FC2ブログ
topimage

2020-04

大炉のお稽古一通り - 2020.02.16 Sun

本日は裏千家限定のおはなし



IMG_8594.jpeg



大炉なんである。

普通の炉が一辺一尺四寸なのに大炉は一尺八寸もある。裏千家11代玄々斎(この人で裏千家の現在の点前が定まったと言われる)が、知恩院法親王を迎えての献茶式で、暖を取るために咄々斎(裏千家の中にある茶室)の隣の六畳に、北国の囲炉裏を模して切った炉だという。

六畳、炉縁は北山杉木地丸太、炉壇の土は聚楽土に墨をまぜた鼠色、逆勝手、、というのがお約束。



IMG_8595.jpeg



極寒の2月にしか使われないし灰も大量に必要なので、一般的に大炉を切る人は少なく、うちの先生宅にもあるにはあるが、開けるのは2年に一回くらいかな〜。

昨年茶室披き(茶室というより茶道館披きかな)によんでいただいたお茶友さん、なにしろ広間小間完備の茶道館なうえに六畳の大炉の間もお持ちなのである。そこで大炉のお点前のお稽古におさそいいただいた。なんとありがたし!

老松さんの主菓子もご用意いただいて、五人で折据をまわし、どの点前をするか決める。私は濃茶があたった。



IMG_8598.jpeg



まずはK様の初炭

逆勝手の炭ではあるが、炭の組み方、湿し灰が炉中に入れてある、など純粋の逆勝手ではなく、大炉独特の所作がある。大炉の醍醐味は炭手前にあると私が思う由縁である。

みなさん、ベテランさんばかりなので、逆勝手のお点前はなんなくこなされるが、一番四苦八苦するのが羽根での掃き方、湿し灰の撒き方である。



IMG_8601.jpeg



それぞれアンチョコペーパーを製作していて(私も)、やっぱりみんな苦労しているんだなあと安心。館主様が大きなパウチにいれた図を用意してくださっていたので、それを見ながら、今年こそ覚えよう!と固く誓うのだが、なかなかねえ、、、、(^_^;

灰器がなく、湿し灰が雪輪瓦の向こうに積んであって、そこに灰匙が立てられているのが独特の風情で良い。

濃茶は私なので、写真ありません。
体の位置、大蓋の蓋置の位置、に注意すれば普通の逆勝手なので、これはなんとか。



IMG_8602.jpeg




さて、大炉一番のハイライト(と個人的に思っている)後炭手前、O様がされた。



IMG_8603.jpeg



後炭は炭を雪輪瓦の後に置き、灰器兼炭斗に焙烙を使うのである。灰匙をとるとき、火箸をとるとき、焙烙をくるくる回す趣がすてき。最後にあまった湿し灰を、雪輪瓦の後に焙烙からさ〜っとおとすところがえもいわれぬ風情。極寒の時期も楽しみにかえてくれそう。




IMG_8604.jpeg



最後にT様と館主様がそれぞれ薄茶点前を。逆勝手に全く問題なし!なのがさすがである。




IMG_8605.jpeg



お茶に打ち込んで、探究心、向学心にあふれておられる面々、するすると滞りなくすすんであっという間であった。大炉の初炭・後炭・濃茶・薄茶、全部を一気にできる機会はそうないので、ほんとうに勉強になり、ありがたいことである。

館主さま、ご一緒させていただいた方々、ありがとうございました。




関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1347-0de4d65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今はなき生風庵の雪餅をいただく〜間-MA- «  | BLOG TOP |  » 銀月サロン・冬茶会2020〜銀月アパートメント

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (279)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (99)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (70)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (12)
美術館・博物館 (89)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (35)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (7)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
台北旅行2018 (3)
ニュージーランド紀行2019 (9)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR