fc2ブログ
topimage

2022-09

初秋の大原〜river-side cafe来麟から寂光院 - 2022.09.06 Tue



IMG_5612_202209032234428f0.jpeg


車で30分もかからない山里が大原である。久々に訪れてみたら、里にはもう秋の気配。稲穂も色づく頃となった。


IMG_5603.jpeg


来て早々お腹を満たすというのもナンだが、こちらも久しぶりの大原のriver-side cafe 来麟(キリン)さんへ直行。すこしランチ時間をずらしたのですぐ入店できたが、この時期観光客が少ないのに店内はほぼ満席、人気なのだ。


IMG_5604_20220903223439079.jpeg


野菜ソムリエのマスターが作る大原の野菜メインのバイキングである。あれこれお野菜メニューがてんこ盛りで、目が移るし胃袋のキャパは一定だし、、、で迷う。しかしピーマンの肉詰めのピーマンって生だよ、生。それでも甘さがほんのりで美味しいのは新鮮だからかな。


IMG_5606.jpeg


あとお楽しみはこのミニミニおにぎりなんである。特に紫蘇のゆかりの、美味しい。大原だけに紫蘇か?(^_^;


IMG_5607_20220903223347a18.jpeg


最近まで烏丸三条のところにあった、お気に入りだった李朝韓屋風カフェ・素夢子古茶屋さんが、大原にまもなく移転オープンされるとのことで、どこらへんかな〜と思っていたらなんと!来麟さんの目の前だった!


IMG_5622.jpeg


画像では見えないけど「somusi」の看板がすでについている。これは大原へ来る楽しみがまた増えた。


IMG_5664.jpeg


river-sideという名前の通り、清流のすぐそばにあるのだが、この川を渡って<大原女の小径>を、こちらも久しぶりの寂光院まで約1kmのウォーキングをしよう。


IMG_5617_20220903223441893.jpeg


薪がたくさん積み重ねられ、早くも冬支度のお家もあり。


IMG_5625.jpeg


そして大原と言えば赤紫蘇〜柴漬けなのである。赤紫蘇もそろそろ収穫の時期なんだな。


IMG_5627_20220903223435196.jpeg


こうしてみると市街地まで30分というのがウソのような景色だ。里山大原の名前をさらにメジャーにしたのがNHKのベニシアさんの番組だったと思う。大原といえば寂光院、三千院くらいの認識しかなかったけれど、こんな豊かな里山の風景が広がっていて、心豊かな暮らし方があることを教えてもらったような気がする。


IMG_5626.jpeg


寂光院が近くなるとさすがに建礼門院ゆかりといわれるスポットが散在。これは湧き出る清水で建礼門院が姿を映したといわれている。真偽のほどは別として、この大原も山の水が豊かだ。あちこちにちょろちょろ小川が流れる。


IMG_5629.jpeg


おお〜!なつかしい寂光院門前。おそらく10年ぶり!


IMG_5630_20220903223429a5f.jpeg


記憶も定かではないが、とにかく今の季節秋海棠が境内のあちこちに群生していて美しかったことは覚えている。あの秋海棠にまた会えるだろうか。


IMG_5632.jpeg


ご存じのとおり、ここの本堂は平成12年(22年前?)に放火による火災でお堂も鎌倉時代のご本尊の地蔵尊も焼けてしまった。(やけこげながらご本尊はお蔵に安置されているとか)犯人はわからぬまま時効を迎えたという。当時は京都にいなかったが、ニュースを聞いて驚いた記憶はある。



IMG_5633.jpeg


本堂の前には紅白のサルスベリ。そして、、、


IMG_5635_202209032233575ea.jpeg


あちこちに小さい秋海棠の群れ。以前は大きな野生のまま生えました、、みたいな茂みがあちこちにあったと記憶するが、現在はずいぶんきれいにコンパクトにまとめられている。


IMG_5639.jpeg


水辺にかかる秋海棠も美しい。
実は我が家の裏庭にも秋海棠が、それこそ野放図に生えているのだが、夏の暑さにいつも葉っぱが溶けちゃう。さすがにここの気候では大丈夫なのだな。


IMG_5637.jpeg


本堂には焼かれたあと復刻された地蔵尊が、できた当時のまま極彩色でおわしますが、これは前月まわった六地蔵めぐりのお地蔵さんの姿と通じるところが多い。お地蔵様の左手から流れる五色の糸にふれて願をかけるのだが、これも昨今のコロナのせいで薄紙ごしである。
脇には落飾した建礼門院とおそらく最後まで女院に使えた阿波内侍の座像、これも放火で焼けたものの復刻である。


IMG_5643.jpeg


10年前は楊貴妃観音像のお堂もあったと記憶するが、現在はないようである。建礼門院が住まった庵のあとへ通じる道にはギボウシの花。


IMG_5650_20220903223350dda.jpeg


謡曲「大原御幸」を思い出す。ここで、父清盛、壇ノ浦で滅亡した平家一門、とりわけ亡き先の天皇であり息子でもある安徳幼帝(享年5歳)の菩提をひっそり弔っていたのだろう。女院が落飾したのは時に29歳、ちょっと想像がつかないな。その若さで栄華の頂点も地獄も通り過ぎてきたなんて。



IMG_5651_2022090322334946b.jpeg


庵跡の一角にある井戸(湧き水?)
高倉天皇后としての陵はこのすぐとなりにあるが、建礼門院の最後ははっきりしないそうである。ふたたび洛中にもどって案外長生きをして生涯を終えたという説もあるが、ここでひっそりと若くして亡くなった、、、というイメージがあるわ、どうしても。


IMG_5654.jpeg


山門前に茶室があって、その腰掛け待合が割り腰掛けになっている所を見ると茶室は藪内流かしら。


IMG_5655_202209032233446d1.jpeg


朝の雨を柴折り戸の屋根のしのぶが吸って、ぽたぽた滴をたらす。その向こうは早くも紅葉がはじまっている。


IMG_5662.jpeg


帰り道もススキやコスモス、秋の野花を楽しんだり、


IMG_5659.jpeg


ちょっと面白そうな骨董屋をのぞいたり、、


IMG_5663.jpeg


大原の里の秋を楽しんだのである。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR