fc2ブログ
topimage

2022-09

9月朔日 初秋の薬師寺〜ならまちから氷室神社・氷献灯 - 2022.09.08 Thu

9月朔日不穏な天気のなか、西ノ京へ(あ、京都の西の京円町とちゃうよ)


IMG_5546.jpeg


雨に濡れた紫のコムラサキシキブと珍しい白のシロシキブ(?)に迎えられて薬師寺へ。歩いている間に土砂降り+雷で少々ぬれながらお写経道場へ。


IMG_5514.jpeg


土砂降りとコロナと平日と、、、で広い道場に私ともうひとりしかおられず、ゆっくり心を落ち着けて写経。この年にしてようやく覚えた般若心経、漢字をひとつひとつ確かめながら書くゆとり(?)がでてきたわ。(金釘流でございますが)


IMG_5515.jpeg


写経をしている間に雨はあがってほっとする。写経の集印帳の一巻目がようやく一杯になった。弥勒菩薩からはじまって、12の如来、菩薩、明王、最後がこの釈迦如来である。こういうのどうしてもコンプリート魂が刺激されてあかんわ(^_^; でもこの一巻に6年かかってるから、1年に2回のペースやな。


IMG_5550_202209021228474b1.jpeg


薬師寺は西ノ京ロータスロードの一つなので、境内にはたくさんの蓮の鉢、もう盛りは過ぎたがそれでもがんばって咲いている蓮花の向こうに凍れる音楽〜東塔を見る。
残念ながら今年うちの蓮は葉っぱばかりで2鉢それぞれ1輪しか咲かなかった。根が回りすぎて土がこぼれるくらい盛り上がって、時に水がかれたり、、、来年はもっと深い鉢で試そうと思う。

近鉄奈良に戻って、おついたちなので氷室神社の氷献灯を見ようと、暗くなるまでならまち散歩を。


IMG_5519_2022090212284488a.jpeg


いつもうろつくエリアを少し外してみると、意外とおもしろい建物がみつかる。こちらは墨の古梅園さん。これは江戸時代の建物かしら?


IMG_5520_20220902122842881.jpeg


創業が天正年間(16世紀)というからすごいなあ。写経でお世話になっている墨だが、これからも文化として生き残ってほしいと思う。


IMG_5522_2022090212284085d.jpeg


奈良墨としては古梅園が有名だが、すぐ近くにもう一軒、昔ながらの製法で墨を作っている松壽堂さん。このあたり墨屋街だったのかしら。この建物は築300年だそうだからやっぱり江戸までさかのぼるんだ。


IMG_5525_20220902122838d47.jpeg


かと思えば古民家を生かしたかわいいお店もある。


IMG_5524_20220902122838046.jpeg


こちらもりっぱ。概してこの通り(椿井小学校の通り)ほんまにたくさんの良い建物が残っている。今までしらんかったなあ。
ちなみにこのcervo biancoって白鹿の意味だからお酒関係かと思ったら、ピザ屋さんだった。


IMG_5526_2022090212283580d.jpeg


そんな古い町家がたくさん残る道をさらに南下。


IMG_5527.jpeg


先日も奈良博中将姫展の記事で写真アップしたが、藤原豊成邸跡の徳融寺、中将姫生誕地の碑が。奈良博の展示の後、「死者の書」読み直しちゃったよ。



IMG_5533.jpg


で、そのお向かいにある七福食堂さん。ランチも美味しいのだが、けっこう早めに売り切れになる。この日は夕刻だったので、おやつタイム。


IMG_5530_20220902122832032.jpeg


桃とカモミールハーブのパルフェ。数種のハーブが入ったシャーベットが美味しかった。


IMG_5536_202209021228325c9.jpeg


近くに中華の枸杞さん、ここかあ。タイヤ男のガイドブックにのったとか、予約も一月前のついたちのみというのもハードル高そうだわ。

このあたりは紀寺、ちょっと遠いのでバスに乗る。


IMG_5537_20220902122754270.jpeg


県庁の横の交差点で、鹿が二匹交差点を渡ろうとしているが、信号は赤だよ、あかんよ、あかんよ、、、と思ったが、、、


IMG_5540_2022090212275393c.jpeg


鹿に通じるわけもなく、赤信号で堂々のJウォーク、、、でも奈良の鹿が交通事故に遭うのが一番多い場所がここなんだそうだ。気をつけろよ〜〜。


IMG_5584_20220902122804f85.jpeg


さて、奈良国立博物館前の氷室神社、かき氷=奈良の伝説?を作った「ひむろしらゆき祭り」元締めである。良い感じに暮れてきた。

和銅の昔(7世紀)春日野に張る氷を氷室に貯蔵して、翌年の夏に平城京へ献上したことから氷神を祀る神社を創建したことから始まる神社だ。現在は毎年5月1日におこなわれる献氷祭りはこの平城京献上の歴史をふまえたものだが、全国の製氷会社が参拝する日なのだそうだ。


IMG_5557.jpeg


そして毎月1日(それ意外の日の月もあり)、氷献灯が参道を照らす(18時〜21時)
おお!ガラスのように美しい透き通った氷灯り。


IMG_5562_20220902122808e36.jpeg


毎月1日には製氷会社の方ががんばってくださるのだ。


IMG_5590_2022090212280201b.jpeg


さらに暮れていくとなお美しい灯り。
この時間になるとあたりに観光客の姿はほぼゼロに近く、この灯りを独り占めである。


IMG_5593_20220902122800ec2.jpeg


と思ったら、なぜか三々五々ご近所方が集まってこられて、どこからか雅楽の篳篥、龍笛の音が流れてくる。ああ、そうか、昔ここは南都楽所があった場所なんだ。今でも楽所の方々がお稽古される日でもあるんだな。なんてすてきなBGM。



IMG_5594_20220902122800483.jpeg


氷も献じられ、今年も例年ほどではないけどたくさんかき氷をいただいた感謝と来年もまた食べられますように、の祈願を。


IMG_5568.jpeg


これはおみくじを引いてその紙を貼り付ける氷。多分だいぶんちいさくなってる(^_^;


IMG_5595.jpeg


本殿を囲む灯りも美しく


IMG_5598_202209021227568df.jpeg


暮れた奈良の夜、参道からバス通りを眺める景色、この灯りに見送られながら奈良をあとにした。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR