FC2ブログ
topimage

2020-06

木津の流れ橋(上津屋橋) - 2020.03.28 Sat

浄安寺の近くに時代劇のロケでも有名な「流れ橋」があるので足を伸ばした。
全長356m、てすりのない木製の長い橋で、木津川をまたいで久御山と八幡市を結ぶという。


DSC00616.jpeg



木津川べりに近づいてみると、、、おや〜茶畑が!
そして遙か向こうにみえてくる流れ橋(正式名称は上津屋・こうづや・橋)



DSC00627.jpeg



茶畑は本格的で、川の土手にあるなんてかなり意外だが、水辺の砂地で作られるお茶を「浜茶」(対して山間部のは山茶)といって、割とあるそうなのだ。さすがお茶の城陽市が近いだけある。


さて、その流れ橋だが、、、、


DSC00618.jpeg


あれ〜〜?!
通行止め!

昨年の秋の台風で文字通り「流れて」しまって、現在復旧作業中なのだ。渡れないのは残念!
この橋、昭和28年の竣工以来なんと23回も流出しているという。


DSC00620.jpeg


横から眺める流れ橋。バイクのおじさんがいるのでその大きさがわかるかな。
しかもあたりに電柱1本、高い建物ほぼゼロ、この景色、時代劇を見るときに絶対一度は見てるよね。
あ〜わたってみたかった!


DSC00625.jpeg


流れ橋のメカニズムは、橋脚のみ固定、固定されていない橋桁が増水によって浮き上がり流れる(ワイヤーで固定されているのでどっか行ってしまわない)ことによって、水の抵抗を抑えるというもの。あとで橋桁はワイヤーをたぐってまた載せる、、、というものらしい。



DSC00629.jpeg
(木津川べりの散歩道)


近年ゲリラ豪雨とか、流される頻度が激しくなって、そのためにたくさんの費用がかかるため、固定橋にしようという話がもちあがったらしい。しかし、流れ橋という現代に珍しい橋でもあり、その景観を流されても見に来る人があとをたたないので、存続を願う声が多く、残すことになったそうだ。これはめでたい。(橋としての機能は近くに第二京阪道の橋があるのでノープロブレム)こんな景色が今の日本にあること自体が財産だと思うね。







関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1366-74a6803f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

其中庵様還暦茶事〜22会之内1 «  | BLOG TOP |  » 久御山の椿寺〜浄安寺

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (283)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (74)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (90)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR