fc2ブログ
topimage

2021-09

南都諸大寺チャリティー〜奈良きたまち散歩 - 2021.09.19 Sun



IMG_2319.jpeg


あいにくの小雨の奈良、歩道の複弁蓮華紋瓦紋に萌えながら奈良県文化会館へ。


IMG_2320.jpeg



2年に一度の南都諸大寺チャリティー墨書展である。
20年前、東大寺の守屋長老の発案で、売り上げは奈良県肢体不自由児・者の支援や福祉向上に使われる。

東大寺をはじめ薬師寺、興福寺、法隆寺、唐招提寺、大安寺、西大寺、圓照寺、法華寺、中宮寺とそうそうたる奈良好きにはたまらんラインナップ。



IMG_2357.jpeg



主導されている東大寺別当狭川普文師は今年修二会の和上を務められた。コロナ下で別火に入る2週間前から隔離生活をされていたが、その間に作られたという作品は墨跡のみならず、パステル画、立体的な仁王さんなど、とてもお坊さんとは思えない力作ばかり。というわけで会場にもおられ、精力的にご説明にまわっておられた。




IMG_2322.jpeg
(休憩室のベンチでソーシャルディスタンスの注意書きがやっぱり鹿なのね)


唐招提寺の天平の甍ではないが、軒丸瓦の拓本付きのものとか、修二会でいいお声をいつも拝聴している上司師のかわいい絵付きのものとか心惹かれる物がたくさん。
で結局、観音経にまつわる薬師寺のものをもとめて、軸装も同時にお願いした。
(その場で、観音経についておたずねした若いお坊さんの反応がとても楽しかった(*^_^*))



IMG_2324.jpeg



県立美術館の次期展示は森川杜園なのか。
幕末から明治にかけて活躍した奈良一刀彫りの天才、歌人文化人としても活躍した人だ。行かねば。



IMG_2325.jpeg



県庁の東、意外と知られていない名所の、みとりい池園地。この風情がはるか天平時代の景色を想起させてうっとりする。雨の風情もまたよし。



IMG_2327.jpeg


続く東大寺西大門跡は晩秋に黄金色になる。

↓昨年秋に撮った画像

IMG_4129.jpeg


今年もまた行こう。


IMG_2329.jpeg



さらに北上して今在家あたり、まだまだ古い町家が残っている。


IMG_2331.jpeg



あと何年くらいこのままでいてくれるかな〜とよそさんのお家なのに思ってしまう。京都の洛中の町家は今無残なありさまなので。



IMG_2330.jpeg



この道沿いの千壽庵吉宗さんは最近かき氷もはじめはったのでいつか行こうと思いつつ、お腹の具合と予定に鑑み今回はスルー。次は必ず!



IMG_2333.jpeg


そして東大寺転害門(てがいもん)に到着。
もう涼しくなったので、鹿だまりはみられなかった。

この門は平家の南都焼き討ちも、三好。松永の戦火もくぐり抜けた奈良時代の遺構なのだ。あくまで伝説だが景清が頼朝を討たんとひそんでいたので景清門ともよばれるとか。

もともと転害の「てがい」は手掻いからきているとか諸説あって、町名なら手貝になるのが不思議。結局害を転ずるというおめでたい文字におさまっているけれど。



IMG_2334.jpeg



転害門前の道(一条通)を西にもどって、きたまちエリアへ。
ここも観光客はあまり来ない場所だが歴史好きにはたまらん道なのだ。



IMG_2337.jpeg


つい最近約10年の歴史に幕をおろしたフルコト(奈良旅と暮らしの玉手箱: ここが1号、ことのまあかりは2号)の跡地をちょっと眺める。結局1回しかこれなかったが、ここで買ったクリッ墳(古墳のクリップ)いまだに愛用しているよ。


さてどんどん西へ行こう。


IMG_2339.jpeg


たぶん、あの小高い山が松永久秀の多聞城跡だと思う。現在は若草中学内に碑があるだけらしい。今回は時間不足でそこまで行けず。

奈良京都の要所で大和支配に絶好の場所だったが、宿敵筒井順慶と信長に翻弄され、多聞城は破却された。(順慶はちゃかり城の石垣を自分の郡山城に持ってったらしい)その後は「麒麟が来る」でも見たが、信貴山で名釜平蜘蛛と一緒に爆死するのだ。



IMG_2340.jpeg


ううう〜む、存続があやしい町家が、、、
なんとかがんばれ!


IMG_2341.jpeg



しかし、この道は歴史好きなら悶死しそうなほど遺跡にあふれている。


IMG_2343.jpeg


佐保川をわたる。


IMG_2345.jpeg



歴史的ビッグネーム・聖武天皇、光明皇后がねむる御陵はここにある。

コロナで連続2年行われていないが、毎年行っていた東大寺華厳茶会の日(5月3日)、茶会の前に東大寺の僧侶方がここに参拝されて大仏殿にもどって献茶になる段取りだったのだな(山陵祭)。



IMG_2346.jpeg



天平應真仁正皇太后が光明皇后とわかる人がいたらすごいな。


IMG_2347.jpeg



川中地蔵尊
さきほど渡った法蓮橋を整備したときに川中でみつかったお地蔵様を集めたそうだ。猿沢池ほどちかくの率川地蔵さん(石の舟にたくさんのお地蔵さんが乗ってはる)も同じような由来だろうな。



IMG_2348.jpeg


少し南下して東にもどると奈良女子大が見えてくる。ここらはきたまちエリアだ。


IMG_2351.jpeg


初めて見たわ、奈良女の正門。
レトロでおしゃれやわ〜!才媛たちが通う大学だが、奈良県に国立大学が女子大しかないのはなぜ?と今でも疑問。


IMG_2352.jpeg


奈良女に合わせたようなかわいい建物はきたまち案内所。
なんでも旧警察署鍋屋連絡所という交番の建物だったらしい。(明治41年建築、昭和3年現在地へ移転)今でも現役で利用されているのはいいね。



IMG_2356.jpeg


さらに南下すればきたまち商店街。コロナでしまっているお店が多かったのは残念。
さて、近鉄乗って京都へ帰ろう。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR