topimage

2018-04

随心院はねず踊り2018 - 2018.03.28 Wed

東山が西にある(^_^;山科は随心院門跡。
この冬、一度おとずれて、はねずいろの花が咲くという梅林を見た。まだ枯木状態だったので、咲く様を一度見たいものだと思い、はねず踊りがおこなわれる3月最終日曜日にふたたび訪ねてみた。






P1140133.jpg




はねずとは「唐棣」、古くから薄紅色の名前であったものが、今ではすっかり死語になってしまったそうだ。




P1140138.jpg



随心院の境内にある小野梅園

小野篁などの小野家の所領であった土地柄、小町もここ出身と言い伝えられている。(諸説在り)




P1140136.jpg




これがその「はねず色」の梅である。




P1140145.jpg




乙女を思わせる淡い紅色だ。



P1140143.jpg 




梅園内は散策できるし、広間の茶室もあって,呈茶がされていた。




P1140151.jpg




さて、一日に数回おこなわれるはねず踊り、踊るのは小野学区の小学校高学年の女の子たち。
これもまた、地域によって支えられ維持されている地域の祭なのだ。




P1140154.jpg




深草少将の百夜通いがテーマ(小町の元に100日通えば諾、と言われ99日目に雪で死んでしまった男の物語)

紅の縁の笠が小町、白の縁の笠が深草少将
乙女たちの衣の色がはねず色。




P1140160.jpg




この踊りは起源はあきらかでないものの、約1世紀前までは毎年はねずの梅が咲く頃、里の子たちが家家を門つけして歩いた、という記憶があるらしい。

すたれてしまったはねず踊りを再興しようと、地域の人たちが古老へのききとりなどで復活させたのが昭和48年という。




P1140167.jpg




地域の人たちの努力によって復興した祭は意外に多いと思うが、それを維持していくための地域ぐるみの努力はたいへんなものだと思う。
特に少子化の時代、子どもたちへいかに伝えるか、難題はありそうだ。




P1140170.jpg




  ♪ 少将様がござる 深草からでござる (約5kmほどの道のりらしい)

     毎夜よさりに 通うてござる 榧の木の実(小町は榧の実で通うた日を数えた)で

       九つ 十と 日数かぞえて ちょいと垣間見りゃ、、、、


この歌では小町は年老いて,この里に悠々自適し、童らをあつめてこのはねず踊りをおどって楽しんだそうな。そんな老後ならいいな。(老後の小町にはいろんな伝説があるが)





P1140173.jpg




そのあとは、今様の舞があったり




P1140175.jpg




暑いくらいの好天で、地域の人や遠方からの人もたくさんおいでだ。





P1140180.jpg




けっこう見応えがあったのが造形大瓜生山舞子連中の石見神楽「おろち」であった。




P1140181.jpg




4匹もおろちがでてきて迫力あり。
長い尻尾を引きずりながらところせましとあばれたりとぐろをまいたり、、
1匹を1人で操作している、というのも驚きだ。




P1140183.jpg




4匹合体



P1140189.jpg




素戔嗚尊が用意した酒をくらうおろち




P1140193.jpg




戦う素戔嗚尊




P1140195.jpg




こうして4匹とも首をとられて大団円である。
やんや、やんや




P1140200.jpg




終了後、お寺の中ではこれも地域の人たちが蒸籠で餅米を蒸し、搗き、丸めて販売中。結構行列できるほど人気。ぜんざいもいただけて、中にその大きなお餅がはいっていて美味しかった。





P1140202.jpg




桃山時代の建築のお堂や庭園は、冬に来たときと違って明るく開放的な感じ。




P1140203.jpg




ほんとうのはねず踊りを見たあとに、だるま商店の襖絵のはねず踊りを改めて見るとまた感慨新た。
しかし、、、この襖絵、100年たったらもちっとおちつくのかしら(^_^;?





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1002-1eb74bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上七軒・北野をどり〜平野神社〜千本釈迦堂〜桜 «  | BLOG TOP |  » 一枝窓〜宗和流宗匠の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (228)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (66)
茶会(亭主) (3)
京のグルメ&カフェ (55)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (54)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (36)
京都めぐり2018 (11)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (9)
美術館・博物館 (57)
奈良散歩 (20)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (40)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (3)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (4)
暮らし (4)
中国茶 (24)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR