ぶのだ。これは去年は数少ない関係者だけでやってはって、重そう〜だった。


IMG_1005.jpeg


次々運ばれる竹をたてかけて、固定していく。


IMG_1010_20230211215043fb4.jpeg


今年の大松明(今年は拝見できません)用の竹はもう決まっているとのこと。


IMG_1018_20230211215045532.jpeg


出番を待つ竹もせいぞろい

IMG_0992.jpeg


いよいよ修二会始まる。

<おまけ>

竹をかついで疲れたので(ウソ(^_^;)戒壇堂近くの工場跡寺務所カフェへ。
いつもは満席でなかなか入れないことも多いのだが、ありがたいことにすんなりと。


IMG_0902_202302112147276ff.jpeg
(乳酸菌飲料の工場の事務室部分がカフェになっている)


奈良も大仏殿周辺は帰ってきたインバウンドも含め混雑していたが、ここまでくるとほぼ観光客の姿はなく、大好きな奈良のゆるい雰囲気が楽しめるのだ。



IMG_0904_2023021121472898a.jpeg


で、勢いで、これも転害門近くの千壽庵吉宗で古都華(イチゴ)のチョコかき氷なども完食してしまうのであった。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (411)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR