fc2ブログ
topimage

2020-05

人の姿のない祗園〜建仁寺の牡丹 - 2020.05.06 Wed



DSC01304.jpeg


京セラ美術館裏手の池に面した藤棚に藤の房がたれる季節。
本来なら3月にリニューアルグランドオープンになるはこびだった美術館も、いつ開館されるのかわからないままである。

例年ならGW、町には人があふれて外に出るのもいや〜と思っていたが、ここまで人の姿のない京都の町は近代史上なかったのではなかろうか。きっとこの時期は乗り越えられる、だから今の町の姿を記録して残しておこうと思う。



DSC01307.jpeg



岡崎からまっすぐ南下すると知恩院〜円山公園入り口にあたる。もちろん知恩院は今は鉄扉が閉まっている。いつもなら観光客、修学旅行生などであふれかえっている場所だ。



DSC01308.jpeg



円山公園の枝垂れ桜の広場もこの通り。


DSC01309.jpeg



東山の新緑だけが目にしみる。ただ公園内はお籠もりに耐えかねて散歩する人の姿がやや多くみられるも、本来の賑わいは遠い。この時期に工事をしてしまおうというのも一考で、公園内の地面を掘り返しているところもあった。



DSC01311.jpeg



ねねの道〜高台寺に続く道もかくの如し。真冬の厳しい寒さの折でもこんなに人の姿をみないことはない。


DSC01313.jpeg


八坂神社南楼門へ続く道も閑散。もちろんこのあたりに軒を並べる飲食店や店舗も閉鎖。


DSC01315.jpeg



花見小路の南端である。
ふだん人で、、、、ああ、もう同じこと言い飽きた!(^_^;

塔頭の拝観はできないが境内は開放してくれている建仁寺へ。


DSC01316.jpeg



そう、金堂のまわりの牡丹が今が盛りなのだ。
しかし、ストイックである禅宗の寺にかくの如く妖艶華麗な牡丹という取り合わせが面白い。



DSC01319 (1)



ここは「喫茶養生記」の栄西禅師の建立した寺ゆえ、生垣が茶の木である。やわらかい新芽がたくさん出ていて、ついつい茶摘みしたくなる。毎年建仁寺僧堂の方々が一斉に茶摘みをされるのだが、今年はどうなのだろう。茶摘みしないままでおわるなんてもったいないし。



DSC01321.jpeg



一花あるだけで充分ゴージャス、存在感のある牡丹がこんなにも咲き乱れる。豪華すぎてここが禅寺ということを忘れる。



DSC01323.jpeg



やはり牡丹には楊貴妃のイメージがある。

 「名花傾国両相歓〜名花傾国ふたつながら相歓ぶ (李白)」

彼女が愛した牡丹の花、その花と楊貴妃、ふたつ並んでどちらも美しさ劣ることなし。



DSC01329.jpeg



しかし渋い禅寺院建築と繚乱する牡丹は意外と似合っている、と思った。



DSC01338.jpeg



建仁寺南門からふりかえった境内。ここも牡丹を見に来る地元のひとがちらほらくらいで。


DSC01340.jpeg



閑散とした花街の宮川町を北上、舞妓さんや芸妓さんたちはお座敷もなくなって、どうしてはるのかな。


DSC01343.jpeg


人がいなくなったぶん、野生の鳥をたくさん市中でみかけるようになった。これは高瀬川にいた鷺。カメラをむけても逃げる様子もなく、突然人の居なくなった町をいぶかしんでいるようだ。



DSC01345.jpeg



四条河原町の大きなデパートも閉鎖。デパ地下の食料品売り場のみいつもどおりのオープン。地下は意外と混み合っているし、換気もそれほど良くないだろうし、店員さんたちの健康が気にかかるところ、ありがとうございますと言うほかない。



DSC01346.jpeg


最後に河原町を北上、こんなに歩きやすかった河原町はいまだかつてなかったな。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR