topimage

2017-11

下鴨神社みたらし祭2013 - 2013.07.20 Sat

今年もあいも変わりませず、土用のこのころはやはり下鴨神社、みたらし祭です。

IMG_2949.jpg

早朝5時ごろから夜の10時頃までなのですが、私はやはりロウソクの灯りが水に映えてきれいな夜が好き。

IMG_2956.jpg

しかし、この夜は9時過ぎに行ったにもかかわらず土曜日だったこともあり、行列ができるほどの大盛況。

IMG_2958.jpg

京都の夏にしてはからっとしてさわやかな夜です。

IMG_2964.jpg

空には月齢12日の月。神聖な糺の森も、この期間ばかりは夜遅くまで大賑わい。

IMG_2966.jpg

みたらし祭は足つけ神事とも言われ、下鴨神社境内にわき出す御手洗川に足をつけ、無病息災を願う夏祭り。
平安時代に夏に流行する疫病を避けるための厄払いが起源といいます。なんにせよ暑い夏の日に冷たい水に足をつけるのはなによりのご馳走ではありませんか。

IMG_2968.jpg

さあ、橋の下をくぐって御手洗川へ。冷たいですよ〜、最初の一歩は。

IMG_2972.jpg

よその方のおみ足。水はこのように澄んでいますが、神社の方がさりげなく網で浮いたゴミなどとりのぞいてはります。

IMG_2975.jpg

ロウソクに火をつけて、水をわたって神様に献じます。このころになると、もう冷たさにも慣れて心地よいくらいです。

IMG_2976.jpg

膝くらいまではきますので、まくり上げられる服装がおすすめ。

IMG_2980.jpg

きょうはたくさんの方がお参りなので、ロウソクをさす余地がない!

IMG_2987.jpg

でもやはりゆらゆらと水面にゆれる火影は美しいな。

IMG_2988.jpg

これが楽しみで毎年お参りしているようなもの。

IMG_2982.jpg

いつまでも水につかっていたいけれど、そうもいかないのであがりましょう。いままで冷たい水につかっていた足をふくと、ここちよいほんのりした暖かさがもどってきてなんともいえず爽快!

IMG_2990.jpg

そして御神水をいただく。

IMG_2991.jpg

「鴨のくぼて」とよばれるかわらけにて。(くぼて(窪手)は神前に供える物を盛る器)

IMG_2954.jpg

帰り道、加茂のみたらし団子を食べたかったのですが、こちらも長い行列。あきらめて帰りました。毎年買えたことがないなあ、、、。

さて、この1年も無病息災にて、まずは厳しい夏の暑さをのりきれますように。



関連記事

● COMMENT ●

たぶん

同じ時間帯に境内にいましたね。
根性でみたらし団子も並んでいただきましたよ。(たぶん一人だったら並んでないけど)

来年のためにたくし上げやすいパンツかキュロット、バーゲンで買っておきます。
早朝行きたいけど、バスが7時台しかないの。自転車使えないとほんと不便。

トラックバックといつもの丸投げさせていただきました~ 
事後報告お許しを

この神事にはまだ伺ったことがありません。
来年くらいは行ってみたなあ。
みたらしも食べたい!

いいですね~

夜の行事って、独特の風情がありますね。
提灯や蝋燭の灯りがきれいです。

ほんとに京都人が羨ましいと思います。
by 大阪人

しぇるさん、こんにちは

今年は、祇園祭も、この、みたらし祭も

行くことが出来ず^^;

やっぱり、良いなぁ~


ひんや~り、せせらぎに足をつけると

気持ち良いんですよね~^^

みたらし祭は去年の真昼間に行きました。
イベントの案内に「ひざあたりまで足を池に浸す」とあったので、縁に腰を
かけて足を浸す程度かなと思っていたので水中を行進することになるとは
思いもしませんでした。思ったよりも深くて入ってからしばらくすると
水のあまりの冷たさに心臓麻痺で死んじゃうんじゃないかと…
ろうそくを立てる場所まで逃げ場も無く、最後は駆け足状態でした。

夢風庵様

多かったですね〜この日は。神事といいながら近隣の人たちにはかっこうの夏祭り、屋台もすごかった。夜がいいと言ってはいますが、実は明るいうちにいったことはないの。でも汚いものがすべて見えないという点からも夜の方がいいと思うわ。
はい、丸投げしてくださいf(^ー^;

ひいらぎ様

是非一度はおいでください。朝もはよから夜おそくまでほぼ一日中されてますので。

まつよいぐさ様

京都は町がコンパクトなので、夜出かけても終電とか気にしなくてすむのがありがたいです。自転車でけっこう端から端までいけますし。
大阪の方だとかえって、泊まりがけまでして、ということを考えられないので、夜のイベントにはぐれちゃいますよね。

高兄様

今年は公私にわたりお忙しかったでしょう。
祇園祭もみたらし祭も逃げないので、どうぞごゆっくり。

ほんとに夏の夜の足つけは生理的快感ででかけているようなもの。
もちろん水+火というのはすごくフォトジェニックですし>^_^<

しん様

あの冷たさはお苦手ですか?(^◇^;)
最初の1〜2歩は「ヤバイ!」と思いますが、そのうち快感に変わるんです、私の場合。
でも心臓に問題ある方はやめといたほうがいいかもしれませんね。
それか、と〜っても暑い日を選ぶといいかも。

しぇる様へ
 
 「風そよぐ、ならの小川の夕暮れは・・・」
 の雰囲気を感じられる写真ですね。
 残念ながら、男性には縁がない行事で、見るだけでと思っていたら男性も
 参入されているのでするのですね。
 認識を改めました。

 これからの十日間は夏の盛りで、心身共に疲れますが、8月1日の
 八朔に甲部の芸舞妓さんが黒紋付正装姿で挨拶回りをされるのには
 感心するばかりです。(ガンバラナクッチャ・・!(^^)!)
 

narahimuro様

とんでもありません。男性全然OKです。ほとんど家族連れ、カップルですよ〜。朝からやっていますので、来年は是非脚を冷やしにおいでください。平日昼ならわりとすいていると思います。

八朔、、、あれ一度見てみたいですね〜。黒紋付姿の芸舞妓さんがそろった姿はさぞや壮観でしょう。きっと猛暑日ではないかと思います。どうぞお気を付けていってらっしゃいませ〜\(^O^)

子供が小中学生だった頃は、このお祭りが格好の夏休みの遊び場になっていたので、PTAの見回りとかもあったようです。

vivasan様

ほんと、そんな感じでした〜。
けっこう遅くまで小学生くらいの子達も浴衣で楽しんでいましたね。
まわりが町ではなくて森なので、PTAび方々もたいへんだったと思います。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/131-ee6a49ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下鴨神社 みたらし祭 足つけ神事

下鴨神社のみたらし祭に行きました。 2013年の今年は7月19日から21日、早朝5時半から夜10時まで。 足つけ神事・・・この時ばかりはみたらし川に堂々と入ることができます。 友達は自転

文月・うみ(海・湖)の茶事 «  | BLOG TOP |  » 神輿渡御2013

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (216)
茶事(亭主) (25)
茶事(客) (60)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (50)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (53)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR