fc2ブログ
topimage

2024-02

京都の御大礼〜即位式・大嘗祭と宮廷文化のみやび〜細見美術館 - 2018.09.21 Fri

来年は今上天皇が譲位され、新天皇が践祚され、御大礼(即位式、大嘗祭、その他)がある。おそらく、私には最後の天皇さんになるだろうなあ、、次の天皇さんは。



DSC02455.jpg



というので世の中は御大礼ブーム?
かくいう私も某所にて、ちょっと大嘗祭の勉強会に参加している。
なので、予習バッチリ(?)、細見美術館の「京都の御大礼〜即位式・大嘗祭と宮廷文化のみやび〜」を楽しみに見に行った。



DSC02456.jpg 



勉強会では、大嘗祭に際して作られる悠紀殿(ゆきでん)・主基殿(すきでん)について勉強したのが一番印象深い。

悠紀・主基とは?
洛中より東を悠紀地方、西を主基地方といい、大嘗祭で供えられる初穂をそれぞれの地方から送るのだが、どこの田をその斎田にするか決めるのに古代からの亀卜(亀の甲羅を焼いて割れた筋の方向で占う)で決める、というのがおもしろい。というか、今の世にもこんな決め方があるなんて!である。

ちなみに昭和天皇の大嘗祭では悠紀が滋賀県、主基が福岡県、今上天皇のときは悠紀が秋田県、主基が大分県であったそうな。
そして亀卜のための天然記念物アオウミガメを特別な許可のもと捕獲し、献上された、という最近の新聞ニュースもあってなんだか臨場感あるなあ。

展示には、桜町天皇(江戸中期)のとき亀卜につかわれた亀の甲羅もあって、実物をみると勉強したことがさらに深まるのである。

悠紀・主基って結構特殊な名前で聞いたこともなかったけれど、展示には「江戸時代の悠紀主基屏風(悠紀殿、主基殿をそれぞれ取り囲んで立てたらしい)初お目見え」なんてのもあって、今はぐっと身近に感じる。

大嘗祭に関しては、いろんな文献もあり、何時からこれこれの儀、何時からあれの儀、とかいろんな儀式が時間刻みであるようなのだが、中には秘儀ともいうような、いまだに審らかにされないものもあるらしく、まあこれは下々の者には関係ないだろうが、興味はあるよね。




DSC02474.jpg



即位式はいろんな時代のものが起こし絵式になって残っていて、わかりやすい。
江戸初期から、明治天皇にいたる時代、そのありようはマイナーチェンジはあるが、基本的にはずっと昔からのしきたりが守られているようだが、明治天皇の即位式では、大きな地球儀が御前に飾られるなどは、時代背景が投影されていておもしろい。

どの時代にも、高御座(たかみくら)の手前の方に左右にわかれて何本かの幢 (旗鉾)並べられているのだが、
真ん中が銅烏(3本足の烏)、一方に日輪の金烏(八咫烏)と朱雀幢 、青龍幢 、他方に月輪の白兎と蟇蛙(ともに月にいると古代中国で信じられていた)と玄武幢 、白虎幢 、以下左右それぞれ鷹幢 、龍幢 、萬歳幢 、纛(トウ・黒い毛束)幢 、、などが続く。

これもおそらく大陸文化の影響を受けているようで、なかなか興味深いのだが、その意味するところはなんなんだろう。これもまたいちど講義を受けてみたいものである。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1090-c848b02b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岬の観月茶会〜雨だけど、、、、 «  | BLOG TOP |  » 信楽・古民家で五輪塔つくりと出汁巻きつくり

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR