fc2ブログ
topimage

2023-08

信州旅行〜①織り姫さんの仕事場にて - 2023.08.27 Sun

この夏かねてより行こうと相談していた信州へ。
京生まれ京育ちながら、1年前この地に根をおろすことにした若き織り姫さんちを訊ねて。
ドライバーは陶芸家のA君である。(片道6時間、ほんまお疲れさま!)



DSC05783.jpeg



浅間山〜♪

、、、暮れゆけば浅間も見えず
歌哀し 佐久の草笛 、、、(小諸なる古城のほとり・島崎藤村)

その佐久へ。


IMG_7946_202308270019319eb.jpeg


35℃越えの京都を思えば楽園ですわ、この涼しさ!
日の入りともなればさらに涼しく、虫の声もすだいてまさに秋。


IMG_7842.jpeg


織り姫さんは、草木染めの志村ふくみさんのお手伝いをされていたお弟子さん。
このあたりは市街地より離れた農村の集落、ここの古民家で草木染めをし、機(はた)を建てて、布を織っているのである。
かねてよりお願いしていた草木染めの紬の反物、今まさに機にかかっている。この縦糸を準備するのが一番大変な作業ではなかろうか。


IMG_7860_2023082700192787b.jpeg


すごく複雑な文様をお願いしてしまったので、その設計図も複雑。
アトリエシムラの機織りワークショップに行って、反物を織った経験はあるのだが、横線しか模様がでない単純な作業だった。反してこれはちょっと複雑すぎて理解できない、、、(^_^;



IMG_7855.jpeg


すでに染め上がった紬糸。
藍は自分で藍建て(植物の藍を発酵させて染料にする。温度管理が難しいらしい)したもの。
黄色はクチナシの濃度のグラデーション、紫は紫根、緑は藍とクチナシ。

草木染めの不思議は、あんなに緑豊かな草木が原料なのに、緑色だけは単一材料では作れないこと。



IMG_7856_202308270019251d4.jpeg


これが難しい縦糸の染め。
絣もそうだけれど、文様にあわせて縦糸を張るのが一番大変な作業ではなかろうか。


IMG_7844_20230827001919065.jpeg


最初出会ったときはまだ20代前半のお嬢さんだったが、突然アルスシムラ(志村ふくみさんの学校)へ行く!と決心されてから、あれよあれよ、内弟子期間を過ぎて独立、結婚してから縁あって信州佐久でアトリエを構えることに。見事な職人さんのできあがり、よく決心したねえ。



IMG_7847.jpeg


京都にいるときは少し線が細い感じだったのに、信州の環境にすっかりなじんで健康的な印象に変わったのもいいな。緑も豊か、水も豊かで空気もきれいで、ご近所の農家老夫婦ともなかよくおつきあいされていて、お料理好きのご主人もいて、つい母親目線で安心したわ〜。


IMG_7859.jpeg


アルスシムラの卒業制作でも、他の生徒さんがふくみ先生をなぞっているような感じの作品が多かった中、一人異彩をはなっていた織り姫さん、あれ見たときほんとに彼女の才能を確信したのだ。
さて、この着物、完成した暁にはこんな感じになる。できあがりが楽しみや〜。(それにしても複雑なデザイン(^_^;)


IMG_7863_20230827001930778.jpeg


夜は帰宅されたご主人と一緒にみんなで晩ご飯。
料理好きのご主人が目の前でマヨネーズを自家製でちゃちゃっとつくらはったのには驚いた。そして織り姫さんが手伝いにいっている有機農家のお野菜、これがまた美味しい。トマトがもう絶品!甘くて甘くて。契約したお客さんにしか売っていないのが残念。


IMG_7864.jpeg


織り姫さんお手製のラタトゥイユも、このトマトをたっぷり使っているので、ほんま美味しかった!


IMG_7865.jpeg


ごちそうさまして、外に出ると肌寒いくらいで、虫の音も。あたりはほぼ真っ暗、月も星もよく見える。ああ、信州に来たんやな〜としみじみ。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (411)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR