fc2ブログ
topimage

2024-04

後祭巡行点描2018 - 2018.07.24 Tue

前祭はダウンしちゃってたから、後祭にかける山鉾巡行
出発から帰還まで、猛暑の中。しんどかったけれど、巡行している人たちのことを思えば、、、
(ちなみにこの日は、夜の還幸祭もあわせて12km以上歩いた計算になる)




DSC01092.jpg 



朝!
法輪のマークは役行者山、室町通りのご町内から御出立
広い三条通りまで南下して、180度回転、御池をめざして北上する。




DSC01095.jpg




前日の宵山では護摩焚きをされた山伏さんたちも巡行、ぷお〜ぷお〜という法螺貝の音とともに




DSC01098_20180724231131941.jpg




南からは黒主山がやってくる



DSC01102.jpg




熱い一日、学生アルバイトだと思うけれど、熱中症でたおれずにがんばれよ〜!



DSC01106.jpg




この子たちは黒主山の行司と副使かな




DSC01111_201807242311177f9.jpg




黒主山は黒がシンボルカラーなので、宵山の時の埒(柵、他の山鉾は木地)まで黒く塗っているので有名




DSC01113.jpg




室町通りの電線を上手にかいくぐるのは屋根方のお仕事




DSC01119.jpg




鯉山の役員さん
腰に榊をさす。これいつもかっこいいと思う。



DSC01122.jpg




曳き手もみんな腰に榊



DSC01127.jpg




御池通りまで出たら、新町通りのしんがり、大舩鉾がすでにその勇姿をあらわしていた




DSC01133_20180724231114e96.jpg




巡行の花形コース、御池通りはもう人がいっぱい
車方に知人がいる北観音山(曳き初めもしたよ〜♪)

みんな見所はよくご存じだが、こんな暑い中よく見に来るな〜(自分はたなあげがお約束)




DSC01149.jpg




祗園祭といえばこの方ぬきでは語れぬ、北観音山の吉田孝次郎先生
猛暑の中、お元気そうでなのよりだが、年令を考えると、ちょっと心配になる。



DSC01154.jpg




北側に移動して北観音山
血液にお囃子が流れ込む



DSC01158.jpg




さてここで徒歩と阪急電車(烏丸〜河原町の移動に一番便利)を駆使して四条室町あたりに先回り
函谷鉾は前祭で巡行を終えているが、会所をあけてヒオウギを飾り、お出迎えの準備




DSC01159.jpg





四条新町の辻回し用の水の準備
今年は警備がきびしくて、目の前で辻回しが見られない。(警察のけち〜〜!!)




DSC01165.jpg




山鉾が来るのをまちつつ、50年前から鉾を曳いているというおじさまと、この軒先のお家の奥様に、昔の巡行の話など、のんびり聞くのもまたうれしい。




DSC01167.jpg




新町で最初に辻回しをするのは北観音山なのだが、その北に位置する八幡山が来ないことには辻回しもできないので待機していたが、ようやく姿が見えてきた。




DSC01174.jpg




北観音山の辻回し!
なんとか望遠でとらえる。








DSC01178.jpg




吉田先生、お疲れ様です!あと一息!
それにしても、しゃきっとした祭礼のお姿、最後までくずされずお見事です。




DSC01181.jpg




狭い新町通りを北上、会所までゆるゆるついて歩く




DSC01187.jpg




辻回しに使う竹



DSC01188.jpg




あと少し、、、がんばれ!




DSC01197.jpg



ゆらゆら優雅な動きの音頭取りの扇



DSC01198.jpg




会所は目前、そして到着すると、、、、









お囃子が超高速になる。これがおわれば拍手がおこり、巡行は終了である。




DSC01200.jpg




北観音山、南観音山はご神体が楊柳観音なので、それぞれ後に柳の大枝を飾るのだが、巡行がおわっったあと、これを切って観覧者にもわけてくれる。厄除けに(洛中の厄を一杯すいこんでるんと違うか?という説もあるが(^_^;)




DSC01203.jpg




一枝ゲットo(^▽^)o




DSC01206.jpg




南観音山の方へ行くと、お寺さんが曳き手さんの着替え、昼食の準備、笠とかの返却場所に。
このお寺はかつて鉾町に多大な寄進をした呉服商・茶屋四郎次郎の邸宅跡にたっている。




DSC01207.jpg




南観音山の囃子方さん
ご苦労様



DSC01208.jpg




体が2つあれば、大舩鉾の辻回しもみたいところだが、四条まで帰ってきたときにはもう終えて南下していく後姿だった。

今年も後祭、巡行が無事終わってなにより




DSC01211.jpg



持ち帰った北観音山の柳はしばらくこうして飾っておこう。




関連記事

● COMMENT ●

おやぶん

いつも楽しく拝見しております。長髪を後ろで括っている青い半纏のおじさまは、北観音山の作事方である六角会の責任者 笠原棟梁(通称:親分)です!

六角会様

あら!
北観音山関係のお方!こんなブログを読んでくださってありがとうございます。
笠原棟梁、お名前覚えました。来年も是非お目にかかってお話しを聞きたいとおもいます(^_^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1060-a7aba167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

還幸祭2018 «  | BLOG TOP |  » 遠州流+藪内流コラボ茶会に勉強会〜妙心寺・天球院

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (9)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR