topimage

2017-03

市比賣神社〜ひいなまつり - 2017.03.06 Mon

P3030061.jpg



河原町五条下るに市比賣神社がある。
前々から名前だけしっていたが実は行ったことがない。




P3030052.jpg




3月3日にひいなまつりのイベントがあると聞いて、休みも重なったことだし、いそいそと。




P3030045.jpg



境内には古いお雛様がたくさん飾られていた。

ここは女人守護の神様、雛祭りはまさにふさわしいイベント。

しかし、延暦14年(795)、藤原冬嗣が垣武天皇の命により、官営市場東市・西市の守護神として創建されたのが初めなので、本来は市場の神様。




P3030057.jpg




ところが、御祭神は全て女神様なので、女性の守り神とされ、子授け、安産の御利益があるとか、歴代皇后の信仰も篤かった。(現在も「皇后陛下勅願所」)

今も湧く境内の天之真名井の水は歴代天皇の産湯に用いられたそうだ。
(そういえばNHK「京都人の秘かな愉しみ」にも水の女神様としてでてきたな、ここ)




P3030055.jpg



姫ダルマのおみくじの入れ物には祈願を書いてここにおさめる。
真っ赤でかわいい。


さて、ひいなまつりのイベントは河原町をはさんだ反対側のひと・町交流館にて開催。(参加費用2000円)



P3030062.jpg




まずはお雛様のお菓子と言えばこれよね、のひっちぎりとお抹茶をいただく。

桃挿華(ももかざし)守りもいただくが、これは結び柳と桃の枝、いずれも厄除けのお守り。
孝明天皇皇后様がこれを雛祭りの夜に風呂に浮かべて邪気払いをした、という由来があるらしい。桃の木はいろんなところで邪気を払う物としてあちこちで活躍してるな。追儺の弓も桃の木だし。



さて人雛様の着付けがメインイベントなのだが、それを待つ間、平安時代の雅な遊びのデモンストレーションを拝見。



P3030064.jpg



双六。
これは源氏物語絵巻にもでてきてたわね。駒の進め方にもいろいろ複雑なルールがあるらしく、テレビやネットのない時代、ゆっくり優雅にこれで時間を過ごしたのだろう。



P3030068.jpg



貝あわせ。
これもお雛様の紋様。


他に投扇興の体験もあった。



さて、ここで先日山科家旧別邸ではじめて聞いた衣紋がでてくる。

身分の高い方の装束、色目、着付けにたずさわたったお公家さんは山科家と高倉家。今でも両家は健在で、皇室の儀式や葵祭などの衣裳衣紋などにご活躍。




P3030075.jpg



ただし、山科、高倉流というのは男性皇族の衣紋だけをいうのだそうだ。(女性には特に流派はない)
後世。高倉家は武家の、山科家は公家の衣紋に別れたそうだが、皇室関係のお仕事は両家が協力しておこなっているとか。


で、今回衣紋を担当されるのは高倉家の衣紋道研究所で勉強されている先生方。

ふつう衣紋には、前衣紋者、後衣紋者の二人がペアで息をあわせてされるそうな。




P3030077.jpg



紐をしめたり、漆塗の板みたいに硬い帯を巻いたり、かなりの力仕事に見える。



P3030083.jpg



束帯の完成。
男性の衣裳は位によって厳密に紋様や色が定められており、これは三位のお公家さんの衣裳。
(ちなみに天皇様は黄櫨染色、桐竹鳳凰の紋様、太刀は佩かない)

袖もぱりっとうまくふくらませるのにもコツがあることを学習した。




P3030087.jpg



さて、次は女房装束。

ちなみに十二単という言葉は正式にはないそうで、唯一文献にみられるのが「平家物語」壇ノ浦の建礼門院の装束についてだけらしい。知らんかったわ。



P3030088.jpg



萌黄の単衣。

緋袴は既婚者、未婚の女性は濃き色というえび茶色の袴。



P3030090.jpg



さて、袿をどんどん衣紋されていくよ。
これは紅梅襲の色目。ほぼ白に近い紅からだんだん濃い紅色をかさねていく。五枚重ねることが多いので五つ衣(いつつぎぬ)とも。





P3030095.jpg




表(うわぎ)は紋様有り、これは三位以上の方は二重織物という二重に織られた布を使う。




P3030102.jpg



最後に唐衣(丈が短い)と裳をつけて、畳紙(たとうし・メモ帳とかお手紙とかになる))を胸に入れ、扇を持って完成!

しめて17kg!

どっこい歩けやしない。先生がおっしゃるには、女性がそれほど歩かなくてすんだ平和な時代であったのだと。




P3030103.jpg




しかし、,,重ねた色目のなんと美しいこと!

日本人でヨカッタ、、、と思うわ。




P3030108.jpg



バックスタイル。




P3030112.jpg




この姿で、会場にある雛壇に上るのは容易ではないと思ったが、モデルさんはまだ大学生、若いからちゃんとのぼらはった。偉い!



P3030116.jpg



三人官女、五人囃子(大学の雅楽部の学生さん)もそろって、人雛完成。




P3030117.jpg



そして、本来の雛祭りのルーツであるところの儀式、「天児(あまがつ)の儀」。

人がたに穢れを移して、本来はこれを焼いたり川に流したり、後世では厄払いとして寝所においたり。




P3030125.jpg



神社の方にもこれがあって、天児に厄除けをしてもらうお祓いもあった。
ちなみにこれは子供の枕元に厄除けとして飾られていた天児。




P3030122.jpg



最後に三人官女(ほんまの巫女さん)の桃の枝をかざすお神楽を見てここを後にした。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (50)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (19)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (12)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR