fc2ブログ
topimage

2024-02

大文字山の眺望を茶室に一服 - 2020.04.23 Thu


さて本日の目標は、、、


DSC01071.jpeg


斜めからなのでちょっとわかりにくいが、大文字山。



DSC01001.jpeg



登山道をめざす途中の、これが現在の銀閣寺参道の景色である。
普段なら観光客でごったがえしているのですがね。



DSC01002.jpeg



その突き当たりを左に曲がると大文字山登山道の入り口になる。
大文字へ登るルートはいくつもあるが、ここは学生時代からなじんだルートなのだ。



DSC01009.jpeg



ジムにもいけなくなったので、運動不足、筋トレをかねて三密を避けて登山、あわよくば山の上でお茶を一服しようという計画。
、、、しかし同じことを考えている人はいっぱいいるのだな。大文字でこんなに人にすれ違ったのははじめて。とはいえ、そこは山の中、ひとっこひとりいない時間が長い。



DSC01013.jpeg



こんなケモノ道?もある。しばらく登ると、、

あれ???
おかしいな、大文字ってこんなにしんどい山だったっけ??
足腰はそれなりに日々鍛えているが、心肺機能がちょっとアラートでそう、、、
なんでこんなにしんどいんじゃ〜〜〜!!

はい、自分の加齢をすっかり忘れて計算に入れていませんでした(^_^;
学生の頃は鼻歌交じりにのぼれたのに、、、、とぜ〜ぜ〜一息いれている横を、ほぼ全力疾走で駆け上っていくアマチュアアスリートとおぼしき若者Σ( ̄。 ̄ノ)ノうらやましいぜ。



DSC01020.jpeg



しかももっとなだらかな道もあるのに、大文字の「大」の左の払いに沿ったきつい傾斜の道にはいりこんでしまい、、、最後にこんな心臓破りの階段。



DSC01025.jpeg



さすがに一気に登れず、ところどころの火床(送り火の時に松明をつける段)で休憩。



DSC01029.jpeg



階段脇に咲くスミレを愛でる振りをして(^_^;また休憩



DSC01031.jpeg



ついた〜!!
ここは「大」の字の要になるところ、約40分もかかってしまった。
でも絶景かな!


DSC01047.jpeg



この一番大きな火床の後にはこの大の字を書いたとされる弘法大師が祀られている。
いや、ほんと、みんなヒマと体力を持て余しているのだな、ここには10人くらい人がいて、お弁当など食べている。換気抜群なので三密にはならんが、やはりゆっくり一人でお茶を楽しみたいとさらに上をめざす。



DSC01040.jpeg



ここが「大」の字の一番てっぺんになる。
ここをさらに登ると滋賀県大津市との県境になる。大文字は標高約470m前後。

しかし、ここからの眺め、日ごろの生活圏である左京区がよく見えるので非常によくオリエンテーションがつく。左端真ん中あたりが吉田山、そこから手前斜めに今出川通、真ん中あたりのこんもり森はなんだろう?下山したとき確認してみよう。




DSC01038.jpeg



当方道具はたいしてもちませぬが、こんなりっぱな茶室がござる。洛中洛外眼下におさめまする。ぷは〜っ、気持ちいいっ!

盆は森口信一さんの我谷盆
茶碗は浅井慶一郎
お菓子は亀屋良長、SatomiFujitaの和三盆焼メレンゲ
茶籠は時代
茶器はジャムの瓶
茶杓は茶碗蒸用木製匙



DSC01045.jpeg



この茶籠セットは海外旅行の御供にいつも連れていっている物で、もう世界各国何カ所回ったことやら。でも大文字は初めてだな。



DSC01052.jpeg



しばらく景色を楽しんで気がすんだので下山。
この大の字の右の払いに沿って降りる道もあって、鹿ヶ谷の方へ続くのだが、車を銀閣寺道に置いてきたのでこちらは選ばず。



DSC01046.jpeg



登って来た道を降りる。
しっかし、、、こうしてみると降りる方が恐いくらいの急勾配だなあ。



DSC01054.jpeg



平坦な道になってほっと一息


DSC01055.jpeg



麓に咲く花(ツルニチニチソウ)を愛でる余裕も。
翌日足に来るかとおもったが、意外と平気である。日ごろエレベーターを使わず階段、とにかく歩くを心がけているのが実は下半身の筋トレになっていると再確認。これ、高齢者は大事。



DSC01056.jpeg



さて先ほど上で見たこんもりした森の正体は、、、
銀閣寺のすぐ北となり、浄土寺の氏神様でもある八神社の鎮守の森だったのだ。



DSC01059.jpeg



このあたりは学生時代何度もきているのに、こんな神社があるのに気づかずにいた。
そういえば、最近哲学の道あたりに引っ越してきた友人が「氏神様の境内のお掃除のご奉仕が」云々言っていたのはここのことであったか!京都はほんま奥深い。



DSC01060.jpeg



最後にここをお参りして、おうちに帰ろう。



関連記事

● COMMENT ●

ご無沙汰しております!素敵な大自然のお茶室!美味しい空気の元のお薄は格別でしたでしょう!実は私もこんなに登山はしませんがマンションの17階の桜の下で茶籠を持って野点をしようとお友達と約束はしたのですがやはり自粛でできませんでした。来年はできるといいなあ!!ず~ッとお籠りだとシエルさんのお写真、拝見するだけで気持ちがいいですね!!ありがとうございました!

みゅうぽっぽ様

お久しぶりです。
茶事茶会の予定はすべてぶっとびましたが、お籠もり生活+ひとけの少ない場所へのお散歩、、、という生活も乙なもの、、と思っているこの頃です。
幸い京都はお散歩場所にことかかず、ましてや観光客のいなくなった京都は非常に歩きやすい。空気がきれいになったような気がします。鳥の姿もたくさん見ます。いままでのインバウンドなんでもウエルカムの姿勢はやっぱりどこか間違っていたのだ、と思わずにはいられません。
この時期をお互い無事にのりきって、またお茶が楽しくできますように!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://cherubinpriel.blog.fc2.com/tb.php/1376-454bfdca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

坪庭のチャで白茶をつくり飲んでみる «  | BLOG TOP |  » この春は見る人もなき里桜〜西陣で春を見送る〜雨宝院

最新コメント

プロフィール

しぇる

Author:しぇる
京都へ移住する前から書いているブログなので、京都移住後もタイトルに愛着がありこんなタイトルです。でも「もう・住んでる・京都」です。旧ブログから引っ越ししてきました。

最新記事

カテゴリ

未分類 (15)
茶の湯 (409)
茶事(亭主) (86)
茶事(客) (179)
茶会(亭主) (18)
煎茶 (10)
京のグルメ&カフェ (95)
町家ウォッチング (10)
弘道館 (7)
岡崎暮らし (111)
MUSIC (4)
能・歌舞伎 (65)
京都めぐり2024 (2)
京都めぐり2023 (33)
京都めぐり2022 (29)
京都めぐり2021 (30)
京都めぐり2020 (19)
コロナ緊急事態宣言下の京都2020 (12)
京都めぐり2019 (28)
京都めぐり2018 (20)
京都めぐり2017 (30)
京都めぐり2016 (34)
京都めぐり2015 (34)
京都めぐり2014 (39)
京都めぐり2013 (36)
京都めぐり2012 (6)
本・映画 (15)
美術館・博物館 (146)
奈良散歩 (131)
大阪散歩 (1)
着物 (8)
京の祭礼・伝統行事 (61)
祇園祭2023 (9)
祇園祭2022 (11)
祗園祭2021コロナ下 (5)
コロナ下の祇園会2020 (1)
祗園祭2019 (18)
祗園祭2018 (11)
祗園祭2017 (17)
祗園祭2016 (18)
祗園祭2015 (16)
祇園祭2014 (13)
祇園祭2013 (14)
修二会2024 (1)
修二会2023 (10)
修二会2022 (8)
コロナ下の修二会2021 (6)
修二会2020 (5)
修二会2019 (3)
修二会2018 (4)
修二会2017 (4)
修二会2016 (3)
修二会2015 (3)
修二会2014 (3)
修二会2013 (3)
その他の町散歩 (12)
京都和菓子の会 (4)
ソウル紀行2023 (3)
イスタンブール・カッパドキア紀行2013 (8)
英国田舎紀行2015・湖水地方とコーンウォール (7)
パリ紀行2014 (7)
ノルウェー紀行2016 (4)
古筆 (1)
ポルトガル中部〜北部紀行2017 (7)
京都でお遊び (13)
ギャラリー (4)
暮らし (14)
中国茶 (49)
京都の歴史・文化について勉強 (3)
過去ブログ終了について (0)
猫 (1)
滋賀さんぽ (21)
オランダ・ベルギー紀行2018 (9)
ニュージーランド紀行2019 (9)
台北旅行2018 (3)
高野山 (2)
骨董・工芸品 (1)
東京散歩 (2)
諏訪紀行2021 (4)
金沢さんぽ (2)
御所朝茶 (4)
熊野三山巡り (2)
有田2022 (1)
兵庫さんぽ (1)
太宰府 (2)
丹後旅行 (3)
仕覆制作 (6)
信州旅行2023 (2)
京都モダン建築 (3)
春日若宮おん祭2023 (3)
春日若宮おん祭2022 (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR