topimage

2017-11

手のひらの自然 小倉百人一首〜京菓子展2017 - 2017.11.10 Fri

弘道館にて毎年公募している京菓子のデザイン、実作、の展示がおこなわれる「手のひらの自然 京菓子展」、今年のテーマは「小倉百人一首」であった。




P1130272.jpg




京菓子は、銘を聞いてさらにイメージをふくらませることができる宝石のようなお菓子だと思うが、それが百人一首の歌によせて実作で展示されるのだから、これはちょっと興奮する。




P1130289.jpg




寄付に、小間に、広間に、展示されている30点の京菓子。
ひとつひとつにライティングが施されて、浮かび上がって見えるのは壮観だ。




P1130273.jpg




寄付にあったのは京都市長賞受賞の「紅水染(もみじ)」
  ちはやぶる 神代も聞かず竜田川、、、がテーマだね。からくれなゐにくくられた水がかくも美しく。



P1130278.jpg




 瀬をはやみ 岩にせかるる瀧川の、、、

が、テーマの「清流」。透明な錦玉が、きっと夏には涼しげ。




P1130279.jpg




たくさんの賞を獲得して、私もこれいいな〜と思ったのがこの「つきあかり」




P1130280.jpg




画像ではうまく再現できていないが、実際はもっと透き通ったブル−。

  、、、、もれいづるつきの かげのさやけさ


味わうことはできないが、日本酒錦玉製なのだそうだ。中心をずらせた穴が秀逸。




P1130286.jpg




 かささぎの わたせるはしに おく霜の、、、

カササギを連想させる翼の造型。練り切り製。




P1130290.jpg




これもけっこう好き。ブルー系のお菓子が京菓子には珍しいので、よけいに惹かれるのかも。
で、歌は、、、忘れました(^_^;

これも「かささぎの、、、」だったかな。




P1130291.jpg




 しのぶれど 色に出にけり わが恋は、、、

「彩心」という銘のこのお菓子はすけて見えている恋心があでやか。




P1130294.jpg 




葛製のお菓子、「遠望」

  わたのはら こぎいでてみれば 久方の 雲居にまがふ 沖つ白波

小舟と沖つ白波。これもブルー系で好き。





P1130295.jpg




これもちょっと萌えた「舞うひと」

 あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ、、、

姿をしばしとどめんと、僧正遍昭が歌ったをとめの舞の衣が風にひるがえるイメージがすぐさま浮かんだのである。



 
P1130296.jpg




これも好きだな、「言霊」

これには特定の歌はなくて、歌自体が言霊というコンセプトか。

ぷくぷく湧いて出てくる言の葉は言霊となって身の回りにあふれる、、、そんなイメージ。





P1130299.jpg




「滝の糸」

  滝の音はたえてひさしくなりぬれど、、、

真ん中の錦玉部分が透き通っていてきれい。




P1130276.jpg




さて、呈茶の席では、実際に展示されているお菓子のうち三種からひとつ選べるのだ。




P1130300.jpg




私はこれを選んだ。

「ひとりぬるよ」

  嘆きつつ ひとりぬるよの 明くるまは、、、

真っ黒なこなしに巻き付いたとりどりの色の糸、、、、おんなの情念がからみつく、、、そんなイメージ。

菓子で真っ黒は墨でしかだせない、と弘道館の太田先生。老松で(昔)和菓子を実際に作ってはったしねえ。この黒は古梅園の墨なんだそうで。中の白餡といい、黒いこなしといい、最近食べた和菓子の中で一番おいしいかも。




P1130304.jpg




呈茶しながら太田先生、例によって蘊蓄を次々ご披露して下さる。今回もしらんかったわ〜!とビックリするような豆知識を少々仕入れた。(円山公園真葛が原の安養寺は山号が慈円山、ここから円山公園の名前がついたとか、いろいろ、、)

そして昔作ったという和菓子ノートもみせてくださった。お菓子の材料がグラムでなくて匁なのがツボ。



P1130305.jpg




なんとお茶をいただいた茶碗の絵付けが、、、かのカイロ大学を卒業し東京でブイブイいわしてはったあのお方。(今はちょっとアカンけどな)ちなみに文字はアラビア語で平和、、、だったかな。




P1130292.jpg




最後に、北野大茶会の絵図がかかる床の間に工芸菓子「青空寂寞」




P1130293.jpg




 奥山にもみぢふみわけ 鳴く鹿の、、、

見事な秋の山の風景になっていた。


他にもたくさんあったのだが、全部はのせきれない。今年は終わってしまったが、毎年テーマをかえて公募され、展示されるので、まだの方は来年是非。






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR