FC2ブログ
topimage

2018-10

萬福寺月見煎茶会2018 - 2018.09.26 Wed

宇治にある黄檗山萬福寺
明から渡来された隠元禅師開山の黄檗宗総本山であるが、煎茶道の祖・売茶翁のゆかりのお寺でもあります。



DSC02700.jpg




普茶料理といい、建物の雰囲気といい、唐風の黄檗声明(梵唄)といい、儀礼といい、どこか中国風なのが萬福寺。




DSC02703.jpg



売茶翁ゆかりのお寺なので、全日本茶道連盟の本部があって、毎年中秋の名月の頃、6流派が境内のあちこちで煎茶席をかけられる。ここ数年毎年おじゃましている。



DSC02706.jpg




毎年輪番で献茶式がおこなわれるが、それに先立つ法要儀礼で黄檗声明が聞けるのがなんといってもここの良さかしら。



DSC02709.jpg



しかし、出遅れたせいかどこの席も満席満席で、ずっと遅い時間の席、しかも3席入れるところ2席しかはいれませんでした。なんか今年はお客さん多い?上の画像は結局時間があわずはいりそこねた東方丈の美風流席。

昨年から、境内の野点席はなくなったようです。(昨年は雨のせいかな、と思ったが今年もなし)
境内の白砂の上とか、回廊とか、ここの野点は雰囲気がよくて好きだったし、たくさん席があるので、わりとすぐに席入りできたのにね〜、、、残念。



IMG_2890.jpg



というわけで、境内で待つこと約1時間半
でも、この夜景を見るのが楽しみで来ているようなものなので、まあ、いいか。
境内をぶらぶらしよう。




DSC02717.jpg



だんだん暮れていくと幻想的な景色になるでしょ?
さて、昨年は雨だったが、今年は月はでるか?くもりだから厳しいかな〜?



DSC02749.jpg




これを見るたびに私はベトナムのランタンフェスティバルを思い出すのです。(実は実物見たことないけど、、、(^_^;)




DSC02719.jpg



はい、こちら萬福寺のアイコン、魚の開梆(かいばん)
大好きなの、これ。
口から吐き出しているのが「煩悩玉」といいまして、これがまた萌えポイント。




DSC02723.jpg



そうこうするうち、篝火に火がはいり、、、でも月、でないなあ〜。




DSC02745.jpg



法要の終わった本堂にはちらっと十八羅漢さん。



DSC02743.jpg



卍くずしの高欄は法堂、ここで小笠原流の席にやっとはいれました。



IMG_2907.jpg



高い天井の法堂の席は立礼で。



IMG_2908_20180925234652a66.jpg 



やはり中国風の独特の雰囲気があります。
煎茶道は流派が200以上あるといわれるので、その作法はいろいろ、でも基本は茶道とそんなにかわらない。茶道のアンチテーゼとしての煎茶道ではあったけれど、結局後世、いろいろ流派ができてしまうのね。



IMG_2909.jpg



煎茶は茶道ほど、お道具お道具といわないのがいいわ。純粋にお茶を楽しめる。(もちろんこだわりの茶碗など作られてますが、それは趣向で)



DSC02747.jpg



二席目の方円流席の五雲居へ急いだとき、その上になんと月が!
おぼろげながらその姿をやっとあらわしてくれて、月見茶会の面目躍如。



IMG_2911.jpg




ここの先生には毎年お目にかかっているような。(なぜか方円流を選んでしまう)
お正客が、来日2年にして日本語ぺらぺらの上に、かのむつかしいといわれる日本茶インストラクターの資格をお持ちの北欧の方だったり、文人文化と煎茶の美術史研究家の方がおられたり、もちろんお坊様までいらして、なかなか面白い席でありました。



DSC02732.jpg



20時の席がおわると人気もだんだん少なくなる境内。
そろそろ帰ろう。



DSC02752.jpg



帰り路にもまだ月がその姿を見せてくれていたのがうれしかったです。
(なぜ葵の御紋が、というと、四代将軍家綱が隠元に帰依し,援助したからだそうですよ)







関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1094-48ae7fff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

長月の大徳寺畔・狐菴 «  | BLOG TOP |  » 二条陣屋にて謡講

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (234)
茶事(亭主) (29)
茶事(客) (73)
茶会(亭主) (5)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (59)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (59)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (39)
京都めぐり2018 (17)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (68)
奈良散歩 (24)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (45)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (6)
ギャラリー (4)
暮らし (5)
中国茶 (27)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR