fc2ブログ
topimage

2024-03

東京神楽坂夕ざり茶事 - 2019.10.09 Wed

ここは東京の神楽坂。名前はよく聞くが来たのは初めて。なにやらオサレな町だわ。




DSC08786.jpg



お知り合いになってもう数年になるが、我が家の茶事にもお招きしたことのある東京の茶友のKさん、いつか茶事によんでね、といいつつ苦節(?!)何年、やっとお約束をいただいたのが昨年であった。そして待ちに待ったこの日である。

神楽坂にある某割烹のビルの中、良い感じの露地や茶室もあって、今回は二畳台目の小間を使ってのお茶事のご亭主である。いつもSNS等でリアルタムで拝見しているのだが、Kさんのお茶事のお稽古にかける情熱は真摯ですざまじい。私なら我流でいい加減ですませているところにも手を抜かない。お仕事をされながら空いている時間はすべてお茶に捧げているようにお見受けする。
京都の真珠庵で年に何回か禅をベースとしたお稽古もされているので、待合の真珠庵の和尚様の色紙を見て納得した。
 「純一無雑」 ひとつのことに純粋に夢中になること、ととらえるとまさに彼女のお茶への姿勢そのものではないか。




IMG_7141_20191008011328fba.jpg



今回は時間は正午であるものの、ビルの中ゆえ照明が調整できるのもあって、彼女のたっての希望で夕ざりの趣向となった。なんでも初めての試みらしいから、それに立ち会えるのは光栄なこと。
茶室は二畳台目中柱の小間である。床には白い花として秋明菊、名残の季節らしいおわりかけの尾花が良い感じである。
懐石もお酒も御連客様と楽しくお話ししながらいただいて、初炭点前となる。



IMG_7144_20191008011334abe.jpg



ちらっとみえる灰型が、ご本人は謙遜されるがとても綺麗で、いつも灰型のお稽古を熱心にされているのを知っているのでアドリブで風炉中拝見所望。二文字押し切りがエッジがたってとてもきれいだった。
ちなみに名残の季節の釜らしく、わびた尾垂釜であったが、なんと淡路島の(共通の茶友である)師匠からの拝領品ときいて驚く。東京でお目にかかれるとは!



IMG_7145.jpg



いがの中の栗、といった風情の主菓子をいただいて中立。



IMG_7146.jpg



躙り口からでるとビルの中ながらほぼ真っ暗。手燭がちゃんと準備されていた。



IMG_7147_20191008011335a88.jpg
(お見立ての煙草盆がかわいくてちょっと萌えた)


喚鐘の鳴り物で後入り、席中には短檠(竹檠がなかったということで)の灯り、床には「壺中日月長」の掛け物。灯りの届く範囲だけが自分たちの世界のように思える暗い茶室の中で、まさにうってつけの軸である。

禅の呼吸法を身につけておられるだけあって、お点前は姿勢良く呼吸のリズムでゆったりと。日ごろ自分ができているつもりでやっていた引柄杓が、全然ダメじゃん!と思うくらいきれいな引柄杓には感動した。



IMG_7152_201910080113406a2.jpg



薄茶の干菓子がご友人の手作りで、左の大徳寺納豆のお菓子は素朴ながら後を引く味。(のちにお土産に一袋いただいたが、美味しくて一気食いしてしまった。)
旧暦重陽の節句にちなんで菓子器の盆も菊、薄器の立ち上がりにもびっしり菊の蒔絵、先ほどのお菓子は酈縣山(れっけんざん)であったか。ご亭主は、菊慈童の話は長寿を寿ぐというが、あまりにも悲しい話であるとおっしゃった。それは私も全く同感であり、あんな山の中で700年も一人でいるという孤独はあまりにも悲しい。壺中で、御連客方々、菊慈童に代わって、懐かしい方々に再会をはたしたいというお心。




IMG_7150.jpg



御茶碗は現在育成中という那智黒で、内側が長次郎張りにかせて良い感じになっている。お道具は、気に入ったものを一つ一つ丁寧に集めていかれたもの、いずれもご亭主思い入れの道具である。
いくつか持参するのをお忘れになったとおっしゃる道具もあったが(^_^;、そこを臨機応変に対処するのも働きで、茶事はトータルで一つの世界観がつくれたら成功なのだ。佳き壺中のひとときはそんな世界の中でしめくくられた。




IMG_7168.jpg



やっと念願のお茶事にお招きいただいて、ほんとうれしい。また末永くお茶付き合いをしていただきたいものである。お開きとなって、暗いビルから外へ出ると、あらま〜!外の神楽坂はまだ明るいではないか!そもそもそういう時間帯なのであるが、茶室にいてすっかり別の時間を生きてしまったようだ。確かに壺中別天地にいたのだなあ。





関連記事

● COMMENT ●

三田富子さん

正午に夕ざりの茶事、いいですね。

神楽坂で、お茶事。
この女性を連想してしまいました。

N様

三田富子さま、存じ上げなかったのですが有名なお茶人さんだったのですね。
神楽坂ゆかりの方だったのでしょうか。
神楽坂、、、という名前の響きや文字が好きです。ようやく行けてうれしかった。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

ああ、そうだったんですね!
行かれたことがおありですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ様

画像だけでピンとくるほど有名な場所なのですね。裏千家茶道教室云々の看板もかかっていました。
やはりお高いのですね。でも東博の茶室のあれ、雰囲気よかったですよ、とても。また機会があれば参加したいです。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1278-aa3ea3b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

奈良坂・奈良豆比古神社〜翁舞 2019 «  | BLOG TOP |  » THE SPA at FOUR SEASONS HOTEL京都に潜入

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (412)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (96)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (3)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (147)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR