topimage

2017-09

水無月雑記・2013 - 2013.06.27 Thu

<その1> 一眼レフ・ミラーレス・コンデジ

上記3機で撮った写真をならべてみるね。
上から順番に、コンデジ(ルミックス)、ミラーレスカメラ(キャノン)、一眼レフ(ルミックス)

まずは庭のかたすみ、石蕗と青楓。

P1030635.jpg

IMG_1580.jpg

P1070102.jpg

下2つはあまり差がないようだけれど、大きな画像をみると、暗い影の部分がやはり一眼レフのほうがニュアンスがある。

でも、自分で適当なレンズや設定が選べているわけではないので、正確な比較にはならないんですが。

お次はアップ画像。我が家で3年目を迎える地植えのムクゲ「祇園守」。
もうつぼみがこんなに大きくたくさんつきました。

P1030633.jpg

IMG_1578.jpg

P1070100.jpg

やっぱりアップは一眼レフに軍配。ミラーレスの設定で背景を最大にぼかす、、、にしたんだけど一眼レフにはかなわない。

P1070104.jpg

長年愛用で愛着のあるコンデジ。軽いのでバッグにほおりこんでおける。

P1070103.jpg

最近仲間入りしたミラーレス

IMG_1581.jpg

ちと重いのが難点だが、一番画像がきれいだと思う一眼レフ


<その2> また和装バッグを作ってもらった

先般、白生地の伊と幸さんで色無地を誂えた際の残り布で作ってもらった和装バッグ、とても容量が大きく使い勝手がよく、しかもきれいなのです。
そこで長年箪笥の隅でねむっていた、残り布でも作ってもらおうとお願いしました。

P1030669.jpg

これができあがり!
この布は着尺から羽織を作ったので、かなりたくさん残っていたのです。ショールにしようかどうしようか10年近く箪笥で熟成させて(?)いましたが、ようやく陽の目を見ました。

P1030670.jpg

雪輪とウサギというお気に入りの紋様。

P1030668.jpg

携帯や定期券入れなどのポケットもあり、しきりも便利でしかもたくさんはいるので、これから着物でお出かけの時はお供につれていこうと思います。


<その3> お隣の梅の件

家の裏、お隣の梅の大木がうちの敷地のはるか上方に侵入してきています。
梅でこんな大木見たことない、というくらい大きくて高い樹齢ウン十年とおぼしき梅の木なのです。花の季節はおとなりながらきれいに眺められるのですが、、、、

熟した梅が落ちる頃は、、、

P1030664.jpg

これが1日分です。かたづけても次の日また同じくらい落ちます。

お隣さんは梅を収穫する気は全くないようです。もったいな〜と思いながら、落ちた梅は使えませんし、地面で熟れくずれると虫がよってきたり、酸っぱい匂いもするので、捨てざるをえません。今年から、ちょっとかしこくなって、地面にネットをおいてみました。いっきに片付けようという魂胆です。

しかし、、、、何キロくらいとれるんやろ?お隣さん、この梅の実生かしてあげて〜〜。・゚・(*ノД`*)・゚・。


<その4> 茶友のお手製和菓子

久々の灰型。ちょっと長いことさぼっていたので久しぶりに作ってみるとやはり灰匙の感覚がにぶってますね。
やっぱりコンスタントに続けなければ。

P1030645.jpg

坎の卦もちょっとゆがんどるし、、、(^◇^;)

P1030646.jpg

課題はやはり多々あれど、なんといっても前瓦・五徳まわり。前瓦のエッジがまあまあできた、、、と思ったらたいてい五徳の内と外でラインがずれてます (ノ´ω`・。)

さて、お茶友さんのなかには茶席のお菓子をご自分で上手に作ってしまわれる方が何人もおられます。
いつもそのできばえに感心しながら、私はただただ食べるばかりです。
その何人かの方の作品をご紹介。

P1030648.jpg

水無月と泡雪寒。それぞれ別の方の作。水無月が自分で作れるなんて思わなかったよ〜。あれはお店で買う物だと思ってた。泡雪寒になるともうどうやって作るんだか我が想像の域を超えています。

P1030631.jpg

こちらは三種盛。きんとんがお手製です。きんとん篩を購入されての力作です。

P1030410.jpg

これはお一人の方が全部つくられました!
きんとん、浮島、薯蕷。
ここまでくるともうプロの技!(◎-◎;)

かくいう私も刺激をうけまして、久々に和菓子作りにトライしてみようと思います。その成果は、、、、また後日ってことで(^_^;)




関連記事

● COMMENT ●

梅の実の活用

はじめまして、いつも読み逃げしてます。素敵なブログですね。
落下した梅ですが、痛みの少ないものが有るようですね。梅ジャム作ってくださいな。
集めて1回50度くらい湯通し、柔らかくなるので、種と実を分離させて(手袋したほうが・・私は素手で)、綺麗なハサミで表皮を小さくカット。
砂糖を同量より少し少なめに混ぜて。後はレンジ800wを6分、取り出しかきまぜを3,4回繰り返す。簡単に梅ジャムの出来上がり。マヨ梅ジャムやドレッシングに便利に使えます。やってみてくださいな。

隣から梅の実が落ちてくるとは!毎日だと大変ですねえ。お仕事しておられますものねえ。

ところでお菓子ですが 最後の方はお一人でこのようにアレンジしたものを作ってこられるのですか。
すごいです!
特に上用は難しいです。
私もあれこれしてみたいと思います。

閑児様

コメントありがとうございます。
加えて、梅ジャムのくわしいレシピ、ありがとうございます。
鍋でコトコトしなくてもレンジでできるのですね\(◎o◎)/!
今年は我が家の梅が200個近くできたので、ちょっと梅に食傷気味ですので(^_^;来年是非、ためさせてもらいます。今後ともよろしくお願いします。

ひいらぎ様

梅の木はやっとおとなりさんの植木屋さんがはいってくれたようです。やれやれですが、もうおこぼれもなくなりました。いいのか悪いのか?

そうなんです。ひとりでこれだけのバリエーション、ビックリビックリ!すごいです。
ひいらぎ様もいつもすごいじゃありませんか!
これ以上なになさるのかしら〜〜〜??


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/112-03dfb49b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

♪ 青春時代が夢なんて、、、 «  | BLOG TOP |  » 若美津茶会〜大阪美術倶楽部

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (208)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (1)
京のグルメ&カフェ (51)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (25)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (50)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (37)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR