topimage

2017-06

還幸祭2013 - 2013.07.25 Thu

1週間、寺町四条の御旅所に鎮座されていた三基の神輿にのりうつった神さんは、今日八坂神社へお帰りになる。
還幸祭。神幸祭とあわせて、これこそ祇園祭の本質。(ま、私的にはむさいおっさんたちがかつぐ神輿が大好きなだけ)

IMG_3004.jpg

夕刻、この御旅所を出られたので、いまはもうがらーんとしてます。
(この出発の時の様子は3年前の記事を)

IMG_3007.jpg

氏子町内の、主に西側をまわってきた三基の神輿は、寺町通りを三条通から南下して八坂神社へむかいます。
まずは清々講社の行列が寺町を下がってきました。

IMG_3009.jpg

三基の神輿を先導する、神様の依り代であるところの久世の駒形稚児さん。綾戸国中神社氏子から選ばれるお稚児さんです。

IMG_3015.jpg

その少しあとを中御座・三若さんがやってきました。

IMG_3016.jpg

もうかなりの距離を歩いてきはって疲れているはずですが、まだまだ元気。

 IMG_3019.jpg

♪ ほいっと〜ほいっと〜
おかえりなさ〜い!

IMG_3022.jpg

八坂神社まであと一息!

IMG_3027.jpg

寺町の三嶋亭には清々講社、中御座、東御座、西御座、4枚も御神酒の札。さすが。

IMG_3028.jpg

寺町から三条通を西に向かう。町役さん、休憩ちう。

IMG_3031.jpg

向こうから四若さんの東御座がやってきました〜!

IMG_3033.jpg

みなさん、ちょっとお疲れ。

IMG_3035.jpg

おかえりやす〜

IMG_3036.jpg

八坂さんまであと少し、がんばれ〜!

IMG_3037.jpg

最後の西御座・錦さんを待つ三条通。この風情が好きです。

IMG_3038.jpg

老いも若きも縁台など出して神輿を待つ。ときおり知り合いが通れば挨拶を。
「もうすぐ錦がきはるえ。」とかなんとか言いながら。

IMG_3039.jpg

ええなあ、この感じ。

IMG_3043.jpg

花火してはるとこもある。

IMG_3047.jpg

烏丸の方を見る三条通。とおくに♪ほいと〜ほいと〜の声が聞こえてきました。

IMG_3051.jpg

神輿のしんがりをつとめる西御座をかつぐ錦神輿会のみなさん。

IMG_3055.jpg

一番重い、一番大きい八角形の西御座神輿がやってきました。

IMG_3060.jpg

裃姿の役員さんが最後に続きます。さてしばらく錦さんのあとを追いかけてみましょう。

IMG_3063.jpg

寺町通りに先回り。
お!しめこみの兄さん、カッコイイ!

IMG_3065.jpg

こちら寺町の中ほどにもうけられた給水所。

IMG_3068.jpg

さあ、きたきた。
神輿をゆらしながら。鳴り鐶の音がシャンシャンすがすがしい。
 ♪ ほいと〜ほいと〜

IMG_3071.jpg

尾長野八坂神社の神田にてとれたる神稲をくくりつけた屋根の鳳凰。

IMG_3077.jpg

さきほどの給水所で休憩中。この蒸し暑さですからやっぱり水分補給は大事。

IMG_3080.jpg

ちょいと顔がゆるむひととき。

IMG_3082.jpg

さあ、出発!

IMG_3087.jpg

南下する神輿を一本東の新京極通りから見たところ。

IMG_3088.jpg

同じく。

IMG_3089.jpg

その錦神輿会の会所があり、母体でもある錦市場の通り。ここでも小休憩するようです。

IMG_3094.jpg

四条通りにでて、あとは八坂神社へ向かって一直線。

IMG_3097.jpg

四条河原町までおいかけて、ここでお別れしました。このあと三基が神社にそろったあと、深夜に神輿から神様の御霊をお返しする御霊遷しの神事が真っ暗ななかでおこなわれるはずです。今年もそれは断念しました。来年、翌日がお休みの曜日まわりなので、来年こそは〜〜と思っているのですが。

一週間、町中の御旅所や氏子町内をまわって、すっかりリフレッシュされた神さんは、きっと気合いをいれてまた1年、都を守ってくれることでしょう。たのんまっせ。

ああ、ついに今年の祇園祭も大山を越しましたね。31日の疫神社の夏越祓まで、残すところわずかです。


関連記事

● COMMENT ●

本当にもうすぐ今年の祇園祭りも終わりますね。夜の部はやはりしぇる特派員に御任せいたします。

ひいらぎ様

はい、夜の部はお任せ下さい。って昼の部が全然ダメなので、、、、


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/133-7a6c778f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今年も御所籠 «  | BLOG TOP |  » 文月・うみ(海・湖)の茶事

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (7)
茶の湯 (204)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (57)
京のグルメ&カフェ (49)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (48)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (31)
京都めぐり2017 (17)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (47)
奈良散歩 (18)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (35)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
パリ紀行2014 (7)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
京都でお遊び (5)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
古筆 (1)
ノルウェー紀行2016 (4)
中国茶 (21)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR