topimage

2017-09

真夏日の岡崎界隈〜あぢ〜っ! - 2013.06.15 Sat

あぢ〜、、、、、

なので建具を夏バージョンにしてみた。

こちらがbefore

IMG_1376.jpg

こちらがafter

IMG_1571.jpg

葦戸にいれかえて、今年ゲットした網代を敷いてみました。
足の裏がひや〜っとして気持ちいい。昔暮らしの智恵ですねえ。

IMG_1572.jpg

大きなお屋敷町家では油団(ゆとん:和紙を何枚も張り合わせ、荏の油を何度も塗り重ねたもの)を敷いているところも見たことがありますが、手触りは網代の方が好きかな。

IMG_1563.jpg

日なたにほおりだしておいたら、やっと矢筈に斑がはいってくれたススキ。これは宗全籠なんかに花とともに生けたら映えるんだ。

IMG_1566.jpg

しかし、毎日の水やりがほんと大変。

P1060982.jpg

紫外線完全防備ででかけた白川べりも真夏の風情。

P1060975.jpg

川べりの紫陽花もうだってる。

P1060976.jpg

白川沿い三条下ったところ、和菓子屋さん(餅寅さん)の角にこんな道しるべがある。

「東梅宮 明智光秀墳」

ここの細いろうじをちょっと東へ行くと、こんなところに〜?!という場所にひっそり光秀公の首塚とよばれる社があります。

P1060977.jpg

6月14日(旧暦)は光秀公の命日なので、お参りしておきました。勝者の歴史では極悪人になっていますが、それはねつ造だということが、かなり周知されていればいいのだけれど。


さて、その足で黒谷さんへ。
長い間修理中で大きな覆いにすっぽりかくれていた山門のカバーがはずされて、やっともとの雰囲気をとりもどしつつあります。

P1060985.jpg

ここの紫陽花もやっぱりうだってる、、、、(´д`ι)

P1060992.jpg

ここの墓地に母方の祖先の墓があるらしいので、以前からそれを見つけたいと思っていたの。それなりの旧家だったらしいので、そんなに小さい物ではないはずだけど、本家筋はもう絶えてるしなあ、、、。しばらく墓石の間をさまよってみましたが、、、、これだけたくさんのお墓から見つけるのは無理!という結論に達しました。(´_`。)
またご縁があれば。

P1060995.jpg

いや、真夏の炎天下に墓場逍遙というのも、けっこう酔狂ですな〜。


P1070029.jpg

そのまま真如堂までいっちゃえ。

P1070002.jpg

道の途中にある紫雲院の境内は蓮の鉢がたくさんあります。ここで一粒、葉の上に水玉がほしいところですが、このピーカン晴れでは、ないものねだり。

P1070027.jpg

「八重の桜」効果で会津藩殉難墓地にもたくさんの人が、、、、と思いきや、さすがにこの暑さではだ〜れもいませんね。

P1070005.jpg

ここは青楓の木陰が気持ちよい。

P1070010.jpg

でも、やっぱり、あぢ〜っ!

P1070012.jpg

ところが本堂の前にくるとひんやりするんです。大きな木造建築はやはりすごいなあ。
ここの階段でしばらく涼をとる。

P1070018.jpg

本堂の前では菩提樹の花が満開。

P1070015.jpg

菩提樹ってこんな花が咲くんですね。雨が降りそそぐようでかわいらしい花です。(ただし、匂いはイマイチ)

P1070024.jpg

同じく本堂前の沙羅の木(ナツツバキ)、まだ少し早く、つぼみはたくさんついていましたが、開花は2〜3輪。繊細な花びらのように繊細な木で、私は宝塚時代、この木を1本枯らしました+(σ´д`。)+゚

さて、お茶のお稽古行こう。

P1070032.jpg

六月は夏至までは単衣なんだけれど、も〜我慢できないので、夏大島!!





関連記事

● COMMENT ●

先日、玉林院の茶室蓑庵の見学会に行きましたが、方丈の軒下(?)はほんとに涼しくて気持ちよかったです。
夏大島って涼しいですか?って涼しい訳ないか(笑)。
5月のお茶会ですでに小千谷縮を着ていたのは私です。それでも暑い。

学生時代はまだ、暑い京都と言ってもここまで暑くはなかった・・・i-230
鴨川沿いを長袖シャツで四条から下鴨神社辺りまで歩いたもの。
いつ頃から体温越えするようになったんやろうi-201

学生時代の最後の一年間、黒谷の塔頭の一隅に下宿していました。(佐土原島津家筋の京都に
おける菩提寺で、旧伯爵家のさる方も参拝に来られるそうです。)
毎日、卒業実習で帰りが遅かったのですが、偶に早く帰れると、黒谷墓地の三重塔から、西山に
沈む夕陽を眺めていました。
黒谷墓地には、親戚の墓所があり、亡母も参拝した事がある言っていましたが、
詳細には、聞きそびれました。
墓地には日本史でお馴染みの人物の墓表もありますが、周辺には、無縁さんになって
しまった墓石も多く、中には戦後の物もあり、家が続く困難さを感じていました。

私は先日は烏丸から北白川校前の友達宅まで白川を通り 黒谷を通り行きました。
今日は河原町から白川を通って美術館前まで散歩 途中川添いに15日にオープンしたミニ古美術店を覗きました。それにしても暑い毎日です。
涼しそうな夏大島ですね。素敵です!

relax様

帯まわりに何枚も巻きつけている限り、着物は物理的には涼しくないです。
まあ、見た目に涼しいのが救いですね。男着物はいいなあ。

今日久々に茶室にはいったら、雨戸を閉めているせいもあるんですが、周囲の部屋より少しひんやりしました。ただ、真夏にここでお茶をするのは、お客さんに暑さ地獄を味わわせそうで、、、、

夢風庵様

学生の頃、下宿にあるのはちっこい扇風機一台だけでした。
でも、やっていけたのは単に若かっただけではないですね。
30度越えただけで、猛暑といっていた時代がなつかしい、、、

narahimuro様

黒谷さんの塔頭が下宿ですか(@0@)!
京都ではめずらしい話ではないとはいえ、うらやましい。
文殊塔からの市中の眺めはいいですよね。さすがに夕陽が見える時間はちょっとこわくてよう行きませんが。
黒谷さんの墓地の墓標を読むのは興味深いです。江戸時代のものから陸軍中尉云々というものまで、もうお参りする人も明らかにいなくなった、と思われるもの、、、、。自分もいつか大きな歴史の流れの中のちっぽけな墓になるのだなあ、なんて考えてしまいました。

ひいらぎ様

この暑さにも関わらず、京都歩き、すごい健脚ぶりですね!
暑さもさることながら、私は紫外線がこわくて、日焼け止め、つばひろ帽子、サングラス、長袖、という怪しいおばさんになって、徘徊しております。

しぇる様
私も日焼け止め 帽子 日傘 サングラス 今日は長袖の出で立ちです。
何しろ過去最高の体重を何とかしたい!(そんなに食べなさんな!影の声)
あじいー!

ひいらぎ様

道で似たようないでたちの方をみかけたら、「おほほほほ、、、」と笑ってすれちがいましょう。
ダイエットの極意は、、、、運動よりもやっぱり摂取カロリーを減らすことですね(^_^;
わかっちゃいるけど〜、、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/105-910c921b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空梅雨の建仁寺・両足院〜宮川町あたり «  | BLOG TOP |  » 楽美術館鑑賞茶会〜水無月2013

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (207)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR