FC2ブログ
topimage

2020-02

珠光茶会2020〜中西与三郎で日本酒茶会+大乗院茶席 - 2020.02.12 Wed


DSC00118.jpeg



朝起きたらこんなことになっていたので、きっと奈良も雪景色に違いないと思っていたけれど、、、



DSC00124.jpeg



奈良は意外とからっとしていてビックリした。

今年も珠光茶会、もう七回目になるんだな。奈良出身の珠光にちなんで、茶道七流派がつどって奈良の八寺社、ならまちでくりひろげるお茶のお祭り。第一回目から参加しているので(十数年ぶりの大雪の日もあった、、、)だいたいひとまわりはした。そこで今年は趣向を変えて、初めての試みという日本酒茶会(日本酒と和菓子のマッチング+茶会)に参加してみた。




DSC00171.jpeg



会場はならまちの有名な和菓子屋さん中西与三郎さんである。



DSC00173.jpeg



創業百余年という老舗で、古い町家の建物もすてきなのだ。受付は本来通庭だったところ。



DSC00180-1.jpg



座敷にしつらえられたテーブル席にてまずは、奈良の蔵元のひとつである豊沢酒造の社長さんに日本酒の歴史のお話しを聞く。日本酒、とりわけ清酒の発祥の地が奈良の正暦寺であるといういうのは初めて知った。すでに室町時代からその技術はあったという。



DSC00175.jpeg



お話しは聞きつつも、みなさんの目はすでに目の前にあるお菓子の箱とお酒に釘付けである。お菓子は五種、それぞれに合う奈良の地酒をチョイスしたものだそうだ。



DSC00187.jpeg



お菓子はもちろん中西与三郎さんのオリジナル

右上から反時計回りに、、、

<龍の卵> 胡桃+摺り砂糖
       これに合うお酒は<春鹿>で有名な今西清兵衛商店さん
<侘助> 柚子の香りの練り切り
       お酒は倉本酒造さん 
<これは中西さんの特別なお菓子>なのでお酒はつきません
<鹿のささやき> これは中西さんの定番の干菓子で黒糖マカロン、大好きなやつ
       お酒はこれだけは奈良のお酒ではなくて、
       奈良と都市提携している宮城・多賀城の蔵王酒造さん
       (奈良時代、西の太宰府、東の多賀城といわれた陸奥国府があったゆかりで)
真ん中が<羽二重苺> 羽二重餅+白餡+苺
       お酒は豊澤酒造さん

あれ?五つ目は?と思ったでしょ。



DSC00176.jpeg



五つ目はこれ、<氷室の雫> 透明なアガー製?の錦玉 これ美味しかった
       お酒は八木酒造さんの梅酒



DSC00183.jpeg



酒の仕込みの水を和らぎ水(お腹でアルコールを希釈する)として飲みながらも、これ全部いただくと、かなりほろ酔いになる。(うふふふ、、、最高!)

和菓子と日本酒がよく合うことは以前から知っていたし、合わせるお店もちらほらあるので驚かないが、こんなにお菓子もお酒もたくさんの種類なんてしあわせすぎる(*^_^*)




DSC00189.jpeg



さらにさらに、中西さんからのプレゼント、<珠光餅>
村田珠光が好んだといわれる餅を再現したものだとか。お餅に白餡の味噌+山椒、ああ、この味は祗園祭の行者餅の味や!これも美味しい〜!



DSC00191.jpeg



店頭ではこの五つの蔵元さんのお酒も販売。
珠光茶会で奈良の産業を積極的に発信していこうという姿勢はすごくいいと思う(本来の珠光茶会の目的かもしれない)。日本茶しかり、いいものがとても多いのに、京都に比べてブランド力に負けてるからね。ガンバレ!奈良!



DSC00192.jpeg



さて、ほろ酔い加減で顔の赤い方もいるご一行と、徒歩数分のならまち・にぎわいの家の茶席へ移動。

この表家造りの町家は大正6年に建てられた古物商の家だったそうだ。前はどうだったかな、記憶が定かでないが、こんなふうにいろんなイベントに使われるようになったのは最近のことだと思う。



IMG_8620.jpeg



中に入ってびっくり、とても奥行きが深いすごい豪邸なのだ。寄付、待合、と座敷をかえて、お蔵(江戸後期)もあって、、、、



IMG_8629.jpeg



やっとたどり着いた広間の茶席の床の間は、なんとお水取りの松明を床柱にしたという数寄をつくしたもの。襖の引き手も凝っていた。



IMG_8632.jpeg



裏千家のご社中のお席でテーマはずばりお水取り!
二月堂瓜灯籠の蓋置、清水公照(東大寺歴代別当のお一人)さんの「水火調陽」の文字とお水取りの絵が描かれた茶碗などなど、極めつけは、、、



IMG_8636.jpeg



待合の軸の牛王札と陀羅尼(練行衆がお籠もりの間刷り、結願の日に頒布する)!
これほしいなあ〜、なんとか手にはいらんかな〜とずーっと思っている。

楽しかった!日本酒茶会!(来年もあればこれにしようかな(^-^)/)



DSC00162.jpeg



時間調整に奈良ホテルのバーで一杯やって、、、というのはウソ



DSC00165.jpeg



ラウンジで珈琲して、、、



DSC00127.jpeg



奈良ホテルのすぐそばにある大乗院庭園の茶席へ。


DSC00148.jpeg



以前よく奈良ホテルを利用していたので、この庭園の復興具合もつぶさに見てきたが、完成した庭園に入るのは実は初めてなんである。
もともと平安時代、興福寺の門跡寺院であったが、興福寺焼討や火災で灰燼に帰したり、さまざまな復興荒廃をくりかえし、平成になってからナショナルトラストを主体とする発掘調査、整備がおこなわれ、現在にいたる庭園である。



DSC00131.jpeg



この一画に建てられた大乗院庭園文化館にある小間の茶室は庭園を借景にするすてきな円相窓があって、実に気持ちよい。


DSC00128.jpeg



今回は点て出しによる呈茶のみであるが、いつか茶席としてみてみたいなあ。
(席主はご当地奈良・石州流宗家でお稽古されている方々であった)

せっかく奈良にきたのだから、先月見た山焼の若草山に登ってみようと発心、テクテク何km歩いたか、、、、、



IMG_8637.jpeg



なんたるチア!!(古っ!)
3月末まで閉山中とは!!Σ(゚д゚|||)




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (282)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (74)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (90)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR