fc2ブログ
topimage

2021-01

睦月茶会二件〜薮ノ内若武者宅とホテルエミオン・茶瑠 - 2021.01.27 Wed



IMG_5976.jpeg



縣神社で昨年歳暮の茶事をしてくれた薮ノ内の若武者宅にて、お茶しませんかというご案内をうれしくもうける。点心は手作り、白味噌雑煮に刻み葱がたっぷりがおもいがけず美味しく、葱もありだな、と思う。ちなみに向付はいつも自主稽古いっしょにしている陶芸家のA君へ特注したものだとか。


IMG_5980.jpeg



小皿でお酒のアテをいただきながら、このご時世とてお酒もそれぞれ独酌徳利で。この徳利のかわいらしいサイズがわかるだろうか。0.8合サイズ、白井半七の吉兆好み(箱から見るに、料亭吉兆のオーダー品なのかもしれない)昼飲みにはこのくらいがちょうど良い分量だ。


IMG_5982.jpeg


お菓子はつくねの中に鶯色のずんだ餡、つくねの味が強いので、先に餡をほじって味わって、という注文付き。たしかにずんだはほんのり淡い味わい。



IMG_5984.jpeg


お菓子の後は薄茶をいただく。
本格的茶事ではなく、こんな気軽な席も楽しいなあ。御連客も気心のしれた仲で共通の知人(陶芸家A君(^_^;)もいて。


IMG_5986.jpeg
(なんてきれいな泡!)

こんなに精力的にお茶をするのは、自転車じゃないけれど廻っていないと倒れそうになるのと同じだろうか。熱いなあ。そして人と話をしたいのだって。うん、そうだね。こんな時だからよけいに。私もとりとめのない話なのに、ずいぶん元気をもらった。


その足で、徒歩圏内のホテル・エミオン内に昨年出来たばかりの淡交社肝いりの数寄屋茶室を体験できる茶瑠(CHALYU)へ。実はここの店長というかチーフというかが、知り合いの茶人さんなのである。


IMG_5987.jpeg



こちらは入ってすぐのオープンな二畳小間。

うまいこと彼女がいてくれて、四畳半の茶室にとおしてもらえ、ラッキーであった。
準備ができるまで、淡交社の数寄屋建築部(?)の方の建築のお話しを聞く。ビルの中に作るにあたって、色々なご苦労があったみたいだ。


IMG_5992.jpeg


建築にあたって、そこは淡交社、良い材を使っているわけだが、本来木造建築はビル内に作れないそうで、鉄骨の体裁をとるために、それぞれの木材に鉄芯をすべていれてあるのだそうだ。これは驚き。それぞれの木材に鉄骨が入っていると思うと味わい深い。特に曲線の部分なんかね。むつかしいだろうなあ。

ちゃんと腰掛け待合いもあり、躙り口体験もできる。


IMG_5989.jpeg


一見ほんものの苔?と思ったが、ビル内は乾燥が激しいので不可、かわりによく見ないと見分けのつかないくらいよくできた化繊の苔を。竹の四つ目垣も乾燥のためぴし〜っと音をたてて割れるそうな(^_^;たいへんだ。でもそれを補ってあまりある良い茶席になっているところはさすが。


IMG_5995.jpeg


四畳半の茶席に入って一番びっくりしたのは天井。スプリンクラーがついているのはこれは致し方ないとして、この白いでこぼこは何??

天井板の裏へ漆喰を流して、板のすきまから垂れてきたのをそのまま意匠にした「漆喰垂れ」という技法なんだそうだが、初めて見た。しかも調べてもあまりでてこないので、これは貴重な見物だわよ。


IMG_5998.jpeg


たまたま残っていたという(ラッキー重なる)老松さんのきんとん「蝋梅」をいただいて、、


IMG_6003.jpeg


店長のMさんに薄茶をよばれる。学園卒のお点前はさすがにきれいだ。店長に就任してまずした仕事が、大金(?!)を持って、京焼作家さんのところへ行ってそれぞれの季節の御茶碗をそろえることだったそうだ。これはうらやましい。


IMG_6004.jpg



最後にお見送りまでありがとうございました〜!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR