topimage

2018-07

上七軒・北野をどり〜平野神社〜千本釈迦堂〜桜 - 2018.03.30 Fri

五花街の踊りのトップを切って上七軒・北野をどりが始まった。




P1140215.jpg




このバカ陽気で桜は狂気のように一気に咲いて京洛は花盛り、そのさなか人の世の花も愛でに。




P1140217.jpg




ストーリー性のある舞踊劇があるので、私はこの北野をどりが一番好き。




P1140219.jpg




新調された緞帳はなんと一枚漉きの和紙!
和紙作家の堀木エリ子さんの大作。
照明が落とされると光を透かしてとても美しかった。

舞踊劇は「北野の杜の物語」
北野のお社の杜に住む、イノシシや鹿、兎、栗鼠、紅梅白梅の精などもでてくる楽しいもの。絶世の美女、吉野太夫に化けた狐と狸の化け比べもあでやかに、最後に天神さんが雷をおとすというおはなしである。




P1140221.jpg




休憩の後は踊りのオンパレードであるが、もう衣裳の美しさに目がキラキラ。
それにしても上七軒最古老、伝統技芸保持者の福鶴姐さんの踊りはすばらしい。一人舞のキレのよさ。フィナーレで舞妓ちゃんとならんで同じ踊りをするとその凄さがきわだってよくわかる。

人の世の花もまた美しい。




P1140222.jpg




出口のあたりでであった舞妓ちゃん。(narahimuro様、よろしく(^_^;)





P1140223.jpg




天神さんの北を西へ行くとすぐ桜で有名な平野神社がある。




P1140226.jpg




桜祭りは来週のはずだが、もう見頃をむかえてしまって、大丈夫だろうか、とよけいな心配をしちゃうわ。




P1140229.jpg




平野神社の社紋は桜




P1140231.jpg





しかし平野神社といえば夜桜宴会のメッカ、桜の下には宴会桟敷がいっぱい出ていて、若干艶消しだなあ。(でも数年前、ここで夜桜宴会したけど、、(^_^;)




P1140233.jpg




薄紅の霞
ここは珍しい種類の桜もあるのだ。




P1140235.jpg




桜の木の下で上を見上げるとあまりにも狂気じみた咲き方に息苦しくなる。




P1140236.jpg





人の世の花も自然の花もいずれも美しく、時がうつろえば衰えていく。だからよけいにこの一瞬圧倒的な華やぎをみせるのだろうか。




P1140238.jpg




茶所では釜で桜湯をいれてくれる。
桜祭りの時にもいつも活躍する釜だ。




P1140239.jpg




ちょっと塩からい桜湯にほんのり甘い桜花餅(わらびもち)




P1140241.jpg




また東へもどって上七軒の風情ある通り




P1140242.jpg




和菓子の老松さんにも北野をどりのポスター

この通りの弓月さんで、誂えた西陣お召しのちりよけをうけとってさらに東へ。




P1140246.jpg




千本釈迦堂の阿亀桜を見に。




P1140251.jpg




室町時代の国宝本堂を背にこちらも枝垂れ流れ落ちほとばしる花の滝




IMG_0956.jpg




夜は夜とて花に月

あまりに短く息苦しいほどの桜の季節である。




関連記事

● COMMENT ●

しぇる様へ
 4月1日にイタリ旅行から帰ってみると、京都の桜は満開を過ぎて
 いて残念でした。私は、桜花が八分咲きの姿を見るのが好きです。
 せめて、しぇる様の疎水沿いの写真を見て、見逃した京都の
 桜を偲んでいます。
  ところでお尋ねの舞妓さんですが、多分、ふみ幸さんでしょう。
 見せ出し一年ほどの舞妓さんです。

narahimuro様

早速のレスポンスありがとうございます。
ふみ幸さんですね。 パンフレットの写真より垢抜けてますね。やはり磨く水がちがうと、、、
イタリアですか、いいですね〜。
今年は例年より10日も桜が早くて。みんなおたおたしてました。順々に咲いてくれないと、一気に全部はまわれませんわ〜。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1003-9485c4f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

びわこ疏水船〜浜大津から蹴上まで〜桜 «  | BLOG TOP |  » 随心院はねず踊り2018

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (237)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (70)
茶会(亭主) (4)
京のグルメ&カフェ (56)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (58)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (37)
京都めぐり2018 (14)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (62)
奈良散歩 (23)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (40)
祗園祭2018 (5)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (4)
暮らし (4)
中国茶 (26)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR