topimage

2017-08

妖怪百物語・月岡芳年〜太田記念美術館 - 2017.08.06 Sun



P8010014_20170804170001f8a.jpg




ううむ、、、、ここは原宿とかいうところかな???
某女性歌手の「原宿でいやほい♪」が頭を駆け巡ったりして。それにしても若い人ばかりで浮いとるなあ、自分。




P8010011_201708041700002bb.jpg




その原宿にある太田記念美術館。大田区にある区立美術館だとず〜っと誤解していたが、生命保険会社の社長・五代太田清蔵氏の厖大な浮世絵コレクションを所蔵する美術館だったのね。


今回上京するに当たり、ここに行こうと思ったのは、幕末から明治の最後にして最大の浮世絵師・月岡芳年の浮世絵を展示中と聞いたからだ。





京極堂 (1)




芳年の名前はぼんやりきいてはいたものの、あまり詳しくはなく、能の演目を調べるウィキペディアでは必ずと言ってよいほど芳年の浮世絵の挿絵がはいっているので漠然と興味があった。

京極夏彦の「書楼弔堂」で「太蘇芳年」の名前がでてきて、主人公になっている一話があることもぼんやり覚えていたのだ。ちなみにこの表紙の写真は芳年の姑獲鳥(うぶめ)。

やっと焦点があってこのたび真剣に見ようとやってきたのだ。




IMG_8251.jpg




前期は妖怪百物語、後期は月にまつわる月百姿。

今期の展示は妖怪の方だったが、この人、ほんとうに妖怪や幽霊を見たことがあるといううわさ。それらを見ることが悩みになっているというような話だったな、「弔堂」の話は。

しかし、、、、このポスター、、、土蜘蛛だろうとは思うが、この蜘蛛見て一瞬亀仙人かと思ったわ。

芳年は「血まみれ芳年」といわれるくらい無残絵が有名らしいのだが、今回の展示はあくまで「妖怪」。この土蜘蛛もそうだが、おどろおどろしい姿のわりにはどこかとぼけてユーモラスというより滑稽で、女性のお化けに到ってはここまでブサカワに描くか?というほどニヤリと笑えるのだ。

妖怪は、たいがいは英雄に押さえつけられてたり、鼻であしらわれたりしていて、かえって憐れさをさそうので、妖怪の方に同情しちゃうわ。





芳年




これなんか、絶対ウルトラQ(若い人はしらんやろうね〜)作った人は見てたやろうなo(≧ω≦)o

とはいえ画面のコマ割が斬新で、闇に潜むもののけが黒一色の中に目を凝らしてやっと見えたり、烏天狗の羽根を太刀で切りつけた場面はその切った軌道が描かれていたり、、、これはそうだ、漫画だ、劇画そのものだ。
「ザシュッ!!」とか「ズザザザ〜!」とか、擬音をつけたらまさにぴったり!!

能のウィキの挿絵が多いのも納得、能や歌舞伎、古典にかなり精通していたようで、その絵をたくさん描いている。

浮世絵は版画だから輪郭くっきりの絵になるが、絹布に描いた先ほどの姑獲鳥は、なんだか凄みを感じさせる美しい絵だなあ。別に浮世絵の姑獲鳥もあるのだが、こちらはなんかスミマセン、と言っているような姑獲鳥であんまり恐くない。


芳年の師匠の歌川国芳もジャンル的には似ているが、ここまで動画的な動きはない。江戸から明治に動いた時代が芳年の背中を押した。題材の似ている河鍋暁斎も、そういえば動的で、物の怪がかわいく見えるのは兄弟弟子だからかな。





IMG_8253_20170804165958a0d.jpg




UKIYOEはもう世界的な言葉なので、来ている人は外人さんが多かった。日本人よりよくご存じ。

次期「月百姿」、主に謡曲や歌舞伎の月にまつわる場面を描いた100枚、これも見たいがな〜、、、東京はちょっと遠いのだ。残念。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (205)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (22)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (36)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
ギャラリー (3)
中国茶 (22)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)
ポルトガル中部〜北部紀行 (2)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR