fc2ブログ
topimage

2020-05

鴨川〜賀茂川遡上して鳶尾の上御霊神社 - 2020.05.04 Mon

戦前生まれの人もこんな京都、しらない、、、というような新型コロナ対策緊急事態宣言下の人の居ない京都。将来、そんな時もあったね、と思えるように、今の京都を記録しておこうと新しいカテゴリーをたててみた。「コロナ緊急事態宣言下の京都2020」


      *****

本日も三密をさけてウォーキング。(体なまっとるわ〜)



DSC01209.jpeg



岡崎から春日通り(京大病院南側の通り)を西進、鴨川まで20分くらい。



DSC01211.jpeg



左岸を北上し、この日は上御霊神社をめざすことにする。



DSC01213.jpeg



荒神橋西詰、閉店されたのは知っていたが、リバーバンク(喫茶店)はとうとう更地になっていた。大森一樹監督の映画「ヒポクラテスたち」の舞台にもなった喫茶店だったがなあ。医学生に扮した蘭ちゃんがここで煙草に火をつけたシーンが蘇る。



DSC01216.jpeg



荒神橋から右岸にかえて北上


DSC01218.jpeg



出町のデルタ(鴨川が賀茂川と高野川に分岐するポイント)には、子供連れや家族連れで来ている人が意外に多くて、少し混み合っているのが心配だが、学校も休みの子どもたちに家にじっとしていろ、というのがどだい無理な話だ。



DSC01220.jpeg



コロナ禍での人間の慌てようをどこ吹く風と、菜の花があちこちで花盛りであった。春の花は黄色が多いし、また似合うんだな。



DSC01223.jpeg



賀茂川にはいるといくぶん人の姿は少なくなる。まわりから建物の姿も消えて景色の様相がかわってくる。夏には蛍もでるし、冬にはユリカモメ(少なくなったが)、土手で野点もできるし、京都は鴨川があってこそだなあと常々思っている。



DSC01225.jpeg



東をふりかえれば少し南の方に大文字山。このあたり大の字を真正面にとらえられる。



DSC01232.jpeg



出雲路橋の少し手前、御霊通を西へ行くと御霊神社の、本来なら一の鳥居があるところか。



DSC01233.jpeg



さらに西へ進むと、、、見えてきた、御霊神社(上御霊神社)の森が。



DSC01234.jpeg



そしてこの季節、これが見たかったのだ。
鳶尾、、、読めるかな?これ。



DSC01239.jpeg



一初とも逸初とも書かれるイチハツの花。
 
  いちはつの花咲いでて我が目にはことしばかりの春行かんとす (正岡子規)

アヤメ科の花で季節の先陣を切って咲くから一初と名付けられたと聞く。



DSC01241.jpeg



さて、アヤメ・花菖蒲・カキツバタの違いもようわからんのに、さらにイチハツってどう違うのかようわからん。そしてどこが鳶の尾になるのかもじっくり見たがワカラン。

もともとこの神社の周りの堀には賀茂川の水が流れ、水生の杜若が群生していたそうだ。この神社の近くに尾形光琳が晩年住んだといわれる邸宅跡があるので、かの名作「燕子花」もここから生まれたのではという説もある。



DSC01244.jpeg



戦後荒廃した神社を再興したいと氏子さんが、カキツバタの代わりに、乾燥に強い陸生のイチハツの苗300株を寄進し、それが現在では4000株になったという。現在でも氏子さんたちがお世話されているというから、そのたまものなのだね。



DSC01238.jpeg



御霊神社はそもそも桓武天皇時代、それまでの権力闘争に敗北して怨霊となったとされる人たち、メインは早良親王(崇道天皇)だが、その魂を鎮めるために祀った神社であるが、それ以外でも有名なのが、、、


DSC01250.jpeg



応仁の乱発祥の地ということ。
ここで勃発したのは畠山家内の権力争いだったのであるが、そこにあの勢力この勢力、加わって、敵になったり味方になったり、応仁の乱は複雑すぎて全然理解できない。
この碑を揮毫したのが後の東軍の大将細川勝元の流れをくむ細川護煕さんとは、なんともね〜。




DSC01245.jpeg



平成30年に改修を終えた絵馬所



DSC01247.jpeg


新しい絵馬も寄進されているが、


DSC01248.jpeg



いつとも時代がわからないこういう絵馬の由来がわかったらおもしろいだろうね。


DSC01255.jpeg


さわやかな風が通る絵馬所にてちょっと休憩。
ここは普段から、ご近所の方がちらほらみえるくらいでほんとに静かだ。


DSC01261.jpeg


あ、奉納提灯によく見る名前が、、、、(^_^;


DSC01252.jpeg



イチハツは境内のあちこちにも咲いている。


DSC01262.jpeg



本来ならば、この5月に、御霊祭が賑やかに行われ、御神輿も剣鉾もでるはずだったのだが、、、今年は残念である。御神輿の蔵でメンテナンスだけしている氏子の方々、悔しいだろうなあ。



DSC01271.jpeg



西の楼門から退出。向こうに烏丸通が見える。


DSC01273.jpeg



西の楼門は江戸時代の再建。


DSC01278.jpeg



そこから相国寺を通りぬけ、今出川御門から御苑に入る。



DSC01279.jpeg



この緑が洛中ど真ん中にある不思議と、それからシアワセ。
ここもご近所方々がぱらぱらとお散歩。



DSC01283.jpeg



え?なに?これ?
なんの森?
ここでも黄色い花だ。



DSC01286.jpeg



咲いているのはウマノアシガタというほぼほぼ雑草なのだが、群生するとかくも美しいとは。



DSC01289.jpeg



どこぞのヨーロッパの森にでも迷い込んだと思ったが、ここはバッタが原というらしい。よく知っているつもりでまだ知らないところがたくさんある、奥が深い御苑であった。


休憩時間も入れて約3時間
歩数約14000歩
7.6km(まだまだ江戸時代の旅人の歩く距離にはかなわない(^_^;)




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (409)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (95)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (2)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR