FC2ブログ
topimage

2018-09

荒ぶる鴨川〜七夕の大水害に思う - 2018.07.10 Tue

先週末の未曾有の大雨はほんまこわかった。京都もこわかったが、郷里の岡山、高梁川の氾濫でほとんど一つの町が水没したニュースを見た時には衝撃をうけた。他にも広島や九州、四国の被害もひどい。もとの生活をとりもどすのにどれだけの時間がかかるかと思うと、なにもできない身であるゆえにほんとうに心がいたむ。一日も早い復旧を。そして大勢の犠牲者をだしてしまったこと、ただただご冥福をいのるばかりである。合掌



身の回りだけであるが、長年京都に住んでいる人に、こんな鴨川みたことがない、と言わしめるほどの大雨の記録を残しておこうと思う。




IMG_2050.jpg





二条大橋からの鴨川
いつも歩いている河川敷が水没、そして濁流、大きな丸太なども流れてきて橋脚にぶつかるのもこわい。




IMG_2045_20180708221332029.jpg




お向かいはリッツカールトン
やっぱりおるな、近くまでいっているヤツ。自然災害のこわさをしらんというか、、、




PA170038.jpg 




ちなみにこれは平時のだいたい同じ場所。




kamo_100j (1)





6日はスマホのエリア警報が鳴りっぱなしであった。それもだんだん左京区花脊〜久多〜修学院〜と岡崎に近づいてくるやん、と思ったらとうとう吉田学区、岡崎学区にも避難勧告。ただここまでくると京都市全域に警報が出ている感じでどこへ避難してもいっしょかな、と思う。

この図は京都府がだしている鴨川・高野川氾濫時の浸水予想図。京都府は100年に一度の水害でも大丈夫なように,,,云々と書いているが、まさにその100年にあるいはそれ以上クラスの大雨が降るとは思っていなかっただろう。




IMG_2046.jpg




鴨川はこんなで、警報なりまくりだが、皆さん冷静、バスも普通に動いていた。所用で高野川、出町の鴨川を渡ったが、ほんまに今までみたことのない増水のしようで、これが氾濫したらどうなるのかと、かなりどきどき。

桂川の方はもっとひどくて、嵐山の吉兆の前あたりの道路も冠水、通行止めになっていた。ここは数年前にも渡月橋冠水か?!の大きな水害があって、今回はそれよりもひどい大雨だったにもかかわらず、その後対策〜川の浚渫、渡月橋の水深深くするなど〜をきっちりねったらしく大事にいたらなくてよかった。

阪急電車は桂川と鉄橋がすれすれに近いくらいだったらしいが、がんばって動いて、遠くから見ると「千と千尋の神隠し」的な幻想的景色になっている、という画像をTLで見た。(こんな感じね)

桂川上流の日吉ダムではクレストゲートと言って、100年に一度、あるいは一生使うことないやろ〜と言っていたダム貯水量限界のときにのみ開けるゲートをあけて放水を開始、一時的に桂川はさらに増水したが、絶妙の職人技ゲートコントロールで決壊を防いだという。詳しいダムの放水量コントロールの仕組みはわからないが、cm単位の神業であったという。





IMG_2055.jpg





右手の川床もやばそうだが、もっと南の四条、五条あたりの川床は足がすっかり水につかっていたらしい。三条の先斗町歌舞練場の裏では護岸がついに壊れて土がむきだしになった、とニュースでも言っていた。しかし、逆にそれだけですんだというのは治水工事の勝利かもしれない。








かつて白河上皇も嘆いたままならぬモノ、山法師、双六の賽と鴨川の流れ。その鴨の暴れ川も今はなんとかコントロールできるようになったのね。油断はできないけれど。

それにつけても地方の川氾濫、洪水は、地形や川の規模、町の広がりなど、京都と単純に比べることはできず、被害状況を見聞きするにつけ、言葉を失う。一日も早い復旧を祈念する。





IMG_2048.jpg




この濁流の鴨川であるが、雨のやんだ8日には水はまだ濁ってはいるものの、水位はかなり下がって通常より少し多いくらいになって、普段の顔をとりもどしつつあった。




関連記事

● COMMENT ●

 しぇる様へ
 中国地方では200名を超える死者、行方不明者が出て、
 大惨事でしたね。死亡された方の冥福と行方不明者の生存を
 願うばかりです。
 実は、私も一時期奈良の郡部に居住していた時、梅雨明けが
 遅れ、二つの台風崩れの大雨で、一階天井まで浸水した事が
 ありました。幸い、避難が早く、水をプールに注水するように
 徐々に上がって来たので、地域によって死傷者はなかったのですが、個人的には
 家財道具や家内の高価な着物や茶道具、私の少なくないクラッシクカメラ等が
 水没しました。
 跡かたずけも大変で、二年近くかかりました。
 家の柱、廊下等も、拭いても、拭いても泥が噴き出て苦労しました。
 これからの被災住民の方の苦労がしのばれます。

 ところで、府立医大とある建物ですが、元ホテル藤田あとの
 海外資本が建て替えた和風高級ホテルでしょう。
 

narahimuro様

リッツカールトン、間違えてましたね(^_^; 訂正しときました。

奈良でそんな洪水にであわれたのですね。中の荷物は残念ながら使えなくなるでしょうが、とりあえず、家と命が無事だったのはよかったです。水害にあったときに読むガイドブックなるものもあるそうですが、ほんとうに後始末が大変だと思います。しかも水害の後のこの猛暑、被害にあわれた方の健康が気になります。われわれにできるのは祈ることと、義援金が一番実際的、また消費して経済を回していくことかなと思っています。これは東北大震災の時に割り切ってすべきこと、と思ったのと同じです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1049-1f394c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍の茶界〜produced by 為さん «  | BLOG TOP |  » 楊貴妃と天鼓に萌える茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (233)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (72)
茶会(亭主) (5)
煎茶 (7)
京のグルメ&カフェ (58)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (59)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (38)
京都めぐり2018 (16)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (67)
奈良散歩 (23)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (45)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (6)
ギャラリー (4)
暮らし (4)
中国茶 (26)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR