FC2ブログ
topimage

2020-01

當麻寺中之坊〜錦秋・香藕園 - 2019.11.27 Wed

(まだまだ喧噪の京都脱出は続く)


奈良の南部、葛城の二上山の麓の當麻寺をめざす。



P1000443.jpg



當麻寺参道は古い町並みが続いて、、、、



P1000498_20191124234056e7a.jpg



格式高い卯建のある家やら、、、


P1000499.jpg



なにやら古式ゆかしい?感じの家が並ぶ。



P1000445.jpg




おもしろいのはこの参道の多くのお家に懸けられていた独特の注連縄
(當麻寺天神講のものとか)



P1000446.jpg



當麻寺前の駅から歩くこと約15分、けっこう遠いよ、當麻寺。



P1000447.jpg



境内にはいると目に入る二上山

 <うつそみの人にあるわれや 明日よりは二上山を弟(いろせ)とわが見む>

弟・大津皇子を(反逆罪の冤罪で)殺された大伯皇女の歌が思い出される。(大津皇子は二上山に埋葬された)


P1000450.jpg



當麻寺は広い伽藍だが、目的は當麻寺別当住房である中之坊、片桐石州ゆかりの庭園、香藕園(こうぐうえん)の紅葉が美しいと聞いたからだ。



P1000453.jpg



香藕園に一歩足を踏み入れておもわず息をのんだ。



P1000456.jpg



當麻寺の持つ双塔のうち東塔を借景に紅葉の見事なこと!
しかも人がほとんどいない!こんな贅沢な景色独り占めしていいんやろかと後ろめたいほど。



IMG_7843_20191124234049e79.jpg



古来大和三名園(吉野竹林院、大和郡山慈光院)の一つとされてきたのもよくわかる。



IMG_7844.jpg



池をめぐって歩けば、千両も盛り

起源は鎌倉時代というが、後西天皇(お茶好きの天皇さんで後水尾天皇の息子)を迎えるため、片桐石州が改修した姿が今に伝わる。



P1000459.jpg



こちらが石州が増築した「丸窓席」
なんと、西行庵の円相床はしっているがこんな上から下まで円相窓っていうのは初めて見た。



P1000461.jpg



外には刀掛けもある武家の茶室である。



IMG_7845_20191124234059ff9.jpg



さらに歩みをすすめると、、、


IMG_7846_20191124234102395.jpg



外庭と内庭の境の塀になんと見事な苔、そして彩りを添える千両の赤



IMG_7842_20191124234050e89.jpg



こちらは同じく石州の二畳中板の小間茶室「知足庵」の露地であるが、この景色が一番美しいと思った。




IMG_7847_20191124234046c20.jpg



内庭をぐるりと回って、、、


P1000479.jpg



こちらは住房部分のようだ。



IMG_7848_201911242341042db.jpg



最後にお薄をいただいたが、出してくれたお寺の女性の所作が石州流の所作だったので、また萌える。干菓子は牡丹をかたどったもので、春には香藕園、牡丹の名所にもなるのだ。



P1000484_20191124234052b03.jpg



水屋の前に石州さんの像も。
(実はこの夜、石州流片桐宗家の夜咄茶会にでたものだからなおさら感慨深い)



P1000488_20191124233911160.jpg



本堂から振り返って見た東塔



P1000493_20191124234101e88.jpg



當麻寺には西塔もそろっていて、双塔眺めることができるのがすばらしい。


P1000497.jpg



そして當麻寺と言えば中将姫
6年前に奈良国立博物館で當麻寺展があって、かの曼荼羅を拝見したのだが、黒くなりすぎて、実のところ何が描かれているやらさっぱり見えなかったのを思い出す。


P1000502.jpg



というわけで(?)、駅前の店で中将餅をもとめる。



IMG_7849_201911242340530e6.jpg



蓬餅に漉し餡をぺとっと塗りつけて牡丹の花を模しているのだそうだ。あんこがさっぱり系(赤福系)で美味しかった(^-^)/




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1306-f59e3fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

香雪美術館・玄庵茶会2019 «  | BLOG TOP |  » 佐保路・興福院〜特別公開

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (274)
茶事(亭主) (40)
茶事(客) (96)
茶会(亭主) (9)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (68)
町家ウォッチング (8)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (68)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (47)
京都めぐり2020 (2)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (12)
美術館・博物館 (87)
奈良散歩 (41)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (49)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (7)
中国茶 (33)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (7)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)
ニュージーランド紀行2019 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR