topimage

2017-10

蓮花極楽浄土〜法金剛院 - 2013.07.28 Sun

人は死後、往生して極楽浄土の蓮(はちす)の上に生まれ変わるという。

P1070193.jpg

洛西なる蓮の名所、法金剛院。

P1070209.jpg

極楽の池を模したという池にはびっしり蓮が植えられ、今まさに盛りのとき。

P1070202.jpg

極楽浄土の蓮の池はかくやあらん、というさま。

P1070196.jpg

美しい花は数々あれど、蓮の花の美しさは宗教的な特別な美しさ。この花に極楽浄土を感じたいにしえのひとの気持ちがよくわかるような気がする。

P1070229.jpg

1年前ここを訪れたとき、その少し前に幼い友人が亡くなった。

P1070224.jpg

きっとその子は、いまごろは蓮の花の上に生まれ変わってなんの憂いもなく、一日ひがな極楽浄土で遊んでいるにちがいないと、

P1070216.jpg

蓮の葉の陰でかくれんぼでもしているに違いないと、

P1070234.jpg

蓮の花をのぞき込んだり、裏から見たりしてその子の姿をさがした。

P1070231.jpg

不信心の私には極楽は見えなかったけれど、ここに蓮の頃来るたびにあの子のことを思うだろう。

P1070235.jpg

その人のことを思い出す人が居る限り、亡くなった人は死なないのだと、

P1070237.jpg

忘れ去られたときその人は二度死ぬのだと、

P1070242.jpg

だから忘れない。ここにくるたびに思い出すよ。

P1070240.jpg

ほら、これは少女達の蓮の花かな。

P1070211.jpg

蓮の葉の大きな葉っぱにかくれているのはだ〜れ?

P1070250.jpg

これは花開く寸前の乙女の蓮花。

P1070252.jpg

中をのぞきこんでも、、、極楽浄土に遊ぶ人の姿は、、、やっぱり見えません。

P1070249.jpg

でも気配を感じる、、そんな気さえするのです。

P1070256.jpg

この池でとれた蓮の実をいただいて帰りました。

P1070258.jpg

しばし極楽のおすそわけ。



関連記事

● COMMENT ●

そういえば去年のブログで幼子のことを書いておられましたね。
きっと蓮に華に生まれ変わっていますよ。

私の学生時代の親友はクラスで一番先に亡くなってしまった。今でも寂しい。
もっと話したかった。

蓮は李朝の壷に似合うなあと思っていました。ガラスに活けられたのですね。
その横におわします方がまた素敵です。

しぇるさん、こんにちは

人の心の中に、活きる人

蓮華座の心持です

良い御話が聞けました^^

ありがとうございます^^

法金剛院、もしかしたら

ニアミスかもしれません

私、金曜日の朝イチ、出向きました^^;

シェル様も法金剛院に行かれたのですね。こまちは25日の朝に行って参りました。
本堂の仏様にご挨拶をして、それからたっぷり、一年ぶりの蓮の花たちとお話をしました。
蓮の花になった小さなお友達、きっと毎年シェルさんが来てくれるのを待っているのでしょうね。
お釈迦様が座っているお姿がぼんやりと見えるような神々しさ、他の花とは違う物を感じますね。
また来年も必ず行きたいです。

お散歩で通る大きな町家の前に蓮の花1輪、つい先日開きました。1輪でも美しいです。


あら、先生の・・・

ひいらぎ様

お盆が近づくと日本人はご精霊(しょらい)さんのことを、自然に思いだすようになってますね。
ましてやこの季節に亡くなった人には思いがひとしおで。

これはガラスではなく、伊賀の一輪挿しなんですよ。
李朝の壺には昨年いけたので、今年はちょっと替えてみました。

高兄様

ほんとにすれ違っていたかも。でも休日の早起きが苦手な私は朝一にはいけなくて、少しおそがけの訪問でしたので、カメラをかかえた人の群れは少し減ったころだったかもしれません(^_^;

蓮は仏教的文化背景をもった国なら、どこでも特別な花ですね。

こまち様

こまち様もおいででしたか。
こちらの方は妙心寺くらいまでで、そこから先はあまり行くことはないのですが、この季節だけはやっぱり来てしまいます。来年も、日にちは違っても、同じ法金剛院でお会いしましょう。

夢風庵様

京都は町中でも蓮の花が見られるし、また渋い色の町家と似合うんですよね〜。

この人形は「ダーシ」という名前がついていましたが(カレル・チャペックの犬のダーシェンカから??)私は単に「おっさん」と呼んでおります^_^;

しぇる様へ
法金剛院へは、昨年9月に初頭に初めて参拝しました。
ミス平安朝の待賢門院の面影を求めて行ったのですが、
本堂でも、御庭でも他に、何方も見えず、この傾城の美貌門院に
始まる白川院、鳥羽院、崇徳院の愛憎、そして、平安貴族政治から
武家政治へと歴史の転換点となった保元の乱の事を一人で思い起こしていました。
京都には、このような日本史の転換に関係する古社寺院が今でも続いているのですね。

以前の作品展での解説では、その後のダーシェンカのイメージだそう。
わたしもすべておっさんで通していますi-229

narahimuro様

昨年は待賢門院というと壇れいさんの顔が浮かんできてこまりました(^_^;
当時は壮大な寺院だったそうですが、今はその面影はありません。この蓮の花に美貌の女院を偲ぶのみです。

夢風庵様

やっぱりダーシェンカ!
その後のっておっさんになったダーシェンカのことかなあ。
どうしても「おっさん」がまとわりつくわね。
また9月に個展しはるみたいよ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/135-a4ee4308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鱧月の鱧づくし〜祗園下河原・水円 «  | BLOG TOP |  » 今年も御所籠

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (8)
茶の湯 (213)
茶事(亭主) (24)
茶事(客) (58)
茶会(亭主) (2)
京のグルメ&カフェ (52)
町家ウォッチング (7)
弘道館 (6)
岡崎暮らし (49)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (32)
京都めぐり2017 (26)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (8)
美術館・博物館 (52)
奈良散歩 (19)
大阪散歩 (1)
着物 (6)
京の祭礼・伝統行事 (38)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (2)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
パリ紀行2014 (7)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
古筆 (1)
京都でお遊び (5)
ギャラリー (3)
暮らし (4)
中国茶 (23)
京都の歴史・文化について勉強 (1)
過去ブログ終了について (0)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR