FC2ブログ
topimage

2018-07

久世駒形稚児社参2018 - 2018.07.13 Fri

13日は気温37度、体温越えの熱中症日和
にもかかわらず、綾戸國中神社・久世駒形稚児の八坂神社社参の儀




P1140892.jpg




中御座、東御座、西御座の三基の神輿が境内にそろいぶみ、前に飾られるのは祗園祭の花、ヒオウギ。



P1140895.jpg




南楼門の前、午前中すでに社参をすませた長刀鉾のお稚児さんが直会中の中村楼。




P1140897.jpg



常盤殿から、駒形稚児の行列がやってきた。

駒形稚児は國中神社の氏子から選ばれる二人の少年で、それぞれ神幸祭、還幸祭で神輿を先導する。

「神幸の七月十七日に訓世(久世)の駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から一歩も動かすことならぬ」 



 P7170130.jpg



これは2年前の神幸祭の駒形稚児さん。
八坂さん境内でも唯一下馬しない。(長刀鉾のお稚児さんでも皇族でも下馬する)ご神体の駒形(馬頭)を模した物を胸に掛け、神の依り代となるので。


ちなみに綾戸國中神社(あやとくなかじんじゃ)は南区のニュータウンにある、あまりなにもない神社だった、、、、(^_^;

↓ 3年前の写真

P70300333.jpg





P1140899.jpg 




今年のおふたりのお稚児さん。騎乗で颯爽と参内されるのかとおもったけれど、徒歩なのね。




P1140898.jpg 




祗園祭と綾戸國中神社のつながりは、御祭神のスサノオノミコトの和魂(にぎみたま)が八坂神社、荒魂(あらみたま)が綾戸國中神社に祭られている、ということから。
神様に二つの魂があることを知ったのは今年出雲大社へ行ってからだが、あそこではそれプラス奇魂(くしみたま)幸魂(さきみたま)の4つの魂があるということだったな〜。





P1140903.jpg




南楼門へ



P1140908.jpg 




ご一行は境内へ




P1140910.jpg 




ご一同、巫女さんに御神水を手にかけてもらってお清めをすませ、、、




P1140906.jpg



本殿へ

ここから中の様子は気配でうかがうのみだが、雅楽が流れ、祝詞が流れ、、、
(約20分くらい)

これを炎天下で待つのもなかなか祗園祭らしくてよいわ。(熱中症に注意)




P1140922.jpg




あ、でてきはった。
お世話係の人が装束のお直しを。




P1140925.jpg




そして記念撮影



P1140928.jpg




この暑いなか、さぞ暑いとおもわれる装束を着て、お化粧もして、よくがんばったね。
社参の時はまだちょっと子供らしいところもみられるのだが、神幸祭、還幸祭で馬上にあるとき、どんな少年もきりっと不動で、さすがだなあ、、、と毎年思う。この数日で少年たちは心も神の使いになるのだな。




P1140935.jpg




これは年長の方のお稚児さん。
年少のお稚児さんが神幸祭、年長のお稚児さんが還幸祭を先導するという。




P1140939.jpg 



社参の儀、無事終了しご一行、南楼門から帰っていかれました。

私も熱中症寸前、、、、ってことはなく、その足で船鉾町へ一直線、今年も無事船鉾の曳き初めをしたのであります。





前祭・鉾曳き初め2018 - 2018.07.13 Fri

今年も曳き初め、綱曳けるかな〜と仕事が終わって駆けつけると、、、、




DSC00563.jpg




おお!すでに鶏鉾のお囃子が聞こえているではないか。
(室町四条)




DSC00561.jpg




というので、あわててすきまをみつけて綱のスペース確保。




DSC00566.jpg




本番の巡行では男性しか曳けない鉾ではあるが、曳き初めの時は老若男女、どなたでも。




DSC00555.jpg




特に鶏さんは池坊学園のご町内なので、学園の華やかな若い浴衣女子とか、幼稚園児とか、なかなかにぎやかなのだ。




DSC00565.jpg




四条通りへ北上、それから方向転換し(曳き綱の向きをかえるだけ)、また会所へ向けて南下する。
この曳き初めのスピードは結構早いのだよ。前の人や後の人の足をふんずけたり(^_^; でもだれも文句はいわない。





DSC00573.jpg




蝶のように華麗に(???)Uターンして次は四条通りの月鉾だっ!




DSC00571.jpg



囃子方がのりこみ、祗園囃子がはじまると、
「よ〜いよ〜い、えんやらや〜」の音頭取りのかけ声で本番さながら曳く!
今年は鉾立て、見られなかったのが残念やったな。




DSC00574.jpg





巡行の花(と、私が思っている)屋根方さん。
向きを調整し、障害物から鉾を守る。曳き初めの時はまだ信号が倒されていないので、少々あぶない。




DSC00577.jpg




もちろん、月鉾も曳かせてもらう。(っ^ω^)っ




DSC00581.jpg




月鉾さんが会所へ帰る頃、、、




DSC00567.jpg 




室町通りの北側に姿をあらわしたのが菊水鉾。




DSC00589.jpg




もちろん、これも曳く!
今年も3鉾、いけたなあ、、と満足。(翌日の船鉾と岩戸山は曳けそうにないので)




DSC00584.jpg




菊水のそろいの浴衣にそろいのスタッフTシャツ。
この日は36℃越え、体感では絶対体温越え、しかも湿度もかなり高く、みんな真っ赤な顔であったが、鉾を曳くアドレナリンが分泌されると苦じゃないのよね。





DSC00587.jpg




南下した後は向きをかえ、北上、これもまた曳く。
この綱、またいじゃだめなのよ。




DSC00591.jpg




さて、今年のお勤め(?)を粛々と果たした後は他の山鉾町もめぐる。山はまだほとんど建っていない。今年傘1番の綾傘鉾も準備まだまだ。





DSC00594.jpg




新町どおりの船鉾さんは鉾立の真っ最中。





DSC00595.jpg




この特異な姿の鉾はやっぱり好きだな,と思う。やっと心が祗園祭に追いついた。




DSC00599.jpg




その南の岩戸山。
山とは言え、りっぱな曳き鉾なのだ。14日夕方に、また恒例の能楽師・林宗一郎さんによる天岩戸のカミあそびがあるよ。(私は今年は行けないけど)



昨年の写真 ↓


P1120446.jpg





DSC00600.jpg




ここでは天井を飾る飾りなどが並べられ、装着準備中。ご町内の方がのんびり交代で見張り番してはった。




DSC00601.jpg




岩戸山の機材はお向かいのターミナル京都さんへあずけて。
私もここまで来たらつい寄ってしまうカフェへ。




DSC00604.jpg




で、かき氷を食す。
1年に1回、この季節に立ち寄っているのをお店の方が覚えていてくれて、「今年は何日ご滞在ですか?」と聞かれた。祗園祭好きの観光客と思われているのね(^_^; まあ、似たようなもんだけど。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (233)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (72)
茶会(亭主) (5)
煎茶 (7)
京のグルメ&カフェ (58)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (59)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (38)
京都めぐり2018 (16)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (67)
奈良散歩 (23)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (45)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (6)
ギャラリー (4)
暮らし (4)
中国茶 (26)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR