topimage

2017-02

節分2017〜その2・吉田神社復活!火炉祭 - 2017.02.06 Mon

大学入って京都に来たときから、節分祭といえば必ず吉田神社だった。
だってキャンパスが目の前だもん。

一時はここの氏子でもあったので必ずお参りする。仕事で昼間来られないこともあるが、ここはけっこう遅くまで賑やかなので夜はかならず。




IMG_5527.jpg



実は祭の数日前にもおじゃました。

3年前、燃えた灰の処分をめぐって京都市ともめて、一昨年、昨年と例年の大お焚き上げの火炉祭は中止になり、かわって、おさめられた古い御札は京都市のビニールゴミ袋につめられて、つみあげられているだけ、あまりのショボさに泣いたわ。

どういうやりとりがあったにせよ、とりあえず火炉祭復活、ばんざい!




IMG_5530.jpg



この日はお祭りの時に参道を照らす○○協賛の雪洞に職人さんが字入れをしていた。



IMG_5531.jpg



こういう風景はふだんはお目にかかれない。貴重な機会であった。




P2030091.jpg



さて当日、火炉祭は23時からなので、夕刻先にお参りだけすませようとやってきた。
う〜〜ん、、、例年になくおさめられた御札、少ないやん!
復活した、ということが周知されてなかったのか。ちょっと迫力ないかも〜。




P2030092.jpg



それでもお参りする人はけっこう多い。市外から来ている人も外国人観光客もいてるのだ。



P2030097.jpg




古い御札をもってないのでせめて火炉にいれてもらおうと、護摩木を一本奉納す。




P2030098.jpg



大元宮へ行く前にまずはここよね、の菓祖神社。



P2030099.jpg



不老不死の果実をもとめて、唐土へ渡った田道間守(たじまもり)をお祀りする。




P2030100.jpg



田道間守がもちかえったのが”ときじくのかぐのこのみ”(非時香具菓)
今の橘とされるので、ここの神社の紋は橘。

お茶してると和菓子は切っても切れない縁があるものね。大好きだし。(洋菓子はいまいち好きでない)



IMG_5631.jpg



ここで駄菓子と小豆茶をいただくのも恒例。



P2030102.jpg



1年に、節分祭の3日間だけ公開される吉田神道中枢部・大元宮。今年も無事一年生かされて、お参りに来ることができました。感謝、感謝。




P2030108.jpg



参道の河道屋の年越し蕎麦も毎年いただく。
立春から新しい一年が始まるので、その前日は年越しになるのだ。




P2030002.jpg



一度帰宅して、夜ふたたび火炉祭のためにお参り(自転車でちょい、の距離なのよ〜)
ああ、あの字を書いてはった雪洞に灯がともってるわ。



P2030004.jpg



22時過ぎだというのに、火炉祭目当ての参拝客はけっこうたくさん。




P2030003.jpg



ありゃ〜、、、w( ̄o ̄)w
火炉祭直前になっても、これだけかい?

いつもは上まではみでるくらいぎっちぎちなのに、、、



IMG_5638.jpg



そろそろ人が集まってきた。押しくらまんじゅうしながら点火を待つ。




P2030009_201702051338210cd.jpg



おお〜〜!!
火炉祭復活だ〜〜!!ばんざーい!\(^o^)/



↓  でも例年はここまで古札があふれてた、、、(^◇^;)

かろさい17





P2030011_20170205133823419.jpg



大勢の参拝客はゆっくりゆっくり進んで、火炉の前まで行くことができる。




P2030016.jpg



それなりに綺麗だが、、、、やっぱり量的に迫力ないのが残念。




P2030017.jpg



そばにいくと顔が熱くなるほどの熱気。



P2030020.jpg



ここでひとまず火炉にお別れして二度目の大元宮参り。




P2030021.jpg



吉田の松井酒造さん、今年も升酒売ってはる。濁り酒をいただく。




P2030023.jpg



夜の大元宮はなかなか雰囲気がある。



P2030028.jpg



日本全国の(残念ながら蝦夷だけはない)八百万の神を勧請したお社。



P2030027.jpg



考えて見れば吉田神道は室町に成立した比較的新しい神道なのだが、その教義はユニークで、きっと勉強したらおもしろいのだろうな。




P2030029_20170205133910846.jpg




帰りの参道は日付が変わろうとしているのにまだこんな人混み。
だれもが新しい春を感じてうきうきしているのかもしれない。




P2030031.jpg



火炉の火も少し落ちてきた。




P2030032.jpg



日付変わって立春大吉。

またこの一年も楽しく元気にすごせますように。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (198)
茶事(亭主) (22)
茶事(客) (56)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (6)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (47)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (30)
京都めぐり2017 (13)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (44)
奈良散歩 (16)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (33)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (18)
ギャラリー (2)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR