fc2ブログ
topimage

2024-04

京都秦家のくらし体験会〜ひゃくいちの豆ご飯 - 2019.05.17 Fri

油小路仏光寺、祗園祭の太子山の秦家、明治2年に建てられた表屋作りの町家は昔から憧れで、なんどもお邪魔している好きな場所です。(京都市有形文化財)



DSC05643.jpg



昔は薬問屋で創業は元禄時代、奇應丸などを製造していたしていた大きな商家でした。

こちらではくらしの体験会として、受け継がれてきた洛中の暮らしの文化を体験する催しがあります。
今回は、ひゃくいちと豆ご飯のお茶漬けの会に行って参りました。




DSC05648.jpg



まずは今年の新茶を一杯いただきます。
湯飲みの底には秦家の「秦」の文字。これは暖簾にも染め抜かれているものです。


さて「ひゃくいち」とはなんでしょう???

秦家の台所で昔から漬けられていた漬物なんだそうです。



DSC05647.jpg



これがそのひゃくいち
ひゃくいちは漬かるまで101日掛かるからだとか、お坊さんの持ち物が101だとか、いろんな説があるそうですが、語源は不明とか。

聖護院大根のような丸い大根と塩と、なんと茄子の葉っぱを年末から漬けて、今ごろの季節に食べられるようになる漬物、ひゃくいち。本日は漬物の口切りというか、開けたてをいただきます。




DSC05646.jpg



茄子の葉を漬物に使うというのは、知らなかったのですが、他の地方にもあるようで、独特の風味をつけるそうです。

さて、今日はこれをおかずに旬の豆をたくさんいれた豆ご飯に新茶をかけていただきます。
秦家が商家であったころ、(当代のご当主が子供だった頃)家の物も奉公人もこれをかきこむのが朝ご飯だったとか。昔の商家は大店でも食事は質素だったのです。



DSC05651.jpg



普通のたくあんに比べて発酵がさらにすすみ、スモーキー、あまりの美味しさに、お茶をかけたところを写す間もなく完食しました!ご飯もおかわりして(^_^;
お茶漬け食べるときはだれしも日本人でヨカッタ、、と思うのではないでしょうか。しかもこのひゃくいち、お酒も進みそうな味ですよ。



DSC05652.jpg



これが切る前の大根
切ったところを全部いただいちゃいました。

茄子の葉は、昔はお祖母様の実家のあった山科の農家に、番頭さんがバイクで山盛り取りに行ったそうです。一時茄子の葉が手に入れられなくなって、秦家でも漬けるのがとだえたそうですが、ご当主ががんばって復活させ、「私が元気な間は続けようと思います。」とのこと。

おそらくかつての暮らしでは、このひゃくいちのような漬物がどこのお家にもあったと思います。でも現在ではたくあん漬けすらみたことのない人が多くなりました。実は私もぬか漬けで挫折してますし、、(^_^; 
おばあちゃんから、おかあさん、そして娘に伝えられるこういう台所の仕事は、もういずれ消えていく文化なのかもしれないと思うと切ないですが、その中、秦さんの取り組みは貴重です。
この美味しさは市販のものではだせないので、なんとか続けてほしい。




DSC05653.jpg



最後に毎年秦家に嵯峨野のお坊さんがくださる、という特製大根の漬物を頂戴しました。なんというか、切り干し大根を古漬けにして大徳寺納豆で味付けした、、、みたいな味で、しかんでしかんで味を出す、という、そしてこれもお酒にぴったりのものでした。

貴重なものをありがとうございました。






関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1199-b294992f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未在 «  | BLOG TOP |  » 歴史学者がお正客の夕ざり茶事〜O先生幽寂庵にて

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (17)
茶の湯 (415)
茶事(亭主) (87)
茶事(客) (182)
茶会(亭主) (19)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (97)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (112)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (66)
京都めぐり2024 (4)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (149)
奈良散歩 (132)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (10)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR