fc2ブログ
topimage

2023-03

修二会2023〜3月7日・食堂作法〜謎の言葉「あらいくも」〜数取り懺悔 - 2023.03.08 Wed

来るたびに新しい発見のある修二会である。
この日は折り返し、上七日の最終日、夕刻ご本尊が大観音さまから小観音様に変わる日。



IMG_2042.jpeg


食堂(じきどう)周辺をあれこれ。
12時に練行衆は食堂に入られるが、これが作法なのか、うれしそうにぴょんぴょん跳ぶような足取りでこられる。そりゃ一日一回の食事だからうれしいよね、って気持ちになる(*^_^*)


IMG_2059_20230308003419b1d.jpeg


湯屋に見える竈の炎


IMG_2044_20230308003409222.jpeg


湯屋から運び込まれる汁。祈りが長いので食べるときはすっかり冷めているとか(^_^;


IMG_2048_20230308003411e12.jpeg


階段も重そうだ。


IMG_2052_2023030800341304b.jpeg


合図があって食堂の中へ。


IMG_2057_20230308003416a78.jpeg


おお、もう飯器が下がってきた。練行衆食べるの速い。


IMG_2054_2023030800341664e.jpeg


これは飯をいれていたものかしら。


IMG_2062_20230308003439789.jpeg


すでに練行衆付きの童子が片付けの準備、食器をさげる桶を抱えて食堂口へ。


IMG_2068.jpeg


練行衆が残したご飯が童子や院士さんたちのご飯になると聞いた。(だから完食してはいけない)

そして2年越しで待ち構えた「あらいくも」
瞬間なのであせったが、なんとか録った!!





食事の終わりに堂童子が顔をだして(だいたい12:25頃)よばわる「あらいくも」

洗い湯汲もう、、、の意ともいわれるが、オリジナルを失った言葉、これを合図に白湯が運び込まれるのである。昨年意図せず目の前で見て、え?あれなに?とうろたえたので、今年はしっかり準備して拝見。(すごくオタッキーやけど(^_^;)


IMG_1949_20230308003400a16.jpeg


しばらくして食堂口が開いて、名物生飯投げ!


IMG_1953.jpeg


残した飯を柔らかい薄紙でつつんで生飯とする。練行衆各位の投球フォームはそれぞれ個性があって楽しい。


IMG_1956.jpeg


ちゃっかりと鹿が待ち構えていたりする時もある。


IMG_1951_20230308003403b7b.jpeg


あ、新入の処世界さん、やはりお父上(和上・上司師)によく似ておられる。投げているのは昨年修二会満願後お話を聞く機会があった望月大仙師、Twitterもよくされている(おこもり中はもちろんできないので予定投稿)


IMG_2082.jpeg


13時から日中の法要、食事が済んだばかりなのにもう上堂される。


IMG_2085_2023030800344548c.jpeg


この練行衆の法衣ってほんと、しびれるなあ。


IMG_2079.jpeg


お松明でこすれてへこんだ手すりから眼下に奈良の市街。
今年もまだ中へは入れないので、しめた扉から壁耳聴聞(?!)散華や南無観コーラスなど聴聞。

聞きたかったのは、、、、数取り懺悔という日中最後の礼拝。5,7,12.14日の日中法要の時だけおこなわれる3000回の礼拝、これは初めて。ほんまに3000回もやったら死ぬので(^_^;そこは仕掛けが、、、(本来ならば礼拝する姿が局で見られるのだが、今年は気配を聞くのみ。)





一遍、二遍、三遍、五遍、六遍、六遍、、、(四は忌み言葉なので飛ばして六を二回)
十遍、二十遍(とここでいきなり10はしょる)、、、百遍、二百遍、、、(100はしょる)、、、で3000回なのであるが、それなりにしんどいそうだ。そりゃそうよね。

ちなみに役の重さで回数は減っていく、下っ端ほど回数が多く、3000回になる。



IMG_2091_202303080036518db.jpeg


日中もおわり初夜上堂にそなえて参籠宿所へお帰りになる練行衆。


IMG_2095_20230308003448efc.jpeg


しばらくしてお堂からおりてみると、どうやらご入浴中らしかった。

さて、私もお松明に向けて腹ごしらえをしておこう。(つづく)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR