FC2ブログ
topimage

2018-11

それぞれの茶会3席 - 2018.10.26 Fri

茶会が目白押しの秋です。いいですね〜。
一日でどれだけバラエティに富んだ茶会を味わえるか、洛中洛外をとびまわってみました。




DSC03247.jpg 



まずは朝の真葛が原西行庵。朝日をうける茅葺き屋根が美しい。
保存会3回目の例会は、毎年この時期、朽ちていた西行庵を復興させた宮田小文法師の小文忌茶会である。


IMG_3150.jpg



とてもお気に入りの二畳の茶室でお菓子(老松さんの栗きんとん)をいただき、円相床と道安囲が有名な皆如庵、高山右近ゆかりの茶室でもあるここで濃茶と続き薄。ご亭主は庵主である。円相床は背後から朝日を受け、時のうつろいとともに光の具合を変えていくのがなによりのご馳走なのである。



IMG_3148.jpg




茶杓が小堀遠州の四男・十左右衛門政貴の共筒「夕影」で、二畳に掛けてあった待合掛けが、この茶杓を茶杓300撰で有名な高原杓庵が写生し、説明を書いた物の軸装であって、響き合ってとても面白かった。

点心をいただいている最中に、匂いにつられて影の庵主(?)猫のくーちゃんにまた会えたのもうれしい。今のご時世、こんなすばらしい茶室を管理維持していくご苦労を思う。こうして使わせていただけるありがたさも感じつつ。



DSC03279.jpg



日中は暑いくらいの陽気、建仁寺塔頭正伝永源院へ。
この寺は細川家の菩提寺であり、客殿は細川三斎が復興、現在の襖絵が細川護煕さんによって最近描かれたのも有名。



IMG_3164.jpg



またここに織田有楽が隠棲し、かの有名な如庵を建てた場所でもある。これは最近建てられた如庵写し、ここで一度口切り茶事に参席したことある。

と、いうことで、ここで有楽流と三斎流というめったに見られない流派の茶会がひらかれるのは、まことに縁が深いというべき。この二流派合同の茶会は今回2回目だそうだ。どちらも京都にお稽古場があり、武家茶道の興隆を、とはじめられたよし。




DSC03280.jpg



有楽流ははじめてだった。待合は幽斎(三斎のおとうちゃん、古今伝授の巨人)の歌、本席では有楽の消息、中納言(どの中納言かは不明)宛の口切り茶事の案内状。皆具の織田木瓜紋がそれらしい。亭主はここのご住職。

三斎流は5年前、建仁寺栄西800年遠忌四頭茶会の時の副席ではじめてしった。お家元は出雲の方と聞いていたが、今回のご亭主は、京都に嫁がれたそこのお嬢様だった。女性用の「姫点前」ということで、しずしず細かい歩数で歩くのがいかにも姫っぽくていい。三斎流は多くの武家流がそうであるように、血縁でつなぐものではなく、後継者は弟子の中から選ばれるそうだ。だから点前の内容をかえることはないから、三斎のいた時代の点前に近いと思われるとのことであった。




DSC03285.jpg



さて、夜の部
ここは紫野にある某高台
ここで鴨茶のTさんが新たに開発した?組み立て式茶室「阿吽居」である。おりしも後の名月、十三夜である。



IMG_3191_20181026002501e70.jpg




これはほんまによくできた構造で、ほぞのはいった棒をくみたてるので、自由自在融通無碍なのだ。組み立ても、撤収もあっというま。
ここで名月を仰ぎ見ながらの茶会、これまた楽しい。



DSC03286.jpg



阿吽居は茶室の中から月見ができるし、どこでも躙り口になって、茶道口になって、自由なのがなにより。気の合う茶友との語らいもまた。


というわけで、栗名月を眺めながらこの日の茶会をしめくくり。佳き一日哉。





関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1109-616b5d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

名残の夕ざり茶事 «  | BLOG TOP |  » 有職造花〜最初で最後?の雲上流展

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (238)
茶事(亭主) (31)
茶事(客) (74)
茶会(亭主) (5)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (59)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (60)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (39)
京都めぐり2018 (18)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (10)
美術館・博物館 (69)
奈良散歩 (25)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (45)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (6)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (6)
ギャラリー (4)
暮らし (5)
中国茶 (28)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (1)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR