FC2ブログ
topimage

2020-06

和菓子二題 - 2020.04.02 Thu

ほぼ毎日一つずつ、これからの予定を書き込んだ手帖に線を引いてとりけす日々。みなさまも同じでしょうね。ここはひとつ我慢のしどころ。



IMG_9028.jpeg



月に3,4日のみ開店の和菓子店 青洋さんへ。4月に開く予定だったちょっと大きめの茶会に干菓子を頼んでいたのに、中止においこまれてご迷惑をおかけしたので、ご挨拶がてら。

今月のラインナップは春と旅立ちをテーマに繊細な美しさのお菓子が並ぶ。


P1020108.jpeg



どれもすてきだったが、あれこれ悩んでこの三つ。
右:じょうよにこなしの花びら 「春興」
中:ういろう 「就航」 船からたなびく紙テープのイメージ 人生航路がはじまったばかりの若い人も多いでしょう

左が、、、


4F2C6505-B14C-4676-90C0-731606D91C9F.jpeg



なんとパセリの羊羹!
パセリのほろほろ苦さがなんて餡子に合うのだろう。下の方に透けて見えるのはもろパセリの葉。



DSC00756.jpeg



もう一題は先日初めて行ってすっかり気に入ってしまった東寺畔の古民家間-ma-さんの和菓子と洋酒のマッチングセット。



DSC00758.jpeg



なぜか知り合いの若いクリエーターやアーティストが急にここに集うようになった感がある。(陶々舎グループが引っ越してきたみたいな)



DSC00759.jpeg



さて、和菓子と日本酒はすでに何度も試して、家でもいただいている組み合わせなのだが、洋酒はいかがだろう。

和菓子担当はインスタでも人気の名主川千恵さん。
長久堂で修行されたのち、亀屋友永さんでも仕事をされているが、青洋さんとはまたちがったテイストの美しい楽しいお菓子を作られる。何度かいただく機会もあり、またここでいただけるとはうれしい。



IMG_9016.jpeg



左上:金柑わらび餅 金柑がひとつごろっと入ったわらび餅
右上:苺寿司+濃縮バルサミコ酢 苺ののった桜餅的なお菓子で醤油ならぬバルサミコつけて食べると美味

左手前:キャラメル羊羹 五色のかのこ豆に柑橘ピール 思いも掛けない組み合わせ



IMG_9018.jpeg



さて、これに合わせる洋酒は、、、、間maを立ち上げた酒井さんの腕の見せ所。

金柑わらび餅には赤ワイン(南フランス セビアンコムサ)これは飲みやすい、いっしょにするすると。

苺寿司には長浜のウイスキー「AMAHAGAN」(知らんかったけど人気のウイスキーらしい)最初ストレートだったのでむせてしまった(^_^; のちにハイボールに

キャラメル羊羹にはもっとアルコール度の高いアブサン!65%
これは喉が焼ける〜〜〜。なんというか、アニスの香りプンプンで薬草酒みたいな感じ。キャラメルの甘さにはこれでガツンとカウンターくらわす、といった感じか。



DSC00755.jpeg



とても65%は飲みきれないので水で割ったもらうと、、おお、白濁するのね。

洋酒もやっぱりあうのだな。ブランデーにチョコと同じように、これから洋酒にも和菓子よ!
(でもアブサンはちょっとやばいよ(^_^;)



DSC00700.jpeg



これは別の日ながら、間ma さん真ん前の東寺ライトアップの写真をちょっと置いておく。

不二桜(実は此処へ移植は平成になってからだから歴史は浅いのだが)がちょうど見頃、国宝五重塔とのツーショットが佳い。


DSC00712.jpeg



池に映る五重塔と桜が美しくて撮影に夢中になるあまり、片足池ポチャになったけど(^_^;




関連記事

● COMMENT ●

しぇるさん、こんにちは。

手帳に横線、、全く同じです。
延期になって開催されるものはまだまし(分からないけれど)。
本当に今は忍、忍、、この間にお勉強、、といっても楽しみながらですね^^

まさに和菓子の勉強につながります!
見たことのない美しい和菓子!
紙テープを現したのはうっとりします。
そして素材もまた思いもよらないものばかりでうれしい驚きですね。
パセリとは、、味の想像を膨らませるばかりです。
”間”さんの洋酒とあいそうなお菓子もどれも斬新!
職人さんの手にかかると世界が無限に広がるんですね。
伝統と革新、ホントに小さな和菓子一つにも感動を覚えます。
(お恥ずかしいのですが”蓬莱山”というお饅頭をつい最近知ってびっくりしました。。
  北海道では目にすることはまずないので、、まだまだ知らない事ばかり)

東寺のライトアップ!去年見たのを思い出しました。
今年の桜はTV中継で楽しんでいます。
「京都人の密かな愉しみ」の再放送も何度も見て京都へ行けないストレス発散です^^;


のりーな様

すでに9月まで茶会取り消しがあるようです。
ただ地方都市と大阪なんかの大都市ではかなり温度差があるようで。

京都の和菓子の新旋風は主に女子がになっているようです。いずれも老舗の和菓子屋さんでしっかり修行された下地に、若い女性ならではの感性がひかります。次々と心惹かれる和菓子職人さんがでてきて訪ねるのに忙しい。ただ、昨今茶事茶会もなかなかしづらく、注文してあげられないのが悔しいです。

でもコロナ禍はいつかはわからんながら、必ず収束するので、おちつきましたら是非京和菓子を食べにおこしください。

おまけ
老松さんの有職菓子の蓬莱山は婚礼に使われたそうですが、お値段を見てまたびっくりします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1368-e1c66304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生活圏内での花見にはことかかないのよ «  | BLOG TOP |  » 其中庵様還暦茶事〜22会之内1

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (9)
茶の湯 (283)
茶事(亭主) (42)
茶事(客) (100)
茶会(亭主) (10)
煎茶 (8)
京のグルメ&カフェ (69)
町家ウォッチング (9)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (74)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (48)
京都めぐり2020 (7)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (10)
京都めぐり2019 (27)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (13)
美術館・博物館 (90)
奈良散歩 (44)
大阪散歩 (1)
着物 (7)
京の祭礼・伝統行事 (50)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (8)
京都和菓子の会 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (7)
ギャラリー (4)
暮らし (8)
中国茶 (36)
京都の歴史・文化について勉強 (2)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (8)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR