fc2ブログ
topimage

2013-06

茶杓を削ってみた - 2013.06.03 Mon

始めて茶杓削りをしてみた。ほんとうは先達はあらまほしき、、、なのだが、全くの我流でやるとどうなるのか?

P1060376.jpg

実は3年近く前、この家と茶室が完成したお祝いに設計・監督してくれたI君にいただいたのがこれ。茶杓の長さにカットした竹の先をすでに撓めてあるありがたいもの。同じく茶道を学ぶ者としてなんてナイスなセンスでしょう!(おまけに私の力量もわかってるね(^_^; 全くの初心者、ひとりでやるには竹を曲げるところからは荷が重すぎますもの。)

P1060378.jpg

やっと、削ってみようかと、十分竹も?気持ちも熟成した頃、ホームセンターで買った小刀で削り開始。
しかし、この竹、なんともよい風情をしているではありませんか。染み竹というのだそうです。
真竹の寿命、120年の老齢期に、竹の表面に茶褐色のまだらな模様が現れるそうで、そういう竹を「染み竹」とよぶのだそうな。いいのかしら、そんな貴重な竹を初心者が削って、、、

P1060383.jpg

といいつつもサクサク削る。竹の繊維は縦なので縦方向はすんなり削れるが、これに垂直に削ろうと思うと力がいる。、、、で、当初予定したラインにはちっとも仕上がらないのよね。
いったいどんな茶杓を作ろうとしたのか、当初のプランなんかもうどこへいったやら。

P1060389.jpg

でも竹の厚みを削っていくのは楽しかった。特に櫂先。小学校の頃の彫刻刀の感触なんか思い出したりして♪

IMG_1430.jpg

というわりには、あまり美しくない櫂先裏、、、、、(T_T)

IMG_1429.jpg

節の裏。ほんとうは蟻腰を無謀にもめざしたのですが、これ以上刳りをいれようとすると、節でぽっきり折れるか自分の指をさっくり行きそうだったので、不本意ながら直腰。

IMG_1432.jpg

なんとか見よう見まねの似て非なる切り止めの五刀。

IMG_1426.jpg

サンドペーパーで磨いてとりあえず完成。
脳内イメージではもっと細くて繊細な利休形、、、、のはずだったのに。しかしながら初めて削ったものだと思えばいとおしいではありませんか。共筒がないのが残念なくらい。(うん、そうだ、今度は共筒にも挑戦しよう←調子のりすぎ)

IMG_1428.jpg

さて、銘を、、、、

櫂先の染みの中をとおる白い筋が、なんだか水にうつった月光のようなイメージがわいてきたので、「月の舟」とつけることにいたそう゚.+:。(*´v`*)゚.+:。♪

あと「天(あめ)の海」「星の林」の三部作、もしくは「雲の波」をいれて四部作にしちゃうんだ。むふふふ。
(万葉集、もしくは柿本人麿ファンなら、はは〜ん、、とピンとくるはず)

偉い茶人が手づから削った茶杓を贈るのは、もらったほうにも特別な意味があったでしょうが、われわれのような者が作る茶杓は個人の楽しみでしかありません。でも、好き勝手に銘をつける権利があるってなんて楽しいのでしょう。それを茶席で使って、仲間内でその銘の意味をわかちあえるとしたら、それもまた楽しい茶会になるのではないかしら。

IMG_1396.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (14)
茶の湯 (394)
茶事(亭主) (84)
茶事(客) (176)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (94)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (109)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2023 (32)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (14)
美術館・博物館 (144)
奈良散歩 (133)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (60)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (11)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
有田2022 (1)
熊野三山巡り (2)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (5)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR