fc2ブログ
topimage

2013-07

祇園会・二階囃子の夜〜(付)大船鉾展示 - 2013.07.07 Sun

祇園祭の吉符入りが終わると(実は6月の末ぐらいからぼちぼちと)鉾町では夕暮れに会所の二階でお囃子の練習が始まります。会所の二階(のことが多いので)なので「二階囃子」とよばれます。

夕暮れに、薄暗くなった通りのあちこちから聞こえてくる♪コンチキチン、、、をたよりに逍遙するのも祗園さんの大きな風情のある楽しみであります。

IMG_1826.jpg

鉾の辻と言われる四条烏丸の交差点から、もうコンチキチンは聞こえてきます。ここから西へ行ってみましょう。

まずは交通量のはげしい四条通りに面した北側に函谷鉾。

IMG_1829.jpg

斜め西向かいに月鉾。ここはまるっきりビルの中。
さて、少し風情をもとめて小さな小路に入って行こう。

IMG_1831.jpg

新町通りを南へ。
あ、ここでも聞こえる太鼓・笛。鉦の音。

IMG_1830.jpg

電柱の先はもうすでに山鉾巡行にそなえ、ネットで養生してあります。

IMG_1832.jpg

これは昨年唐櫃(ご神体をおさめる)巡行で約150年ぶりに巡行に復帰した、大船鉾の二階囃子。
来年はいよいよ鉾として巡行復活、さらに後の祭のしんがりをつとめる大役をになった鉾なんです。(神功皇后参観征伐凱旋の船)

IMG_1837.jpg

さらに南へ行くと船鉾の会所。
こちらはさきの祭のしんがりです。(同じく神功皇后出征の船)
ここは町家の会所で良い雰囲気です。思わず足を止めて聞き入っている通行人もチラホラ。

IMG_1836.jpg

この船鉾が巡行の日の朝、細い新町通りから四条通りにぬ〜っとのり出す姿は感動モノです。

IMG_1841.jpg

この少し南、木乃婦さんもはや祇園祭仕様。ここは近代的ビルなのに、こうしてみると町家のお屋敷みたいだなあ。

IMG_1844.jpg

綾小路を少し東へ行くと鶏鉾のお囃子。
ここも町家ではなくてビルですが、ビルとは思えない良い雰囲気ですね。

IMG_1845.jpg

お囃子は鉾毎に微妙に違うらしいのですが、音痴なわたしにはよくわかりません、その違い。
まあ、どの鉾のお囃子でも心躍るのダ。

IMG_1847.jpg

そのまま室町を四条を越えて北に上がると、銘菓「したたり」が有名で宵山呈茶のある菊水鉾さん。
階段をあがらないと音はすれども姿はみえない、、のですがそれもまた不思議な感じでよいではありませんか。本所七不思議の狸囃子みたいな感じで(^_^;

IMG_1850.jpg

新町蛸薬師上がるのりっぱな町家は吉田家、山鉾連合会の吉田会長のお宅です。宵山にはここで屏風祭が見られます。

IMG_1854.jpg

その吉田家のご町内は北観音山。後の祭りの二番目、くじ取らずの山です。
昨年はここの勇壮な真松立てを見ましたっけ。(→☆


IMG_1856.jpg

お向かいが病院なので、聞きに出てこられる入院患者さんも。私もしばらく病院前の植え込みに腰掛けて祗園囃子を楽しみました。

IMG_1858.jpg

さらに南へ行くと南観音山。
宵山の夜ともなるとあばれ観音を一目見ようと、このあたりおすなおすなのすごい人だかりができるのですが、今はそれがウソのよう。

IMG_1860.jpg

とても残念なのが今年は二階囃子も会所にあがるのも中止された放下鉾(保存会と囃子方で昨年トラブルがあって大問題になった)。ここの二階囃子もとても風情があるのに悲しいかな、閉じられたまま。

IMG_1867.jpg

さて、もうすっかり暗くなった四条通りにまた出てきました。いまいちど月鉾を眺め、

IMG_1869.jpg

函谷鉾をあおいで、四条室町の角にある、レトロ〜な昭和の食堂で「中華ソバ」をいただいて鉾町逍遙の〆といたしました。

<付録> 大船鉾展示

禁門の変でご神体の神功皇后はからくも助かったものの、鉾の大部分は灰燼に帰してしまった大船鉾。
各関係者のご努力により、いよいよ来年、150年ぶりに巡行復帰です。
それを記念して、あらたに作られた船鉾を展示してるのがどこだかわかりますか?

P1030700.jpg

ななな〜んと!京都駅前のヨドバシカメラビル(私らには旧近鉄ビル、というよりも旧丸物ビルだなあ〜)の一画に!しかも無料です。ヨドバシカメラ、太っ腹!

P1030702.jpg

祇園祭の歴史や大船鉾の装飾品、ご神体についてレクチャーしてくれる画像展示もあって、なかなか充実してます。

P1030705.jpg

おちかくにおいでの節は是非!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR