topimage

2017-11

くじ取り式 - 2013.07.03 Wed

本日は祗園山鉾巡行のくじ取り式へ、京都市役所まででかけました。

IMG_1767.jpg

会場の京都市議場です。われわれは2Fの傍聴席で拝見。

山鉾巡行はかつて(ってどんだけ昔や?!)先陣争いが絶えなかったそうです。そこで応仁の乱後に再興されて後は、争いをさけるためくじで順番を決めるようになり、それが現代まで500年以上ず〜っと続いているそうです。そこらへん、京都の奥深さ、底力ですね。

IMG_1769.jpg

まずは山鉾連合会の吉田会長(北観音山・吉田家ご当主)からのお言葉。

京都新聞にも載っていましたが、昨年放下鉾の保存会と囃子方の間にトラブルがあって、巡行を終えた鉾が囃子方をのせずに空鉾で町内に帰ってきた、という事件がありました。

そのことに強く憤られ、「650年の祇園祭の歴史の中で、こんな不細工なことはなかった!」と語気強く。祇園祭を愛する思い強く、そのつつがない遂行に1年中心を砕いておられる方の言葉は重いです。

放下鉾は今年なんとか新しい囃子方を調達できたようですが、毎年上がらせてみせてもらっていた会所の二階には今年はあがれないようです。とても残念。

IMG_1771.jpg

さて、くじ取り。市長がくじをあらためます。

先頭を行く長刀鉾がくじ取らずなのは有名ですが、実はほかにも函谷鉾(5番目)、放下鉾(21番目)、岩戸山(22番)、船鉾(23番)<以後あとの祭>橋弁慶山(24番)、北観音山(25番)、南観音山(29番)、大船鉾(来年より巡行再開、33番オオトリです)がくじ取らず。
しかも2つある傘鉾は7番か15番と決まっているし、鉾なのか山なのかもけっこう決まっているのですね。初めて知った。どうりで毎年きれいに巡行のバランスがとれているはずだわ。

IMG_1774.jpg

まずは9,13,17番の鉾3基から。
各保存会の代表者がくじをひきます。

IMG_1776.jpg

くじをまず市長に見せ、

IMG_1778.jpg

会場に見せて名乗ります。

鉾に続いて先のまつりの山13基。傘鉾2基。あとのまつりの山6基が次々とくじをひきます。

今年、長刀鉾の直ぐ後をいく山1番が昨年に続き郭巨山がひきあて、名乗ったとたん「おお〜っ!」と後の方で歓声があがっていました。

IMG_1786.jpg

順番が決まるたび、執筆者の方が、くじ改めの時に見せる正式のくじに番号を記入されていました。

IMG_1791.jpg

そのくじはこうして会場に公開したあと、、、

IMG_1793.jpg

それぞれのくじ箱におさめられます。これが巡行当日のくじ改めの時に行司がかっこよく紐を解く箱なんですねえ。

IMG_1798.jpg

それをそののち風呂敷に包むようですが、山によってそれぞれ色がちがってカラフル。立派な紋がついているのもありますね。

来年はいよいよ吉田会長悲願の後の祭り巡行復活(神幸祭、還幸祭にそれぞれ合わせてその先触れとなるため、これが原型)、さきの祭が17日、後の祭りが24日に別れます。
なのですべての鉾山の巡行が1日で見られるのは今年限りかもしれません。


IMG_1804.jpg

さて、くじ取り式のあとはいそいそと八坂神社へ先回り♪

IMG_1805.jpg

いよいよ夏も本番になりそう。

IMG_1807.jpg

境内で売られている祇園守の苗、ここではもう咲いているんですね。(うちのはまだ)

IMG_1808.jpg

待っていると、くじ取りを終えられた山鉾連合の御面々が八坂神社の正門から三々五々ご入場。これを待っておりました。

IMG_1812.jpg

まずは皆様記念撮影。

IMG_1813.jpg

そのあと今年の祇園祭がつつがなくおこなわれるよう、八坂さんへ社参されました。
私も非力ながら祭の無事をお祈りしました。

さて、それでは今年の巡行順をお見せしましょう。
(市役所でもらった用紙に決まるたび書き込んだもの)

IMG_1819.jpg

自慢じゃないけど(自慢だけど^_^;)すべて漢字で書けました。エヘン!( ̄^ ̄)ゞ




関連記事

● COMMENT ●

くじ取り式はこのようなのですね。やはり代表者にお願いした方がよく皆様にわかりますね。
祇園祭りを楽しまないと!

ひいらぎ様

おかげさまで貴重な場面に参席させていただけました。
ふだんはふつうのおぢさんたちが、紋付袴をつけると別人のようにかっこいいです。
この一月、別人になってあちこちで活躍される方々ですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/117-b3326013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嵐山吉兆・水無月の膳 «  | BLOG TOP |  » 大徳寺・玉林院月釜

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (26)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR