fc2ブログ
topimage

2024-02

神輿洗い2019 - 2019.07.13 Sat

7月10日神輿洗い

17日山鉾巡行にて清められた都大路を、八坂神社の神様をのせて御旅所まで運ぶ神幸祭の三基の神輿の内、中御座を鴨川の水にて清める儀式である。ちなみにこの清める水は同日朝、鴨川から桶でくみあげられる。



DSC06528.jpg



とはいえ、神輿洗いのおこなわれる四条大橋はかなりの混雑で近年では規制もあり、なかなか見るのは大変。しかもこの日はお仕事、仕事帰りに四条京阪の駅をでると、もう神輿は八坂さんへお帰りの道中であった。




DSC06538.jpg



四条通りと東へ、八坂さんまでおいかけよう、、、と見ると、、、
ああ!これだ!
しっかり見たいと思っていたお祝い提灯。
これは2年ほどまえだったか、祗園商店街の旦那衆が祭に花を添えんとはじめたと聞いた。



DSC06539 (1)



これこれ。
友人の絵師さんが彩色したと言ってた鯛提灯。
かわいい♪



DSC06543.jpg



他にもお化けっぽいものもあれば、


DSC06546.jpg



お酒の徳利、盃みたいなものや、



DSC06549.jpg



年々増えてバリエーション豊かになっている気がする。
昭和初期の神輿洗いの絵図では、神輿の賑やかしに花街のお姉さん方や、歌舞伎役者的出で立ちの人やら、かなりにぎにぎしかったようなので、もしかしたら、このお祝提灯も復刻なのかもしれないが、そこは聞いてみないとわからない。



DSC06551.jpg



清々講社・宮本組(祗園祭を主に経済的に支える講社の筆頭)のお歴々、中に知ったお顔をみつけてご挨拶。



DSC06558.jpg



年々祗園祭に携わる方々との知己が増えて、とてもありがたくうれしい。



DSC06552.jpg



八坂さん西楼門前で、神輿洗いに先立つお迎え提灯でがんばった鷺踊りや小町踊りなどの子どもたちが提灯を手にお迎え。



DSC06560.jpg



四条通りはすごい人だかりだが、八坂さんの表門である南楼門へ続く道は穴場かも。
至近距離で写真撮れる。



DSC06565.jpg



常盤殿の前でカメラをかまえたらポーズをとってくれた松明のお兄さん。
あと少しだよ。



DSC06569.jpg



もちろん御神輿も至近距離(輿丁さんぶつかり少々危険(^_^;)
神輿は神輿洗いまで飾り付けをいっさいしておらず、上に乗る鳳凰もなしのシンプルさ。







DSC06575.jpg



南楼門前、二軒茶屋中村楼にて補水休憩する輿丁さんたち。



DSC06579.jpg



これから境内に入って最後のお練りをするまでのひととき、思い思いに。



DSC06590.jpg



その間を縫って、神輿が拝殿に納まったあとの芸能を披露する、先ほどのお迎え提灯の子たちが境内へ走って行く。はやすぎてぶれてしかも暗いのでわからんが、お母さんに手をひかれているのは鷺踊りにでる赤熊(シャグマ)の子。



DSC06593.jpg



小町踊りの子たちも続く。



DSC06594.jpg



中御座を神幸祭・還幸祭の時に担ぐのは三若さんなのに、なぜ神輿洗いの時だけ四若さんなのか、長いこと疑問だったが、数年前やっと解答をみつけた。まあたいした意味はなくて大人の事情だったということだ。







中御座神輿が、すでにおさまっている東御座、西後座の並ぶ拝殿へ。



DSC06606.jpg



いっせいに中御座の飾り付けが始まる。



DSC06611.jpg



おお〜!
てっぺんに乗る鳳凰も担がれてるわ。



DSC06618.jpg



鳳凰セッティング中。

このあと、三基の神輿の前で子どもたちの鷺踊りや舞殿での演芸がくりひろげられるが、今年はこれにて失礼しよう。



関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは

祇園祭の、臨場感

御blogから、伝わって参ります

ありがとうございます^^

もう、宵山

早いですね^^

高兄様

どちらかへ高飛びなさっているご様子、楽しまれているのでしょう。
京都は祗園さんまっただ中、本日孫を祗園祭デビューさせましたが、大雨でさんざんでした、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1228-d57e77db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

雨の鉾町〜鉾立て初日 2019 «  | BLOG TOP |  » 親鸞聖人と古陶磁のお話し聞きつつ〜たこ焼き茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR