topimage

2017-03

渉成園〜早春 - 2017.03.10 Fri

学生時代、たぶんここはまだ公開していなかったのじゃないかな。



P3030128.jpg



河原町の五条をくだったあたりに続く長い長い塀。
当時なんやろなあ、と思いながらもあまり興味はなく、、、



P3030129.jpg




渉成園(しょうせいえん)という名勝庭園と知ったのはかなり後。でもこのあたり、通りすぎはしてもあまり歩く機会もなかったのだ。
市比賣神社からほど近いので、やっと中へ入ってみようという気になった。


P3030176.jpg



こうしてまわりに枳殻(カラタチ)の生垣があるので、枳殻邸(きこくてい)とも。




P3030131.jpg




東本願寺が徳川家光より賜った寺所で、光源氏のモデルにもなった源融の六条河原院跡という説もある。




P3030133.jpg



最初にここを賜った本願寺13世宣如上人が、自らの隠居所と定め、陶淵明「帰去来辞」の一節、「園 日に渉って以て趣を成す」から「渉成園」と名付けたとか。




P3030135.jpg



源融の六条院であれば、寝殿造りの屋敷の前にひろがる池といった風情の印月池だが、残念ながら、冬の池干しのためごらんのようなありさま。



P3030164.jpg




そこに風情を添える侵雪橋も修復中〜〜(>_<)ゞ




P3030136.jpg



気をとりなおして建物探訪。

ご多分にもれず渉成園の建物は何度か焼失しており、現在残る建物の多くは幕末〜明治の再建。

これは大書院・閬風亭(ろうふうてい)。能を演じることもできるキャパらしいが、中はうかがえない。



P3030139.jpg




これは(たぶん、、、だいぶん忘れた、、)茶室の蘆庵の中門。




P3030140.jpg




四畳半に三畳台目、二階の茶席は主に煎茶風、、、らしい。中へ入れないのはいかんともしがたいなあ。




P3030143.jpg




数ある建物のなかで一番目を惹くのがやっぱりこれ、傍花閣。明治の再建らしいが、、、なんとも奇っ怪な姿。




P3030170.jpg




一階を支える柱のカーブや、意味不明の円窓、彫りの装飾。技術的にはすごいと思うが。




P3030171.jpg



この雰囲気はむしろ煎茶的だなあ。ここで煎茶の立礼席ができそうだ。




P3030172.jpg



二階にあがる階段は右と左にひとつずつ。上は四畳半の部屋だそうだ。




P3030145.jpg




傍花、、、花の傍ら。この桜の傍らってことね、きっと。まだ蕾だけれど咲いたらきっと良い眺め。



P3030147.jpg




池にせりだす臨池亭と滴翠軒。

こちらではお茶会かなにかが開催中のもよう。いつか中にはいってみたいものだ。




P3030152.jpg




池をぐるっと回って池のはしっこにかかる回棹廊。池が干上がってなければきっと良い眺めだろう。




P3030153.jpg



この姿は平安神宮の泰平閣を連想させる。あれのミニ版といった感じ。



P3030159.jpg




橋をわたって中の島に建つのは縮遠亭。
二つの建物をつなぐ部分がおもしろい。ここも池にせりだす茶室になっている。ほんまに茶室だらけの渉成園。うらやましい。




P3030161.jpg




島から振り返る(干上がった)池。
これはまた水のある時にゆっくり来ねばなるまい。今回あんまりゆっくりできなかったし、見落としもたくさんあるので。




P3030166.jpg



園内のあちこちで植木屋さんがお仕事にいそしんでいた。これだけの広さだからメンテナンスはさぞや大変な事と思う。




P3030168.jpg



京都タワーもこんなに近くに見えるロケーション。これもシュールな景色だわ。




P3030177.jpg




渉成園をでて歩いてすぐ、最近できて話題になっているKaikado cafeへ行って見よう。




P3030180.jpg




銅や真鍮製の茶筒で知られる老舗開化堂さん運営。
自社の茶筒のみならず京都の陶芸や木工などのギャラリー風にもなっている。使われている椅子とか食器、カトラリーにいたるまで、京都のアートクラフトというこだわり。




P3030178.jpg



建物はもと市電の施設だったそうで昭和2年の建物で、ええかんじのレトロ。




P3030179.jpg



茶筒をイメージしたというまあるいチーズケーキ、美味しゅうございました。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (26)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR